今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん07年10月26日放送感想(「台風のフー子」)

<<   作成日時 : 2007/10/26 22:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

久々のアニメドラえもんは名作「台風のフー子」。
二本立てではなく、一本のみで、
のび太とフー子の物語を丁寧に描いていたのが好印象です。
原作はてんとう虫コミックス6巻に収録。

全体的な感想としては、
映画の感動短編シリーズ(「おばあちゃんの思い出」、「ぼくの生まれた日」等)
を思い出させるような、繊細でイキイキとした
画面と構成だったなという気がします。

干した布団、「フー子のベッド」という手書きのプレート、
眠そうなのび太、ノートの落書き、
腰から下しか画面に映っていないのび太、
セロハンテープで留めてある障子、等々、
具体的な動作やセリフはなくても、
その間にどんな出来事があったのか、
キャラクターは何を思ったのかなどが
自然とうかがえる行間的カットが
多く観られたためではないかと思われます。

ギャグ要素の強い話ではまた違ってくるかもしれませんが、
こうした「行間」や「芝居」を意識する、
小道具を活用するといったつくりが
今後の放送でも多くなると嬉しいのですが‥‥

中でも良かったと思えるのが、フー子誕生の場面。
殻にヒビが入ったところで
カレンダーやのび太の前髪が
風にそよぎだすという演出がなされていました。
台風だから当たり前と言えば当たり前なのですが、
何が出てくるのかという期待感と同時に
生命の誕生という神秘的な瞬間を
非常に印象的に感じさせたのではないかと思います。

ただ、この場面だけで、日常フー子を抱えている場面に
あまり風が感じられなかったのは残念。

もうひとつ気になったのは
これまでの「わさドラ」で多用されてきた
独特の省略表現
(「頭に電球」やワイワイ騒いでいることを表す三本線、家がグニャグニャ揺れるなど)
が上で挙げたような丁寧な描写とあまり噛み合っていなかったこと。
個人的にはどうも違和感を感じてなりませんので、
ギャグ回との使い分けがされた方が良かったと感じられます。

緩急の使い分けということで言うなら
(この際あえてこう述べてしまいますが)わさび版ドラえもんの「騒がしさ」についても。
原作初期を中心としたドタバタや笑いでみせる話ならば
お行儀の良い保護者ドラではなく、
やんちゃで勝手なドラでピッタリなのですが、
しっとりとした話では本来それなりにわきまえるのではないかな‥‥と。
まあ、こんなのは私個人の勝手なイメージに過ぎないのですが、
いつでもテンション高く「わーっ」と騒いでいるような
印象ができてしまったので、
ぜひとも近い機会に、ぐっと「ため」の場面をも演じる
わさドラを観てみたいものです。

そのほか今回は
「な、何だって!?」(パパ)
「のびちゃん、声を大きくしてちょうだい」(ママ、怖い声で)
と、フー子のことを怒るのかと思いきや、
台風中継への反応だったり、
「どこだっ!?」と血相を変えて飛び込んでくるパパなど、
視聴者をハラハラさせる、
ひっかけのような演出があったことも付け加えておきます。
こういった試みは斬新で面白かったので、
どしどし取り入れちゃってください。


今回の名言。

「エルニーニョね、あれは、ホラ、あの、暖かい海水がどうした、こうしたって
パパ‥‥


次回はアニメオリジナル話「ピノキオの花」と
21世紀のおとのさま」

「ピノキオ」はウソをつくと鼻が伸びる道具ということで、
どうやらジャイアンリサイタルに使用される模様。
ジャイアンの鉄拳が炸裂する予感がしますが果たして?

後者は誤って現代にやってきてしまうわがままなとのさまの話。
「21世紀」を「現代」として使うことに違和感が‥‥
軽快なノリとほのぼのとしたラストに期待。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん07年10月26日放送感想(「台風のフー子」) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる