今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん11年2月18日放送感想(白亜紀へ家出)

<<   作成日時 : 2011/02/19 17:42   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 4

誕生日…それは一つ年をとるってことじゃないんだ!
一つ、大人になるってことさ! 
だからボクは家出する!? 
かくて、白亜紀へ家出したスネちゃまは、
ママの愛情に包まれることの素晴らしさを
改めて実感したのでありました。めでたしめでたし。


あれ……6行でレビューが終わってしまったぞ。

と、いうことで2月恒例のスネ夫誕生日回。
これまでの例に漏れず、
スネちゃまが散々な目に遭った挙句、
ちょっとイイ話になるのかと匂わせておいて、
やっぱりスネ夫らしいギャグで落とすという
安心・充実のおはなしでした。

あらすじはあの6行で十分なので省略(?)。
とにかく構成が見事で、
用意して置いたパーツをことごとく拾い上げ、
きっとこうなるんだろうなという期待を裏切らずに、
魅せて楽しませる回!

以下、どんな具合に楽しかったかをつらつらと。


白亜紀へ家出
 →アニメオリジナル


・だからボクは家出する!!

スネ夫が見ていたテレビ番組の中では、
骨川一族の遠縁っぽい外見の青年が
誕生日を控えて家出をする決意を熱く語っておりました。
マンガ・ゲーム・テレビ、ついでにネットなど含めて、
そんなぬるま湯の生活に浸っていると
立派な大人になれないんだ!という部分に関しては、
なんか耳が痛いというか、
ヒシヒシと思い当たる要素があるのですが…さておき。

だから家出する、というのは脈絡が不明で、
なんでそうなる!とツッコミたい気分にかられますが、
スネちゃまは見事に感化されたらしく、
「ヒューッ」と鼻息荒く荷造りに取りかかりました。
お前は野比さんところの某のび太か。


・お誕生日用お試しケーキ

スネ夫の誕生日は本日ではないようですが、
スネママは誕生日ケーキを試作までして準備しております。
自慢したくなるのもわかるような、良いお母さんですね。
これでケーキを持ったまま尻振って踊ったりしなければ、
なお素敵なのですが……
まあ、安藤敏彦さんが携わる場合のお約束ということで。

可愛いスネちゃまがくしゃみをした!
これは一大事!と、ケーキを放り出して駆けつけ
鼻をチーンとかませるスネママ。
これでは苦心のケーキもぐしゃぐしゃに…なることはなく、
母親の愛のなせる業か、華麗に着地をキメる苺ショート。
なんだか「のび太の出会いカタログ」の話を思いだしますね。
この世界のネコとネズミは人間並みの知能を持つようですが、
ケーキは形状記憶でもあるようです。
苺が「21エモン」のミリオネヤ星人的な、妙な合体をしておりますが。


・未来デパートは
そろそろしょっぴかれるべきだと思うんだ。


いや、新世界デパートよりはマシ…って、
架空生物製造機」の時も
「未来デパート」にされていたんですね。納得。

空想動物サファリパーク」の場合は
あくまで22世紀の施設内でしたが、
今回は実際の白亜紀……?
ドラが言うまでも無く、危険が予測される世界。
そんな時代に子どもだけで簡単に出かけられる道具を、
「お試し」で、無断で置いていくというのですから
恐ろしいというか凄まじいというか。
これはむしろ、「騒動起こしてね。期待してるよ
という意図ではないかと。
いいデータがとれそうです。


・カプセルの人工知能が無能?(文字通りの意味で)

「お試し白亜紀ツアーセット」のカプセルには
解説をしてくれるナビが付属。
しかしいきなり恐竜の小競り合いの現場に出現した挙句、
衝突して吹っ飛ばされている最中に
「ただいまのは、アンキロサウルス」と呑気なガイドが。
その後謝っていましたが、一歩間違えたら死ぬって……

本編にあまりからまなかったのは残念ですが、
しずかの「お願いっ、カプセルさ〜ん」の声に
「ええっ…」と動揺するカプセルさんが見所。
このロリ…なんでもない。
「お試し用」のツアーカプセルに
高度な(男性)人格を備えているのもたいがいですが、
自分の「お願いっ」が機械に通用すると思ってるしずかも、
相当に末恐ろしいものがあります。
かかずゆみボイスで言われて、
どれほどの人が平常心を保てるかというのもありますが。


・「ここは白亜紀だよ!」(ドラ)

珍しく本気のお怒りでスネ夫に詰め寄るドラえもん。
無理もありません。スネ夫自身の危険もさることながら、
この時代で不用意な行動をとれば
歴史を変えてしまうかもしれません?
哺乳類の先祖だって居るのです。
先祖が死ねば子孫は生まれない、
エリちゃんが生まれないと殿下はおよめさんが……
じゃなくて、
のび太が生まれなければセワシも生まれないのです!
ちなみにしずかは生まれなくても、
ジャイ子と結婚すればセワシは生まれるっぽいですけど。
ヒロイン涙目。(諸説ありますが)

本当はトイレも言語道断なのでしょうけどね。
チンプイの「危険!!タイムトラベル」の話を思い出しつつ、
作品による時間旅行の捉え方の違いも興味深く、ニヤリとします。


・「ジャイアンの恐竜2011」(企画倒れ)

恐竜の卵を発見したジャイアン。
「この卵をかえしてペットにでもするか」と、
少年の壮大な冒険物語が始まりそうなことを言いますが、
続くセリフが「それとも目玉焼きに…」なので、
ガタガタブルブル。

まず「友達」ではなくて「ペット」の時点で、
若干ズレ気味ではあるのですが、
よだれを垂らして食う気になっていることで完全アウト!
主人公への道は遠いようです。

それでも服の下に隠してオマージュを披露しつつ、
落とさないように交互に支えながら慌てる様も細かい。


・ピッポーなスネ夫とたずね人ステッキ

スネ夫が卵の殻を頭にのっけてるのは、
口の悪いひよこロボ(頭脳)さんのイメージですよね。
先述の「うまれたて映画」っぽくもありますけど。
そしてスネ夫捜索のために取り出したステッキは
映画に備えての登場かなあ。
話の面白さもさることながら、
一部のスキもない構成には拍手するばかり。

ドラたちを映さず、あえてセリフのみで展開する場面、
卵の内側(子ティラノ)から描く視界など、
見せ方にも変化があって飽きさせません。


・子連れ狼…改めゴリラ?

持ち去った卵はどうやら目玉焼きにされることもなく、
無事孵化したようです
最初は子ティラノの鳴き声に「ふんっ!」と
そっぽを向いていた剛田さんですが、
彼を慕い呼び続け、ひざの上に転がり落ちると、
頬を染めてまなじりを下げる。
これは見事なツン→デレですね!!

子ティラをどうやって連れ歩くのかという問題に、
ドラが出したマル秘アイテム。
剛田さんは「こんなのぜーったい使わねぇぞ!」と
叫びますが、
翌朝には乳母車を押す剛田さんの姿が……
今回のジャイアンはいちいち可愛いです。
しかしドラのポケットには本当になんでも入ってるんですね。
さすが未来の世界の子守りロボット…って
そうか「子守り道具」かっっ!?


・スネ夫奪還作戦

ティラノサウルスに子どもと間違えられたスネ夫。
「そんなことあるかい」って気もしますが、
本日は親子の愛情がテーマだから細かいことは良いのです。
ティラノと一緒にお昼寝という、
なかなか常人の胆力ではできないことを
やってのける骨川さんを
「ナゲー投げ縄」で確保にかかるドラ。

「ナゲー↑投げ縄」だと思っていたのですが、
ドラは「ナゲ↑ー↓投げ縄」(なげぇ、投げ縄)と
発音していました。うーん、そうだったのか?

ともあれ、投げ縄は失敗して
スピノサウルスに追い詰められたスネ夫。
そこへ駆けつけたティラノ……
そうです、我が子のためなら母は何をおいても!

スピノに齧られた母ティラノを助けるため、
飛んできたドラは「スネ夫! 騒げ!」と叫ぶ!
ここのドラの表情と言い回しが個人的お気に入りです。
乱暴な口調ではありますが、そこが良い。
その後「わーわーわわわー!」と騒ぐ様は
ちょっとマヌケっぽくもありますが、
涙を浮かべてスネ夫と抱き合っているドラがまた良く、
同じ目線で、スネ夫のことも本気で心配する
友達なんだなと感じられます。
のび恐2006の闘技場シーンっぽくもあるかも。


・母子の愛

スネ夫の「ママー!」の声に気力を取り戻した
母ティラノがスピノサウルスを撃退!
スネ夫の「ママー!」もこの作品のお約束なのですが、
その「お約束」をこんな風に活用できるとは。

次いでスネ夫を取り戻すために追ってくるティラノ。
先ほどまでドラたちが奮闘しておりましたが、
向こうにして見れば同じこと。
剛田さんは「じゃあ、渡しちまおうぜ!」と
素晴らしき友情を見せます。
ピー助は渡さなくてもスネ夫は渡してしまうようですね。

そして源さんが持ち手を離してしまったために、
坂道をまっしぐらに転がっていく乳母車と子ティラノ。
源さんもうっかりし過ぎだなあとは思いますが、
車輪アイテムは転がるために登場するのです。
なんでこんな面倒なモノを出すのかなあ、
おぶい紐でジャイアンがおんぶすれば良いじゃない、
とも考えたのですが、このためか!

子ティラノを見て母親の表情になるティラノ、
恐竜とはいえ、その瞳の変化の描写が素晴らしいものでした。

ティラノとの別れを惜しみつつも、
ママの愛情を思い出したスネ夫は
家出(だったのかこれ)を終えて現代へ帰ることに。
スネママに「チーン」と鼻をかんでもらって、
めでたしめでた…し?

結局、ほど良く振り出しに戻った感じの
いい脱力オチでした。
それでも、彼なりに心に積み重ねられるものは
あったのでしょうけれどね。


と、いうことで、
スネちゃまが大人の階段をのぼるために
一大決意をしたはいいが、
なぜかティラノサウルスの養子になったり、
みんなに迷惑をかけた挙句に
やっぱりママ大好き!なお話でした。

ティラノサウルスの母子愛と、
骨川親子のそれとが重ねてあるのも見事だと思います。
のび太をかばったりスネ夫を心配するドラも
良い意味で母親的で、印象に残りました。


 ◇

ピッポのえかきうた

今回はテレビ朝日のアナウンサー陣
「鉄人ドラアナ団男性チーム」が挑戦。

女性アナウンサーのときもそうでしたが、
大勢で同時に描くのは楽しいですね。

普通の男性がドラポケットTシャツを着ると、
胸のあたりに来てしまうので不思議な感じがします。
でも鈴の位置を考えたら上に無いと変だし……

つまり!
ドラは首の下がすぐ腹で足という体形が(略


 ◇

次回は2月25日、
「四角いドラえもん」と「ガキ大将に1票を!」
またぶっ飛び系のアニメオリジナルのようです。

四角いドラえもんはタイトルの時点で
ネタ臭ぷんぷん。
公式のあらすじを見る限り、
よりによってドラミさんが一枚噛んでいるようですね。
ビジュアル的違和感もさることながら、
性格の変化にも注目です。オチはどうするんだろう……

ガキ大将の方もアホっぽい感じがして期待大。
ジャイアンVSのび太だけでなく、
他の人がどう出るかも楽しみです。

とにかく二本ともアクセル全開な感じで必見!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2011/2/18 ドラえもん 感想
『白亜紀へ家出』 ...続きを見る
京大藤子・F・不二雄同好会のブログ
2011/02/23 00:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
僕は「ナゲ↑ー↓投げ縄」とずっと思っていたので、違和感はなかったですよ(^^)どっち派が多いんでしょうかねー?笑
イセルーマ
2011/02/23 00:10
こんにちは。
発音に関しては私の思い違いが多いので、自分の感覚は当てにならないかなあと思っています。
この場面ではドラが声を潜めつつも、それでも道具の名前は宣言するところも面白かったです。水田さんの演技が素晴らしいですね。
春巻き
2011/02/23 05:35
[未来世界の怪人]のときでも、[ナゲ↑ー↓投げ縄]と言っていました。だから多分同じかなぁ…と思っていましたけど、やはり同じでした。あれはアドリブなのか指示なのか…?僕も[ナゲー↑投げ縄]派です。ちなみにWiiの[ひみつ道具王決定戦!]でも[ナゲ↑ー↓投げ縄]でした。
未来の世界の恐竜ツアーはねぇ…?タイムマシン系のひみつ道具ができているのにいらないと思いますけど…そもそも「タイムマシン」に「ロボッター」をつければ同じことができますしね。スネ夫って意外に[のりやすいタイプ]なんですねぇ〜…ってドラえもんに頼みにいっているところでまだ自立していないのでは…?ジャイアンの意外なツンデレ属性があきらかに?!?あとベビーカーは笑いました。
「たずね人ステッキ」って、たしか的中率70%でしたよね。何回か倒しているといつのまにか違う方向へ…と考えると少し怖いです。今回は全体的にあっさりしたお話でしたね。
りっくん
2011/02/26 20:51
こんにちは。
ナゲー投げ縄は以前に登場した時も同じ発音だったのですね。すっかり忘れていたのでありがとうございました。
原作マンガは当然ながら文字だけなので、こうやってアニメになってみると色々なるほどと思うことが多いです。

>タイムマシン系のひみつ道具ができているのに
おっしゃる通り、確かに白亜紀へのツアーセットというのはよくわからない道具ではありますね……
ただ、勝手に置いていくという経緯も含め、「未来デパートだから」で納得できてしまいそうなのが怖いところです。
たずね人ステッキは「45年後…」の時に、未来と現在の二人ののび太が居ることで妙な動きをしていたことが印象深いです。的中率70%も含めて、人探しには決定的ではないというのが実にうまく設定された道具だなと感じます。今回は倒れた方向に向かって恐竜の足跡が続いていたので、合わせてなるほどなと感じました。
春巻き
2011/02/27 17:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん11年2月18日放送感想(白亜紀へ家出) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる