今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS 俺yoeeeeeeeな物語?

<<   作成日時 : 2008/04/20 00:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

タイトルがいきなりワケ分からないですが、
「俺弱えー」ってことです。
もともとオンラインゲームの用語みたいですが、
ここでは180度違った使い方で。

しばらく前に某所で、
「最近、"俺強えー!" てな話ばっかりだよね。
 逆に "俺弱えー!" な話ってないだろうか」
といった意見を耳にして以来、
妙に頭に残っているフレーズです。

オンラインゲームはやらないのですが、
発言者はライトノベル(小説)の物語の構成のことを
指摘していたようなので、
なんとなく言わんとしていることは伝わってきました。

確かにラノベに限らず、アニメやマンガ、ゲームなんかでも
主人公が強い、もしくは
特殊能力や才能があるという物語は少なくない気がします。
(後者の場合、さしずめ"俺sugeeeee!"か?)

いやいやもちろん主人公が普通の人の物語は
たくさんあります。
ありますが、実際に
自分の知っている作品(純文学や現実世界中心のものは除く)
何だったら当てはまるだろうかと考えてみると
なかなか楽しくも難しいもの。

私のマイナーかつ古いものばっかり詰まってる、
底の浅い引き出しでは、
意外とコレというものが出てこないので困りものです。


「日帰りクエスト」(ライトノベル)とか
主人公が"フツーの人"の話なら思い出さなくもないのですが、
"弱い"かというと、そういうのとは違う気も‥‥?

多分、上記の発言をした人は
「主人公が強さや凄さにウットリしている話、
 強さを売りにして問題を突破してる話が目立つ」
ということを憂えた上で、
「じゃあ、主人公の弱さを自慢にしているもの、
 弱いことで物語が進むものはないのか」
という趣旨だったのではないかと思います。(勝手な解釈ごめんなさい)

仮にそういうことだとすると、
「普通」とはやっぱりちょっと違うかなあ‥‥

と、いうことで浅い引き出しをひっくり返して更に考える。


ひとつ、思い付いたのが
「天地無用!GXP」という作品。(アニメおよびライトノベル)
これは主人公が異常なまでに運の悪い少年で、
その悪運ゆえに宇宙海賊に狙われやすいという点を利用して
物資輸送の囮船艦長になるというお話。

もちろん、本当に襲われていたら仕事にならないので、
優秀なオペレーターと銀河最高レベルの科学力でがっちりガード。
砂糖に群がるアリのごとく集まってきた海賊船が
ざくざくと捕まっていく様は圧巻でした。

まあ結局、とんでもない悪運も
それを押さえ込むだけの技術でカバーしてやれば良いってことなので、
「俺すげー」の一種と見れなくもないのですが。
物語が進んでも生命の危険が無くなるわけじゃない、と
感じられる構造はなかなか良かったと思います。
弱さ、というか弱点あっての物語という意味では
一応当てはまるかなーと。


次に思い浮かんだのが、
ドがつくほどのマイナーゲーム
「ラビッシュブレイズン」(PS・RPG)
コレは途中で投げたまま(はじめからやり直したくなった)なので、
最終的にどういう物語になるかは分からないのですが‥‥

なにせ
「剣術も乗馬も礼儀作法もダメ! 
 自信があるのはルックスだけの青年が
 女の子にモテモテの職業『勇者』をめざす!」
というのが売り文句のゲームソフト。

今思うと、それにひかれた私も
潜在的に「俺yoeeeee」な話を探していたのかも。

プレイしてみると‥‥確かにRPGのくせに
レベル上げても、いまいち使えん 主人公だこと。
ルックスも本人が思うほど…じゃないよなあ。
調子に乗った性格なので、「ヘタレ」とも明らかに違う。
弱さで問題が解決するわけではないものの、
主人公がへっぽこじゃないと成立しない物語なので
当てはまる‥‥かな?


でも「天地GXP」も「ラビッシュ」も
女性にはモテているんだよな‥‥
ハーレムものには意外と「弱えー」があるのかもしれません。
「普通」や「ヘタレ」、「実は特殊能力者」が目立つ気がするけどね…


ゲームなら他に「摩訶摩訶」(SFC・RPG)の主人公が
異様なまでに普通というか微妙でしたが、
とって付けたように「前世は王子」「でんせつのせんし」なる
設定があるので却下。
でも裸に剥かれて川に落とされる伝説の戦士 ってのも凄いよなあ‥‥

   

閑話休題。


思考が逆回転をはじめたところで、ふと気づいた。


「ドラえもん」 ってひょっとして当てはまるんじゃない?


なんかもう、冒頭の発言をした人の意図とズレてきてるだろうけど、
よく考えたら、あの物語はもの凄く画期的なのではなかろうか?

何をいまさら、と言うなかれ。
私の中では藤子F作品は別格というか生活の一部だったので、
他の作品と物語の構造を比較するという意識が湧かなかったのです。

ご存知の通り、
「ダメなご先祖さまをもうちょっとマシにするために」
送り込まれてきたのがドラえもん。
つまり、のび太がダメじゃなければそもそも物語が始まらないのでは。

藤子F作品の主人公はパッとしない人間が多いですが、
のび太が群を抜いているのはおそらくそのためでしょう。
「能力を得る」パーマンや魔美、
「たまたま他所からやってきた」ウメ星デンカやポコニャンとは、
確かに‥‥違う?

のび太は弱いだけの人間ではないとか、
成長しないのではないということは十分承知ですが、
「主人公が弱いことが売り」
「主人公が弱いから成立する物語」
ということでは条件を満たし、
しかも最高レベルの完成度のような気がしないでもない‥‥


と、いうことで
「"俺yoeeeee"な作品」が意外と少ない理由は、
実は「ドラえもん」が既にあるからかもしれない、
などという暴論をでっちあげてみる。 (本気にしないように


ともあれ、クリエーターのみなさん、
「俺yoeeeee」な話は結構需要があるようなので、
「俺tueeeee!」上等の流行に風穴をあけるべく、
ひとつ企画されてみてはいかがでしょうか。

料理の仕方次第でかなり面白くなる素材かもしれません。
というか、もっと色々観てみたいかも。


※挙げた作品が少ないことや、異論については引き出しスカスカ人間故なのでご了承ください。
何が当てはまりそうか考えるのは結構楽しいので、各自でぜひ挑戦をば。




そういえば「並平家の一日」って「普通」を売りにした話‥‥?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
俺yoeeeeeeeな物語? 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる