今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん 第22話感想(ミチビキエンゼル&家がだんだん遠くなる)

<<   作成日時 : 2005/09/23 17:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

その他のわさドラ感想はこちら

注意 
前回から「あらすじ」をつけはじめました。
オチまで書いてありますのでご注意ください。
不都合がございましたらコメントまで‥‥

9月16日放送 第22話

A ミチビキエンゼル →てんとう虫コミックス3巻

あらすじ
かぜ気味でくしゃみを連発しているドラえもん。
のび太に呼び出されてみると、帰るかしずかちゃんの家へ
行くかで迷っているという。
ドラは大きなくしゃみをしてから、
指にはめて相談すると「きみのため」になる答えを
出してくれるという「ミチビキエンゼル」を貸す。
助言に従って、途中誘われた野球を抜け出したまではよかったが、
しずかちゃんとママの引止めを「アカンベエ」と断る失礼をはたらくことに。
のび太はドラに文句を言おうとするが、当のドラはさっきの
くしゃみでネジを落とし、このままだと壊れてしまうという。
そんな事態にも構わず勉強をさせようとする
ミチビキエンゼルに逆らってネジを探すのび太。
怒ったジャイアンにミチビキエンゼルを取られた事で、ようやく
解放されたのび太は無事ネジを発見し、ドラえもんは助かる。
翌日、ミチビキエンゼルに振り回されているジャイアンを見て
取ったほうが良いか迷う二人だった‥‥

マンガ版についての思い出・感想
「きみのために」と言いながら、しずかちゃんとの関係や
ドラえもんの命に関わる自体を理解しないミチビキエンゼルが
かなり薄気味悪い印象がありました。

物語としては「帰るか遊びに行くか」なんて
くだらないことでさえ、ドラに頼ろうとするのび太が
「今はドラえもんの方が大事だ」
「自分のことは自分で決めるよ」
と言うようになるなかなか感動的な側面も持つと思います。

ロボットのくせに風邪をひく(!)とか、
おなかマルマル♪のあの白い部分が
そのまま外れることが面白かった回でもあります。

★本編感想
水田さんの「どら声」はいつにも増して
だるそうな感じが出ています。
鼻が詰まるとこうなるよなあ。
「あったかくして寝ていよう」と自室(押入れ)に
入ろうとしている姿がなんだかかわいい‥‥

「重大な問題? ‥‥すぐ来てくれって?」
のところで顔が引き締まる様子がgood。
使命感のようなものが感じられます。
「ミチビキエンゼル」を貸したのち、
くしゃみをしつつ、ちゃんとのび太のランドセルを持って帰るドラが涙を誘う‥‥

しずかちゃんの家でするゲームは
すごろく系のボードゲームであることがよりはっきり描かれます。
これも「右か、左か」で選択を迫るものになっていますね‥‥
芸が細かい。

「今帰って勉強しないと、確実に0点です。
 今すぐ帰ればかろうじて30点は取れます」
とハッキリと言ってくれますが、
数時間でそんなに差が出るというなら、
はじめっから来ない方がいいに決まってますよね‥‥
遊びに来たからには、ご飯を誘われるとか
そういう事態も覚悟した上でなければいけないわけで。

この道具は、ドラえもんが「かわいそうな気も」と言っている事から、
もともと役に立つことを目指して作られていないのだろうか。
単に技術的に不可能なのかもしれませんが、
最終的に「自分の判断を信じさせる」ための道具なのかも?
‥‥まあ、「無敵砲台」なんつうめちゃくちゃな物を
売っている未来(デパート?)ですから、
シャレで作った可能性も否定できませんが。

問題のしずか&しずママの誘いを断るシーン。
「簡単です。目の下に指をあてて、
 下に引っ張りながらべぇーっと舌を出す!」
‥‥ひでぇ

アニメでやるのは難しかったコマだと思います。
「『アカンベエ』しなさい」より
何をやらされているか気付かないのび太が面白かったです。

壊れかけたドラえもんの描写は、
ドラえもんが薄暗い部屋で、電気もつけずに寄りかかっていて
それまでのトーンを一気に変えて
画面にひきつけさせるものがあったと思います。

決然と夜のまちを走りながら
「ぼくの言うとおりにすれば間違いないのです」(ミチビキエンゼル)
「自分のことは自分で決める!」(のび太)
というやり取りが交わされるところもすごくいい雰囲気が出ていました。

ミチビキエンゼルを取り上げたジャイアンを
「まもなくお母さんが通りかかります、かなり怒っています」
とうまく「退場」させたあたりはうまい演出でした!

「ドラえもん! ネジがあったよ」
とのび太がドアを開けるシーンでパッと明かりがつくのが
また泣かせる‥‥
リニューアル後は特にこのような光と影の描写が
とても効果的に使われていると感じられます。→川原とか。

翌日、顔にアザとばんそこうをつけたジャイアン。
助言に逆らったためか、ミチビキエンゼルに叩かれたせいか‥‥


B 家がだんだん遠くなる →てんコミ14巻

あらすじ
部屋に置いてあったダンゴを食べてしまったのび太。
これは捨てた動物が帰ってこないようにする「捨て犬ダンゴ」だったのだ!
巧妙な道具の効果(?)によって、ついに家から出てしまったのび太。
次から次へと家から引き離す事件が起きて、
ドラもついにのび太が帰ってくることを諦める。
夜もふけて腹ペコののび太は犬の食べていた残飯を分けてもらうが‥‥
ダンゴとともに吐き出したことで
のび太はようやく家へ帰ることができたのだった。

マンガ版についての思い出・感想
単行本の1話目としてはかなりキツイ感じがしました。
個人的に「家へ帰れない無限ループ」がものすごく苦手でして‥‥
その原因の一つとなったに違いないと思われる話です。
(ちなみに、決定打は「世にも奇妙な物語」の「帰れない!」です‥‥)

こんな危険なもん、おいとくんじゃねえよ! とか、
あっさり諦めんなよドラえもん! とか、
ドラに対するツッコミどころ満載のお話だったと思います。

本編感想
ドラが「出して!」と揺すぶったことでダンゴを飲み込んでしまうことに。
ああ、ここにもドラの罪が。

原作では理由もなさそうに外へ出かけているドラえもんでしたが、
今回はママに頼まれたお使いを代わって外へ。

野球の誘いを断ったときに窓を開けたままだったのが
悲劇の始まりだったのですね。
う〜ん、今まで気がつかなかった。

開いた窓から落としたボールに当たった
犬に追いかけられるのび太。
ありゃ、この犬「ミチビキエンゼル」でボールを当てられた犬と似てる?
‥‥と、思いきや、こっちは口の周りが白かった。
同じでも面白かったかも。

道をたずねたおまわりさん、
原作は「虫のいどころが悪くてつい、いじわるした」でしたが、
「考え事していて」になりました。
まあ、その方が自然ですね。
律儀に落としかけた帽子をつかむところがナイス。

学校のうら山を目印に帰ろうとするのび太。
ところがしずかちゃんらしきおさげの子が自転車で通り過ぎる。
やっと追いついて振り向いたのはメガネの女の子!
新鮮な感じのするキャラクターではありましたが、人違い。
オリジナル要素としてはとても楽しめました!

原作でも気に入っていた、
のび太とすれ違うセーラー服の少女。
アニメでもなかなかかわいい。しかも夏服!

ついに住所も忘れてしまったのび太。
ドラえもんは夕暮れのまちを

「さらばのび太くん、きみとの楽しかった思い出をぼくは忘れない」
などと言いながら名残惜しそうに帰って行きます。
ここで皆テレビに向かって言うわけですね。
「お前が言うな!」と

これまた問題の残飯シーンですが、
食事時とかいろんなものに配慮してか
できるだけ「ソフト」な表現に抑えられていました。
原作の得体の知れないミミズのようなものではなく、
一応外見上は普通のおにぎりのようです。

吐き出す前ののび太の表情は原作そのまま、
もの凄い味を物語るような顔をしています。

そして感動の、再会。
しかしドアを開けて一発ママの「のび太!」に
そっとドアを閉めるドラえもん。

「帰ってこられてよかった(汗)」
などと言う前に、弁護してやりなさいドラ‥‥

ドラのヒドさがパワーアップしていた回でした。

あえてマジ考察をしてみると、
吐き出すという手はもちろん、他にもいろんな方法で
何とかできたんじゃないかと思うところです。
まあ、そこも含めて道具の効果なんでしょうが。
例えば「とりよせバッグ」を使うとどっちの効力が勝つだろう?

ちなみに、時間がかなり経ってからでも吐き出せたのは
消化されて排出されないよう、胃の中にでも残っていたためでしょうか。

に、しても、こんな道具が売られている未来って‥‥


真島さんが今回も「今日から」と言っていたのはさておき、
次回は「ああ、好き、好き、好き!」と「出木杉グッスリ作戦」。
今回は予告でネタを割っていません!
「ぼた子」と美少女の対比が面白い回ですが、
「友だちの輪」とかぶるなあ‥‥

その他「ノラえもん」と先生の弓矢、
出木杉の活躍と「しまっていこうぜ」が楽しみ。
「平気だよ、あれぐらい。十分もあればできるよ」が
イヤミじゃなく演じられるかどうかが難しいところだと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
どう考えても「とりよせバック」や「どこでもドア」を使えばよかったのでは…?「どこでもドア」って、特定の場所しか移動できないように見えますけど、[どこか遠い山奥へ]なんてメチャクチャな質問にもこたえてくれるんなら、のび太のところへ行くことなんて容易なのでは…?それが無理でも「タイムマシン」で「捨て犬ダンゴ」を食べる前に戻って、ダンゴを片付ければ…
りっくん
2010/09/09 18:33
かなり古い記事でしたが、ご覧頂きましてありがとうございます。
この話を観た当時は、「ダンゴの効力に勝てる道具もひょっとしてあるのでは」と思っていたようですが、現在では、やっぱり吐く以外に手が無いようにも思えています。
なんと言いますか、未来の道具って、そういう危ないところに限って解除できなさそうな、無茶苦茶なイメージがします…… 
もちろん、実際のところは「お話の都合上」なんだろうなとは思いますが。
春巻き
2010/09/09 21:44
ミチビキエンゼルで探しましたよ。はじめましてですね。。
みあさ
2017/01/22 14:25
コメントに返信遅れまして申し訳ありません。
古い記事でしたがご覧頂きありがとうございました。
ミチビキエンゼルは印象に残る道具でしたね。
使いどころが難しいですがまた登場すると良いなと思います。
春巻き(管理人)
2017/01/28 00:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラえもん 第22話感想(ミチビキエンゼル&家がだんだん遠くなる) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる