今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん大晦日“生放送”スペシャル感想(行け!ノビタマンほか、2006年12月31日)

<<   作成日時 : 2007/01/02 00:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 2 / コメント 0

今年の大晦日アニメドラえもん特番は
例年より少ない2時間で
芸能人とドラ着ぐるみが登場する実写パートと
中編アニメ「行け!ノビタマン」で
構成されるという異例の形に。

感想としては結論から述べますと‥‥
見逃しても別に大丈夫な回だったかな、と。

‥‥リアルタイムで最初から最後まで
見るのはキツかったかもしれません。

いや、良いところも結構ありましたよ?
でも気になったところも多すぎて‥‥
細かく書くと鬱陶しくなりそうなので
箇条書きにまとめたいと思います。

<構成>
○「史上最大のひみつ道具コンテスト」
 最優秀ノミネート作品のプチアニメ化
 &電話投票による最終選考、最優秀賞発表
 ドラえもんとしゃべれる特典つき

○「みんなが欲しいひみつ道具ベスト30」
 ランキング紹介

○久本雅美さん、中川翔子さん、ザ・たっちのお二人
 ほか芸能人の方々とドラえもんメンバー(着ぐるみ)
 とのバラエティトーク、テレビ朝日番組宣伝つき

○中編アニメ
  「行け!ノビタマン」〜正義のスーパーヒーロー〜

○「のび太の新魔界大冒険」
 告知映像&相武紗季さんのひとこと


<良かったところ>
(実写・スペシャルパート)
☆「ひみつ道具コンテスト」のノミネート3作品が
 短いながらもアニメ化されて紹介されたこと

☆「噛む」のび太という普通ではまず見れないような
 珍しい(あってはならない…)場面が見れたこと

☆「スパイセット」が特番時の司会進行役として
 名キャラクター化しつつあるところ

☆「雲かためガス」紹介時に大山ドラの映像を流したこと
 大山さん時代を「無かったこと」にせずにテレ朝版ドラとして
 一続きのものと捉えるところに好感

☆久本さんたちゲスト芸能人の「ほとんど」が
 「あれ欲しいわー」「面白かったー」などと
 付き合ってくれていたところ

(行け!ノビタマン)
☆救命ボートのたどり着いた星が、
 独特のオリジナル世界で面白い味わいが出ていたところ
 ヨーロッパ風の街並みなのに空き地に土管があったり、
 街のすぐ近くに危険生物?の棲む森があったりしていて
 オリジナル脚本時代のドラ映画を思い出させます。
 のび太曰く「新しいような、古いような、不思議な世界だね」

☆宇宙救命ボートにはほんやくコンニャクほか
 最低限の道具が常備されていたり、
 ボート修理のためにジャンクパーツを拾ってくる場面が
 あったりと原作で怪しかった部分がクリアされている点

☆ピストルの弾をも跳ね返すスーパーマンとして不可欠な
 機関銃掃射がNGではなくちゃんと描かれていたこと
 弾の出る銃は規制がかかりやすいようなので‥‥

☆しずかスネ夫ジャイアンのそっくりさんが
 へっぽこ悪人トリオという役で登場したところ
 特にしずか似美女がマヌケな子分を引き連れる
 女リーダーという感じでなかなかカッコよくて◎

☆たどり着いた星の独特の街並みや、
 夕暮れ迫る倉庫街の色彩など
 作画関係はけっこう凝っていて良かったところ
 一件落着後の食事シーンで色鉛筆で描いたようなタッチ
 のところは綺麗だった印象が残ります。


<気になったところ>
◇「白虎隊」や「世界水泳」等々テレビ朝日の番組の
 宣伝がらみが多かったところ
 ドラえもんを見て、「よしこっちも見よう」と思わせる効果は
 あるとはどうしても思えない‥‥

◇せっかく「ドラえもんとしゃべれる」に当選しても
 最後の方が芸能人のボケとツッコミで強制終了されている点
 なんだか子どもが可哀相に感じられた。

◇スタジオで芸能人どうしがしゃべったり、
 ツッコミを入れているのは
 「ドラえもん」である意味がないじゃん!

◇ドラえもんが「マチャミ、マチャミ〜!」と言っていたところ
 好みの問題でしょうが、くだけ過ぎな気が。
 行儀が良すぎるドラもどうかと思いますが、
 ドラえもんというキャラクターは
 こういうしゃべりをするかなあ‥‥

◇「欲しいひみつ道具」5〜2位が
 「生放送で時間が取れませんのでフリップで紹介」
 になっていたところ
 はじめからこういうギャグなら良いのですが、
 マジだったらちょっと‥‥
 中編アニメ一本じゃ時間が余るからこういう実写を
 やっているはずなのに。

◇「行け!ノビタマン」本編について
 バカバカしさと紙一重でエンターテイメントになるなら
 良かったのですが‥‥
 どうも微妙な方へ傾いた気がするところ
 ノビタマンやギャングのボスのバレバレの正体とか、
 悪ノリしたノビタマンの衣装とか、
 「分かっていて楽しめる良い意味の安っぽさ」
 を期待していたのに。

 (以下ネタバレ)
 この街が手に入らないならとお約束なようでいてやっぱり脈絡が
 良くわからない理屈でミサイルをセットする悪者のボスとか、
 のび太のパンチで吹っ飛ばされたブーデが頭でスイッチを押し
 ちゃったりとか、ミサイルがネズミに見えるという謎の理由で
 ドラが気絶したり、のび太がミサイルと一緒に飛ばされるという
 ヒーローの王道のようで似て非なる展開になったかと思えば、 
 「たぬきさん助けて」という少女の別に悲痛でもない叫びに
 ドラが白目のまま目覚めてビルの壁面駆け上がりをして
 間一髪のび太を助けたりとか、


 このあたりのクライマックス、ものすごいスピードで、
 何か不思議なものを見たような気がするのですが。

 ‥‥テンポは非常に良かったです。


閑話休題。

▽建設的?提案

★2007年の大晦日はやっぱり
「再放送+新作」のアニメ尽くしでお願いします!


やはり主要視聴層である子どもは
バラエティ番組のようなトークより、
アニメをたくさんやってくれた方が喜ぶと思います。
また、近頃過剰に意識されている気がする「大きいお友達」も
ドラえもんという「アニメ」が好きだからこそ
この歳まで視聴しているということではないでしょうか。
また、実写バラエティの部分はチャンネルを変えたって
どうということはありませんが、
ストーリーのあるアニメ本編は見始めたらついついオチまで
見てみたくなってしまうものだと思います。
話の途中で親がチャンネルを変えようとしたら、
子どもは嫌がる、というそれくらいでないと
視聴率も期待できないでしょう。

子どもって本当にシビアですよ‥‥
藤子・F・不二雄先生もおっしゃっていましたが、
話が難しくなったり、ダレると動き回ります。
また、「(コロコロで)見たことあるからいいや」と
映画の途中で躊躇無く退出する女の子を目撃したことがあります。

少子化もあって、子どもだけの視聴では
いろいろ予算的に難しいとしても、
他に視聴が見込める「いい歳こいたドラえもんオタク」は
実写トークなど求めないでしょう。
そのへんは藤子Fの他作品キャラを紛れ込ませたり、
しずかの活躍を入れたり、翼やスミレなど美少女を投入したり、
出木杉をのび太とからませたり、ジャイアニズムが発動したり、
ドラに失礼発言をさせたりライオン仮面をだしたり、
きれいなジャイアンを出しておけば良いのです、きっと。
(↑少しヤケ)

原作のそのままトレースが良いかどうかはまた別の問題ですが、
少なくとも放送時間は全部アニメで嫌がる人はいないと思います。

あとはアニメ本編について‥‥
まあ、良い出来のときもあれば、??なときもある、
ということで仕方ないかと思います。
ただ、今回みたいに1作のみだとそれだけでその回を
評価せざるを得なくなるわけで‥‥

正直言って今回の「行け!ノビタマン」は
個人的に微妙でした。
街にはびこるギャングと有力者が結びついているという
アレンジは面白かったんですが‥‥
どこか、「幼稚」になってしまった気がしました。
「南海大冒険」のクライマックスに似た印象が‥‥
うーん、他に別な話も放送してくれていたら
「たまにはこんなこともあるよ」で済んだのに。。。


やっぱり長くなってしまいましたが、
次回は1月12日(金)
「もしもボックス」〜のび太が発明した正月遊び!?〜 と
2週にまたがっての
「しずかちゃんをとりもどせ」〜未来が変わった!出木杉と結婚!?〜
の前編をやるようです。
同じ長くふくらますのでも「どくさいスイッチ」レベルを
期待します。
‥‥アニメドラ、頑張ってください!


前記事ドラえもんカレンダー2007について
マンガの中のクリスマス〜藤子F作品編〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
大晦日ドラえもんスペシャル、視聴率は5.7%
昨年の大晦日に放送された「ドラえもん」大晦日生放送スペシャルの視聴率が5.7%(関東地区)だったことが明らかになった。前年の7.2%を1.5%下回っており、久本雅美をMCに迎えての生放送も裏目に出た格好となった。番組自体の評判も悪く、今後の視聴率次第では、企画協力の安達元一氏とテレビ朝日に対する風当たりがますます強くなることは必至だ。 ...続きを見る
アマ・ジャナ
2007/01/06 00:21
今ごろゆく年
 今さら今ごろもう1月も終わりってぇ時に、昨年末のお話を一席。 ...続きを見る
銀河後悔日誌
2007/01/30 23:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん大晦日“生放送”スペシャル感想(行け!ノビタマンほか、2006年12月31日) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる