今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん08年6月13日放送感想(父の日に地下鉄を!&恋するジャイアン前編)

<<   作成日時 : 2008/06/13 22:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

父の日特集&ジャイアンバースデーへの前フリ回。
いやー、最近のデキはなかなかのもの!
(ドラキュラ?何それ?おいし(略)

OPひみつ道具クイズは
トレパンと傘に並ぶ「パパ迷惑道具」の "どこでも大ほう" 。
分かっちゃいるけどやっぱりオカシイ。
ただ、「パパさん」は個人的に減点!


A 「父の日に地下鉄を!」
原題は「地下鉄を作っちゃえ」→てんコミ2巻

大筋は原作と同じなのですが、
細部の演出が凝っていてとても楽しめました。
話の膨らませ方がうまい!

以下ネタバレ満載なのでこれから観る方は要注意

草木に水まきをするのびドラが、
男の子らしく、水かけ物投げのケンカをする冒頭部分。
珍しいパパのお叱りを挟んで
「最近忙しくて疲れている」という説明をこなしつつ、
野比家の日常の雰囲気を出しています。

特にのび太がホースを踏む部分などは、
「あー、やるやる」という感じで親近感が。
ホウキやバケツが舞う画面も微笑ましいですが、
さすがにスコップは危険だ!?

ドラが髪もないテカテカ頭
タオルで入念にゴシゴシやってたのも細かくてgoodです。

そして原作アニメ問わず貴重な
野比家in都会のシーン。
デパートにお出かけがてら、パパを迎えに行きます。
ドラキャラとビル群、駅の混雑など
普段見慣れない画面に少々興奮しました。
パパがSuica使ってるぅー
あ、PASMOか?

背景が想像以上に緻密だったせいか、
ドラえもんで現代的都市を舞台にしたものも
観てみたいという気分になりました。
昭和40〜50年代風世界も似合うけれど、
21世紀の街並みにも違和感のないドラえもんの普遍性を実感!

とはいうものの、
青くてまるい物体Dが荷物抱えて歩いて喋ってても、
何も言われないのはやっぱりすこし・ふしぎ??


のび太とドラで持たされてる荷物の量が違うのも気になりましたが、
ドラは前が見えなくなっちゃうから…かなあ。
副都心線開業のタイミングもピッタリで、
改札で引っかかったドラはお気の毒ですがカワイすぎる。

そしてようやくパパのために地下鉄作りにのり出すのびドラ。
原作はクリスマスでしたが、父の日というのも
感謝をあらわすためにはいい変更でした。

さて、しばらく前の「ただ原作をなぞってるだけ 」だった頃なら、
二、三のコース変更を交えてあっさり開通したのでしょうが、
伊達に「パワーアップ宣言」はしてない様子。ノリノリです。

穴掘り機で会社に向けて出発した二人、
まずは地下駐車場に出てしまい、バーをくぐらずに退場、
次は地下水脈にぶち当たり方向転換、
ご丁寧に巨大な栓でフタをしていくのが楽しい。
続いては地下街に突っ込んでしまい「すみません通りま〜す」。
ここでは青ダヌキと驚かれてしまったので、
おばさん知名度はイマイチな様子か。

ここでおろし金のような巨大ドリルとニアミスする伏線を挟み、
なぜか温水に行き当たる。

「お風呂かも?」と言うドラに対し、
しずか入浴クルー?」とのび太(視聴者も)に期待させておいて
ドリル特攻してみると…まさかのジャイアンの入浴というオチ。

ここまで野比家からさんざん掘ってきてるはずなのに
なんでまだご近所の剛田家の下だったのかとか、
いろいろ言いたい事もありますが、

 「しずかの入浴がダメなら男だったら良いんだろ!」

というスタッフの魂の叫びが聞こえてきた気がしますので、
素直に拍手。よく頑張ってくださりました。

どうにかこうにか完成した地下鉄、
あとは原作どおりに本物の地下鉄とコースが重なってしまい、
挙げ句に穴掘り機まで壊れるという展開。

ツルハシとスコップで先を掘り始めるのびドラに
ふっと微笑み、黙って一緒に掘り出すパパ。
う〜んいい雰囲気だ。
「定期券」に土が付いていたというのもナイス。
泥だらけでも嬉しそうな三人を見ると
「どこでもドアで…」なんてツッコミが野暮であることを感じさせます。



B 「恋するジャイアン」(前編) →てんコミ44巻
タイトルコールに「前編」と付けないのは…ちょっとあざといかも。

地下鉄の話同様、細かい部分の演出は練られていて
なかなか楽しいのですが、
なんだか作画が乱れていたような…? 
後編と合わせても面白くなりそうなだけに、
こういうマイナス点は非常に惜しい。

あらすじとしては、
偶然写真に写りこんだ女の子を好きになったジャイアンが、
のびスネドラをこき使って、仲良くなれるようお膳立てさせるものの、
空回りするばかり。
その女の子と結果的に親しくなったのび太が
(ジャイアンは拒否されて)誕生日パーティの招待を受けることに‥‥!

という感じで、大部分は原作どおり、
最後の数分がオリジナルで次回へのつなぎという展開に。

ただオリジナル話としてジャイアンの恋を扱うのではなく、
原作にある話と繋げるというのはなかなか面白い試みだと思います。
次週はジャイアンシチューが登場したり、
ちょっといい雰囲気にもなるようなので、素直に期待。

今回の放送分では、
のびスネドラが三人がかりで役に立つどころか、
かえって事態をややこしく引っかき回している状態が
うまく描けていたという印象です。
こういうパターンは結構好きだったり。

大ベンジーと小ベンジー、縮めて、 (自主規制) 」は
夕食時に放送しても良かったんだろうか…
分かってるんだかないんだか、しかしのび太ノリノリである。

ミナミちゃんは原作の可愛さが出てて良デザイン。
「きれいなジャイアン」と
「きみは僕のハートを盗んで」は、いらんかったかも…


次週6月20日は「恋するジャイアン(後編)」と
「せん水艦で海に行こう
」。
後編では作画がアップすることを願って
次回を待ちたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん08年6月13日放送感想(父の日に地下鉄を!&恋するジャイアン前編) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる