今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん10年10月22日放送感想(子犬イチの国〜キズナ編〜)

<<   作成日時 : 2010/10/23 14:03   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 2

子犬を拾ったのび太は、イチと名づけ、
ドラの協力のもと、庭でこっそり飼いはじめる。
しかし別れのときがやってきて……


2004年公開の映画「のび太のワンニャン時空伝」の
元になった原作、「のら犬『イチ』の国」を
改めて二週連続の前後編でテレビアニメ化した今回。

まだ前編のみの放送ですが、
良くも悪くも「ワンニャン時空伝」の影響が
大きいようにも感じられます。


子犬イチの国〜キズナ編〜 ※前編
  →てんコミ22巻ほか「のら犬『イチ』の国」


※以下は、前編のみを視聴した段階での感想であることを
ご了承ください。

場合によっては加筆修正するかもしれません。


とにかく後編の放送が終わっていないので、
あれこれ述べるには早すぎるのかもしれませんが……
それでも、既にいろんなことを考えてしまうお話でした。
語りたくなる、考察したくなる系統の話というか。

「いや、そのりくつはおかしい」という自覚はありますので、
こんな風に考えた人間も居るんだね、程度に
流していただければ幸いです。

ネタばれとなりますので、
原作や映画「ワンニャン」未見、後編放送待ちの方はご注意ください。



 ◇


・無茶であり矛盾した行動について
そもそもこの話は原作の時点で、
多くの無茶や矛盾の上にあるのではないかと思います。

今回のアニメ化では特にそのあたりの是正はせず、
むしろそうした無茶をさらに重ねていたように感じられました。

それについては「ちょっとこれはどうか…」と考える方も
いらっしゃると思いますが、
個人的には悪くはなかったのではないかという印象です。


突き詰めれば、
子どもの無茶苦茶で、人間の勝手。
そういうことになると思います。

無茶ですよね。小学生が、親の了承なく、
動物をこっそり飼い続けられるはずがありません。
えさ代も事欠きます。飼う場所もないです。
ドラえもんの道具というイレギュラーな手段で
それらの問題はクリアしたかに見えましたが、
本質的な解決にはなっていません。
ペット禁止の家で動物を飼おうとすること、
いずれ発見されることが予見されていること、
その時点で既に無茶なのです。

過去の世界に連れて行こうという発想もおかしいです。
ハンバーグ製造機(あえてこう書く)を置いて、
一匹進化させればどうにか暮らしていけるという考えは
支離滅裂です。
地球生物の歴史に与える影響もはかりしれません。
動物を捨てることを批判しながら、
結局自分たちも同様であることも確かです。

それらは話の構成の甘さ…とする見方も
間違いではないでしょう。

しかし個人的には今回のアニメを見て、
そうした無茶苦茶具合、行動の幼さが逆に
イチを可愛がるのび太の気持ち、
それが本物であること、純粋であることを
引き立てるのではないかなと感じました。

やることが無茶苦茶の方が本気だと思えるという印象です。
冷静になれば、諦めざるを得ないんだけど、
諦められないから無茶をするんだ、というところでしょうか。
後先考えられるほどの頭がないからこそ、
算段抜きで、大切に思うことができるとか、
そんな印象を受けました。

もう少しのび太とイチの交流の場面があれば、
より確かめられたのかもしれませんが……
あるいは、わざとらしく具体的にココ!
という場面を設けずに語るための手法なのか。

そんなこんなで、無茶や矛盾といったものは、
存在した方がのび太の思い入れを増して感じられる気がしました。

しかしその一方で残念な点もあります。


・のび太の主体性
上で述べたように、無茶であるほど
想いを確かめられる部分もあるのですが、
それにしては、ちょっとのび太の主体性が薄かったような
感じもしました。

ドラの説得にしても「そこをなんとか!」のあとが
「お前(イチ)も頼むんだよ」だったり、
のび太の財布(共用財布?)を取り出すのがドラだったり、
「山奥へでも」
「人間のまだ居ない遠い昔へ」
「ちょっとのぞきに行く?」
という次の行動へ踏み出すきっかけが
すべてドラの言葉によるものだったことが
惜しいようにも思えます。

もちろん、
ネコを飼うことを許可したり、
山に置いて行くことを拒否したり、
イチが記憶を失う可能性を知った上で、
進化退化ビームの使用を頼んだりという
重要な決断も下しているのですが。

どことなく、ドラが主導権を握っていた場面が
多かったような気がします。
数年後に地殻変動が起こる時代へ置いてきてしまうなんて
何やってるの!と
のび太ではなくドラを責めてしまいたくなるような印象があります。
ドラに連れられて行動しているようであるけれど、
あくまでイチの飼い主はのび太であるはずなのです。

後編で予定されている再会を深いものにするためにも、
もっと前編でのび太が主体となって動くところが
見たかったかもしれません。

映画との直接比較は適切ではないかもしれませんが、
「ワンニャン」ではのび太が明確に「約束」をしていることが、
物語の核になっていたのではないかなあという気がしました。


・忘れることと再会の意味
今回のアニメ化で気がかりなのは、
イチがのび太のことを忘れるという展開と、
後編で再会させる予定らしい点です。

それ自体は原作からのアレンジとしてはありなのですが、
なぜ「ワンニャン」と重ねてしまったのか……

前述の通り、イチ達を過去の世界へ連れて行くということは、
タイムマシン等の手法が特殊であれど、
結局は捨てていることになります。
乱暴な物言いだとは承知していますが、
はじめからそうした矛盾を持つ物語なのだと解釈しています。

さてそこで問題になるのは、
過去の世界で別れた(残された)イチの感情(?)

「ワンニャン」では矛盾も含んでいますが、
「明日また来る」予定だったものが、
事故による「一千年後の再会」になっているのが、
うまい構成だったのだなと感じさせます。
本来再会し得ないはずのふたりが、
再会できるための設定も用意されていました。

原作ではもっと突き離した方向で、
イヌネコの国の高度な文明は、
もう誰も居なくなった放棄された都市が示すのみ。
のび太が出会うのはイチではなくその子孫。
のび太どころか、先祖であるイチのことも伝え聞くのみで、
地球を離れ住むことも、淡々と事実のみを告げます。

それでも、イチたちの想いは、
「神様の像」で語られています。
その存在がなんなのかという解釈は読者に委ね、
のび太たちは場合によっては
像の全景を知らないままの可能性すらあります。

なんといっても、のび太が置いてきたことには変わりなくて、
その別れはもう埋められないのだという事実を避けずに、
時の隔たりで示していたようにも感じられました。


原作、そして「ワンニャン」それぞれの料理の仕方に、
なるほどなと考えさせられる部分がありました。

それに対し今回のアニメ化ではどうなるのでしょうか。
別れからわずか「数年後」に「本人」に再会させるのは
どんな意味を持つのでしょうか。
それもそんな時代へ連れて行った当人たちが、
「この国には滅亡が迫っているから」と避難を呼びかける(らしい)
というのも、非常に難しいものがある気がします。

のび太のことを忘れてしまった、
思い出してもらえるか、「再会」できるのかというのは
観ていてハラハラさせるものがありますし、
胸につまる感動的な展開になるでしょう。

ですが、その「忘れる」ということで
突き当たるべき複雑な問題を避けようとしているのだとしたら、
ちょっとどうかなあという感じがあります。
手法が「ワンニャン」に似ているからこそ、
違いが目立つというか、損しているというか。

映画とも原作とも違うアプローチもあったんじゃないかな、
と感じる一方で、
ここまで来てしまったのなら、後編でどう転がすのか、
大いに期待と、不安を持ちつつ
ワクワクソワソワして待とうかなと思います。


結論。

前後編なんてだいっきらいだぁぁぁっ!
後編が気になって仕方がないじゃないかぁっ!?



 ◇


その他の点については本当に箇条書きに。
意味不明な語りで文量使い過ぎました……


・今回のび太の鼻歌多いなあ。
 感情を表すものとしちゃ直球だけど、なんか良いよね。

・出木杉の服(一枚目)がオシャレだった。緑色似合うねえ。

・「一発ぶん殴らせろ」とか
 子犬をポイポイ投げ捨てるジャイアンのいかれ具合がステキ。

・ジャイアンの理不尽さとか、
 遺跡話についていけないのび太の微妙な居場所の無さが、
 イチへの傾倒につながってもいる…のかな。ちょっと弱いけど。

・まさかと思ったら本当に大野木さんの脚本でびっくり。
 「チューケンパー」といい、犬モノ担当なのか……
 あと「地球の中心」とか「人間製造機」とか創造モノも多いよね。

・「ダメー!」「犬と仲良くなんか…」→「しょうがないなあ」
 ドラ陥落早っ! イチにメロメロにされるドラ可愛いよドラ。
 今回の「パラパラアニメ劇場」はこのシーンでした。
 ここを選ぶのもわかるなあ。

・「オーケー!ママいないよ!」
 この場面でののび太の誘導する手のしぐさとか、
 かべかけ犬小屋がぴらぴらして紙であることを強調してるとか、
 そういうさりげない演出が話をしっかり支えているね。

・「イチにしよう!」「わん」×2
 三人の心がつながった感じがする。

・のび太がイチに投げたあの青いボール、
 ひょっとして「あの日あの時あのダルマ」のときのあれ?
 ……考えすぎかな。

・雨の夜に「行ってらっしゃーい」でふすまを開けたまま、
 くーかくーかと再び爆睡するドラ。
 のび太と同じ部屋で暮らしていて、のび太は必ず帰ってくる、
 そんな日常を疑うことも無く、安心して眠れるドラとイチの対比?
 
・かべかけ犬小屋の前に置かれた、開いたままのカサ。
 妙に心に残ったので、その意味をいろいろ考えてみたのだが……
 カサをたたんで小屋に入らないということは、
 「あとで出るつもりの場所」ってことなのかなあとか。

 「雨が降っている」ことの象徴として配置しておくことで、
 安眠できる場所、のび太と寄り添って眠れることを示すのかとも。

 他の方の考察に期待。

・のび太の鼻歌が「赤鼻のトナカイ」っぽいなあと思ったら、
 ママが白いおひげを……

・ドラの読んでいたマンガ「ドラやきマン」。
 「バームクーヘンマン」じゃないんだね。読んでみたい。
 ざぶとんにあごをのっけた姿勢でごろりと読書とか…可愛いなあ。
 このポーズのフィギュアとか出ないですかね。
 尻としっぽのラインが最高。

・(ネコも飼ってくれと聞いて) 「なんだってー!」
  →(ネコを見て) 「かわいい〜」(ドラ)
 ドラにとってネコはちょっと違う存在なのかというのは
 興味深いアレンジ。

・貯金箱ぐりぐり
 原作は四角いポスト型なのだが、円筒形にすることで、
 のび太が途方に暮れつつ指先でもてあそぶ描写が可能に。
 いや、本当に些細でどうってことない演出なのだけど、
 こういうのがあるだけで空気が違ってくるというか。
 そのへんは腰さんの仕事?

・食料問題解決!と手を取り合って喜ぶのびドラ。
 このドラのほっぺた「むにむに」感がたまらない。
 本質的な問題には気づかず(フリ?)、のび太と同じ目線で、
 一緒になって喜ぶ親友っていう感じもいいよね。

・(タオルを持ちながら) 「ちゃんと拭かないと!」(ドラ)
 ドラにとってネコは半ば同族?
 つまり女の子の体を洗ってあげたようなもの…? うわぁ。
 深く考えるとふたつの意味でマズそうなのでこのへんでやめとく。

・のび太の赤服、久しぶりに見た気がするなあ。
 黄色より個人的に好き。似合うし。

・ママの「お願いよ」。うわ、こう来たか。
 頭ごなしに怒るより、よくわかる分、本当はわかっていた分、
 のび太は辛いよね。
 一方で、子どもの無茶を
 大人に問答無用で両断して欲しかった気持ちもあり。
 どちらもなるほどとは思います。

・イチの首輪
 今回はこれが象徴的なアイテムになるのか…後編でどう使うか。
 ビアンカのリボ…なんでもない。

・「そうなんだよ、だいたい人間は自分勝手な生き物で」(ドラ)
 ロボットであり、ネコの属性を持ちながら、
 子守りロボットとして人間の子どもに沿う立場でもあるドラえもん。
 このあたりの自己意識は難しい問題だよねえ……

・進化退化ビーム
 ……あー、やっぱり覚えていたか。
 おねしょネタ自主規制解除とかしてるみたいだし、
 こっそり元の名前に戻らないかと思ったのに。
 って「進化退化ビーム」の話も大野木さんだったんですね。

・「きみよりりこうそう」も好きだけど、
 マシンの操作を教える場面はあっても良かったかなあ。
 でも、ドラが関わらないことでのび太をクローズしているのか?

・のび太の放心
 いかにも悲しいとか、そういう表情じゃないのが好み。
 のび太が担がれたくだりは、
 クラスメイトも異変に気づいてるってことだろうか。
 隣の席があの子なのはオイシイけど、いつぞやは出木杉じゃなかったっけ。

・ペルム期の大変動
 とても勉強になりました。
 しかしあの場に生身で立ってて、のび太たち大丈夫なのかと思ったり。
 実際にあったとされる事象を取り入れたことで、
 物語に地続き感というか、リアリティが出ている感じでとても良かった。

・イチの国の服装はやっぱりワンニャンっぽいかも。
 建物のとんがり屋根やレンガっぽい組み方なども興味深い。
 後編の市街描写が楽しみ!!


 ◇


<ピッポとザンダクロスのロボットクイズ>

ミニコーナーのサブタイトルが…いきなり核心に迫ってるような……
ピッポ「と」ザンダクロスなんだ……

これは、つまり、ううむ。


あとはザンダクロスの「50M自由形」……
映画が公開されるより先に、
まさかザンダクロスの泳ぎが観れるなんて……

え、いいのかな、いいのかな!?
反則と言えば反則だし、嬉しいと言えば嬉しいような。
映画の象徴的存在なのに、今からこんなに見せちゃっていいのか。

ていうか「あの」ザンダクロスが
プールサイドで屈伸運動している映像なんてネタ…凄いものを、
DVDやソフトには一切収録されない、再放送もされない、
一回限りのコーナーで放送しちゃうなんて!!


これは見逃せないなあという一方で、
ガンガン映画ネタバレをされそうでもあって、
どうしたものか。


 ◇


次回は10月29日「子犬イチの国 キボウ編」

大長編とか中編で出会う「異世界描写」が大好きなので、
イチの国の設定や描かれ方が楽しみです。

のび太たちの勝手な?理屈や自身の感情に
どうけりをつけるのかにも注目&期待。





近々テレビを買い替えようかなと思うのですが、
ドラ録画環境だけはなんとか死守せねば……!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2010/10/22 ドラえもん 感想
「子犬イチの国 キズナ編」 ...続きを見る
京大藤子F不二雄同好会のブログ
2010/10/23 15:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「進化退化ビーム」は、生き物(物)すべてを進化•退化させるビームですよね?ということは、イチにビームを当てると、知能が進化するのはわかるんですけど、外見はどうなってんだ?!?二足歩行どころか、見た目もガラリと変わるはずなんだが?!?やはり単に進化•退化させるだけでなく、[知能や行動のみ]といった微調整もできるんでしょうか?それと、[進化させると記憶を失う]設定…これはいらないよ〜それだったらパパはどうなるんだよ〜ストーリーのためだけに変な設定をつけるのはやめてほしい…(地底人の話の「タンマウォッチ」など)あと、[ペルム紀末の大量絶滅]は、ドラえもんはロボットだから大丈夫でも、のび太はねぇ?一応調べてみましたけど、生き残ったのは腹式呼吸ができるほ乳類の先祖でした。だからのび太は大丈夫だったと勝手に考えてます。
りっくん
2010/10/23 19:25
こんにちは。
進化退化ビームに関しては、ネーミングもさることながら、機能のアレンジについても賛否ありそうですね。
別の生物になるようなものだと考えれば、記憶も失われるかもしれませんが、おっしゃるように外見の変化が伴わないのかという疑問も生じます。
>ストーリーのためだけに変な設定をつけるのはやめてほしい
これも同意です… 設定の追加自体はありかと個人的に思うのですが、再登場時にその辺の整合性がとれていない気がするので、その場限りだとしたら残念です。
春巻き
2010/10/23 20:23

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん10年10月22日放送感想(子犬イチの国〜キズナ編〜) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる