今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん08年10月31日放送感想(恋のウワサはやめられない&時間よ動け〜っ!!)

<<   作成日時 : 2008/10/31 23:28   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

いやー、今回は面白かった!
これくらいの出来なら、今放送してるどのアニメにも
引けを取らないんじゃないかという気がするくらい。

原作は十二分に記憶しているにもかかわらず、
「これってこんなに面白い話だったんだ!」と
ワクワクして見ることができる、
そういう「原作のあるアニメで一番良い状態」に仕上がった
回だったんじゃないかと思います。
(逆に一番マズイのが「原作をただなぞってるだけ」…)

ホントに、ちょいと見てってよ、そこの方!
「声が変わってヤダ」なんて言わないでさ…


宇宙ひみつ道具クイズ
OPの前に入るミニコーナーですが、
短い分、勢いと異様なノリで人気上昇中とのウワサがあったりなかったり。

今回は巨人の星(一徹じゃないよ)に着いたのびドラ、
巨人に宇宙救命ボートをボールよろしく振り回されるのを
止めるために使う道具は?というもの。

答えは「コーモン錠」なんですが‥‥
ビンを掲げるドラがまるっきり「あの」ポーズでしたねえ。
しかし音楽は「仕事人」っぽかったのが残念(わざとか?)

今回はわりとまともなシチュエーションでしたが、
いろんな星が出てくるのがすっかり楽しみになっています。
珍道中ぶりは「21エモン」の宇宙編を思い出しますね‥‥ DVDマダー?


A 恋のウワサはやめられない 
 →原作「レポーターロボット」てんコミ40巻

あらすじ
のび太のまちに住む普通の青年、川口さんが
先日、38回目のお見合いをしたとのこと。
情報通のスネ夫への対抗心と、単純な好奇心から
のび太は「レポーターロボット」を使って
川口さんのお見合いの現状を取材させるが‥‥

なにこのワイドショー、
生中継! 大げさなテロップ! 衝撃の展開!
すごいよ、やばいよ、面白いよ!


とにかく「レポーターロボット」の中継映像が
それっぽく凝っていて笑わされました。

主人公がすっかり川口さん(3?歳)になっていて
のび太が完全に視聴者になるという展開、
そしてそんな様子を我々も視聴しているという
二重の構造が非常に楽しい作品。
マンガでも十分に良かったのですが、
こうしてアニメになってみると
やっぱり生中継の雰囲気、リアルタイム感がたまりません。

川口さんが花屋の息子というのも良いアイディアでした。
「不器用でも真面目に生きてきた青年」という感じが
うまい具合に表現されていたと思います。
ただ、店の花で「スキ・キライ」の花占いやっちゃダメだろ!

ともあれ、レポーターロボットの突撃取材。
花屋の川口さん
38回目のお見合い
 
[中継]
と、いちいち画面右上に入るテロップがかなりいかしてます。

ロボットも昔懐かしい?しつこくベッタリぶら下がる
レポーターぶりで、結果的に悪役を担います。
ホントは1回きり出演の町人Aのお見合いなんか
どーでも良いはずなんですが

気がついたら(オチも知ってるのに)画面に見入っているという
その凄まじい盛り上げぶりにはただただ拍手。

単純に話の流れを追ってもつまらないと思うので、
以下、生中継のテロップまとめ。

  川口青年 
     激白!!

  できれば結婚したい


  38回目のお見合い!
       続報!!

  またもお見合い
   失敗か!?

  特別番組
(文字がくるくる回転しながらアップ)
  花屋の川口さん
  フラれたそのワケ!


  空野さん 突撃
  インタビュー!

※空野さん…お見合い相手の女性

  空野さんのお部屋に
   潜入取材!

  川口さん
  突然の登場!

  川口さんの
      反撃!

  どうなる?!   
     川口さん! 

  意外な結末!
  そしてドラマが!?

  この展開は!?

  ハッピーエンドです!!
(ズームアップ)


‥‥よくやるねー、
じゃなかった、良くわかってるねー!

全部書き出した私も、よくやったと言うかアホだと思いますが、
こうやって並べると確かにすごく面白そうでしょ?
もし見逃した方がいらっしゃったら、
ぜひぜひDVD化の際にご覧になってみてください。

もともとのび太が例によって調子にのって始めたことだったのに、
いつの間にか数十人規模の観客が集まっていて、
最後は皆で喜び合うイイ話になっているというくだらな素晴らしさ!
締めのドラえもんの葛藤も表情豊かで味がありました。

<個人的見どころ>
川口さんの乗った配達用原付のナンバーが「87−87」
集まった観客の中に学校の先生らしき後姿が?


B 時間よ動け〜っ!! →てんコミ24巻

あらすじ
宿題、野球、借りた本…自分のノロマ具合が嫌になったのび太は
ドラから「タンマウォッチ」を強引に借り受けると、
時間を止めて遊びながらまちを歩き回る。
そんな中、階段を踏み外した瞬間で止まっているしずかを見つけ、
慌ててクッション代わりの布団を用意するのび太。
そして時間を動かしてしずかを助けようとするが、
タンマウォッチが壊れていることに気がついたのだった!

ギャグなのにちょっといい話な前編に続いて、
今度は打って変わった「静かな」怖さを描く一編。

前の話がリアルタイム風に「動く」楽しさが魅力だったのに対して、
アニメなのに「動かない」ことで面白さを発揮しているところも
実に良いバランスになっていたと思います。
この組み合わせもちゃんと考えてのことなら見事だなあ…

とにかくタンマウォッチが壊れたことで、
「みんなそこに居る」のに助けてもらえない
「自分だけが動いている世界」の恐怖感というのがゾクリとさせられました。

「今まさにドアを開けて入ろうとしているママ」の
脇を無理にすり抜けて家に入らなきゃならないというリアルさや、
「ゴロゴロコミックを読んで満面の笑顔を浮かべているドラえもん」を
揺すっても引っ張っても、その笑顔が凍りついたままという場面など、
さりげないようでいて、怖さを120%引き出す演出にはうならされます。

冒頭で時計の針が回っていたのも、
宿題がはかどらない様子を示す以上の意味があったんですね…

途中、まちにいたのび太から急に場面が変わって
部屋で目覚める部分では一瞬「あれ?」と感じさせられましたが、
夢じゃない、「今何時という問いも意味をなさない状況」
を表すものだったのでしょうか。
ひょっとしたら(本来でいう)一日くらいは経っていたのかな、
という想像もできるかもしれません。

結局原作と同じ方法で解決するのですが、
それでも「お願い動いて!」とレバーを引く場面は
ハラハラしながら見入ってしまいました。
どうして影響されてないんだというツッコミは野暮でしょう。
まさに冒頭で述べた「知ってるのに引き込まれる」という
原作つきアニメにとって一番いい状態にあったと感じる場面でした。

ところで最後のドラのセリフ、
「しばらくこのままにして、懲らしめておくか」は
現在の「タンマウォッチを持って飛び出していったのび太」
に対して言ったんだよね‥‥?

<個人的見どころ>
まちの背景に川口さんと空野さんがいる!
「1/5+1/3=1/8」 ‥‥分子は足さないのに何でだ。
カレンダーにキー坊 (前に美夜子さんだった回もありましたね)
現代っ子ののび太はシャープペンシルで宿題をするのか!
今の地上波日中のアニメではご法度のハズのアレが映ってたような…

  ◇

今回ちょっと褒めすぎましたかねえ。
でもアドベン茶&ベロ相占いの回といい、
1、2年くらい前と比べると近頃の出来は確かに良いと思うのですが。


次回は「そして、ボクらは旅に出た」(多分アニメオリジナル)
のびジャイスネが小さくなって冒険するようです。

「のび太救出決死探検隊」や「ドンジャラ村のホイ」にも
似たような要素はありましたが、
男の子3人の冒険というところが面白そうでしょうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「レポーターロボット」の話では、原作ではスイッチ機能がついていたのに、アニメではその設定を無視した上で最後まで実況を続け、ハッピーエンドを伝えるという少し変わったアレンジはよかったです。「タンマウォッチ」は…確かに怖いですね……自分は動けるのに他のみんなは助けてくれない…想像しただけで怖いです。最後の「タイムマシン」に乗ることについては、確かに「タンマウォッチ」はこの世界(パラレルワールドはわかりませんが)すべての時間の流れを止めることができます。でも、机の引き出しの中の時空間は、いわゆる[時の流れの空間]ですから、時間の流れを止めることはできても、時間は過去からつねに流れてくるものですから止まっているこの時間から流れに逆らって時間の止まる前に移動することはできるんじゃないか、という感じに考えています。
りっくん
2010/11/17 22:45
タンマウォッチの考察
>時間の流れを止めることはできても、時間は過去からつねに流れてくるものですから

なるほどそういうことですか! とても興味深いです。
レポーターロボットはハッピーエンドまで中継しきったことで、かなり雰囲気が変わっていたような気がします。後味が良いアレンジでしたね。
春巻き
2010/11/20 11:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん08年10月31日放送感想(恋のウワサはやめられない&時間よ動け〜っ!!) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる