今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS 川崎方面ぶらりFの旅

<<   作成日時 : 2011/05/23 23:39   >>

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

Fミュージアムコラボのローソンと、
建設中のミュージアム予定地をボタンチラリと
見に出かけてまいりました。


既に各所で話題になっておりますが、
川崎市藤子・F・不二雄ミュージアムの入場券を
ローソンが取り扱うということで、
コラボレーション店舗の「ローソン宿河原駅前店」が
今月19日にオープンしました。

ローソン公式:ニュースリリース

と、いうことで、
ミュージアムの場所の下見も兼ねて
さっそく偵察へ。

登戸駅の小田急線・南武線連絡通路には、
このような「Fミュージアム建設中!」の旗が吊るしてありました。

雨風びゅぉぉぉぉ → おさまった…? それ、今だ!パシャパシャ(撮影)… わああ風がまた! を三回ほど繰り返したかと。



大雨・強風の日プラス私の腕ということで、
不鮮明な写真ですが、雰囲気でも伝われば幸いです。


オバQ、もとい小田急の改札内には
この旗が三つ並べて飾ってあったことに帰り際気づきました。
最初からこれを撮っていれば楽だったかも…


閑話休題。
そのまま通路を進んだ先、
南武線登戸駅改札の登戸行政サービスセンター前には
カウントダウンどこでもドアが置いてあります。

チラリ感がワクワクしますね


結構目立つこともあって、
通りがかりに気にかけていく人が多く見られました。
地元の方はカウントが減っていくのが毎日確かめられますね。

この登戸行政サービスセンターには
Fミュージアムの概要パンフレットも置いてありましたので、
こちらもしっかり頂いてきました。


そのまま南武線に乗って宿河原駅へ。
出口から降りて迷うこともなく、
すぐ目の前に噂のローソンがありました。

Fフェアが始まったらのぼりとか垂れ幕とか付いていると思います
※クリックで拡大


ローソンと言えば普通にローソンなのですが、
トレードマークの青いラインの看板に
Fキャラがあしらわれています。

実に失礼な位置で切れてしまったことを深くお詫び申し上げます。


さりげないようで、なんとなく嬉しくなりますね。


外装ガラスにもFキャラが描かれているほか、
良く見れば赤いラインがドラの首輪になっていて、
ちゃんと鈴もあります。
デザイン性も高い店舗でした。

撮影する姿が相当怪しかったはず



雨粒が思いっきり邪魔ですが、
中で撮影するのもはばかられたので、
ご容赦ください。

店内ではコピーをとっているお客さんも居ましたし、
おにぎりも麺もホットスナックもあり、
想像以上に普通のコンビニと同じで意外な感じもしました。
雨ということもあってか、
このときの来店は地元の方がほとんどだったようです。

とは言うものの、ふと視線を上げて見れば、
天井にドラが描かれていたり、
エリさまが居たり、柱にモンガーのシルエットがあったりと、
そのギャップにはすこし・ふしぎな気分にさせられます。

見慣れたいつものFキャラたちですが、
彼らが「どこにでもあるお馴染みのコンビニ」に居るということ、
その日常の二つが合わさった状態が
逆に奇妙な感覚を生み出していたのかもしれません。


まあ、その、なんだ。
面白いし楽しいけど、
ちょっと恥ずかしいような異世界に迷い込んだような、
そんなくすぐったさも感じました、個人的に。


正直言ってそれほどものすごく
「コラボ!必見!」というほどではなかった気もしますが、
レジ前のフェイス(棚)に「VCD藤子・F・不二雄」がある光景には
やはりクラクラするものを覚えました。

コンビニでF先生(のフィギュア)が棚に並べられているなんて……!?

他のグッズとしては「F.original」のストラップやドラポーチ等、
定番で手堅い感じのものが置かれています。
通販やアニメイトなどでも買える品ですが、
コンビニで24時間手に入るというのは、
考えようによっては画期的(?)かもしれません。
F全集や映画のフィルムコミックスもありましたが、
オープンからの数日の間に結構売れたらしく、
全体的に棚には空きが目立ちました。

24日からのFキャラフェアが始まったら
もっとにぎやかになっていることと思います。


 ◇


ということで、
Fコラボローソンを後にして、
今度は藤子・F・不二雄ミュージアム予定地を目指します。

宿河原駅前からは、
生田緑地の「ばら園」を目指して進めば
迷わずたどり着けるかと思います。
(少なくとも今の時期は案内の看板がありました)


てくてく……と、雨の降りしきる中を歩き続けること
十数分ほど?

いかにも工事中という白い囲いの向こうに、
パンフレットやサイトで目にしたのと同じデザインの建物が
見えてきました。
(写真は向ヶ丘遊園方面から撮影)

『見せろ見せろ、中身を見せろ』
※クリックで拡大


この日は雨で薄暗い感じですが、
晴天ならばカッコいい外壁が見えるかと思います。

正式オープンの折には、
ぜひとも明るい太陽の下でこの立派な建物を眺めたいなあ。


こちらの看板だけでも胸が躍りました。

ミュージアムって「新築」するものなんですね


ただの工事案内なのですけれど、
こういうのを見ると本当に
「藤子・F・不二雄ミュージアム」ができるんだね!と
実感が湧いてきました。

思い切って足を伸ばして良かったです。

 
 ◇

ミュージアム予定地の前の道路には
路線バスが走っておりましたので、
帰りはそれに乗って向ヶ丘遊園駅へと移動。
歩いても十分行ける距離だとは思いますが、
雨なのでバスは非常に楽でした。

途中にファミレスの某サイゼリヤがありましたので、
Fミュージアムオープンの際には、
ここが藤子ファンのたまり場になりそうな感じもします。

ダイエー向ヶ丘遊園店の前には
「コメダ珈琲店」という喫茶店がありまして、
こちらもちょっと気になりました。


駅としては、
登戸>向ヶ丘遊園>宿河原、の順に規模が大きいと思いますので、
お店の数もそれに比例するかと。
オープン後はシャトルバスが出るそうですが、
徒歩で向かうなら向ヶ丘遊園から来るルートが、
大きな道沿いなので、一番わかりやすいでしょうか。


ともあれ、これでFミュージアムがオープンしても大丈夫!
もし内覧会チケットが当たってもバッチリ!?
いや、捕らぬドラえもんの皮算用ですけど。
早く完成した施設を見てみたいです。

とりあえず今回の探訪でだいたいの場所と雰囲気はつかめました。
案内もできそう…かな?



帰り道ではタイトーゲーセンに寄り、
コロ助マスコットも確保しました。

刀に車輪が付いているのが細かいです


タイトーのFプライズは
チンプイやモンガーのマスコットもあるそうですが、
未だお目にかかったことがありません。


こんな感じで、ミュージアムの近くに
Fグッズを置かれたら、
いくらつぎ込んでしまうか恐ろしいものがあります。

ミュージアムショップはどんな感じになるのでしょうか。
「F.original」だけじゃなくて、
ミュージアム限定品とか…つくるんだろうなあ。



昨年からのいろいろなイベントの数々、グッズ展開、
F全集に映画にDVD、そしてFミュージアムと、
本当に幸せすぎて夢のようですが、
うつつまくらを使っていないことを信じつつ、
無理せず、できる範囲で追いかけて、
幸せを味わいたいと思います。


その幸せがわかちあえたら、さらに素敵ですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
川崎方面ぶらりFの旅 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる