今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ドラえもん映画30周年記念 都営地下鉄スタンプラリー大作戦!!」レポート

<<   作成日時 : 2010/03/18 00:27   >>

驚いた ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 0

3月13日から東京都交通局(都営地下鉄)で開催中の
「ドラえもん映画30周年記念 
 都営地下鉄スタンプラリー大作戦!!」
に参加してきました。    
★写真多用のため、表示が重くなっています。ご注意ください。



▽東京都交通局
スタンプラリー告知ページはこちら
(10年3月16日表示確認)

 ◇

初日3月13日は土曜日。
ちょうど有楽町で用事があったため、
そのまま都営三田線日比谷駅へと向かい、
駅長事務所でスタンプシートと、
「都電、都バス、都営地下鉄、
 日暮里・舎人ライナー一日乗車券」
を購入します。
その名の通り、都営の各種交通機関が
一日乗り降り自由になる乗車券で、
大人700円、小児350円でした。

※一日乗車券とスタンプシートは
都営地下鉄各駅で購入できます

各種都営一日乗車券ドラ面


スタンプシートの画像はこちら

一日乗車券はラリーの期間に合わせたもので、
「人魚大海戦」仕様になっています。
裏面記載の日時表からから任意の一日を選んで
その部分の銀をはがして利用するという仕組み。


係の方に一日乗車券を見せて構内へ入場します。
日比谷駅では
改札向かい側の壁沿いにスタンプが設置されていました。


スタンプはのび太。
インキをたっぷりと含ませて、ぐいぺたり。

のび太だけ写らなかった……


……
三回チャレンジしてみましたが、
どうしても目が写りません。完敗。
せめてもとスタンプそのものを写真に撮ってみたのですが、
それすらもおもいっきりピンボケという有様。
日比谷駅、というかのび太は呪われているのでしょうか。

 ◇

気を取り直して次の目的地を選定にかかります。

東京23区内って意外と広いんだよ……


記念品引換所は
巣鴨、上野御徒町、市ヶ谷、都庁前、馬喰横山、
 日比谷、新橋、大門、五反田の9駅で、
スタンプは10駅(上記プラス六本木駅)に
設置されています。

そして、

 この10駅、 結 構 遠 い ……

おそらく、直線距離はさほどでもないのでしょうが、
ちょこまかと乗り換えや折り返しが必須になります。
とてもじゃないけど一筆書きなんて無理難題という
絶妙な配置に。

スタンプは10個中5個集めれば良いので、
何も全箇所回る必要はないのですが。

空欄があったら埋めるしかないよね!?

 ◇

と、いうことでまずは日比谷から比較的移動しやすい
巣鴨駅に向かいます。
都営三田線を使用。

各駅にはこのような
スタンプの案内表示があり、
どうにか迷わずにたどり着くことができました。

わりと命綱


改札脇、駅務室の手前に
スタンプ台がちょこんと置かれていました。
壁沿いではなく、改札の方に向けてあるのが
巣鴨駅職員さんの工夫でしょうか。

巣鴨駅のスタンプ台


巣鴨駅のスタンプは「フグドラ」でした。
お魚になったドラネコ


 ◇

そこから一旦春日駅に引き返し、大江戸線に乗り換えて
上野御徒町駅を目指します。
春日駅(後楽園駅)の構造は若干複雑ですが、
三田線と大江戸線の移動はそれほどでもなかったかと思います。


そして上野御徒町で下車……
した記憶があまりないのですが、
スタンプが押してあるので、きっとたどり着くことができたのでしょう。

黄色いハリケーンって呼ばれたこともありましたね


ついでに駅の写真もありません。
おそらくこの辺から移動中に小説を読み出したのだと思います。

 ◇

再び大江戸線へ。
もう一度春日駅を経由して、都庁前駅を目指します。
慣れの問題なのでしょうが、
大江戸線の行き先表示はパッと見わかりにくいのが厄介です。
(環状ではなく6の字運転)

パスネットの頃は愛用していましたが


大江戸線都庁前駅スタンプ台は
駅長事務室前、ピンクの彼が目印です。

スタンプは剛田さんでした。

映画版では目が澄んでいます


 ◇

引き続き大江戸線に乗り込みまして、
次に向かうは六本木駅。
この駅はスタンプの設置のみで、
記念品の引き換えを行っていません。

それゆえ上記の全体マップには
六本木駅が掲載されておりませんので、
押し忘れにご注意を。

スタンプシートには一応路線図も載っていますが、
各線ごと縦一列の図のため、
全体の位置関係や乗り換えポイントが
非常に把握しづらいのが難点でしょうか。

※JR等への乗り換えは、係員の方に伝えて入場処理をしてもらうか、
一旦外へ出る必要があります。(通常の改札を通過せずに入っているため)


記念品は「スタンプ5個以上」なのに対して、
最多の大江戸線でも4個しか押せないため、、
少なくとも一度は乗り換える必要があります。

なんとな〜く「スタンプラリー」というと
「一路線で終点までのんびり途中下車の旅」
というイメージでいたので、
想像以上のハードさに
じわじわとHPが削られていきました。


ともあれ大江戸線六本木駅に到着。
「六本木」の響きに相応しく
黒光りする壁が出迎えてくれます。

存在感を消されてるスタンプ台


改札がいくつかあるようですが、
スタンプは「ミッドタウン側改札口」でした。
エスカレーターを3つほど乗り継いだ先だったので、
ホームからは少し距離があるのかもしれません。

ソフィアさんの写りが一番良かった


スタンプは映画のヒロイン、ソフィアさん。
改心の押し映えです。

六本木と言えば
アニメ版ドラえもんの総本山(?)である
テレビ朝日がある場所でもあります。
時間に余裕がある場合は足を伸ばしてみるのもおススメです。
(ヒルズ方面は出口がほぼ反対方向なので注意)

 ◇

今回は後に用事が控えていたのでテレ朝突撃は断念。
再び大江戸線に乗り、
今度は大門駅を目指します。

大江戸線の駅構内はどこもオサレ


ひっそりと置かれていた六本木とは対照的に、
スタンプが改札機と改札機の間に目立つように配置されています。

「にんぎょだいかいせんー」と読み上げていた子どもがいたのも
この駅だったかな?
ご両親はまったく意識を向けていない様子で
お子さんの手を引いて、
さかさかと改札を通過していかれました。

いや、まあ良いんですけどね……
スタンプラリー、後日やってくれると嬉しいなあ。

ハリ坊って「人魚」というよりぎょじ…うわなにするやめry


大門駅のスタンプは、ハリ坊でした。

 ◇

さて、スタンプ全制覇のためには、
ここらで都心方面にもう一周と行きたかったのですが、
恵比寿で行われた奥井雅美さんのバースライブに参加したかったため、
都営浅草線に乗り換えて五反田駅を目指します。

この浅草線が要注意で、
京成電鉄や京浜急行に相互乗り入れをしている関係で
行き先や経由をしっかり確認する必要があります。

よし電車来たー乗れー!
とばかりに乗り込んで
本に夢中になりながら揺られることしばし。

……気がついたら五反田ではなく
品川駅に到着しておりました。

泉岳寺から京急に接続する列車だったようです。

えー、仕方がないじゃん魔王が復活したんだよ!
(↑読んでいた小説の話)

さすがに集中する方向を間違えているだろうと反省し、
泉岳寺へと戻り、今度は慎重に行き先を確かめて乗車。
無事五反田駅に到着することができました。

和やかな雰囲気の駅長事務室でした


駅長事務室前にてペタンコ。
こちらは人魚スーツ着用のドラえもんでした。

フグの時と確かに大差ないかも


記念品の引き換え時間は10時〜17時、
そしてこの後のライブは17時開場、
と、いうことでとりあえず現段階で集められた
7個のスタンプだけで記念品を頂いておくことにします。

そのまま五反田駅の駅長事務室に入り、
スタンプシートを提示して
記念品交換の旨を伝えます。

駅職員の方には温かく対応していただきましたが、
「あっ! はい、ええっと…」
という様子だったので、
この駅で交換に訪れた方は
まだそれほどいらっしゃらなかったのかもしれません。

 ◇

さてさて、まだ途中とはいえ、
ねんがん の きねんひん を てにいれたぞ!

告知の通り、ドラえもんとハリ坊の特製ステッカーでした。

ソフィアよりハリ坊推しか


この写真では分かりにくいですが、
実物はキラキラとしたホログラム加工?がされています。
一部拡大

うーん、確かに記念にはなるけど
ちょっとあっけないかな、などと思う間もなく、
ここで衝撃の展開が。

 駅員さん:「こちらが記念品のステッカーと、
   ピンバッジ になります」

ピンバッジ??
はて、そんなのまでもらえたっけ?

と首をひねりつつ、
渡された品物を確認してみます。


 たまごの殻のピンバッジ……

なんだかものすごくとってもひじょうに見覚えがあります。
開けると中にピーでピューイな方が居るんですよね。
ほらやっぱり。


後日調べてみたところ、
「のび太の恐竜2006公式ファンブック」の特典と
同じものでした。


当時のブックフェアでも同様のものが付録だったようですが、
こちらは「安全ピン」とのこと。
と、するとやはり前者か……?

いずれにせよ、某学館様のもとで
2006フェアのために作られたとおぼしきピンバッジが、
どういう経緯で
都営地下鉄スタンプラリーの記念品に回ったのでしょうか。謎です。

告知はなかったところからすると
(そもそも2010年に2006グッズを配布する時点からして)
なくなり次第終了の「記念品プラスアルファー」、
ということだったのでしょう。
3月17日現在でピンバッジの配布は
終了している可能性があります。ご了承ください。

 ◇

そんなサプライズを経て、JR山手線に乗り換え、
恵比寿駅へ。
ライブを堪能…しすぎて首や足がつりつつも、
幽霊のようにスタンプラリー再開。

「一日」乗車券なのだから、
今日中に回らないともったいないオバケが出ます。
きっと毛は三本。


ふらふらとした足取りのまま
JR経由で浅草線新橋駅へ移動。
写真も記憶も残っていないのですが、
例によってスタンプは押してあるので、
どうにかたどり着いたのでしょう……

剣を構えるカッコいいドラえもんでした。
ドラ絵柄は10スタンプ中3個を占めます。

王冠は結局ナゾ



時刻は既に10時間近。
良い子は真似しないようにしてください。
大きいオトモダチにもおススメいたしません。

とはいえ、こんな時間であっても
スタンプ台は撤去されていなかったので、
仕事帰りに、回りきれなかったひとつふたつを押していく、
というやり方もあるのかもしれません。

JR東日本のポケットなモンスターの
スタンプは午後4時で撤去だった気がするので、
その点はさすが都市の地下鉄というところでしょうか。
(初日なので忘れていただけの可能性もありますが)

大人の参加多数をはじめから見越して、だったら
嬉しいけどちょっと悲しい。

 ◇

の、残るはふたつ……

ここにきてさすがに本日の疲れがずしりとのしかかり、
「もう、帰っちゃおうかな……」
との考えが頭をかすめますが、
ここでやめると残りも集めないような気がしてならなかったので、
気力を振り絞って次の駅へ。

そのまま浅草線で東日本橋駅に移動し、
新宿線の馬喰横山駅のスタンプへと向かいます。
(東日本橋と馬喰横山は連絡通路でつながっています)

いや丁度いいスキマだけどゴミ箱の横とは……orz


すぐ裏のお店がとっくに閉店していて、
構内も人がまばらなのが、
なんとも言えないわびれ感を醸し出しています。
ゴミ箱の隣というのがまた泣ける。

スタンプはスネ夫でした。

なびくスネカミ


 ◇

いよいよ残るスタンプはひとつ!
我らが(本来の)ヒロイン、
ちっちゃなレディをまだお目にかかっていません!


馬喰横山からそのまま都営新宿線で市ヶ谷駅へ。

ゴールは近い……


改札は二箇所ありますが、
市ヶ谷橋改札の方に向かいましょう。

改札脇、ヴィ・ド・フランスさんの通用口の脇に
最後のスタンプは置かれていました。
やはり閉店後のシャッターが物悲しいですが、
気にしない方向で。

向きと紙の位置を慎重に合わせ、
ぼん、……ぐりぐりぐりぐりと押し込み、
ぱっとスタンプを持ち上げる。

人魚はやはり美少女が似合う


最後の一つ、源静香スタンプ!
ソフィアほどではありませんが、
比較的きれいに押すことができました。


これにてスタンプ全10個制覇!!
シートの空欄がようやく全て埋まりました。

時刻は既に10時半過ぎ……
途中でライブ参加があったとはいえ、
実に長い道のりでした。

もうちょっと楽に回れるものかと思っていたのですが、
乗り換えや折り返しがこんなに多いとは。


達成感とライブの余韻と疲労感でふにゃふにゃになりながら
帰途につきます。
いろんな意味で思い出に残る3月13日になりました。


 ◇

ひとつのイベントとして状況を振り返ってみますと
この日、スタンプ台周辺ですれ違った他の参加者は
わずか6、7人ほどで、
一組の親子連れを除いて全員が大人でした。

とはいえ、私のような「大きいオトモダチ」とも限らないようで、
お孫さんのために回ってらっしゃるのかな、という年齢の方や、
『ドラに限らず鉄道スタンプ各種を集めています』、
という雰囲気の方もいらっしゃいました。

……
JRのポ○モンスタンプラリーとかポケ○ンとかポケモ○とか
の光景を思い出すと……
いやいやいやまだこれからなんだよきっとこれから!


まだ初日ですし、
きっと春休みが始まったら、にぎやかになることでしょう。
たぶん。そうでありますように。

単純にPRが足りていないんじゃないかな、という気もしますが。

 ◇

ともあれ、
私のレポートはどうにもグダグダになってしまいましたが、
「ブリキじゃないけど東京の地下迷宮(ラビリンス)探検!」
と、いう気分で楽しく回ることができるスタンプラリーかと思います。

普段なかなか降りることのない駅にも立ち寄れ、
とても貴重な体験でした。


開催期間は4月11日までですので、
ぜひ参加してみてください。

※JR西日本でも春休み期間にスタンプラリーがあるとのことです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「ドラえもん映画30周年記念 都営地下鉄スタンプラリー大作戦!!」レポート 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる