今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん10年8月20日放送感想(ドクロ島の秘宝)

<<   作成日時 : 2010/08/21 03:15   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 1 / コメント 2

ドクロ島に眠る村山水軍のお宝を探せ! 
2チームに分かれて島を探索! 
パートナーはドラえもんか出木杉、
運命の分かれ道!!キミなら二人のどちらを選ぶ!? 
※ヒント:「わさドラ」設定



私事で申し訳ありませんでしたが、
パソコンの不調→買い替え→設定もひと段落したようなので、
ドラえもん感想を再開したいと思います。
休止期間ものぞいてくださった方、
「気持玉」を押してくださった方ありがとうございました!



ドクロ島の秘宝 →アニメオリジナル


<あらすじ>
22世紀の体験RPGゲームで楽しく遊んでいた
ドラえもん、しずか、スネ夫、ジャイアン、出木杉、
そしてのび太の6人。
「本物の宝探しがしたい」ということで、
ドラは実在する宝の地図が目に浮かんで見えるという
「宝のチーズ」を取り出し、のび太に食べさせる。
描き写された地図を元に、
ドラのびしず、出木ジャイスネの2組に分かれ、
ドクロ島のどこかに眠るという
村山水軍の頭、百郎丸の宝を探し始める一行だったが……



友達と一緒に、ワクワクドキドキの大冒険!
と、いうことで、夏休みらしく楽しい一編だったかと思います。
ツッコミどころも無くはありませんが、
テンポ良く、飽きさせず、次の展開が気になるという
フツーに面白い話で良いのではないかと。

うん、フツーって大事ですよ、きっと。
いつもカオスだったり感動系でも何ですし。


以下、フツーの中に仕込まれたネタや見所について
こまごまと述べていきます。



・戦え!6人の勇者(?)たち!
ドラの道具であるゲームブック「炎の巨人」に入ったのび太たち。
いきなり大ボスを倒した場面から始まるという「つかみ」もすごいですが、
この6人によるRPG風パーティというのも面白い!
ドラが魔法使い、出木杉も魔法使い、しずかが僧侶で、
スネ夫がおそらく商人、
ジャイアンは武闘派の戦士なのはいいですが、
のび太が腰の引けた剣士という、
若干パーティバランスに不安のある編成です。
でも逆にそれが「のび太たちらしい」感じが出ているかもしれません。

ガンマンが参加可能な世界観だったら、
のび太がエースになれるのにねえ。
あ、でも遠距離武器だし、防御力が紙だから後方に配置かな……
(以下エンドレス妄想自粛)


・大ボスはたからをもっていた! たからばこをあけた!

「金貨だ金貨だ!」(ジャイアン)
「宝石だぁ!」(スネ夫)
「ドラやきいっぱい食べるぞー!」(ドラえもん)
「お姫さまになったみたい!」(しずか)
「やったぁ!黄金の本だ!」(出木杉)

…ちょっとマテ、そこのオチ担当の少年D!!

おそらく全国の視聴者が突っ込んだことと思いますが、
わたしも突っ込まずにはいられません。さあご一緒に。

「『黄金の本』って何だよ!? 重いだけだろ!!」


遠足サバイバル」の時の
「サルに拉致られてる最中なのに班行動の大切さを訴える出木杉」
でもそうでしたが、
どうも最近のわさドラでの彼には
天然ボケ属性が付与されているような気がしてなりません。

実際のところ、あんまり出来すぎでマトモで真面目だと
話が無難に進みすぎるという都合上もある…?のでしょうか。
極端にキャラが崩れるのも微妙ですが、
こういう何気ない場面でさらっとボケるのは結構面白いかも。


・宝のチーズ
「これを食べるとどこかにある本物の宝の地図が見えてくる」
「みたままベレーと自動ふででそっくりに描けば
 宝の地図のでっきあがり!」(ドラ)

誰がうまいことを言えと (略
ネーミングは素晴らしいですが、性質に関しては
ツッコミどころ満載かもしれません……
結局レジャー用の地図だったわけですが、
それって「本物」の地図??

そもそも「あまりに臭くて食べると幻像が見えるチーズ」って
ちょっぴりヤバいシロモノなのでは……?


・一家に一冊!ドラ焼き大百科
いやあ、ドラ焼きのドラはやっぱり「ドラ」だよね!
と、いうどうでもいいこだわりは置いておいて、
今回ついに判明したのび太の机の上の本の詳細!

「ドラ焼きの歴史」、「小学生社会科地図帳」、「まんがの描き方」、
「算数のとき方」、「ドラ焼き大百科」、「ことわざ辞典」…

……そこの居候ロボットさん、私物置きすぎ
押入れプライベートルームに収納しましょうよ。

「ドラ焼き大百科」なる怪しげな本をどうやって入手したかは
この際気にしないことにしますが、
あの薄い「社会科地図帳」が「ドラ焼きの歴史」
の隣にあることに気づいた出木杉もいろいろと謎です。


・ドクロ島の自然
本筋と直接の関係は無いのですが、
この島の植物や風景の描写が丁寧で
とても美しいことが印象に残りました。
宝探しがメインなので適当に流しても良いはずですが、
ちゃんと家があり、畑があり、港や灯台も映されていて、
「ドクロ島」という、いかにもな名前とは裏腹に、
意外なほど「人の暮らす島」としての現実感があります。
このあたり、さりげなくオチの「宝物」「島おこし」の
伏線になっていたのかもしれません。

花を手前に置きのび太たちを遠景に望む構図や、
がけの上から見下ろすようなカットも新鮮です。


・じゃあ、くじびきでチームを決めましょう(しずか)
ドラえもんが一緒のほうが良いのか、
出木杉が一緒のほうが良いのか、
冒頭で挙げた難問でもありますが、
原作初期の流れを汲む、「水田わさび版ドラ」ですので、
つまりは「そういうこと」に……
しずかがブレーキ役になってくれなかったので、
ドラえもんチームは波乱万丈の宝探しとなりました。

しずかがエノコログサ似の草でくじを用意するくだりが
なんとなくいい雰囲気です。


・強行突破だよドラえもん
チーム出木杉が知恵と体力で着実に宝を目指していく中、
チームドラえもんはノリと勢いと道具の力で
かなり強引に進んでいきます。
「行き止まりだ!」→「通り抜けフープ!」というのは、
誰しもが一度はあこがれたシチュエーション。
しかしながら、実際にやってしまうとヒキョーこの上ありません。
そして極めつけは「人間機関車セット!」
うん、うん、わかる。
ダッシュができればトラップもなんのそのだよね!
……この手が使えたら楽だろうなというゲームは
少なくありませんね、シレンとか。


閑話休題。
と、同時にドラたちが無茶であるほど、
出木杉たちの堅実さがよい対照になるという構成は
なるほどなという印象でした。
出木杉抜きのいつもの5人だと
もうちょっとメリハリの無い平坦な展開になっていたかもしれないと
感じさせるものがあります。


その他、
自分では使わず、当然のようにのび太にやらせるドラ酷いとか、
最後尾がしずかって矢に当たる危険性が一番高いんじゃないの?とか、
しずかはドラの首輪につかまってるけど首絞まらないの、とか、
ドラはのび太のズボン引っ張ってるけど脱げたらどうするんだとか、
だからこの並び順なの?とか、
細かいところでもいろいろネタが仕込まれています。



・怪奇!カニバサミを襲うカニバサミ!
ドラえもんが思いつきで選んだルートはハズレだったらしく、
ツルリンすべり道になぜか大量のカニさんが待ち構えていました。
ドラがカニをかき分けていくときの「ポコポコ」した音が妙におかしい。

そして個人的見所は、
しずかのお下げ、通称「カニバサミ」に
しっかりカニさんがとりついているところでした。
スタッフが狙っていたかどうかは不明ですが、
カニバサミとカニバサミの対決なんて画は、
もう見られないかもしれませんよ!?


・普通のスコップ
ついに百郎丸と思しき骸骨を発見した一行。
きっとこの下に宝が埋まっているに違いない!と盛り上がる
のび太たちにドラが出したのが…普通のスコップ!

「額に汗してこそ、お宝発見の喜びもひとしお」(ドラ)
とのことですが、
さっきまでの道具による強行突破は一体……
こういうときこそ「らくらくシャベル」でいいじゃない。



・「近々アドベンチャーランドとして一般公開する予定なんだ」(老人)
宝の地図と洞窟の正体は……
うすうすこんなことだろうとは思っていましたが、
そこまで明言しなくても良かった…気がします。
というか、潮が満ちると出れなくなる洞窟って
レジャー化するには危ないよね。
まさに骨折り損のくたびれもうけ。
正式公開の日を前に、
カニさんは一生懸命スタンバイしていたのでしょうか。


・『面白かったね!』
オチのたたみ方が少し強引だった気もしますが、
なんだかんだ言って、のび太たちの感想と同様、
見ている側も楽しい夏の大冒険を味わえたように思えます。


 ◇


<ここにもかけたよドラえもん>

今回は「ドラえもんすいか」をつくることに。
鼻や口など赤い部分はスイカの赤を生かしつつ、
外側の皮を薄く削ってドラえもんを彫り出していきます。

相変わらずお見事!
毎回新たな境地を見せてくれる、
アイディアにもうならされます。


 ◇


次回は8月27日「変身、変身、また変身」と
「大氷山の小さな家」


のび太が脱ぐのはたぶんそのままでしょうが、
果たしてしずかへの変身(服無し)はどうなるのか。

大氷山〜はとにかく巨大な氷を丸ごと削って
自分たちの秘密基地にするという雰囲気が大好きな作品です。
「のび助最強伝説」として名高いオチの再現にも注目。

 ◇

9月3日のドラえもん誕生日SPの予告も随時挿入されています。
定番の未来ネタのようですが、
セワシの描かれ方が不安でもあり期待でもあり。

安藤敏彦さん、寺本幸代監督、高橋渉さんなど、
毎年、超強力スタッフが登板する回でもあり、
演出面も非常に楽しみです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2010年8月20日 ドラえもん
「ドクロ島の秘宝」 ...続きを見る
京大藤子F不二雄同好会のブログ
2010/08/22 13:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「通りぬけフープ」…「人間機関車セット」…ドラえもん…ズルいですよねそれは!ただしそこがおもしろいんですけどねっ!!ところで「宝のチーズ」はかなり臭くてまずいそうなんですが、なんで「なんでも食べる子元気な粉」(味のもとのもと)を使わなかったんでしょーねぇ…あれをかければ、味はもちろん、におい、見た目までおいしくなってしまうのに!!人間にかけたら超危険ですけどね…どうやって作ってるんだろう?
りっくん
2010/10/15 17:26
宝のチーズが臭いのはスタッフの陰謀です。
と、いうのは冗談ですが、ドラたちものび太に押し付けてしまえば良いやと考えたのではないでしょうか。

材料やつくり方は謎ですね……
春巻き
2010/10/16 00:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん10年8月20日放送感想(ドクロ島の秘宝) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる