今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日は何の日

<<   作成日時 : 2005/08/07 23:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

‥‥と、言っても
みのりかわさんのやっている
あの番組のコーナーじゃありません。

本日は「ドラえもん」の野比のび太くんの
誕生日でした。

作品中でも比較的早い時期に
8月7日と示され、
何度か誕生日にまつわるエピソードも描かれています。

中でもこののび太の誕生についてをメインに語る
「ぼくの生まれた日」が印象的でしょうか。

マンガではてんとう虫コミックス2巻、
2002年には「ロボット王国」の併映作として同名で映画化されました。
「帰ってきたドラえもん」映画化以降の「感動短編」路線で
いつかやってほしいな〜と思っていた作品でもあったので
とても楽しく見ることができました。

11年前と現在の夏の風景、
のび太の心象にあわせたような雨、
オーバーリアクションで喜びを表現するパパ、
のび太にかける想いを語る野比夫婦、
命を継いだ木に登る野比親子とドラえもんに差し伸べられる手‥‥

もともと10ページしかない短編を
きれいに膨らませた名作だと思いますので、
機会がございましたらぜひご鑑賞ください。
(もちろん原作も!)

「のび太」というのはそもそも
「すこやかに大きく、どこまでも、
のびてほしいというねがいをこめた名まえだよ」(パパ)
という、いわれの部分が個人的にはとても気に入っております。

さて、他の誕生日のエピソードとしては
「のび太のおよめさん」(TC6巻)
「ふたりっきりでなにしてる?」(TC42巻)
などが思い浮かびます。(間飛びすぎだ‥‥他にもあったかも)

「およめさん」の方は、長袖を着ているので
まだ誕生日=8月の設定ができていなかったようですが、
冒頭の家族のパーティの光景はとてもほのぼのとしています。
ドラえもんがチャチャを入れているあたり、
彼が来てからにぎやかで楽しくなったのだろうことがうかがえます。
また、悲惨な未来を回避できた(しつつある)ことが示される
重要エピソードでもありました。
最後にしずちゃんがお祝いにきているのにも注目。

「ふたりっきり」の方は、
のび太が一人で嫉妬心を暴走させているのが
面白い作品でもありますが、
結局のび太のためにケーキを作っていたという展開、
そして「おいしい!! こんなおいしいケーキははじめてだよ。」
とのび太が涙を流しながら食べているラストのコマが
またいい味わいを出している作品だと思います。
のび太くんにとって、いろいろ感じるところの多かった
誕生日になったのではないでしょうか。
出木杉くんが一緒にお祝いに来ているというところも
また意味の深い話でしょう。

ところで、正確な誕生日は
「昭和39年8月7日」(「ぼくの生まれた日」より)
ということになっています。
(もっとも、雑誌掲載時は37年だったという話ですが‥‥)
これは最新の版でもそのままでしょうか?
だから、「白ゆりのような女の子」(パパの子ども時代=昭和20年)
が成り立っていたわけなのですが。
当時ののび太世代は41歳になります。

ともあれ、のび太くんと、本日お誕生日の方、
おめでとうございます!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
「ぼくの生まれた日」というとのび太が赤ん坊の自分を見て「なぁんだ、猿みたいだ」と言ってしまうやつですよね? 普段出番の少ないパパや小言ばっかりのママの愛情が垣間見えて良い話でした^^ 感動短編といえば「(?)な心にが〜んば」という話(題名よく覚えてません><)が私的に大好きでした。白のび太と黒のび太が闘い、白が負けてしまうにも関わらず諦めないその姿。そして結局最後は勉強を始めるのび太の素直さと健気さに涙しました(感涙)。あぁ、懐かしいなぁ……(望遠)。
インフェリー
2005/08/09 12:30
>猿みたいだ
そうです、そうです。ドラえもんには「生まれたてはあんなもんだよ」とフォローされてましたが。
>題名よく覚えてません
は、「きらいなテストにガ〜ンバ!」だと思います。名作だとは聞いていたものの、単行本未収録だったので長らく読んだことがなかったのですよ‥‥最近「ドラえもんプラス1巻」に収録されました。のび太はちゃんとがんばり心も持っていることが分かるいい話でした‥‥
そういえば、大山さんのアニメドラ最後の方にもやっていたような‥‥??
春巻き
2005/08/10 00:24
>大山さんのアニメドラ最後の方にもやっていたような
それです。僕はアニメの方に夢中だったので(残念ながらマンガは全く読んだことがないのですよぉ……)。
でも原作を読んだことがないとはいえ感動したことは事実。それは「ドラえもん」だからこそ、なのかもしれませんね^^
長々と失礼しました。これからも頑張ってください^^
インフェリー
2005/08/10 01:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日は何の日 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる