今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS 西岸良平「鎌倉ものがたり」展 & 江ノ電特別列車「鎌倉ものがたり号」感想

<<   作成日時 : 2008/07/04 00:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

行ってきましたオバQ…じゃない、小田急百貨店藤沢店!
西岸良平先生の作品「鎌倉ものがたり」連載25周年記念で
展覧会が開催中なのです。

※江ノ電等のスタンプラリーに関しては前回の記事をご覧ください

西岸先生自体、展覧会が初の開催ということで、
またとない機会と突撃してまいりました。

画像


場所は上記のとおり、神奈川県にあります小田急百貨店藤沢店で
6階フロアにあるこじんまりとしたギャラリースペース。

スポーツファッション売り場をかき分けた先にあり、
ちょっぴり入りにくい雰囲気が無いでもありませんが、
当然入場無料なのでご安心ください。
入り口脇ガラスケース内には既刊単行本と、
西岸先生所蔵の蓄音機が展示されています。

室内の展示は以下の通り。
・「鎌倉ものがたり」カラー複製原画展示販売
・既刊単行本表紙カラー原稿
・増刊やカット用のカラーイラスト
・単行本24巻収録の「ぶんぶく茶釜」の
 ネーム&完成原稿&雑誌掲載版三者比較展示
・単行本や文庫版「鎌倉ものがたり」既刊展示
・まんがタウン増刊特集号や双葉社発売の他西岸作品単行本展示
・これまでの「鎌倉」販促グッズ
・豊島屋「鎌倉」絵柄特製鳩サブレー缶
・西岸良平私蔵コレクション
・単行本や関連グッズ販売

複製原画販売は5枚ほど、カラー表紙と同じ絵柄だったと思います。
とんでもないという程の値段ではなかったのですが、さすがに諦めました。

単行本カバー原稿は表紙から裏表紙まで
一枚の絵になっているものがほとんどで、
つなげて見ると印象がかなり違って見えます。

表紙キャラクターの視線の先に裏表紙キャラクターがいたり、
背の部分のタイトルの下に入るカットが合成じゃなくて、
元イラストに組み込まれていることが分かったりと新たな発見が。

デジタル多数の時世に丁寧な水彩塗りというのも癒されます。


一番の見所は、ネーム&完成版&雑誌掲載版の比較展示。
1P目から最終20P目まで全展示というのも良いのですが、
ネーム原稿は本当にナマの状態で間近に見れるのが凄い!

以前藤子・F・不二雄先生の展覧会に行ったことがあるのですが、
その際はネーム原稿はガラスケースに入れられていたので、
現物をパネルに貼ってあるだけという今回の展示には驚きました。

コマの切り貼りのセロテープや、
セリフを消した後の筆圧の溝
西岸先生かアシスタントの方のメモ書きまで、ばっちり見えます。

1P目にあった『 白ワイン、バナナ、発酵した飲み物
という感じのメモがものすご〜く気になったんですが、
西岸先生のお使いリスト‥‥かな?

ネームには人物と構図のラフのほか、
セリフや描き文字がキッチリ入っていました。
(どうやらこの時点で文字類は決定させるやり方みたいです)

完成原稿は吹き出し内セリフ以外が完全に出来上がっている状態、
(ただし、生原稿じゃなくてコピーのようでした)
雑誌掲載版は縮小して欄外紹介とセリフが入った状態でした。

その他の展示で印象的なのは、西岸先生の私蔵コレクション。
メルクリン社の鉄道模型や、
箱根寄木細工秘密箱、
立体カメラに懐中時計など、作品内で使用されたものばかり。

どれもこれも相当年季が入っていて、
趣味人間なのは一色先生じゃなくて西岸先生なんだろうなあ‥‥
と想像させられます。 

グッズ販売は「鎌倉ものがたり」単行本全巻と、
ポストカード5枚セット、図書カード、ポスターという
シンプルなもの。
便乗?してか、江ノ電プラレール なんかもありましたが。

図書カードはレジに置いてあるので見落としに注意。
私は最新25巻とポストカード、ポスターを購入いたしました。

意外?なことに西岸先生のサイン(本)はありませんでしたので、
ちょっとがっかり。
しかし全体的には、小規模なギャラリーながら見ごたえはアリでした。

"「ALWAYS三丁目の夕日」の原作者〜"という案内放送は
「鎌倉」ファンとしてちょっと寂しいからやめてくれえ〜

開催は08年7月2日から7月8日(火)までとなっています。

 ◇

さて、今度は江ノ電特別列車「鎌倉ものがたり号」について。
先月スタンプラリーに参加した際には乗り逃したので、
改めて写真を撮ってまいりました。

画像

こちらが先頭部分。
「鎌倉ものがたり」のヘッドマークがついています。
が、「SKIP号」という車体自体は
鎌倉観光名所の写真がラッピングされているだけなので、
そうと分かりにくいのが難点。
3両編成のうちの2両だけですのでこちらにも注意。
画像

↑とにかく青地に写真がついている車両を見つけたら乗り込め!?

ともあれ、車内は中刷り広告やつり革まで
「鎌倉ものがたり」でいっぱいの仕様。
画像


詳しくは双葉社のイベント告知ページにありますが、
作中に出てくる観光名所の紹介、
メインキャラクター紹介、
作中の架空不思議スポットの紹介、
既刊表紙イラストギャラリー、
名場面ベスト10、
そしてひとこと名言集、と隅々まで楽しい。

中でも名場面ベスト10や名言集は
担当者の気合いが凄まじく伝わってくる良企画でした。
名言集で笑ったのが、
人のにケチをつけるのは簡単だけど、
 新しく考えるのは難しいんだよ!
一色先生、まったくごもっともです。
これをチョイスするあたりもまた素晴らしいですなあ。

この調子で公式ガイドブック「鎌倉ものがたり詰め合わせ」の
増補版作ってくれないかなあ‥‥ (1999年までの分しか載ってない)

乗客は地元の方と、観光客が半々くらいでしたが、
あんまり関心を向けていただけていない様子が寂しくもあり、
車内一面というのが気恥ずかしくもあり。

これがジャンプ作品やポケモンのようなメジャーなものなら、
こういう複雑な心境になることもないのでしょうが、
マイナー作品のファンは難しいです‥‥

でもやっぱり「デズズーニランド」やら「亀ヶ谷の猫王」
なんてネタの中吊りを見るとテンション上がる!
もういいよ、ヲタクで万歳!

画像



江ノ電鎌倉駅にて特製台紙つき入場券と、
(ヘッドマークと同じデザイン:130円)
大船軒の鯵の押寿し「食べくらべ」
(パッケージイラストが「鎌倉」仕様:900円)
も無事入手成功。
前回買えなかったものなので、
これにて一連の25周年キャンペーンは完全制覇できました★

スタンプラリーは7月13日まで、
「鎌倉ものがたり号」運行は7月中旬まで、
大船軒コラボパッケージは8月29日まで、
そして小田急の「鎌倉ものがたり」展は7月8日までなので、
急げばまだ間に合います!
(豊島屋コラボ鳩サブレーは配布終了)

そして最新単行本「鎌倉ものがたり」25巻も絶賛発売中です。
今回はご新規さんいらっしゃいキャンペーンをはってるわりに、
一話目から少々かなりぶっ飛んでるぞ!

多分、「三丁目の夕日」のイメージで読むとドン引きすると思う‥‥
ふふ、黒西岸の凄さ堪能するがいい? 


ともあれ、基本的には一話完結ですので、
1〜25巻の好きなところからお気軽にお手にとってみてください。
魔物と人間が共存する鎌倉のミステリーは
すこしふしぎな物語が好きな人にはおススメです!
傑作選や文庫版も発売中。


<追記>
企業ニュースサイト「PRONWEB」08年7月4日の記事にて
「鎌倉ものがたり展」の写真つき詳細が公開されていました。
会場の様子が気になった方はご覧ください。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
隠れ里の花嫁(4)
しばしの休憩後、御霊神社、別名鎌倉権五郎神社の境内前にあった江ノ電の権五郎前駅跡にいきます。僕が撮影する前後にも、この何にもないコンクリートをカメラに収めている方がいましたが、江ノ電ファンか「鎌倉ものがたり」ファンの方なんでしょう。 ...続きを見る
LOGOS-喜びを分かち合い、悲しみをと...
2008/07/12 16:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
西岸良平「鎌倉ものがたり」展 & 江ノ電特別列車「鎌倉ものがたり号」感想 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる