今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS 分割版・ドラえもん10年10月22日感想(子犬イチの国〜キズナ編〜)2/2

<<   作成日時 : 2010/10/23 20:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

※こちらの記事は「子犬イチの国〜キズナ編〜」の感想を二つに分割したもので、前半の感想の続きです。内容は既に公開済みの記事と同一ですのでご注意ください。

前半の感想は→こちら
分割なしの記事は→こちら


<各場面個別感想>

その他の点については本当に箇条書きに。
意味不明な語りで文量使い過ぎました……


・今回のび太の鼻歌多いなあ。
感情を表すものとしちゃ直球だけど、なんか良いよね。


・出木杉の服(一枚目)がオシャレだった。緑色似合うねえ。


・「一発ぶん殴らせろ」とか、 子犬をポイポイ投げ捨てるジャイアンのいかれ具合がステキ。

・ジャイアンの理不尽さとか、遺跡話についていけないのび太の微妙な居場所の無さが、イチへの傾倒につながってもいる…のかな。ちょっと弱いけど。


・まさかと思ったら本当に大野木さんの脚本でびっくり。
チューケンパー」といい、犬モノ担当なのか……
あと「地球の中心」とか「人間製造機」とか創造モノも多いよね。


・「ダメー!」「犬と仲良くなんか…」→「しょうがないなあ」
ドラ陥落早っ! イチにメロメロにされるドラ可愛いよドラ。 今回の「パラパラアニメ劇場」はこのシーンでした。 ここを選ぶのもわかるなあ。


・「オーケー!ママいないよ!」

この場面でののび太の誘導する手のしぐさとか、かべかけ犬小屋がぴらぴらして紙であることを強調してるとか、そういうさりげない演出が話をしっかり支えているね。


・「イチにしよう!」「わん」×2
 三人の心がつながった感じがする。


・のび太がイチに投げたあの青いボール、ひょっとして「あの日あの時あのダルマ」のときのあれ? ……考えすぎかな。

・雨の夜に「行ってらっしゃーい」でふすまを開けたまま、くーかくーかと再び爆睡するドラ。
のび太と同じ部屋で暮らしていて、のび太は必ず帰ってくる、
そんな日常を疑うことも無く、安心して眠れるドラとイチの対比?
 

・かべかけ犬小屋の前に置かれた、開いたままのカサ。
妙に心に残ったので、その意味をいろいろ考えてみたのだが……
カサをたたんで小屋に入らないということは、「あとで出るつもりの場所」ってことなのかなあとか。
 「雨が降っている」ことの象徴として配置しておくことで、安眠できる場所、のび太と寄り添って眠れることを示すのかとも。


・のび太の鼻歌が「赤鼻のトナカイ」っぽいなあと思ったら、ママが白いおひげを……


・ドラの読んでいたマンガ「ドラやきマン」。
 「バームクーヘンマン」じゃないんだね。読んでみたい。 ざぶとんにあごをのっけた姿勢でごろりと読書とか…可愛いなあ。このポーズのフィギュアとか出ないですかね。 尻としっぽのラインが最高。


・(ネコも飼ってくれと聞いて) 「なんだってー!」
 →(ネコを見て) 「かわいい〜」(ドラ)
ドラにとってネコはちょっと違う存在なのかというのは興味深いアレンジ。


・貯金箱ぐりぐり

原作は四角いポスト型なのだが、円筒形にすることで、のび太が途方に暮れつつ指先でもてあそぶ描写が可能に。 いや、本当に些細でどうってことない演出なのだけど、こういうのがあるだけで空気が違ってくるというか。そのへんは腰さんの仕事?


・食料問題解決!と手を取り合って喜ぶのびドラ。

このドラのほっぺた「むにむに」感がたまらない。本質的な問題には気づかず(フリ?)、のび太と同じ目線で、一緒になって喜ぶ親友っていう感じもいいよね。


・(タオルを持ちながら) 「ちゃんと拭かないと!」(ドラ)

ドラにとってネコは半ば同族? つまり女の子の体を洗ってあげたようなもの…? うわぁ。深く考えるとふたつの意味でマズそうなのでこのへんでやめとく。


・のび太の赤服、久しぶりに見た気がするなあ。
黄色より個人的に好き。似合うし。


・ママの「お願いよ」。うわ、こう来たか。
頭ごなしに怒るより、よくわかる分、本当はわかっていた分、
のび太は辛いよね。
一方で、子どもの無茶を大人に問答無用で両断して欲しかった気持ちもあり。どちらもなるほどとは思います。


・イチの首輪
今回はこれが象徴的なアイテムになるのか…後編でどう使うか。
 ビアンカのリボ…なんでもない。


・「そうなんだよ、だいたい人間は自分勝手な生き物で」(ドラ)
ロボットであり、ネコの属性を持ちながら、子守りロボットとして人間の子どもに沿う立場でもあるドラえもん。このあたりの自己意識は難しい問題だよねえ……


・進化退化ビーム
……あー、やっぱり覚えていたか。
おねしょネタ自主規制解除とかしてるみたいだし、こっそり元の名前に戻らないかと思ったのに。
って「進化退化ビーム」の話も大野木さんだったんですね。


・「きみよりりこうそう」も好きだけど、マシンの操作を教える場面はあっても良かったかなあ。
でも、ドラが関わらないことでのび太をクローズしているのか?


・のび太の放心
いかにも悲しいとか、そういう表情じゃないのが好み。のび太が担がれたくだりは、クラスメイトも異変に気づいてるってことだろうか。 隣の席があの子なのはオイシイけど、いつぞやは出木杉じゃなかったっけ。


・ペルム期の大変動
とても勉強になりました。 しかしあの場に生身で立ってて、のび太たち大丈夫なのかと思ったり。 実際にあったとされる事象を取り入れたことで、物語に地続き感というか、リアリティが出ている感じでとても良かった。


・イチの国の服装はやっぱりワンニャンっぽいかも。
建物のとんがり屋根やレンガっぽい組み方なども興味深い。後編の市街描写が楽しみ!!


 ◇


<ピッポとザンダクロスのロボットクイズ>

ミニコーナーのサブタイトルが…いきなり核心に迫ってるような……ピッポ「と」ザンダクロスなんだ……
これは、つまり、ううむ。

あとはザンダクロスの「50M自由形」……映画が公開されるより先に、まさかザンダクロスの泳ぎが観れるなんて……

え、いいのかな、いいのかな!? 反則と言えば反則だし、嬉しいと言えば嬉しいような。映画の象徴的存在なのに、今からこんなに見せちゃっていいのか。

ていうか「あの」ザンダクロスが、プールサイドで屈伸運動している映像なんてネタ…凄いものを、DVDやソフトには一切収録されない、再放送もされない、一回限りのコーナーで放送しちゃうなんて!!
これは見逃せないなあという一方で、ガンガン映画ネタバレをされそうでもあって、どうしたものか。


 ◇


次回は10月29日「子犬イチの国 キボウ編」

大長編とか中編で出会う「異世界描写」が大好きなので、イチの国の設定や描かれ方が楽しみです。のび太たちの勝手な?理屈や自身の感情に、どうけりをつけるのかにも注目&期待。


キボウ編 全文感想記事へ
キボウ編 分割感想記事へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
分割版・ドラえもん10年10月22日感想(子犬イチの国〜キズナ編〜)2/2  今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる