今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん10年1月29日放送感想(風の子バンド&やりすぎ!のぞみ実現機)

<<   作成日時 : 2010/01/30 16:48   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

ひたすらドラえもんをいぢめて愛でる二本立て。
ドラが可愛ければそれで良いのだ!


風の子バンド  →プラス4巻

「寒い」とか「冷たい」と言うと(周囲の発言含む)
頭を締め付けるバンドをはめてしまったドラ受難話。


この話のアニメ化で一番観たかったのは、
こたつで丸くなるドラ、
そしてドラの不幸っぷり。

それが見事なまでに描かれていて
個人的には大満足です。
ドラちゃんかわいいよドラちゃん。


・「ドラえもんはいないよ〜」(ドラ)
こたつから顔の半分だけぴょこっと出してこっちを見つめるドラ。
このしぐさ、萌えです萌え。
水田さんのしゃべりも可愛くてしかたありません。
これでフィギュアつくってください。絶対買います。
こたつにみかんがのってるのが欠かせないポイント。
ネコっぽさがたまりません。

・動きやアングル
先週とはうって変わってかなり良かった気がします。
特にドラが風の子バンドを出した場面など、
実は横になってこたつに入ったままだったとか、
そういったカメラ移動がなんか好きです。

・凧引きずり
西岸良平作品なら間違いなく、
糸の中心を合わせて張りをつけて、新聞紙で尾もつけて、
あげくに「糸をもっと買ってきなさい」と千円札を出す展開になるだろうこと
間違いなしなヒドいありさま。
完全に「凧引きずり」になっているのに汗をかいて
結構楽しそうなのび太は安上がりで好感が持てます。
寒がっているドラとの対比も良い。

・ドラの面倒を見るのび太
ドラがダメダメもしくは受難回恒例の構図ですが、
こういう時ののびドラの関係も好きです。
「チィッシュちょ〜らい」と鼻を垂らすドラに
のび太がポケットから取り出すのがなんか良い。
ドラのポケットじゃなくてのび太のポケットって新鮮だ!
しかもティッシュを持ち歩いていることにも驚き。
実はハンカチとかも常備してたりするんだろうか。

・水たまり冷た…もがっ(ドラ)
水たまりに突っ込んだドラを上空から映し出し、
あげくに風がひゅうっと吹くとかシュールでいい。
ぽちょんと垂れる水とかそういうのも手を抜かずに
描いてあって素晴らしいなあ。
すかさずドラの口をふさぐのび太もナイス。
ひざから下が一緒に冷たい水に浸かってるのに
構わずドラの身を案じてるとか、どんだけ優しいんだ。

・ドラちゃんいぢめタイム
「たこ揚がり」といった、普段ならユメがあって楽しい道具が、
完全にドラをいぢめるための手段になっているのに拍手。
普通の凧といっしょにドラが並んで揚がっている絵がシュールすぎます。
ジャイアンの「うわ、生き返った」とかそういう冷めたセリフも
いちいちおかしくて仕方がない。
これっぽっちも心配していないところがイイですね。
しずかの「寒いとか冷たいとか言っちゃだめ」を
わざわざ繰り返させるあたりもベタですが容赦ありません。
そのあとも「キャンディーつめ(詰め)たい」とか
「あっちさむいて(向いて)」とか、「リンゴをさあむいて」など
スタッフのS度が全開になっています。
こう、脚本とか演出とか作画とか音楽とかそういうのが一体になって
魅せてやるぜって状態になるのが理想ですね。

・こんなもんつっかわなーい!
季節カンヅメでわざわざ冬を開けちゃうとか、
風の子バンドを放り投げちゃうとか、
今回のドラ頭悪すぎです。だがそこがいい。
放り投げた瞬間にオチは見えたが、
もう今日は徹底的にいぢめる回なんだなあと
逆になごみました。
叫びとともに終わるのはちょっとぶった切り感もありますが、
たまにはアリでしょうか。
時代劇のような音楽が悲壮感を盛り上げます。

 ◇


やりすぎ!のぞみ実現機  →てんコミ42巻

何でも願いを叶えてくれるが、
そのための手段が手荒で、
実現度合いの調整が非常に難しいという道具の話。
因果律に介入するという恐ろしさから行けば、
ある意味当然ではあるのですが。


・のぞみ実現機
実は再登場、何気に再登場。
なぜなら「のび太たちのアイスショー」で既に登場してるから。
完全にシャレのためだけに出されたのだけれど、
声が高戸靖広さんでしっかり同じキャスティング。
承知していたのなら見事すぎるが、
わさドラの場合、石…いやドラ焼きを投げれば
高戸さんに当たるというくらい高戸さん率が高いので
単なる偶然の可能性も捨てきれない。
でも演じ方が同じだった気がするので、
あとで録画を引っ張り出してみようか。
 →「ネガイゴトハナニカ」がほとんど同じ演技でした

・サッポロラーメン
ルリィがレポーターさんから強奪してきた
博多ラーメンの時の方がおいしそうだったのが残念。
しかし、いきなりサッポロラーメンの映像から始まるアニメって
なんかすごいよね。肉の照りがいいです。
スネ夫のセリフと映像があいまって
「そうだ、北海道行こう」的になっていたのが面白い。

・のび太ちゃ〜んv(ジャイアン)
のび太のほっぺたをツンツンするジャイアン……
ぷにぷに音が笑えます。
ジャイアンの鉄拳がまっすぐ顔に向かっていくところは
良かったのに、肝心の部分が★になっていたのが残念。
しかしその直後のズタボロのび太のつなぎ方など
テンポが良かった。

・お兄ちゃん!おみやげ持ってきたわよ!(ドラミ)
ドラの受難(幸福?)再び。
世界記録の大きさのドラ焼きは良いのだが、
一体どうやって持ってきたのか。
こうやってちょいネタのためだけに登場させるのが
ドラミの正しい使い方。劇場版も見習うべき
ドラ焼き斜面をすべり台にして帰るドラミも可愛い。
パックマンのごとくタベススム君なドラも可愛いが、
おなかマルマルになっている画は原作のほうが良かったかも。
わさドラデザインはなぜか足首があるのだよなあ。

・ジャイアンをひどい目に
穴に落ちるのも何気に結構危ないよなあ。
まあ、のび太はしょっちゅうですが。
こういう道具は深く考えたら
いくらでも悪事に使えそうな気もします。
のび太をハンマー投げの要領でぐるぐる回してから
ぶん投げるジャイアンとか、なにこの無駄に凝ったアニメ。

・こんにちは!ひっこしセンターです!
引越し業者の手際良すぎ。これがプロの仕事か。
丸ドラを荷物扱いで転がして「(ドアを)通らないなあ」とか、
これがやりたかっただけと違うのかと。
一本目に引き続いてひたすらドラをいぢめにかかりますね。
愛があふれています。
業者が帰っても箱が置かれたままとか、
本棚ががらんとしているのが芸コマ。

・明日のテストを受けずに済む方法
おなかマルマルなばかりか、巨大化しているドラにのりかかって
ポケットをさぐるの描写が可愛いです。
腹がふくれて動けないドラだからこそ
のび太の無茶も成り立つわけで。
「地震」がセリフだけ「竜巻」になっていたのは
時期的に仕方がないでしょうか。

・今何時だと思ってるんだー!
ドラがのび太の横で寝ていたのは
あの腹がつかえて押入れに入れなかったんだろうな…とか
想像すると面白い。
しかし翌日には元に戻っているのですから驚異的回復力です。
(伸び縮みするロボット……)
ドラもママもあの時間まで気づかなかったというのは
ひとえにのぞみ実現機の威力でしょうか。恐ろしいばかり。
しかし女の子はダメでものび太なら良いのか……
 →ズボンをはき忘れで急ぐテンプレ

 ◇

次回は2月5日、恒例のスネ夫誕生日SPで
豪華!スネ夫のビンボーバースデー」(アニメオリジナル)

豪華なのにビンボーです。
そしてスネちゃまです。チルチルもスネママも居ます。
これは良い意味でまともじゃない回になりそうな予感。
案の定というかやっぱりというかあの方も参加との噂。

しかし意外と「ハジけてるだけの話」じゃなさそうな気もするのですが、
どうなるでしょうか。
とにもかくにも次週も期待!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん10年1月29日放送感想(風の子バンド&やりすぎ!のぞみ実現機) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる