今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん 第19話感想(ゆめふうりん&きせかえカメラ)

<<   作成日時 : 2005/08/26 23:49   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

その他の「わさドラ」感想はこちら(14話〜)

8月26日放送 第19話

A ゆめふうりん →てんとう虫コミックス2巻

う〜む、初期話が続きますなあ。
はじめのほうの巻から順につぶしていく作戦か‥‥?
同じような雰囲気になりやすいので、
個人的には混ぜた方がいい気が‥‥(てんコミ未収録も)

さておき、
比較的地味な道具ながら、
その後も何回か登場していると思う「ゆめふうりん」。(「竜の騎士」など)
寝たまま人を動かす道具として、「ふうりん」の形態なのが
なんとも趣があって好きです。
あと、ドラえもんの想像する「大人のガキ大将の図」が
バカらしくて気に入ってます。

この辺で本編。
最初と最後に普通の風鈴を
「ちりりん」と鳴らしているのがいい演出だと思います。
原作のコマにも描かれていたのは今回はじめて気付きました。
夏らしい作品ですね。

「がき大しょう」になりたいというのび太の夢、
現代だとガキ大将そのものが幻になりかかってますが、
少なくともジャイアンという実例がそこにいる
ドラ世界では特に不自然にはならない感じがします。

ただ、さすがにゴムとびはないだろうとは思いますが、
のび太のあやとりも十分廃れつつある遊びなので、
しずかのゴムとびもセットで考えておきましょう。

ところで、ドラえもんは手がダンゴなので
あやとりには賛成しないのが本来のような気が。

「子どものうちになれないから、大人になってなるんじゃないか」(のび太)
の迷ゼリフ、そして
「いいか、みんな! こんどはあっちだー!
‥‥だーははははは、だーはははははは!」
ちびっ子相手にいい気になってるのび太の図がとても「らしく」
再現されてました。ドラの想像的確すぎる。

ところで大人のび太は男性の方(川中子雅人さん)が
演じていました。
意外と(セワシレベルで?)出番のある大人のび太ですが、
以後は川中子(かわなご)さんが演じられるのでしょうか?
前作の時はけっこうその時によってマチマチだった気がしますが。
今回は少しイってるのび太でしたが、とてもはまっていたので、
ぜひ「りっぱなパパになるぞ!」のようなしっとりしたセリフも
聞いてみたいものです。たぶん「雪山のロマンス」の鼻水のび太はバッチリでしょう。

ゆめふうりんは自分で鳴らすのではなく、
風で鳴らすような描写になっていました。
呼び寄せたあとも言うことを聞かせ続けているので、
ドラえもんが放っておいても動作しているようにみせる演出‥‥なのかな。

呼び寄せたのは原作どおり「10歳ぐらいの子」でした。
「アニメは5年生」設定ではないのかな‥‥

ジャイアンだけ下着のまま着替えてこなかったのが、なぜか不明。
スネ夫が寝ながら服を迷っているのは、それらしくて面白かったけど。

「あつまれぇ!」と言うのび太は
「普段使わない張り上げ声」という感じで、いい表情でした。
「あちまれェ」には聞こえなかったのがちょっと残念。

スネ夫に片手だけで吹っ飛ばされる(自滅)場面は
スネ夫らしい戦術だけど手の動きが少し妙かも。
ジャイアンとしずかちゃんがさっと避けているのはナイス。

しずかちゃんと組み合ってすりすりしているのび太は
ちょっとなあ‥‥

ラスト、はる夫(順レギュラーの丸めの男の子)がいないのは
脅されていたことと、実際に組み合ってないためか。

‥‥にしても、おねしょしたのを脅すのはNGで、
おねしょさせると脅すのはいいのか‥‥??

B きせかえカメラ →TC3巻

これもその後たびたび使用する道具の話。
「のび太の恐竜」でも使っていますね。
‥‥あれにでてくる道具は先に消化しておくのかな。

特に思い入れはありませんが、
描いた服が着られるというのはやはり面白いと思います。
どちらかというと着替えたのび太たちを見るほうが好きだったり。

さて、本編。
バケツの水をひっくり返すのび太。
わざわざ落下点に入り込むところが天才的。
跳ね除けたバケツがドラの頭に命中しています。
ところでママの
「何なの!? 何の音!」
というセリフがリアルで怖い。
何か悪さして親に勘付かれた時のあの恐怖が蘇りました。

原作と違い、なぜかのび太は下着のシャツを着ていない。
「洋服の分子を組み立てなおす」という設定なので、
布地(分子)が足りないような気が‥‥
(もともと、下着は無くなってしまうのか?という謎はあるが)
小学生くらいならシャツも着てるんじゃないかなあ。

サイズ(ピント?)調整が必要というのはカメラらしい設定で
なかなかうまい感じ。
「NOBI NOBI」服じゃなかったのが残念。

ママのファッション雑誌。(「ママブティック」)
表紙に「星野スミレ」だの、
「特集 ゴン助 夏のイモ料理」と書いてあるところに笑った。

ゴン助」って‥‥

ママの服は原作ではいささか時代のズレたデザインだったので
どうなるかと思っていましたが、
まあまあ無難なところという感じにはなっていました。
喜んでいるママはちょっとかわいい。

あと原作ではいきなりジャイスネにフリル服を着せていましたが、
そういえばのび太にそんな細かい服が描けるはずもなくて‥‥
ジャイ子の登場は時間的な膨らましもかねてよかったと思います。
彼女にお姫様ドレスを着せてあげるのび太はちょっといい奴でした。

しずかちゃんに対しては完全にのび太の趣味で着せてる感じなので
ちょっとマイナス。
「ゆめふうりん」につづいてオヤジ臭いぞのび太!
ピアノの練習中にあれじゃけっこう迷惑かも。
あと、元の服は返ってこないのか?
お気に入りの服だったら(いつも着ているし‥‥)どうするんでしょう。

ジャイアン&スネ夫の女の子の服は
思ったほど面白くはなかったかも。
アニメで動くと違う印象かとも思ったのですが。

スネ夫のデザインした服まで見事に原作と同じ。
これは良し悪しな気もしますが、
「スネ夫の描くのはスネ口キャラ」というのも捨てがたいか。

原作にはしずかが「着せられる」シーンが無かったため、
元通りしずかがファッションショーに来ていると少し違和感が。
「モデルが舞台にいながら服が変わる」という説明で
勘付いてもよさそうなもの。

ドラのびがデザインを抜き取るだけじゃなく
代わりの絵を差し込んでいたので、
裸はNGか‥‥と思ったら、
女装をはさんでから来ましたね。

ウケがよかったので、さらに別の種類の「キャー」(かわいい)
を加えたとも取れますが、ちょっと苦しいかも‥‥
スネ夫も「別なのが入っていたんだ」と抜き取った時点で、
普通中を確認しますよね?
と、いうよりファインダーに映るもので気付けよという感じでもあったり。
(この辺は原作からある謎なんでしょうがないんですが)

女の子が白くなる演出や、
悲鳴が地球を一周する表現はちょいとオーバーな気もしました。
「キャアー」が描き文字表現になること自体は
「キャーキャー言わせる」のひっかけに気付きやすくさせるので
悪くはないと思うんですが‥‥

全体的に短い話の膨らませ方に
かなり苦労されただろう様子がうかがえる話でした。
ジャイ子ちゃんを出したのは良かったと思います。
彼女はこんな感じで出せそうな
場面も実は多いのかもしれませんね‥‥。


次回は9月2日、ドラえもんの誕生日の前日、
ということで‥‥公式HPによると
「ドラえもん誕生日!! 巨大ドラ焼きあげちゃう!スペシャル」

というサブタイトルがついています。
が、放送する作品は
「ご先祖さまがんばれ」(前編・後編)
‥‥なぜ?  いや、面白い話だけど。
 
一応「ぼくの誕生日のお祝いもやるんだよ」ということ
ではありますが。‥‥どうするのかな?
ドラえもん音頭(=ミニシアター)の枠を使わないとすると,
本編の時間を削ることになりますが、
そうすると再放送はできなくなりそう
‥‥今からそんな心配は不要かもしれませんが。

予告メッセージでは「うちのご先祖さま」と
ドラが言っていることにツッコミが入っていました。

時間を多めにとるということで、
しずかのご先祖さまも出てきそうな予感。
ドラえもん流「戦争なんてそんなもの」論と
のび太の活劇が楽しみです。

のび作は誰が演じるのかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ラえもん
もえ
2008/11/29 09:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラえもん 第19話感想(ゆめふうりん&きせかえカメラ) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる