今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん11年2月4日放送感想(ジャイアンの家を大改造&のび太になるシール!?)

<<   作成日時 : 2011/02/05 17:23   >>

面白い ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 7

野比家・骨川家・源家の劇的改造に匠が腕を振るう! 
なんということでしょう、ジャイアンの大工修行、
そして剛田商店のリフォームの行方は!?  
子守りロボット改め郵便ポストとして
第二の人生を歩みはじめたドラえもんを描く
爆笑のドキュメンタリー&逃亡犯のび太を追え! 
いやあ、素晴らしい2時間スペシャルでしたね。 
え?この濃さで30分? またまた、ご冗談ばっかり!


いや結構本気でそう思いますよ。
ぶっ飛びつつもちょっとイイ話な一本目、
原作の壊れ具合を
さらにリミッター振り切って突き抜けた二本目、
そして全てをさらって行った福山雅秋(代表曲:桜もち)。
もう何がおかしいって全てがおかしい!

あえてこの言葉を使おう。
馬鹿だ、馬鹿が居やがる!!
そう、「ドラえもん」という作品が好きでたまらなくて、
全力ノリノリで盛り上げてやろうというスタッフと、
そうして作られた作品から伝わる愛を感じつつ、
机をバンバン叩いて笑っている私(たち)視聴者、
そんな素晴らしいドラえもん馬鹿が居る!!

ということで二本立てサイコー!
以下本編感想へ。


ジャイアンの家を大改造
 →アニメオリジナル


<あらすじ>
剛田商店の商品棚が壊れ、
店の古さを改めて感じたジャイアンは
リフォームをしてなんとか店を存続させたいと考えた。
ドラは「職人ロボット」と大工のカードを出し、
「大工の辰っつあん」を起動させる。
野比家の驚異の高層建築化を
目の当たりにしたジャイアンは、
剛田商店のリフォームを依頼すべく、
辰っつあんに弟子入りを果たした。
だが、骨川家、続いて源家の改造を真剣に、
全力で手伝ったジャイアンは疲労から倒れてしまった。
目を覚ましたジャイアン。
そんな姿を見た辰っつあんは
剛田商店のリフォームを承諾した。
しかし、店の様子を見た辰っつあんは
意外な言葉を口にする……


手段の目的化が激しいというか、
「もはやリフォームじゃねぇぇぇぇぇぇ!」
であり、かつ
「辰っつあん、凄ぇぇぇぇぇぇっ!」
そして
「ジャイアン男だぜ! かっけぇぇぇぇっ!!!」
だったお話。

無茶苦茶すぎてツッコミがキリないのですが、
それも狙い通りであり、
大工に弟子入りしたジャイアンと
その男気を描きたいのだ!という意気込みが
ビシビシと伝わって来ました。

普段は乱暴で自分中心主義だけど、
本当に大切なもの、尊敬するものには
どこまでも本気で向き合う男、剛田武!!
剛田商店はきみのその熱い魂さえあれば、
この先もずっと安泰だろう!!

と綺麗にまとめてみたところで、
その他の場面についてもひとことずつ。


・剛田商店のコンビニ化

現実的過ぎて嫌だあああ。
画一化された商品とサービスは似合わない!


・勉強べやでステーキを焼く居候ロボット

その肉はどうした! やりたい放題だなあ。
のび太の部屋で厚切り肉を焼く光景!
なんですかねこのクラクラするような途轍もないシュールさは。
しかもドラ焼きステーキではなく肉だとか……
脈絡のなさ過ぎが素敵!


・職人ロボット・大工の辰っつあん!

演じるは2代目コロ助でお馴染みの杉山佳寿子さん。
初代チャミーでもありますよ。爆弾男のイメージも強いけど。
とにもかくにもナイスキャスティング!
大きさといい、豆コロっぽくもあって、
妙に懐かしくホッとします。
べらんめえ口調を、迫力を保ったまま柔らかく、
淀みなく繰り出す演技もさすが。
ロボットとしては口元が動かないし、
表情も定型的でしたが、
その演技で職人気質を表現しきっていました。


・未来タワー型30階建て住宅でぃ!

2階建てが30階建てとか…既にリフォームの次元じゃないし!
まさに劇的なビフォーとアフター!
野比家の面影が微塵もナッシング!
切って切ってクギ打ってるけど木造には見えないよねえ。
職人気質のわりに、超近代的な仕上がり。
これが22世紀の工法なんでしょうか。
なぜ30階かというのは原作で野比家を三十階にしたことが
あるからだろうなあ。
途中の階はどうなってるのでしょう。
四次元たてましブロックの悲劇を繰り返さないためにも
トイレはたくさん必要になるはず。


・メタリック仕上げの押入れ

いやだからこれ「押入れ」じゃないし!
ただの金属質な小部屋だし!
ドラはロボットだけどあのベッドは固そうだなあ。
未来の世界のネコ型ロボットが、
古きよき純和風こたつで丸まっていたり、
おふとんかぶってくーかくーか眠ってるのが良いのだよ。
壁にドラ焼きのブロンズ絵(レリーフ?)があるのは
匠の心遣いというやつか。


・本棚の中身
ねこの図鑑
クイズの本/なぞなぞの本
上級あやとり
ドラ焼き大百科/ドラ焼き図鑑
P-マン/ライオン仮面
ゴロゴロ
世界のこわい話/ふしぎな話/おもしろい話

のびドラで共用しているんだなって感じが伝わってきます。
というかこんな一瞬にまでネタを仕込みすぎ。


・ジャイアンの土下座
斜め下から見上げるカット、
垂れ下がった前髪に感動。


・骨川家にベネチアの運河が出現!

ジャイアンの
「オレたちこんなの造ってたんだ…」
に笑わされました。いや全くだねえ。
運河造るのに木材とクギ要るのかしら。早過ぎるし。
ひょっとしてこれが「21エモン」の3分間工法?


・母ちゃん(としずか)のためならエンヤコラ

100個もの岩を掘り出し、運ぶジャイアン。
猫車や岩の描き込みがやたら細かく、確かに重そう。
ゆえにジャイアンの本気の想いも伝わってくるのであります。
つるはしを担いだまま意識を失う様に
真の男を見た気がします。カッコいい!


・「お風呂で温まろうっと!」(しずか)

今年に入ってからの風呂率高くないですかー(のび助含む)
じつにまずいもっと出せ。
湯煙の向こうから近づいて来るしずかの画が良いですね。
自宅でタオル装備ですけど。


・「こんないい仕事は22世紀だってお目にかかれねえぜ」

ふと、この「親方」が22世紀のロボット(おそらく教育用)
だということを思いだすセリフ。
建築に関しては「昔の職人は良い仕事を…」的な
単純なイメージを持ちがちですが、
未来である「22世紀だって」の部分に意外さを感じました。
自分たちの時代の建築への自負もある…のかな。


・この商店街の持つ温かさ

うんうん、おもちゃ屋とか八百屋とか本屋とか…福引きも。
確かゲーム屋もあったしスーパーも後編で出てくるけど、
ちゃんと人が暮らして居る商店街って感じがするんだよね。
うちの近所が結構寂しい感じなので羨ましいです。
で、野比家の「未来タワー型30階建て」は
周囲の景観と雰囲気をぶち壊してなかったんだろうか。
「野比さんところ」なら
今さら何やっても驚かれないかもしれないけど!


・「親方ー!ありがとうございましたー!」と
手を振るジャイアン


その横でぺこりと頭を下げる母ちゃんが細かくも良い感じ。
ドラの背中に乗った辰っつあんがデレて
「大人をからかうんじゃねえ」と迷言。
お・と・な……???


と、いうことで、
驚異の22世紀建築術?にひっくり返りつつも、
建物は、そこに暮らす人と町ありきだということは
変わらないということを描いた一編でした。

 ◇

<アイキャッチ「映画まで4週間」>
いやいやいやいやしずかの目線おかしいから!
持った瞬間に判るから!
割ったらひよこの出てくる卵って…ホビロンかい!
ピッポの出番ココだけという素晴らしさよ。

 ◇

のび太になるシール!?
 →プラス1巻ほか「代用シール」

モノや人の名前を書いて貼ると
その代わりをしてくれるというシールの話。

原作にもそこはかとなく狂気が漂っていましたが……
いや〜想像以上にさらにキていましたね。
狂気よりも鬼畜の方面に寄っていた感じですが。
のび太ひっどいなあ……これは見事な悪ガキぶり!
ただ、いたずらの各種が面白くて面白くてしょうがない、
というのは全くもって同意です。
大人になるとなかなかできることじゃないしね。
それが許されるだけの信頼関係ということの
表れでもあるでしょうか。

それにしてもヒドイいたずらだけど、
本人には気の毒だけど、
視聴者的にはシュールでおバカっぽくて良し!

ということでのび太さんの悪行について
以下語っていきます。


・借りたマンガを失くして電話帳を押し付ける

これはドラの仕業ですがよく考えたらひどい。
借りた本は失くしちゃだめだよー
藤子本は再版だとセリフが……アハハハハハハ。
いや別に大丈夫ですが。
ともあれ、「バローページ」がじわじわ来ます。
「バーロー」じゃないよ「バロー」だよ!
今週はスネママ出ないよ!


・「ずいぶん安い点ね」(ママ)

ママに渡すテストを激安チラシで誤魔化すのび太。
原作を読んだ時に噴き出したセリフですが、
三石さんの演技が加わると意味不明さ倍増!!
「この問題ちょっとお買い得かしら?」って
どんな問題だよ!!
チラシに「ドラやき100円」とあるので、
ドラはこのチラシを見てドラ焼きを買ってきたのかも。
部屋に落ちている理由も自然ですね。
特売日はいつも気にしてる未来の世界のロボット……


・サンダル?いいえカナヅチです

サンダルで釘を打たされるためだけ
登場させられたパパ。
脇をしめて腕を振ってもこれは難しいよ!
流れるように道具被害要員2号ことママが登場し、
パパの大きな靴で外出を余儀なくされることに……
これぞ「ドラえもん」における
パパとママの正しい使い道! うむ。


・ドラえもんにのって

三輪車にされたドラえもん……
ご近所のちびっ子に乗車されますが、
その短い足でずりずり這い進むだけという画が
奇妙奇天烈すぎます。
本人は三輪車になりきって、お子さまも疑いなし。
と、なるとツッコミ不在のカオス空間の出来上がり!
作品内では代用が「了承」されてしまっているので、
その異様さにリアクションが取れるのが
視聴者だけ、というこの話ならではの構造も面白いです。


・電話帳の音読

もうどこからツッコんだら良いものか。
数字の羅列を読み上げて楽しめるのは
某ゴンスケさんくらいなものですね。
こっそり「鈴木伸一」さんとか居ないか探したアナタは心の友。
いや、だって、やり兼ねないのがこのアニメだし。

初めて読むジャイアン
→「マンガ」という認識だが「つまらない」と判断。
 そこに書かれているのが数字だということは理解。
所有者であり既読のスネ夫
→「面白いマンガ」という以前の認識が持続、
 表紙や版型は気にしないらしい。
 改めて開いて読んだら違和感を感じるのかどうか。
こういう点についても興味深いですね。


・青い丸タヌキ型ポスト(2112年製)
子守ロボットから転身し、新たな道を歩みはじめた……
って、口いっぱいに郵便物を頬張って、
直立不動で彼方をみつめるドラ
の画が最高。
もはや目眩すら覚えてきます。さすがデカ口。


・赤信号でアイドリング

怒り顔でわっせわっせと足踏みする4人が素晴らしい。
「がんばれ!ジャイアン!!」を思いだします。
あれは渡辺監督による演出だとは思いますが、
脚本が同じ藤本信行さんなので、一応つながりが。

タケコプターやとりよせバッグで捕まえるなんて無粋!
自らの足で追い詰め、恐怖を味あわせ、
ギッタギタにして度重なる恨みを晴らすべし!


・どらやき、お金、ゆびわ、ぶたまん

……「やきいも」とか「福山雅秋」を
混ぜたらどうなるんだろう。
ジャイアンなら「カツどん」でも釣れそうですね。
シール剥がれすぎだろって気もしますが、
悪用防止かつ玩具的なのでこんなものだろうなあ。
しかしオチは……


・みんなで徹底的に懲らしめよう!

しずかまでポストに向かって飛びかかっていくのに爆笑。
そのあと息が荒いことを考えるとやっぱり鉄拳制裁?
ちっちゃなレディではありますが、
やるときはやる方でいらっしゃいますしね。赤ちゃんつくる話とか。
本人がその場に居てもスルーされるということは
戦闘でも応用が利きそうです。身代わりの杖的な。
お仕置きタイムが案外あっさりと終わってしまいましたが、
ポストをぶん殴って「いってぇ!」みたいなやりとりも
あったのでしょうか。


・「さあ、うちへ帰ろう」(ドラ)

怒り心頭の声音から、可愛く優しい声で。
水田さんの演技も素敵です。
この優しい声でポストに語りかけるのだから、
なんだこのシュールさを突き抜けていっそせつない感じは!
いまから次回の「ドラえもんだらけ」が楽しみでなりません。


・「のび太ならもう帰ってますよ」(ママ)

因果応報とは言えこれは怖い。
家族が食卓を囲み、
晩ごはんのトンカツがやたら旨そうで、
パパママドラが本気で心配をしている光景……
そこに座って居るのがポストでさえなければ!!
ドラが「のび太くん? 動けないの?
しょうがないなあ……」などと言いながら
おんぶしてきたのかと想像すると萌えます。
あれだけひどい目に遭っても、
「重いなあ」とか文句を言いながらでも、
ちゃんと一緒に帰ってきたのでしょうね。
こんな親友を三輪車にするなんて!
おかげで面白いもの見れ…じゃなかった、
のび太は深く反省するように!!


と、いうことで
「うわダメだこののび太早く何とかしないと!」
という暴走のび太全開で、
騙される人々とシュールな画面を描ききったお話でした。

 ◇

<緊急ドラドラニュース!>

次回「鏡の中の世界」に
しずかちゃんの憧れのスター「福山雅秋」が登場!とのこと。
「…誰?」という方は
昨年放送の「ほんもの3Dテレビ」をご参照ください。
しずかがテレビ画面から
突然引っ張り出してしまったにもかかわらず、
快くサインに応じてくれためちゃくちゃ良い人。

「モデルの『福山雅治』さんが声を当てる」
ということの方が「ニュース」なのかもしれませんけど、
個人的にはパロディネタからはじまって、
一回転して戻って来てまたそれをネタにして……
みたいなノリが感じられます。

「芸能人が登場・本人が声優に挑戦!」というのは
微妙な記憶しか無いのですが、
今回は「ネタに本人を巻き込んだ」という感じで
ありかなあと。
映画の出演シーンが「無理に差し込んだ」的になっていたら
残念ですが、少なくとも次週放送は大丈夫…かな?

単発ちょい役の「部長」が準レギュラー化したり、
「三田おもちゃ店」の設定が生きてたりするアニメですから、
架空スター「福山雅秋」が再登場するくらい余裕ですね!
代表曲が「桜もち」で、
「紅白まんじゅう歌合戦」にも出場したとかいう設定を
ここぞとばかりに追加するノリが個人的にツボに入りました。

西洋時代劇「ローマ伝」に出演って……
このネタのためだけに絵を描きおろしたのか!
しかも「しゅみは温泉とカメラ」と言いつつ、
「温泉カメラ」の映像が……いいのか?これ?
あくまで「福山雅秋」だから無問題ですね。
逆にここまで設定を仕込んだなら、
声がいつの間にか梁田清之さんに戻っても良いですから(?)、
たまにネタ的に登場して欲しい気がします。

ジョニー船長の時とはスタッフの温度も違いそう。

あ、映画「新鉄人」公式サイト内に
福山雅秋の公式サイトもできるそうです。

 ◇

次回は2月11日。
「ドラえもん三大祭!ドドーンと!映画3時間スペシャル」
として、
「ドラえもんだらけ」(リメイク)
「鏡の中の世界」
そして映画「のび太の人魚大海戦」
のテレビ放送を予定。

「ドラえもんだらけ」は
2005年に放送したもののリメイクということで、
どんなふうに味わいを変えてくるか、
6年を経ての水田さんの演技など期待大です。
あえてこの作品に今挑む決意と成果を
全力で受け止め、楽しめたら良いなと。

「鏡の中の世界」は「新鉄人兵団」にもつながるであろう
重要なお話。
スピンオフが放送されるかは不明ですが、
今年はテレビ版と映画が
「両方見ているともっと楽しい」という感じに
続いた雰囲気になるといいなと願います。
みんなで見よう、アニメ「ドラえもん!」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2011年 2月 4日 ドラえもん感想
「ジャイアンの家を大改造」 ...続きを見る
京大藤子F不二雄同好会のブログ
2011/02/08 01:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
今回は確かにぶっ飛んだ話でしたね。「職人ロボット」に関しては、とにかく展開が速くてついていくのがやっとでした!ジャイアンは普段からこういう人だったらまわりから好かれるんですけどね〜…なんだかんだいっても、ジャイアンは母ちゃん(&店)を大切にしているんですね。「代用シール」は、最初だけは[ドラえもん]がシールを貼ったのに、[のび太]もシールを貼った電話帳と認識していたんですね。あれも少し不思議です。どことなく「なりきりプレート」や「無生物催眠メガホン」を思いだしますけど……使い方を考えれば、自分の服に[とうめいマント]や[ひらりマント]と書いて貼れば、一応他の人からは認識できなくなったり、自分からぶっ飛んでくれるようになるのでしょうか?
来週のドラえもんスペシャルが楽しみです!特に[ドラえもんだらけ]が!さらに上達した水田さんの演技ときれいなCGに期待です!
りっくん
2011/02/05 21:24
こんにちは。
同じく、ドラえもん馬鹿のクリスです(笑)。
やっぱり二本立てはおもしろいですね。前半・後半のお話の相互関係ですとか、同じネタが続いていたりと見ていてとても楽しむことができます。
 最初の辰っあんの話は見ていてどうもキテレツ大百科のような雰囲気がするのはどうしてだろう?と、首を傾けていたのですが、そうですそうですコロ助です。そういえば、春巻きさんが前回の感想記事が仰しゃっていた二代目同士の共演というのはドラえもんとコロ助のことだったんですね。勉強不足でお恥ずかしい限りです。
 あと、ドラえもんの内部構造を少しだけ垣間見ることができたりと、ネタも豊富でおもしろかったです。
 「代用シール」の話も原作の爆笑ネタ(私も”安い点”には笑わされました。)を上手く演出しつつ、のび太の暴走っプリを派手にして、これぞ因果応報という風に仕立ててくれていて良かったです。やっぱりドラえもんはこうでなくっちゃ!
 まさかの福山雅”秋”(ほぼ?)本人役で再登場!!
私も映画ではどのような形で登場するかが気にかかるところですが、今のドラえもんならきっとおもしろくやってくれると信じたいと思います。
 またコメントが長くなってしまいました。でも、ドラえもんのことはいくら語っても語りきれませんよね(笑)。

クリス
2011/02/05 22:19
コメントありがとうございます!

>りっくん様
>>[のび太]もシールを貼った電話帳と認識していたんですね
おお〜これは気づきませんでしたが確かに!
電話帳を持ってきた本人だからとか、目の前で経緯を見ていたからとか理由はいくつか考えられますが、逆に考えると「代用」の効果は意外と弱いものなのかなという気もしてきます。「はがれる」心配がない分、場合によっては「無生物さいみんメガホン」の方が使い勝手が良いかもしれませんね。

>クリス様
すみません。前回述べた「二代目と四代目の共演」というのは、「ジャイアンの予告が孫悟空風だった」→「野沢雅子さんが出てくれたら、ドラえもん声優二代目と四代目が共演することになるね」という妄想でした。
今回の杉山さんも「コロ助の二代目」と「ドラえもんの四代目」なのでやっぱり二代目と四代目なのですが…… 同じ藤子F作品でおなじみの方が出演してくださったということで、とっても懐かしく楽しい気分になりました。

辰っつあんからポスト、雅秋氏までツッコミどころや笑えるネタがたくさんあってとても充実した回でした。
次回のスペシャルも楽しみですね!
春巻き
2011/02/05 22:54

こんにちはー、今回のドラえもんもなかなか面白かったですね、やはりあれは2代めコロ助だったんですね懐かしい声だなとは思ってたんだけど。
個人的にあのステーキはツボ、どうしたんでしょうかね?美味しそうだった。
のび太の大暴走は、ホワイトのび太のあとにだいたいやってくる気がします(のびロボとか世界を塗り替えるやつとか)因みにわたしはこれらをレッド(ノーマル)ホワイト(いい子)、ブラック(暴走)、イエロ(真面目)ーモードと呼んでますよ。
ブラックモードののび太はイキイキしてて楽しいですよね(^^)
ポストが座ってるシーンはリアルで見たら何かのコントですよコント。

また勉強させていただきました。
更新楽しみにしています。

長文失礼しました
高山洋子
2011/02/06 08:37
こんにちは。
ステーキは職人が焼いているだけあって美味しそうでしたね。肉をどうやって調達したかが謎です。
レッド・ホワイト・ブラック・イエローなのび太ですか。戦隊ものみたいですが、確かにそんな感じに分けられる気がします!!
いい子のあとには暴走がやってくるというのは、なんとなく感じていたので、バランスを考えて放送されていると嬉しいですね。
遅筆ではありますが、またのぞいて頂ければ幸いです。
春巻き
2011/02/06 11:22
こんにちは。今年は映画の宣伝が力が入っている気がします。(鉄人兵団だからかな?)。ザンダクロス劇場やピッポの絵描き歌の歌詞の後半の適当ぶり。もともとミクロスの声優の発表がないためもう一つサプライズがあると思っていたので福山雅治さんは、それほど驚きませんでした。しかし、ホームページの公式サイトが今まで以上にぶっ飛んでいたり(なんとか?の吐息)、2月中旬からの雅秋のナレーションの映画CM。仮に万が一にもありませんけど、映画が悪くても宇宙開拓史よりは評価はいい気はします。映画の作画スタッフのツイッターだと絵だけの段階でも泣けるらしい。2CHの話だと128分という大作。そして次ぎはミクロスの声優発表かな?ミクロスの声優発表はスルーで映画公開かもしれませんが気合いがとても伝わりました。
トラ
2011/02/06 23:37
こんばんは。
福山雅秋の公式サイト「秋色吐息」はまだ公開前ですが、こういうのを企画するあたり既に気合が入っているというかぶっ飛んでますね。
映画CMにも出演されるということで、大きな注目を集めそうです。
本編128分という噂も話題になっているようですね。それだけ切り捨てられない場面の連続ということだと嬉しいです。本当に公開が待ち遠しいですね。
春巻き
2011/02/07 23:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん11年2月4日放送感想(ジャイアンの家を大改造&のび太になるシール!?) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる