今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん「のび太のペットは紙の犬!?」感想おまけ

<<   作成日時 : 2011/01/22 23:52   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011年1月21日に放送された
「のび太のペットは紙の犬!?」の感想の
追加分のようなものを。


本編感想はこちら
ドラえもん11年1月21日放送感想(のび太のペットは紙の犬!?)

本記事の方が
壮大なのび太語りっぽくなってしまったので、
流れ上削ってしまったものを救済してみようかと思います。
いわば没版なのでダブる記述もありますが、
ご容赦頂ければ幸いです。

全体的なバランスを考えて、
それでいて要点は押さえたような感想を
書けるようになりたいのですが……
少しずつ精進していきたいです。

以下、話の流れに沿ってひとことずつ。

 ◇

・今回でペット却下100回目!
前々からこのときのドラえもんは
屈指のヒドさだと思ってます。
この日のためにクラッカーと
目のスロット機能を用意していたのか。

・キュッとペットペンの線がつながった瞬間、
「生まれる」生命。

・パパが動物の写真を持ってるだろうというのは、
やはり絵を描くからかな。

・「『ワン』って吠えてごらん」
→「ワニ!」→「そうか名前はワニーだ!」
常人の感覚ではえええーとガッカリするところだが、
当然のように受け入れて可愛がるのび太。さすがだ……
ピー助、イチetc…のび太の名づけセンスは独特だが、
どれも印象的で瑞々しい出会い。

・「え? 絵のイヌ? ええ?」
というママのセリフ、シャレにもなってるのかな。

・脚本は藤本信行さん、
イヌもの創造ものとはいえ、さすがに大野木さんじゃなかったか。
それでもチューケンパーやイチを思いだす要素もあり、
逆に違いが出ている部分もあり、興味深い。
のび太のイメージに関しては
スタッフにかわりなくブレがないのが嬉しい。

・ペットは飼い主に似る
じゃあ、冒頭でマンガ読んで笑ってた子守ロボットは……

・紙だから狭い隙間に隠れられるワニー
紙ということを強調しつつ、なるほどなあ。

・ダメ犬ならではの共感?
ルリィに対して
「ドジでダメなやつの気持ちはぼくが一番知っているのに」
と語っていたのを思いだす。
飼い犬と飼い主の関係はまたちょっと違うけれども、
自分に似ている、だからこそ、なんだろうね。

・ひもをクリップで留めて散歩という画が
シュールで面白い。

・掲示板にワニーを貼ったお姉さん可愛い。

・掲示板の他の貼り紙が
「火の元注意」、「折り紙教室」と紙関連、
「里親募集」とペットがらみなのが細かい。
バザーは関係ないけど。

・ジャイスネの正しく悪ガキな感じが素晴らしい。
紙を本気でぶん殴るジャイアン……
ちびた赤鉛筆を持ち歩いているスネ夫、競馬でもやるのか。

・落書きされたワニーを丸めて文房具屋へ。
自分が恥ずかしいというより、
ワニーのために隠してあげている感じかな。

・消しゴムできれいにしてあげるのび太。
普通のイヌのように身体を洗ってあげることはできないし、
ブラッシングもできない。
けれども絵だからこそこういうことができるという……
よく思いついたなあ、すごい!!

・ムクVSワニー
紙が勝つための戦法。
巻きついて視界を奪って自滅させる、というのを
映像的に違和感なく表現するのは難しそうだけど見事!

・夕日とのび太とワニー
美しい……この一枚絵欲しい。
一日楽しく過ごして、「一緒に帰れる」んだよね。
紙のペットだから飼えるんだもの。

・ザンダのび太
このアイキャッチどこかに収録しないかなあ

・ワニーのご飯をスケブに描くのび太。
うーん、普通の紙でも良いのかな。

・「だから動物を飼うのは〜」(ママ)
「無駄吠えしないようにしつけなきゃな」(パパ)
紙だし、見方によっては不気味だけれども、
普通に動物として扱っているパパママ。
「ふしぎな友だち」とパパママの接点は少ないけど、
たまにあると新鮮でいい。

・泥棒を止めたのに、わかってもらえないワニー
外にいるうちはシラをきれるからなあ。
残酷な誤解に胸が痛くなる。

・のび太の寝顔……殺人的にヤバい。
まつ毛って描かれたことがあったかな?
枕の涙が……ワニーが拭ったあと微笑むのが……

・ちゃんと本来の仕事をしている警察官。
先週が課長で今回が彼とは! 優遇ぶりが面白い。
声優さんは固定してないのが残念。
次はクラスメイトか政治家か未来デパートの店員か?

・雨に濡れながら飛ぶドラえもん
タケコプターを雨の中で使う描写はたまにあるけれど、
ここまではっきり表現するのは珍しいかも。
たぶん必死さを表すのだろうが、撥水加工かと思ってた。

・だんだん弱くなっていくワニーの声と
滲んでいく描線。
このじわじわとぼやける効果が本当にリアルで見事で、
ゆえに見ている側も移入してしまって……
助けることはできなかったけど、
ドラが来るまでの時間を稼ぐことはできたのかな。

・水没するのび太とワニー
人魚伝説」のときもそうだったけど、
本気で水没させるから心臓に悪い。
のび太を引き上げたドラの険しい表情、
涙を浮かべた目も良い。
ドラの存在が空気になっていない、見守る存在。

・キミのなかののび太を流すのはあざとい。
でも巧い。
この紙で再びワニーを描いても、
そう遠くないうちにまた……
意味があるのかなって感じだけれど、
それを分かってて選んだだろうのび太。
うーん……いろいろ考えさせられる。


総評
・のび太をちゃんとプロデュースしている話は
やっぱり面白いね
・紙のイヌということを強調しつつ、
それでも変わらないものを描くのが素晴らしい
・原作にある要素をちゃんと使って、
それでこんなに解釈を広げられるとは!
・のび太の寝顔最強


 ◇

次週「のび太の町が雪山に」に続きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ハハハ大儲けだよと言ってましたね、スネちゃま。 なるほど、短い赤エンピツをなぜ持ってるの?と思ってましたが競馬でしたか。
とら
2011/01/23 12:06
こんにちは。
短い赤鉛筆=競馬というマンガ的イメージだったのですが、今はマークシートなので使う方は少ないそうです…
でもスネ夫が競馬をやっていたら面白いですよね。関さんのアドリブなのかなと妄想しています。
春巻き
2011/01/23 12:34

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん「のび太のペットは紙の犬!?」感想おまけ 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる