今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん09年3月13日放送感想(未来世界の怪人)

<<   作成日時 : 2009/03/14 13:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

22世紀から現れた犯罪者、何も知らずにイタズラ放題のジャイアン、
追われるのび太たち、そして超高性能爆弾!
緊迫感とギャグが交錯する中、ピンチに駆けつけたのはまさかの‥‥!?

もしかしたら怒るべき改変だったのかもしれませんが、
ここまでやってしまうと、もはや素晴らしいです。
参りました。
‥‥これはこれで面白い!?


未来世界の怪人 →てんコミ4巻

22世紀から小型高性能爆弾を盗み出した男が
のび太たちの時代に逃げ込むが、
男の四次元カバンをジャイアンが拾ってしまって‥‥
というお話。

原作でも屈指の異色作だったのですが、
今回のアニメ化ではさらにぶっとんだアレンジが加えられ、
いろんな意味で凄い境地に達してるようないないような話に。

もともとジャイアンのシャレにならない暴走が見所でしたが、
その辺は比較的おとなしめで、
どちらかというと男からの逃走劇がメインになりました。
ジャイアンを止めようとしたり逃げ回ったりと
右往左往させられっぱなしのドラたち4人の様子も
お気の毒ながら楽しい。

序盤の怪事件と怪しい影といい、
謎解きミステリー仕立てでいくのかと思いきや、
だんだんとギャグの比率が増していき、
終盤はどこから突っ込んだら良いのか分からないカオスっぷり。
正直、「緊迫感かギャグかどっちかにしろよ!」
とも思ったのですが、
事態が混迷を極める(カオスる)につれて
「あー…まあ、いいやー、アハハハ…面白ぇし」
というような気分に。

いや、コレって結構ハイレベルだと思うのですよ。
ただ「カオス」って言っても、ヘタにやると白けるだけなのですから。
コレはコレでアリという感じにまで持っていくのは
相当な技術が要求されるはずです。
うむ、わさドラの本気モードの一つに「カオス」が確認されましたな。
でも、「たまに」にして頂けた方が安心します。いや嫌いじゃないけどね。

以下、箇条書き。


・未来道具VS未来道具!
誰も一度は夢見たはずの展開だが、
これが実現できるのはこの話くらいかもしれない。
あとはドラミ関連かドラズでやるしかないか‥‥?
本編でやると非日常が日常を上回ってしまうためだろう。
さておき、今回はそんな願望を最大限に叶え、
怪しい男の道具とドラの道具が正面からぶつかり合う。
が、結果は殆どがドラの惨敗。ヒラリマントのみ辛うじて通用か?
最新型と旧型の違いなんでしょうが、
なぜ「ふみきりセット」をぶっち切れたのかは謎。
つーか、リニアの被り物マヌケすぎる!

・未来世界の怪人
SF短編以外で目がイッちゃってるFキャラは結構貴重かもしれない。
要所要所で怖さが出せていたのだが、
リニアの被り物とラストで完全に三流悪役に。合掌。
しかし小杉十郎太さんの無駄遣いである
いや見事な演技なんだけど。
本性を現してからの口調の方がハマっていたかも?
しかしオチでの「ふにゃふにゃ○×△…」で笑ってしまった。
某バベルの局長を思い出してしまったのは内緒。

・地球はかいばくだん(最新型)
爆弾の危険性が説明される場面で、
おそらく日本中のドラファンが感じたこと。
「えーと…そこの青ダヌキ似ロボットが
 ねずみ年の終わりになんかやらかしてましたヨ?」

そう、ドラがポッケに常備?してる爆弾も
何気に「地球はかいばくだん」なんですが。
まああそこまで小型&高性能じゃないのでしょうが、
T・Pは早くこの子守りロボットをなんとかするべきなのかもしれない。
レポーターロボットはGJ!

・「あれー、このボタンは一体何かなー(棒)」(ジャイアン)
棒なのはギャグですよね!ギャグ! 自虐じゃないですよね!?
さておきスネ夫の想像した
「地球最後の瞬間」のベタさ加減に爆笑。
演技と作画の適当ぶりが、シャレになってない状況を引き立てる。

・「は・や・く・に・げ・ろ」
「声に出しちゃダメー!」‥‥お約束。
ここらへんから決定的にカオスに傾いた気がします。
若干間延び感もあったのですが、
ひとつひとつの芝居が丁寧だったことと、
アイディアの連続投入で飽きさせません。
特殊カメラの映像」よりは個人的に面白かったかも?

・たんぽぽくし
うわ比較的マイナーどころをよく覚えていたなあ。
「ぼくには髪の毛が無かったんだー!」
‥‥かける言葉も無い。ヒゲでも多少はマシだったらしいが。
浮力は本数に左右されるのだとしたらちょっと寂しい道具。
頭テッカテ〜カ〜

・本日のMVP:ジャイアンの母ちゃん
いや、まさかですよ、まさか。完全に予想外でした。
いつまで経ってもT・Pが出てこないなあと思っていたら‥‥
音楽といい、作画といい、ノリノリですね。
母ちゃんがだんだんアップになっていくところや、
ダイコンの一撃がスローモーションになるところなんか、
明らかに気合いの入りが違います。
完全に場をさらっていってしまいましたね。
ドラたちの「裏切り者ー!」という叫びは
合っているような、ズレているような‥‥
でもスーパーで売ってるダイコン丸一本って結構重いよね。
凶器になり得ますよ。よく男は気絶で済んだもんだ。




次回はついに心に残るお話30発表&
「さようならドラえもん」
&映画スピンオフストーリー「のび太と星を流すクジラ

の2時間スペシャル!

映画番外編はだんだん本数が減って寂しいと思っていたのですが、
(新魔界時3本、巨人伝時2本)
「さようならドラえもん」来るのか!
というか「帰ってきた〜」じゃないんだ、今回のタイトル!
わさドラ版では初めてですよね? 
予告はかなりのび太が良い感じですが…雪が積もってるんだ?
パパママの演技も楽しみ。

ロップルたちも出るらしいし、
もちろん「お話30」も楽しみだし‥‥
いかん、これはまた○○時間を削らざるを得ない。


また、明日3月15日は(関東地方のみかと思いますが)
早朝4時50分からの「はい!テレビ朝日です」で
ドラえもん製作現場を特集するらしいです。
で、そのまま5時20分から再放送に突入するとか‥‥
うーん、テレ朝の十八番宣伝ラッシュが珍しく良い方向に決まってるなあ。


※映画「新・のび太と宇宙開拓史」の感想はこちら

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
逃げろ逃げろと言われても
 『ドラえもん』3月13日は、「未来世界の怪人」が放送された。 ...続きを見る
銀河後悔日誌
2009/03/14 19:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん09年3月13日放送感想(未来世界の怪人) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる