今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん08年11月21日放送感想(ざぶとんにもたましいがある)

<<   作成日時 : 2008/11/21 23:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

人間たちの横暴に立ち上がったモノや道具たち!
掃除機が荒れ狂い、ふすまは踊りだし、履物は容赦ない攻撃を加えてくる。
野比一家はなすすべも無く屈するしかないのか。
そこに意外な救援が!
‥‥このアオリ、嘘でも誇張でもないんですよ?


宇宙ひみつ道具クイズ

ガラガラの宇宙遊園地にお客を呼びたい、
そんなときに使う道具は?

答えは「カムカムキャット」

そもそも客が一人もいない遊園地 って状況がありえない〜!
と、いうようなツッコミはしてはならない。

今回はちゃんと正解が正解になっていてホッとしました。

さらに「新宇宙開拓史」に登場予定の
空飛ぶパンダ?やパオパオ、チャミーがちらっと映っていたりと
ファンサービスが細かい。
おまけコーナーなのに丁寧なつくりがgoodです。


ざぶとんにもたましいがある →てんコミ39巻+オリジナル

<あらすじ>
放置自転車や落書きなど、
みんなモノを粗末にしすぎると感じたのび太は
モノに魂が宿る「たましいステッキ」を借り受け、
調子にのって家中、まち中に魂を吹き込んで回る。
そのため、野比家では勝手な人間に怒ったモノたちによる
嵐のような猛攻撃が勃発。
一致団結してステッキのスイッチを切ろうとする野比一家だったが、
そのさなか、パパのび助は
結婚当初から使っているざぶとんの心に触れ‥‥


ごくありふれた?短編を
2話分の時間にふくらますということで
どうなるのかなと思っていましたが‥‥

どうしてなかなか、見事な原作とオリジナル要素の絡ませ具合。
中だるみや間延び感も無く、うまく仕上げられていたと思います。

原作ではドタバタギャグの中にも
モノを大切に思いやる精神のようなものが感じられたので、
その部分は若干薄まってしまったような気もしましたが、
そんな差異は「それはそれ」として吹っ飛ばす面白さでした。

ハイテンションな大騒動が
いつの間にか、しみじみいい話になっているという
バランス感覚も絶妙です。

掃除機が暴れ狂うシーンなどでは「動きと迫力」で、
パパの思い出を綴るシーンでは「繊細な心情描写と温かい画」で、
それぞれアニメ版ならではの魅力が表れていると感じます。

「キミの中ののび太」を流すあたり
ちょっとあざといなあという感じもしないでもありませんが、
マンガでは限られたページ数もあって、
比較的あっさりとしてしまう展開を丁寧に描けるのが
アニメ版の強みでしょうか。

「ドラえもん」に人情モノみたいな要素はいらないんだ!
という意見も当然あるでしょうが‥‥
個人的にはただ原作をなぞっても味気ないですし、
「アニメならでは」という部分を意識して、
ベタベタにならない程度に掘り下げていってほしいと考えます。

今年の春のリニューアル以後、
ぐっとアニメドラが面白くなったのも(本当に劇的に)
たぶんそういった「アニメだから出来ること」が
念頭に置かれるようになったんじゃないかな、
という気がしてなりません。

このまま来年もそれ以降も進むと良いのですが‥‥

と、まだ11月なのに08年のまとめのようになって
鬱陶しいのでこの辺で。 こ、こういうのも死亡フラグになるの?
以下、例によって印象的な点箇条書き。

・動きと構図
 いきなり「う〜ん」とうなる玉子ママのどアップで始まるとか、
 つかみがスゴかった。
 野比家の面々が右往左往逃げ回る様は
 かなり派手なアクションで楽しめました。
 ちょっと動画足りてないんじゃ?という部分もあったような気もしますが…
 まゆ毛が飛び出していたりと
 ダイナミックな表情にも味があります。
 例の歯ぐきは賛否両論あるようですが、
 風圧を感じさせるので、たまになら良いかと。
 
・階段の下の収納
 いつも扉だけが描かれているのですが、
 今回ついに中身が公開!
 クッキーの缶とか植木鉢とか蛍光灯とか、
 なんですかこのリアリティ溢れるガラクタの山は‥‥
 こういう細かい部分に愛を感じますなあ。

・ざぶとんちらり
 よく見るとのび太が寝転がってせんべい食べていたり、
 画面の端々に映っていたことがわかります。

・掃除機
 ママがうわの空でパパの服を吸い込んでるシーンとか、
 こういう細かい部分に(ry
 「ばあ!」やら「ぶおーぶおぶおぶおー」だとか
 自己主張が妙に激しいところも印象に残った。

・切れた電球は昼間だけ使えばいい
 てんコミ16巻「四次元ポケット」のネタを流用。
 のび太の迷言極まれり!
 ところで電球が電球に見えなかったのは私だけ?

・置き場所に困るおみやげー
 ‥‥と言えばもちろん、鮭をくわえた木彫りクマ!
 いや、お約束だけど直球すぎて笑いました。
 後にのび助が出張で買ってきたと判明。パパ‥‥
 しかし、今回のMVPは間違いなくこのクマー。
 渋いナイスガイ?でしたが、ダジャレはいらなかったかも。

・「このざぶとんがぼくを座らせないんだ!」(パパ)
 とりあえず座布団がしゃべるのは驚かないんだ ‥‥
 「無神経な人」という、急須によるのび助評は的確かも。

・光り輝く便器
 シャキーンという効果音がナイスでした。
 便器の中から見上げる構図は真面目シーンなのになんかおかしい。

・ステッキをめぐる攻防戦
 冷静になってみればくうだらないのに
 異様な緊迫感溢れる戦闘?シーンに仕上がっていました。
 タンスの引き出しが「スコーン!」とか凶悪すぎる…
 タタミにかじりついて一歩ずつ近寄るのび助が妙にカッコ良い。
 音楽が壮大すぎるのもバカバカしくて好みです。

・「一家を支える大黒柱にふさわしいものを選ばなきゃ」(ママ)
 こういう発言ができる玉子は素晴らしい人間だと思います。
 腕相撲の場面なんかもニクイですねえ‥‥
 私の家にもこんな感じの座布団があるのでグッと来るものがあります。
 タイトルに冠されているとは言え、
 原作では「魂を持ったモノその1」にすぎなかったアイテムで
 ここまで物語を展開させられるのには脱帽です。

・お正月だよ全員集合写真
 ああ‥‥こういうのもイイですねえ。
 ちゃんとドラえもんも交えて、4人家族で記念写真ですよ。
 もちろん座布団も使用されています。 しかし来週は‥‥

・仲人の先生
 「人が来るから片付けなきゃ」「電話になんとか出ないと!」
 といった騒動に関わらざるを得ない理由付けと、
 結婚当初の記憶を呼び起こすきっかけの一つ‥‥でしょうか。
 「捨てなきゃいけないもの」と対照的な
 「変わらず大切にしたいもの」の象徴になっているのかも。
 
・オチ
 無理にギャグで落とさなくてもいいんじゃないか。


と、いうわけで「ドタバタ」と「しみじみ」で2倍楽しい回でした。

 ◇

次回は「弟をつくろう」と「悪の道を進め!」

こんな話の後に「うちは3人家族」をやるとは‥‥
狙ってるんだとしたら、スゴイ。

それはさておき、一時的にでも兄となるのび太や
ママの心情を掘り下げるようなアレンジを期待したいと思います。
シチューのCMのようにあったかい雰囲気だと嬉しいのですが。

「夜中にコーヒー飲んでやる」(のび)
これが「悪」か‥‥そんな頃もあったかもな‥‥(遠い目)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ノートのくせになまいきな!
 『ドラえもん』11月21日放送分は、「ざぶとんにもたましいがある」が放送された。 ...続きを見る
銀河後悔日誌
2008/11/23 00:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん08年11月21日放送感想(ざぶとんにもたましいがある) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる