今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん08年7月11日放送感想「七夕の宇宙戦争」

<<   作成日時 : 2008/07/12 23:01   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

‥‥‥‥
エエエエエエエエエええええEEEEeeeee?

と叫びたくなるほどこの上なしの今回。
いやいや今週はサボるつもりだったのに
ついつい感想綴っちゃう気になったよ!

※以下、ものすんごいネタバレが含まれます
これから観る方はご注意の上でどうぞ。


 ◇



結論からいくと、

まさかの夢オチ(ゲームのバーチャル体験)でした。
それ自体はありえない事じゃないのですが、
逆に非現実だからやりたい放題という感じに見える展開。

「えへっv どうせ整合性気にしなくていいから、
 いろいろ遊んじゃえ〜」

と、いうスタッフの趣旨だったんじゃないかというくらい、
それはもう、いろいろとすごい話。

以下、やや実録風にあらすじです。

七夕の夜、流れ星に願おうとするのび太に、
直接星を捕まえてゆっくり願うための道具
「流れ星ゆうどうがさ」を出すドラえもん。
しかしのび太が捕まえたのは隕石ではなく、
宇宙からの救難信号を伝える「SOSカプセル」。
のびドラの二人は早速送り主のもとに赴き‥‥

と、ここまでは原作と同じ。 (プラス5巻「流れ星ゆうどうがさ」)

SOSの発信者は、ウサ耳の着ぐるみのごとき風貌の宇宙人。
彼を「デザイア星」へ送っていくと、
何でも妬ましく思う星、その名もネタミ星」の襲撃を受けているという。
そのため、「他の星から届く願い事を叶える」という
この星の住人の使命が十分に果たせなくなってるとか。

ここまできた段階で「うゎ、何この無茶設定」と、
リモコンを投げたくなるが、グッとこらえなくてはいけない。

願い事の審査風景を見学した後、
なぜかひとりだけかぶり物じゃない
白い猫耳のようなものを生やした姫様に謁見し、
助けたお礼にのび太の願い事を叶えてくれるという。

「願い事叶えマシン」という素晴らしいネーミングに、
ついついリモコンを握る手に力がこもりそうだが、以下略。

そこへやって来ましたネタミ星人の襲撃。
自分たちの願いは叶えられないというお約束に対し、
異星人である自分の願いならばと、
「宇宙で一番強くて頑丈な宇宙船を二機」注文するのび太。

人を傷つけるような願い事はダメというわりに、
間違いなく乗員はタダでは済むまい破壊力で、
どっかんドカンと敵機を撃ち落としていく!

もはや脱力感を覚える中、
敵艦が「21エモン」の人食い怪獣タイロックに似てるなー とぼんやり思ふ。

相手を撤退させ、お礼のごちそうを頂いた後、
日本からの七夕短冊の仕分け作業を覗きこむと、
「のび太くんとこれからもずっと一緒にいられますように」
という不吉なフラグ を立てかねない、ドラえもんの願い事を発見。

ほのぼのしたところで、ネタミ星人の逆襲が。
しかも「最強宇宙船(仮)」が強奪されたとのこと。
これはピンチか?と思わせる間もなく、
願い事叶えマシンはいとも簡単に「最強宇宙船」の弐号機を具現化する。

同じ願い事が無条件で繰り返せる
というアリエナスな展開に、思わずクッションからずり落ちる。
まあ、この辺で気がついても良かったのかもね。

宇宙強い」宇宙船が2×2で激しい戦闘を繰り広げる中、
ドラの乗る船がのび太をかばって撃沈。
「みんなを…守って… きみなら…できる!」
と、途切れ途切れの音声でお約束な最期のメッセージを送るドラ。
もちろん「ドラえもーん!」という絶叫も忘れてはならないオプション。
さらば…君のことは忘れない

必殺の一撃どうしが激突し、
白い光に飲み込まれていくのび太の視界。
光が消えたとき、戦場に残るのはのび太の船ただ一機。
どうして…?と訝しがるのび太の前に、先ほどのドラの短冊がひらり。

裏面には小さい字で
のび太くんがケガなんかしないでずっと元気でいられますように
感動的な音楽が盛り上がる中、響くのび太の絶叫…
帰還後、お礼に何でも願いを叶えると言われるが、
「要らないよ…だから、友だちを、ドラえもんを探してよ…!」
と悲痛な表情で訴えるのび太。
デザイア星人たちはにっこり笑って‥‥

  字幕 『 Y O U W I N !


ここで、この記事冒頭の叫びにつながるのであった。


ゲームが欲しいと願うどころか、
道具を使っても星が捕まえられないのび太のために
ドラが出したのが「SOSカプセルゲーム・七夕バージョン」!

ツンデレなのび太くんは怒りながらも
布団の中で安堵の微笑みと涙をみせるのでした。
現実の笹にも吊るされた「ずっと一緒にいられますように」の短冊に
流れ星がきらりと光って‥‥めでたしめでたし。


と、まあ良くも悪くもわさドラの歴史に刻まれるであろう、
なかなかにぶっ飛んだセンスの一編。
もし未見の方がいらっしゃいましたら、
DVD化された暁にはぜひご覧ください。

いや〜、もう一時はこんなハチャメチャな状況設定を
本気でやってるのかと疑ってしまいましたよ。
「のび太が欲しがってるのはゲーム」であるとか、
ドラえもんの挙動など、伏線はちゃ〜んとあったんですが。(見事)
‥‥その、ドラキュラとか三剣士とかノビタマンとかイヤ〜な記憶がね?
負の遺産を逆手に取る手法でしょうか? いっそアッパレかも。

「ドラえもん」は「サイエンスフィクション」まではいかない、
「すこし・ふしぎ」ではあっても、
因果関係のアヤしい(悪い意味の)「ファンタジー」
であってはならない、と考える堅い頭ですので、
一線を越えずに踏ん張ってくれてホッとした気持ちもあります。

いやいや、もうっ、ファンをいぢめるのが上手いんだからぁ! (謎

まあ、あんまりこういうオチは多用しないで欲しいところですが、
アリエナスファンタジーに突入しない範囲で、
今後も楽しめる悪ノリを取り入れていってもらえたらと願います。
若干反則ワザではありましたが、こういうの嫌いじゃないですよ?


その他、今回はOPを無しにして
「踊れ・どれ・ドラ ドラえもん音頭」をEDにするという演出。
ヲをッ! 流れをブッた斬るハンパな所でOPが来るよりよっぽど良いぞ!
しかも画面右三分の一がスタッフロールというのは
映画みたいでなかなかカッコ良し。


次回は背後霊をプルタブ缶詰にしたという素晴らしい逸品、
「ボディーガードは背後霊」と
「ぼくよりダメなやつが来た」。


いや、ここんところ本当にわさドラ面白くて、
そろそろ大暴落が来るんじゃないかと未だ半信半疑‥‥
スタッフの皆さんごめんなさい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん08年7月11日放送感想「七夕の宇宙戦争」 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる