今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん08年2月8日感想(宇宙ガンファイターのび太前編)

<<   作成日時 : 2008/02/08 23:56   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

まだ前編のみでしたが、
観終わっての感想は
「…どうしよう」でした。
いや、本当にどうしたら良いのか分からんのですよ。

↓見逃した方のために簡単なあらすじ。
見慣れない西部劇シミュレーションゲームで遊ぶのび太。
そこに「最高得点を記録したのび太に頼みがある」と
イデアと名乗る少女が現れ、
惑星カメリア唯一の街モルグシティを脅かす
ならず者を追い払って欲しいと依頼を受ける。
ゲームの続きだと勘違いしたのびドラは
上機嫌でイデアに同行。
途中補給に寄った星で謎の青年ローリエと出会い、
さらに自称賞金稼ぎの三人組シズラー、スネラー、ジャイラー
をも連れてモルグシティへ。
ならず者達の銃撃を受けてようやく現実だと気づくのびドラ。
怯える二人に拳銃が向けられた!
  つ づ く

オリジナルかその要素の多いSP回は
ハッキリ言ってコケ率が高いです。
ですが、今回はコケの方向性が違うような…

個人的に「幼稚」だったり、
「ドラえもんである意味がない」話はペケです。
今回はそれらの点はさほど気にならないのですが、
「物語の構造が破綻」しているような気がします。

脚本やスタッフの方には申し訳ないのですが、
ちょっとばかり辛口で。
具体的に気になったのは以下の点。

・敵側(ならず者)の論理がおかしい。
 惑星唯一の街を荒らして何の得があるのか?
 宇宙航行技術のある文明にしては手段がアナクロすぎる。

・西部劇ゲームを宇宙中にバラまくだけの
 時間と技術があるなら自力で対処できるのでは?

要するに
手段と目的が入れ替わっている印象を受けるところと、
細部が詰められていないわりに設定を広げすぎている
ということが首をひねらせる最大の要因のようです。

街を荒らす理由については
映画「のび太の宇宙開拓史」のように、
貴重な鉱石が産出されるといった理由でもあれば
まだ理解できるのですが‥‥
予告によると、オアシスの巨木と銀行の頭取がからむようですが、
住民丸ごと追い出すようなものなのかどうか。

アナクロな部分についても
別に科学文明人が西部劇のような暮らしをしていたっていいんです、
ただ、それならそれで不自然にならない世界設定を!

と、いうことでどうにも細部が甘い。
そもそもの依頼にしても
「のび太が宇宙で拳銃で戦う」ことが目的で、
イデアたちモルグシティの住人の問題というのは
後付けになっているように感じさせるチグハグさがあります。

良いところもあるんですよ!
それだけにこういったツメの甘さが残念でなりません。

・ゲームと思い込んだままの二人のノンキさ
・宇宙酒場のイメージ
・ローリエ、ゲバルトともにわりと藤子Fっぽいデザイン(異論あると思いますが)
・宇宙を舞台にしようとしたチャレンジ精神そのもの
・細部のおかしさに両目をつぶれば(現時点)
 ストーリーそのものはいままでのSP回に比べてかなりまとも

このへんは悪くない印象です。

う〜ん、しつこいようですが
もう少し設定をマジメに詰めてくれていれば
ずっと良いものになりそうな気がするんですが。
21エモンなんかはオリジナル話でも、
SF部分も含め破綻もなく面白くなっているのですが…
‥‥チンプイとか21エモン並を求めるってゼイタクなんでしょうか?
(本音)
スタッフと関係者はこの二作だけでも見直してきやがれ

さておき、ローリエさんは
植物星の人間か何かなのか、
あの巨大樹とかも含めて映画がらみなのか、
あまり「映画のための話」作りはして欲しくない気もしますが
文句も後編を観ないと始まらないので
次週をおとなしく待ちたいと思います。

後編の感想はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
戦闘のび太
 『ドラえもん』2月8日放送分。「宇宙ガンファイターのび太 (前編)」が放送された。オリジナル。 ...続きを見る
銀河後悔日誌
2008/02/09 02:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ゼイタクです(笑)
というか整合性とか舞台設定とかもうどうでもいいです。
期待したら負けです。
「のび太が得意の射撃で宇宙のとある星へ行くぞ」程度でいい気がします。
むしろ見所は共宙語だったり
micro
2008/02/09 04:54
やはりゼイタクでしょうか…
巨大な「つづく」など、どこか懐かしい部分があるため、つい比較してしまうのかもしれません。
ちょっと表現がきつかったかもしれませんが、
細かい設定を気にしなければ物語展開自体は悪くない方だと思うので、後編に期待…は程々にして「あたたかい目」で見守りたいと思います。
春巻き
2008/02/10 18:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん08年2月8日感想(宇宙ガンファイターのび太前編) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる