今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん教。

<<   作成日時 : 2008/10/01 23:02   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

子どもの頃につくった怪しいものシリーズ、まさかの再登場。→前回 
アニメ放送が3週間もないので、ネタ切れ対策とも言いますが。


さて、ドラえもん教。


文字にするとものすごくインパクトがありますね。
一体ナニかと言うと、別にどうってことはない。
いたいけな幼稚園児の頃に
ナゼかドラえもんの人形を拝んでいたという
くぅだらない思ひ出話でございます。


画像ドラえもんが正座してる人形

こちらがその人形ですが、
当時(89年ごろ?)のものにしては造形がしっかりしていて、
 フルカラー彩色
 両手と首は可動式
 青いボディ部分はうぶ毛のような素材を用いて
 手触りなめらか

と、現在のフィギュアにも劣らない出来!?

よーち園児に与えられたオモチャだったので、
値段もそれほどしなかったのでしょう‥‥もう売ってないよなあ

と、まあ、その立体造形の素晴らしさゆえに、
子ども心にも飾って眺めたくなったのでしょうか。
(ココで人形遊びとかに使わないあたりにヲタクの片鱗を感じる)

居間の本棚の一部を勝手に占拠してディスプレイ。
そのままじゃ味気なかったので、
オモチャにしていた懐中時計のケース(直方体の箱)を台座にして、
その上に鎮座ましますはドラえもん人形!

さらに形式を整えたくなったのか、
不○家でもらったペコちゃん(仮)のハンドベル(振るとちりんと鳴る)
を横に配備して、簡易ドラ様神殿の完成!


‥‥
‥‥‥今考えると、
ワケわかんないですねえ

ハンドベルを設置したのは多分、
神社のお参りか何かをイメージしたのだと思いますが、
ワタシ実は大人になった今でも、初詣とか行ったことがない人ですヨ?
にもかかわらず、何でそんなものを知っていたのかはナゾですが、
やはりマンガからの影響でしょうか。

別に特に祈る事もなかったハズですが、
当時は毎日欠かさずベルを鳴らして、手を合わせて
ご本尊(ドラ)を拝んでいました。

うーむ、思えば私の人生でもっとも信仰厚かった時期だったのかもなあ。
それがよりによってドラえもん教‥‥
八百万の神様ごめんなさい


ところで「ドラえもん教」というのは自分で命名したものではなく、
そんな姿に苦笑してたらしい母親によるもの。
当時はよく分かってなかったのですが、
大人の目から見ると確かに「ドラえもん教」。
うまいこと言ったもんだ、母GJ。

よりによって幼稚園の文集にそのことを書かれたので、
文書として後世に残される ことになってしまいました。

ちなみにその文集は保護者が文章、
子どもがイラストを担当する形式なのですが、
私が描いたのはもちろんドラえもんでした。
これ以上説得力のある挿絵はないね!
(コドモなので目が顔の輪郭線の下にある…)



その後、人形をガラクタ箱に放り込んでた時期があったので、
いつの間にか頭がひしゃげてしまっていたことがありました。
机に飾っておいたところ、空気圧?で幸い元に戻ったのですが。

‥‥そんなしまい方はもうしないよ。


 ◇

今回改めて人形を観察してみると、
造形の出来の良さに驚くとともに、
なるほど、拝みたくなるような不思議なオーラがあるような気がする。

ドラやきと緑茶が前に置かれているような錯覚すら覚える正座姿も
かなり堂に入っています。

エポック社さん、再発売しませんかぁ?



藤子関連子どもの頃のマヌケ話
 →海賊版「ドラえもんひみつ道具カタログ」?
 →「マッチ売りのドラえもん」にだまされた話

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん教。 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる