今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん10年5月14日放送感想(ジャイアンに苦手を作れ&出木杉にも苦手を作れ)

<<   作成日時 : 2010/05/15 20:29   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 3

誰にでも苦手はあるもの! 
野比のび太の場合、毛虫にカマキリにクモにヘビに
ユーレイに火事に国語に算数理科社会体育に宿題
おまけにテスト!ママに先生それから…
と、いうことで理不尽な格差の是正を訴えて
立ち上がるお話、たぶん。


今回は原作のある話と、
原作無しのオリジナル話の二本立て。
それも、一本目に登場する同じ「苦手つくり機」を使って
オリジナルでも物語を展開するという試みがされています。

原作がある「ジャイアンに苦手を作れ」にしても
短めのお話に独自のやりとりや事件が加えられ、
既読者にも先が読めない楽しいつくりになっていました。

「よし、こっちは原作あり(orオリジナル)チームか、
 向こうに負けないようやってやるよー!」
というスタッフの意気込みまで伝わってくるような……?

それぞれの対比や、
同じ道具の解釈などが興味深く、
「一本でも楽しい、二本合わせて観るともっと楽しい!」
という構成は実に素敵でした。

またこういう形式があると嬉しいです。

 ◇


ジャイアンに苦手を作れ →プラス3巻「苦手つくり機」


まずは原作のある話。
中盤にオリジナルの展開を加えることで、
話をうまく膨らませています。

ジャイアンたちに毛虫(のおもちゃ?)を投げつけられたのび太は、
「苦手つくり機」を使ってジャイアンたちに仕返しを企むが……


以下、個々の場面について簡単に感想を。


・あれぇ?苦手に立ち向かうんじゃなかったのー?(のび)
本日の夫婦漫才。
淀みなくにこやかに苦手を列挙するのび太に対して、
「男ならもっと強くなれ!」と憤慨するドラ。
回し蹴りモーションに雷まで背負って
力強く叱咤したのもつかの間、
のび太の「ネズミ」の一言で大パニックを起こし、
机の引き出しに飛び込んでしっぽをフリフリ震えることに。

「おねがい!追っ払ってぇ〜」と懇願するドラが可愛い一方で、
のび太の隠れSぶりが遺憾なく発揮されております。
(ネズミは)「こ・こv」とドラをプニプニする姿に、
完全にドラの操縦を心得ているだろうことがうかがえました。


・苦手つくり機
原作は据え置きサイズだったのに対し、
今回はポケットにも収まるようなコンパクトサイズ。
道具の登場とともにボードが開き、
アンテナが展開する動きに
おおっ!?と感じさせられました。

持ち歩き可能で、その場でちょちょっと苦手を「つくれる」
という形態は興味深いアレンジで、
これによってまちの中での展開が多様に出来るほか、
落とす、奪い合う、そしてあのような悲劇が起こりやすくなる、
ということもあるでしょうか。


・ドラ焼きこわい、ワンちゃんこわい、クレープこわい!
やっぱりドラ焼きの「ドラ」はカタカナだよね!
と、いうどうでもいい個人的主張は置いておくとして、
このドラ焼きの皮の質感がなかなか良い感じでした。
のび太目線でアップになっていくところに
美味しそうなのに、そこはかとない「怖さ」を漂わせます。

後に出てくる子犬はお目目がキューンとして、
のびスネも頭をなでなで、頬ずりまでする程に
可愛さが強調されています。
ゆえに、子犬に怯えるジャイアンの面白さが
際立つというところでしょうか。

ハムとチーズ、ピザとコーンのクレープが
やったら美味しそうなのも同様の理由でしょう。
しずかがドレス…というか
I'm lovin'itなハンバーガー屋さんチックな衣装
身を包んだのも決してスタッフの趣味…ではないと思います。
たぶん。

というかあんな可愛い女の子たちから
手作りのクレープ味見してって言われるとは、
なんてうらやまし…いやらしいやつめ!?


・さっきはよくもやってくれたな!(のび)
もともとジャイスネの意地悪に対抗して、
仕返しをしていたはずなのに、
逆仕返しを受けてもあまり同情する気にならないのが
のび太クオリティか。
「ああ、せいせいした!」と引き際をわきまえて
苦手つくり機を返してやるスネ夫に比べても、
人間の小ささが出ています。

とは言うものの、これを繰り返していたら
キリがないわけで……
そういう状況の打破と同時にギャグにするために
のび太が自滅するというオチになりました。
「のび犬」は原作にはない展開ですが、
「書き込み系」の道具なら
間違いなくやるだろうなという安定感が素晴らしいです。

高いところから強気に宣言して、
余裕たっぷりに近づいていき、
悲劇を中略して階段の途中で力尽きているという
空間の使い方も見事!



オチは原作どおりとなり、
元の話の味わいを残しつつも、
道具の形態のアレンジ、
中盤の展開等でアニメ版ならではの面白さも
うまく付け加えられていたのではないかと思います。


 ◇


出木杉にも苦手を作れ 
  →アニメオリジナル、ただし道具は原作に存在


「ジャイアンに苦手を作れ」の
直接の後日談という訳ではないものの、
「ああ、そんな道具あったね」と
知っているという設定で繰り広げられる
アニメオリジナル話。

「苦手つくり機」が携帯できるサイズになっている
という点などは共通ですが、
脚本もコンテも演出も作画監督も異なる、
というより動画工房さんとベガエンタテイメントさんとで
ある種の競作のように仕上がっているのが興味深いでしょうか。

ジャイアンと出木杉という、
のび太にとって対照的な二人が配されていますが、
どちらにしてものび太はロクな目に合わないという着地点に、
このキャラクターのブレのないダメっぷりを感じさせます。


出木杉の出来すぎた完全無欠ぶりが気に食わないのび太は、
「苦手つくり機」で出木杉を陥れようとするが……


以下、具体的な感想を。


・テストは結果がすべてじゃないよ
 自分がどれだけ努力したかが大事なんじゃないかな
(出木杉)
この素晴らしく人間の出来たセリフ!
努力して、しかも結果の出せる彼だからこそ、
と言えなくもありませんが、
自慢ではなくのび太のフォローのためのセリフだから
なお素晴らしい。
「0点」でも5回目の0点ではなく、
10回目の0点なら進歩なのですが、(原作「ハマグリパック」)
今回ののび太はそこらへんが分かっていないようで、
ダメ街道まっしぐらとなります。


・そうしていられるのも今のうちだ!(ドラ)
一本目と違って本当にネズミが出たようです。
破壊兵器に頼らずに宣告ができるだけ
まだ余裕があるのでしょうか。
というか「地球はかいばくだん」放り投げるなって!

かくて「苦手つくり機」でネズミに
「ドラえもん」を苦手にさせて
家から追い出すという手に出るドラ。
これはつまり逆にドラが出て行ってもよかったんじゃ…
いやなんでもない。


・使い道はいろいろ!
好物を嫌いにしてダイエット、は分かりますが、
苦手を克服して精神を鍛える……という発想はなかった。

未来の道具で人為的に作った苦手を「克服」できるものなのか、
という疑問も生じますが、
一本目が苦手を作って意地悪合戦という構造になっているので、
逆アプローチとしての「克服」はなるほどなと感じさせます。
「ジャイスネVSのび太」に対する
「出木杉VSのび太」を効果的に見せる手法としても
面白いキーワード。


・ぬっふっふっふふ〜(のび)
ノーアウト満塁のピンチに集まるメンバーを尻目に
出木杉を失敗させようと目論むのび太。
のび太の悪ノリモードが全開で、
「ほんっとにどうしょうもないなコイツ!」と
視聴者が嘆きたくなるような
いやらしさがよく出た笑い声です。

出木杉が「ナイスバッティング!」と相手チーム選手を讃え、
ピンチに陥ったジャイアンに「打たせて取ればいい」と
声をかけるのが人格的にも良い対比に。
出木杉もジャイアンズの
ユニフォームを持っていることが判明しました。


・ボール怖いよう!(出木杉)
のび太によってボールを苦手にされた出木杉。
あっち行け!と投げ返しながら狙いは的確、
あげくに「目をつぶっていても打てる」と解釈されて
相手ピッチャーをプレッシャーで追い込むなど
のび太の違いを見せ付けます。
というか、自チームの勝利が二の次になっているあたりで
のび太はどうしようもないかも……
「目をつぶっていても〜」は若干無理がありますが、
本当に打ちかねないと思わせるだけの存在ということでしょうか。


・出木杉VSジュース
ジャイ母がおそらく店の品物であろうジュースを
勝利のお祝いに振舞ってくれるのが良い感じでした。
盆栽コンクールの手伝いをしていた話もありましたし、
町内における剛田雑貨店、特にジャイ母の果たす役割が
垣間見えるようです。

ジュースを放り投げて渡すジャイアン、
ジュースが苦手になった出木杉、という状況において
その後ろに居ることがどんな結果になるか
これっぽっちも予想できていないのび太はさすが!


野比くん、それは「犬」という字じゃなくて、
 「太い」という字だよ
(出木杉)
「のび犬」がお約束ならば逆もまたしかり?
またうまい具合に一本目と対照的になっています。
出木杉を「出来杉」と書く間違いはしないんだねえ……

おかげで翌日のテストで
0点を取らずに済んだというおまけ付き。
仮に出木杉が0点でも、自分はひとつでも点を取らなければ
勝負には「勝て」ないことも…分かっていなかったのでしょう。
もう何から何まで出木杉は出来過ぎで、
のび太はダメダメだということを描くことに徹しています。
伏線としても実に見事。


・どうした出木杉英才!(出木杉)
やっぱり「ひでとし」設定なんだなあ、というのはさておき、
テストを苦手にされて青くなる出木杉。
返却を前にして「今日はダメだ」と机に突っ伏しております。
押し付けられた前髪が妙にシュール……

ともあれ、苦手に立ち向かい、「克服」した出木杉は
100点という結果に、完全敗北ののび太。
出木杉の偉さを認め、自分も苦手を克服しようという
その心意気は悪くないのですが、
いかんせんおつむが追いついていないのか。
最初から苦手なものをわざわざ苦手にするという行動が
意味不明すぎます。
一本目でもともと「テストが苦手」と言っていたじゃない。

テストの問題が
「どら焼き」「苦手」「作る」「未来」「二十二世紀」
というサービス問題(?)になっていたのも芸が細かい。



同じ道具を使いながら、対照的な手法で、
変わらずに華麗なまでののび太のダメっぷりを描くという
実に楽しい二本立てでした。


 ◇

<ここにもかけたよドラえもん>
ドラえもんのえかきうたを使ったミニコーナー。
今回は麻布食堂のスタッフの男性が
ケチャップを使ってオムライスにドラを描きます。

アニメ公式サイトに写真が載っていますが……
ええと、思いっきり口やひげを先に描いておりますヨ?
それ「えかきうた」関係ないじゃん!
と、いうツッコミを入れたくもなりますが、
ほこほこと湯気を立てるオムライスに描かれたドラは
とても可愛く、ほんわか癒されました。


 ◇

次回は5月21日「しずかちゃんとおじいの木」。
しずか誕生日SPということで、
アニメオリジナルの中編を放送するようです。

またしてもメインキャラの過去に触れるお話のようですが、
やはりしずかの好きな木登りにからんだ物語なのでしょうか。

巨人伝の脚本を担当したあの方が
今回も脚本という噂ですが、
のび太ではなくしずかと樹という関係を
どのように描くかに期待。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
5/14のドラえもんの感想
本日は、「ジャイアンに苦手を作れ」と「出木杉にも苦手を作れ」の二本立てでした。 ...続きを見る
京大藤子F不二雄同好会のブログ
2010/05/15 22:37
のび太・反省
 5月14日の『ドラえもん』(通算211回くらい)は、「ジャイアンに苦手を作れ」と「出木杉にも苦手を作れ」が放送された(5月20日視聴)。 ...続きを見る
銀河後悔日誌〜ともかく〜
2010/05/21 21:42

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
今回のは沢山伏線が張られていて、おぉ〜となってしまいましたね!やたら眠そうなのび太とか、太と犬とか。ギャグ漫画テイスト満載で楽しかったです。それにしてもしずちゃんのあのコスチュームは絶対狙ってますよ笑

記事にトラックバックさせていただきました。あと、我々のブログにこのブログのリンクを貼りたいと思っているのですが、大丈夫ですか?(ただ、貼り方がいま一つ分からないのでできるかはわかりませんが。)
イセルーマ
URL
2010/05/15 22:50
こんにちは。
今回の話は本当に伏線が上手かったですね!
しずかの服については最初は気がつかなかったのですが、よく観たらヘソ出しで驚きました。
バザーの出店ということですが、そこだけ人垣ができてしまいそうです。

リンクについてですが、このようなブログでよろしければぜひお願いいたします。(貼りはがし自由です)
こちらの方では実は既に公開用RSSリーダーのリンク集に掲載させて頂いておりました…
事後承諾で申し訳ありませんが、もし不都合がございませんでしたら、このまま掲載をご許可頂ければ幸いです。
春巻き
2010/05/15 23:35
ありがとうございます!こちらにとっても、嬉しい限りです。
今後ともよろしくお願いします〜
イセルーマ
2010/05/16 21:39

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん10年5月14日放送感想(ジャイアンに苦手を作れ&出木杉にも苦手を作れ) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる