今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS 分割版・10年9月3日ドラえもん「決戦!ネコ型ロボットvsイヌ型ロボット」感想2/2

<<   作成日時 : 2010/09/05 08:40   >>

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

※こちらの記事は「決戦!ネコ型ロボットvsイヌ型ロボット」の感想を二つに分割したもので、前半の感想の続きです。内容は既に公開済みの記事と全く同一ですのでご注意ください。

前半の感想は→こちら
分割なしの記事は→こちら

 ◇

※以下は「ワンダフル」登場後の感想です


・パワえもん、カワえもん、ベソえもん

キターーーーーーー! パワえもん再登場! ちゃんと真殿光昭さんだひゃっほう!
「生まれ変わる日」のときは、パワえもんオイシイなあって騒いでいたのですが、今回はワンダフルに持っていかれてしまったようで……
とはいえ、円陣を組むところでのツンデレぶりは健在だし、どこでもドアでドラで「実験」するところも良い感じでした。
あとはとにかくバショー扇! 去年のデンジャ@ドラの空気砲やタケコプターにもしびれましたが、パワえもんとバショー扇も良いなあ。風の表現(作画)がまたカッチョイイんですよ。

カワえもんとベソえもんはたぶん初登場。名前からするに、口が「むいっ」としてるほうがカワ、ちょっと気弱そうなのがベソでしょうか?


・ロボット管理協会調査レポート

チラッと見えただけでも、のび太の勉強の不出来が「クラス全体に影響を及ぼし、腐ったみかん 」状態だとか、「母親のヒステリー 」につながってるとか、まあヒドイこと言いたい放題。客観的視点に欠ける上、学習面ばかりで人格には触れず、よくもこんなレポートが採用されてしまったものです。「腐ったみかん」ネタって22世紀でも通じるのかい!


・「古いものより新しいもの、人間なんて所詮そんなものさ」

パワえもんの悲しいセリフとともに映し出されるうら山の粗大ごみがねえ……
偶然かもしれませんが、「巨人伝」も思い出しました。


・ゴンスケと小池さん

愛すべき二大藤子ワールド越境キャラクター。
どの作品、どの時代、どんな場所に居ようとも彼らはブレることがありません!
ゴンスケはD.G社搬入の資材の運転手として。ナンバープレートがGONSUKEになっているのが芸コマ。小池さんは22世紀のラーメン屋の客として登場。二回目のときにラーメン鉢が増えていることで、時間の経過とのび太の奮戦を見入って?いたらしいことがうかがえます。


・D.G社潜入大作戦!

セキュリティ結構甘いですねえ。
ドラが先頭になって進んだら行き止まりで、みんなに叱られている様子が俯瞰で描かれていたところが妙にお気に入りです。こういうちょっとした場面まで、動く動く。
そしてタワーを登るところでは、なぜか最後尾ですなわちオチ担当。
"あの"「ドラフォント」で声にならない叫びが表現されているところとか、もしゃもしゃとワイルドなタッチで描かれたドラの表情とか、溜めに溜めた緊張感が一気にギャグで噴出する瞬間、最高です。


・「大事なものを取り戻しに行くワンな」

ちゃぶ台背負って現れたワンダフルに、ズコーっとなるものの、単なる脱力ギャグではなく、ちゃぶ台を構えての強行突破! こんなカッコいいちゃぶ台の使い方なんて、はじめて見ましたよ! いっぺんやってみたい!?


・『緊急スペシャル 平均ロボット君VSネコ型ロボットに育てられた少年!のび太君』

ネコ型ロボットの性能に問題があるとされたことを否定するにはまったく合理性が無く、不利なだけにもかかわらず、それでも勝負に挑むのび太。ドラえもんを取り戻すために!
対決の様子を中継することで、結果的に人々の心に訴えると同時に、タワーを登っていたドラにもその様子が見えることになります。
のび太はロボット管理協会へ、ドラはコントロールタワーへとのり込む話の構成が平行していて、微妙にわかりづらくもあったのは難点ですが、こういうところで接点を作ったのはなるほどなという印象。
長老がのび太のボヤキに対して、いちいち「平均じゃ」と返すくだり、「ひでえな…」とつい本音を漏らしたパワえもんの絆創膏をドラミがベリっとはがしちゃうあたりも、緊迫した場面の中にあって笑わされました。
勉強とか、跳び箱の跳び方とか、「ここをこうしたら良くなる」というアドバイスはできなくても、「それでもやってみよう」と思わせる原動力に、心の支えになっているのがドラえもんなんだと思います。


・「7月28日、今日は何もない一日だった。 でも、ドラえもんがいるだけで、なんだか楽しかった!」

ぶわっ(何かが噴き出す音)
誰だ…こんなところにお池を作ったのは……ユーフォーでも落ちたかな……

ワンダフルとセワシが長老に渡したのは、のび太の夏休みの絵日記。
もうこの絵日記…反則……! 涙腺的凶器ですよ……
題に掲げたようなのび太の文章も良いんですが、映し出される絵がね、かき氷、温泉とオバケ、ステーキ、宝箱と、この夏休み期間に放送されたエピソードを描いたもので、視聴者とのび太が、一緒に夏休みを過ごしてきたような、そんな気分にさせられます。
ステーキとか、「なんてオチだ」的なトンデモ系だと思ってたのに、まさか、こんな仕掛けが用意されていたとは……
(※かき氷→「大氷山の小さな家」? 温泉とオバケ→「オバケ旅館へようこそ!
 ステーキ→「のび太の誕生日冒険記」 宝箱→「ドクロ島の秘宝」など)


絵も字ものび太だから上手くないんですよ。ドラえもんの目が輪郭の下にあるし、「す」の字が鏡だし…… だけど、ドラえもんと過ごした時間が本当に楽しかったんだなって、ドラえもんが大切な存在なんだなってことが、伝わってくる、とても素敵な絵日記でした。
いかん、マジで画面がぼやけて見えない……

あざといといえばあざといのでしょうが、のび太は本当にそう思っていそうだなということが素直に感じられます。

いやもう、5週連続夏休みアイテム探しでプレゼントとか、そういう手法じゃなくてもですね、夏休み期間ずっと見てきた人にはわかるこの絵日記の意味……
もう、なんか、言葉にできません。
いったいいつからこの展開を仕込んでいたのでしょうか。今回の話と、例えば「オバケ旅館」を手がけたスタッフは異なりますが、誕生日SPにつながることを承知していたのでしょうか。
「自分たちのローテは誕生日回じゃないけど、しっかりバトンを渡しておくぜ!」みたいな意識はあったのでしょうか。もしかしたら考えすぎかもしれません。けれども、少なくとも今回の「ネコ型VSイヌ型」に携わったスタッフは、7月、8月に放送された分の話を受け止めていることは確かです。

私が「今のわさドラ」を好きな理由には、基本的に一話完結のエンドレスものだけれど、ゲストキャラや小ネタなどが積み重ねられ、異なるスタッフ間でも世界がちゃんと共有されている感じがする、ということがあります。今回の演出はその中でも極めつけだな、と。
くぅっ! やられた!



・スクラップを停止させるんだ!

感動が頂点を迎えたあとで、最後にもうひと暴れ。
このへんのニクい構成と爽快感がたまりません。

石頭は「最後の武器」であり、微妙に死亡フラグっぽくもあるのですが、そのへんはご愛嬌?
「ぼくらもキミらと同じ、子守用ロボットワンよ」というワンダフルのセリフに完全K.Oです。

そして結成されたドラとワンダフルの最強タッグ! 「行こう!」というドラの声とともに、「ばんばかばんばん・ばんばんばん!」という「あの曲」が流れ出し、先ほどの涙から一転、私のテンションも最高潮! 「ワンダフルの火力すげえ!」「ちょっ、ドラだけかよっ!」
とツッコミも追いつかない勢いで特攻し、ノビた社長とドラを尻目に、ワンダフルがとことこ歩いてきて、余裕でスイッチをぽちり。ネコ型ロボットの折り詰め状態も解除されてほっと一息。もはやスタッフの思惑通りに反応している気がしてきましたが、「だがそれがいい」!


・『おたんじょうびおめでとう! そしておかえり!ネコ型ロボット』

前述のとおり、考えようによってはちょっと現金すぎる人々。
とは言うものの、この物語冒頭の日常風景を思い出す限り、ネコ型ロボットは友だちであり、家族であるということに違いはないのでしょう。単純にイヌ型ロボットが排除されず、このパーティの場にも居ることに安心させられました。ベソえもんとカワえもんも、それぞれが世話する子どもに再会できたようでなにより。
あれ?パワえもんのところの「大統領の息子」は?


・おめでとうドラえもん。これからもずっとずっといっしょだよ。

ある意味いいオチがついたところで、ここで終わるのかと思いきや、のび太の家でパパやママと一緒に改めて誕生日パーティ……うーわーどこまで反則なんだ。
パパの出演、こことモブとゴンスケだけのような気がするけど、そういう問題じゃないんだ!
ドラえもんも野比家の家族の一員として、誕生日を祝われているということ、それが重要なのです。肝心の食卓は映し出されませんが、去年の「長い一日」で描かれていますしね……うん、積み重ねている。

そしてのび太の机には再び今日の出来事を描いた絵日記が置かれていますが、あれは夏休みだったからじゃないんだよね。新学期が始まっても、秋でも冬でも春でも、いつだって、「ドラえもんと過ごす、特別な、楽しい一日」なんだろうね、そんなことを考えるとまたぶわっと視界が……


 ◇

この「ドラえもん」というアニメを見ている私たちも、「ドラえもんと居るだけでなんだか楽しい」、
そんな、特別で楽しい時間を過ごせているんだろうな、と感じられた誕生日スペシャルでした。


ドラえもん、誕生日おめでとう!


 ◇


<ドラえもんがなぞかけに挑戦(ミニ予告)>

一部宣伝などで、「ドラえもんがなぞかけをする」とあったので、いつぞやの「なぞなぞSP」のように、(存在自体が)謎のブリッジアニメをやるのかと思いきや……
「スーパーJチャンネル」終了後に流れた「ミニ予告コーナー」 (15秒) だ け だったとは……

ほっとしたような、がっかりしたような。


ちなみにお題は
「誕生日とかけて、おこづかいをもらった時ととく」、

そのココロは、
「どちらもケーキ(景気)がいいでしょう」

……でした。

(着ぐるみのドラえもんがケーキを前に語っている)


 ◇

<ここにもかけたよドラえもん>

今回はテレビ朝日「ドラや」を訪れた子どもたちがみんなで紙にドラえもんを書くというもの。
この光景こそがおそらく「えかきうた」の目指すもの……!

日本中、老若男女「ドラえもん」を知っていて、うろ覚えでも描くことができて、そして9月3日の誕生日を祝っている!
いやあ、はじめから終わりまで実に素敵なドラ誕スペシャルでした。


 ◇

次回は9月10日。
「ワの字で空を行く」と「変身!ドラキュラセット」

「ワの字大好き」って、どうしてそんなお話を思いつけるのでしょう!
文字を実体化するという楽しさを動きと奥行きのだせるアニメでどんな風に盛り上げるかに期待。
「ドラキュラ〜」の方は寝ているしずかを襲う、ついでにスネ夫やジャイアンも襲うのび太に注目。うん、間違ったことは言っていないよ!?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
分割版・10年9月3日ドラえもん「決戦!ネコ型ロボットvsイヌ型ロボット」感想2/2  今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる