今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん10年12月3日放送感想その2(上げ下げくりであとまわし)

<<   作成日時 : 2010/12/11 05:50   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 3

嫌なことはくり下げ、楽しいことはくり上げ!
それって結局あとが辛いだけじゃないの? 
と、思いきや、大いなるウラ技が……


※12月3日放送の一本目
恐怖のジャイ子カレー」感想からの続きです。


上げ下げくりであとまわし 
 →てんコミ43巻「上げ下げくり」


吹きこんだ事柄を
指定時間だけ繰り上げたり繰り下げたりできる道具のおはなし。
「くり下げ」だけに栗を模したデザインがいかしてます。


以下あらすじを追いつつツッコミなど。


・「ついつい遊んじゃって……」(のび太)

「今度宿題忘れたら絶対に許さん! 絶対にな!」と
どこかで聞いたような強調をしてまで
先生に念を押されていたにも関わらず、
宿題をせずに朝を迎えてしまったのび太さん。

その原因はというと……

ああ、仕方ないですねこれは。

マンガ! ゲーム! テレビにおせんべい(海苔付き)!!

これぞ人を堕落させる四大兵器!!
この誘惑に勝てる者があろうか、いや居まい!
少なくとも私は無理!!

……のび太の行動は確かにまずいものではあったのですが、
誰しもが持っているダメさを体現した
キャラクターなんだろうなとも思います。
だからこそ、共感できるし、魅力に惹かれるわけで。


・「え〜では宿題を……」(先生)

『は〜いできてま〜す!』(クラス一同)
「…集めるのは明日にします」(先生)
『えー! せっかくやってきたのに!』(クラス一同)

……よく訓練された児童のみなさんデスネ。
ノートを掲げるのが右手か左手かの違いはあれど、
一言一句違うことなく嘆きが揃うことに感動を覚えます。

先生の目が微妙に死んでいるのがまた良い。
道具の影響下にあるときって意識どうなっているんでしょう?
「今日は太陽がとってもまぶしいから…明日にしよう」とか
本人にもよくわからない理屈に引っ張られている、のかも。


・集中せん集中線

「今日こそは宿題を!」と走って帰宅するのび太に
マンガで言う集中線のようなものが描かれていました。
その他にも騒いでいるときの「わいわい棒」(仮)や
手足バタバタ多重や「ぐるぐる足」など、アニメというよりは
(古い)マンガのような表現が目立ちます。
動きを省略してテンポを生み出す上ではアリかもしれませんが……
できればもうちょっとちゃんと「アニメ」してほしかったなあ。


・栗返さずに繰り返す

道具を片付けずに出しっぱなしというのは
もはやドラ界のお約束。
そうしないとおはなしが進まないのだから仕方がない。

それにしてものび太の陥落早いですね!
「宿題、しゅっくだい〜」から「んっふっふっふ〜」まで
その間わずか4秒!
昼寝、射撃、あやとりに負けじと劣らぬ速さを誇ります。
目じりが下がるのがまた
なんともイヤらしい感じが出ておりました。


・ブラック無糖

「明日はなにがなんでも宿題を出させられるぞ〜」と
のび太以上にイヤんな目つきでニヤつくブラックドラちゃん。
甘やかさないのも必要ではあるのですが、
ワンダフルを思い出しちゃうとねえ……

話の先が読めるなら、なぜ栗を置きっぱなしにしたし。


・嗚呼、バラ色の人生!

栗を持ってバラ園を軽やかに跳ねるのび太。
大原さんの演技が素晴らしく
普段の3倍増しくらいに好青年ヴォイスになっております。
映画「結婚前夜」の小原さんのように、
いまの大原さんなら大人のび太を演じても違和感ないかも。

そんなイケメン?ヴォイスで
「いやなことはどんどん先延ばしにしちゃおうっと」
とダメダメ発言をするからこそ、
余計耳に痛く感じられるのでしょうね。


・「廊下の足あと拭いといたのになあ」(しずか)

ばつが悪そうに頭をかくしずかが大変可愛くて、実にけしからん!
のび太が源家を訪れた時雑巾がけをしていたのは
このためだったですね。
ボールと犬の取り消し前にもかかわらず、
既に条件が整えられていたのは興味深いです。
作動する前に、あらかじめ予想される状況を引き寄せておくのでしょうか。
真面目に考えると反作用が怖そうな道具でもあります。


・「はっはっはっは今日は気持ちいいなあ!」(先生)

すぐ後ろの自分の家から湧き立つ悲鳴は聞こえないらしい……

先生の自室に寄せ書きや表彰状が飾ってあるのが
悲劇(約一名)の最中にあって、さりげなく作品に奥行きを加えています。


・宇宙戦士ジュゲム

今気付いたんだけど、これってひょっとしてガンダムのパロディー?
「戦士」と「ム」しか合ってないけど……

「来週の『ドラえもん』をくり上げ!」とか一瞬考えましたが、
先の楽しみが無くなるし、
なにより「あっ、ちがう!!」になったりしたら
ガクブルなんでやめとく。(笑えないネタすみません)


・悪のび >>> 黒ドラ

それみろそれみろと言わんばかりにムフフと微笑むドラに対し、
のび太が取った行動は……「明日が来るのを一日くり下げ!」

なんということでしょう。
アフターが来ないでビフォーのまま!
「くり下げ」「くり上げ」の道具で
一回きりとはいえ、ループに持ち込むというその発想に
ただただ脱帽です。あの安雄氏も脱…ぐかどうかは不明。
でもすごい。



ということで、「のび太はきっと泣きをみるに違いない!」
と期待させておいて(ドラ含め)、
「ぎゃふん」とうなりたくなるような大逆転オチ。
いい意味で一本目の「ジャイ子カレー」と対照的かもしれません。

もちろん原作を知っていればわかっている展開ではあるのですが、
それでものび太の(ずる)賢さには改めて驚かされるおはなしでしたー


 ◇


この週は「ピッポとザンダクロスのロボットクイズ」は無し。

代わりに
「夏休み限定! ドラえもん クレヨンしんちゃん アニメ祭り」
の当選発表があり、
栃木県の幼稚園をドラえもんが訪れた様子が映されました。

子どもたちに囲まれ、巨大ドラ焼きをプレゼントされ、
「夢をかなえてドラえもん」を合唱する光景に、胸が熱くなります。

この幼稚園は来年で閉園とのこと。
この場所でのドラとの思い出が、子どもたちにとって
いつまでも輝く夢のひとつになることを願います……


 ◇


次回は12月10日って……もう終わっておりますが、
のび太のだいこん大決戦」。

原作にある話を使いつつも、
いい感じに悪夢のダイコンワールドになりそうで期待…これから観ます。

ダイコンというからには、あの方が登場するんでしょうか!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
「上げ下げくり」って、結構怖い道具ですよね〜例えば[○○さんが大ケガするのを明日まで繰り下げ]なんて言ったら…デスノートと同じ使い方に………あぁ恐ろしやぁ……逆に[△△さんが死んでしまうのを10年繰り下げ]と言うと、事故で瀕死状態の人でも急に容態がよくなって、少なくとも10年は絶対に死なないので、その間に思い出を作ることもできますし……使い方が考えさせられるひみつ道具ですね…(「アベコンベ」や「ヤメラレン」みなく)
りっくん
2010/12/11 18:47
↑すいません。[みなく]じゃなくて[みたく]です。あと[○○さんが…繰り下げ]は[繰り上げ]でした。
りっくん
2010/12/11 18:49
「ウェブリブログ」には投稿者自身でコメントを修正する機能がなく、ご迷惑をお掛けしておりまして申し訳ありません。補足ありがとうございます。

上げ下げくりの使い方…人の生死に適用できるのかということは考えたことがありませんでした! 
それは極端な例としても、もっといろいろなものを繰り上げたり繰り下げてみても面白かったかもしれませんね。この話はわりと「原作どおり」過ぎて淡々としていた印象もあったのですが、それも要因だった気がしてきました。「アベコンベ」の時は原作以上にいろいろなものをあべこべにして物語を広げていたので、この方向のアレンジも観てみたかったです。
春巻き
2010/12/11 22:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん10年12月3日放送感想その2(上げ下げくりであとまわし) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる