今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん7月1日放送感想(七夕の空が落ちてきた)

<<   作成日時 : 2011/07/03 16:13   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

七夕…それは織姫と彦星が年に一度再会して、
イチャイチャしてイチャイチャしてイチャイチャする日! 
うん、だいたいあってる。


「七夕の空が落ちてきた」
 →アニメオリジナル


星座や星に関する伝説を夜空に描き出し、
さらには実体化させることのできる道具
「星座伝説シミュレーション」を使って起きる騒動。


織姫や彦星、りゅう座やいて座などの星座が実物となって
のび太の町を走り回るというフシギ感、
ドタバタが楽しいお話でしたが、
最後にのび太のパパとママを巻き込んで、
ちょっとだけ大人の雰囲気に変わったのが
なるほどなあと感じました。

そりゃ「織姫」と「彦星」が実体化したら、
この時とばかりに周囲の空気も読まず
イチャイチャするだろうね……
と、基本的にはギャグとして笑うものだろうと思います。

ギャグではあるのですけれど、
引き離された恋人が目の前に居る状況としては、
必ずしも責められるような行動とも言えないでしょうか。
二人で逃げようとするのも無理もありません。

それだけに、
「一年に一度だけ会える幸せも愛おしいんです」
と元の離れた場所に戻ることを決めた
織姫と彦星には驚きましたが、
それがただ「話を終わらせるための都合」ではなく、
のび助・玉子の夫婦に出会ったからというのが、
なんとなくでも納得できる要素になっていたような気がしました。

ちょっとやそっとケンカしても壊れない愛と、
一年に一度しか逢えなくても無くならない愛。
織姫と彦星もまた「夫婦」であったことを重ねても、
それぞれの絆、愛の形というのはあるのだなと
再確認できた…のでしょうか。
ちょっと苦しいですけど。

結局、伝説を実体化させたゆえに。
それに縛られている存在とも言えますが、
その哀しさよりも、
「大切なものは既に手にしている」
とも取れる展開で、さわやかな余韻あるお話でした。

というかあのイチャイチャぶりを見るに、
別居で正解。それぞれしっかりお仕事に励むよーに!


物語の登場人物が現実世界に出てくるという点で、
昨年6月の「シンデレラはどこいった?」も思い出したのですが、
あちらよりもとの物語に収まる経緯に
納得がいく展開だったかもしれません。
パパとママをお約束の目撃者ボケに使うだけでなく、
こんな風に活用できるとは!


その他こまごました点については項目別に。


・のび太の教室の七夕飾り
ネット上でかなり話題になっているようなので省略。
「あの花」とか「まほうしょうじょ」は
さすがに目立つなーとは思いましたが。
『いい仕事につき安定した収入がほしい』
『身の安全』
はさすがにユメが無い……
もしやこれも他作品ネタ?


・星座と正座
さすがはお説教(受ける方)の達人
野比のび太さんですね!
「足の親指と親指を重ね合わせると足がしびれにくくなる」
と語る姿も堂に入っています。
というか人の机の上でなにやってんだ。

「ドラえもん」の歴史長しと言えども、
机の上で正座をされたのは出木杉が初めてでしょう!
正座のできる短足ネコ型ロボットは
足がしびれるということも確認されました。


・ドラえもんめいさく劇場:七夕伝説
ドラ織姫(女装)のキモさは鉄板ですね。
はた織りに精を出して丸いお手手で肩を叩くしぐさが
たまらなく可愛らしくもありますが。

のび彦星とキャッキャウフフする様子も微笑ましいですが、
織り機に蜘蛛の巣のみならず、ぺんぺん草まで生えるとは、
どれだけほったらかしていたのでしょうか。

こうしたのびドラの再現映像が毎回楽しみだったりします。


・一万年かは不明だけど二千年くらい昔からは愛してる
かくて、現代の練馬区月見台に現れた
織姫(織女)と彦星(牽牛)。
お話を聞く間もなく、彦星しか見えていない織姫に
ふっ飛ばされるのび太さんですが、
ちょうどお布団が敷いてあったので事なきを得ましたね。
のび太たちが布団を出す描写が細かいなあと思っていたのですが、
すなわち「クッションが必要な展開がある」
ということだったのですね!

いや、お二人のアツアツぶりに「…えっ?」とか
一瞬思っちゃいましたけど。


・夜の世界の正座 星座博士だ!
髪を解いたしずかは何度観ても良いですね。
しずか→ジャイアンと来たので、
こ、これは出木杉のパジャマ姿が観れるのか!
と期待するもむなしく、
『ふうりんの音』という字幕で省略されました……
スネちゃまのパジャマは映画にも出た
ハート模様でしょうか。

「よろこんで、みんな!」(ドラ)
(寝たままバンザイ)『ふわ〜い〜』
これは…寂しすぎる……

あと出木杉くんにも今っぽい服を設定してあげてください。
昼間と同じ服だよね?


・「基本中の基本、七夕伝説から教えて進ぜよう」(のび)
「進ぜよう」がいい響きですね。
「これからはぼくを星座博士と呼んでくれたまえ」
の尊大な口調、
「キ〜ッ! 私というものがありながら!」の
女神ヘラの嫉妬再現セリフ、
「こいつはすごいや」というくだけたしゃべりなど、
今回ものび太の七色の演技が魅力的でした。


・88星座ってそのまま実体化するとカオスだよね
ヘラクレスが逆さまなのが、気の毒ながら忠実でよろしいです。
夏の星座表そのままに、良くわからないメンツが揃いましたが、
りゅう座の龍がこぐまやいるか、こぎつねにヘビを追い回すというのは
メルヘンなような、台無しなような。
へびつかい座(アスクレピオス)が
トランクスを穿いていたのにはズルッと来ました。

ところでヘラクレスやケイローンはギリシア神話ですが、
織姫と彦星は中国(東洋)の伝説ですよね。
そのあたり広く「星にまつわる伝承」ということで、
インプットされた道具なのかなという気もします。
ギリシア神話だとベガのこと座はオルフェウスの竪琴……
同じく「引き離された夫婦の物語」ながら
悲しい結末をたどるのもよく考えたら深いかもしれません。

ひょっとして今回の話の制作の
「ベガエンタテインメント」様の
「ベガ」もこと座のベガなんでしょうか?


・逃げた星座もしっかり捕獲!星とりあみ
「夜空がギンギラギン」で使われた「星とりあみ」ですが、
まさかこんな使い方があるとは……
ジャイアンがのび太をぶん殴った「星」ですら
捕れるのですから、
元々星だった方々の捕獲はお手のものですね。

なんというか、最近
ただマイナーな道具を持ってくるだけじゃなくって、
予想のさらに先を行く使い方を知ることが多くて、
スタッフさんすごい!と拍手したくなるばかりです。


・みんなの人気者お巡りさん登場!
わし座のワシを見て、
「誰だ? こんなところにでっかい置物を置いたのは」
とは、やっぱりなんかズレてますね、この方。
今回、帽子の中身がスネ夫ヘアーであることが判明しました。
近くに居たカップルの男性もそうだったし。
実はスネちゃま行きつけの理髪店の客……?


・出木杉くんの大活躍
暴れ回る龍に対し、
神話に関連した、金色のりんごを投げることで
事態を収拾した出木杉。さすがです。
その「でき過ぎ」さで、使いどころが難しいキャラではありますが、
こういう騒動の時には頼りになりますね!

今回、「甘酸っぱい切なさ」について
のび太にはまだ早いということでしたが、
やがて訪れるそんな感覚を予感させる存在として
彼を配置したのなあという気もしました。


・「青春! せ・い・しゅ・ん!」(パパ)
酔っ払ったパパがご町内の珍事を目撃する確率はピカイチ。
今回は一瞬のネタに終わらず、
コスプレ…いや仮装行列のカップルを
家に連れてきて酒盛りする始末です。
ポテトスナック(じゃがりこ?)に落花生、
サラミにツナキューブ(ツナピコ)という
おつまみの数々と一升瓶がリアルで良い感じ!
コップがいくつか使われているってことは、
織姫と彦星も呑んでるんでしょーかね。


・たのしい夫婦喧嘩
玉子さんのあのくるりんとした前髪と襟足は
カーラーによるものだったのですね。

「靴下を脱ぎっぱなしにして!
いつもいつもあれほど
脱いだ物は洗濯カゴって言ってるのに!」
のセリフの生活感もハンパ無いです。
あと、「裏返しになってるのは戻す」のですよね。

万年筆が冷蔵庫に…のやり取りも含め、
12年連れ添った夫婦の安定感が出ている場面でした。
しかし、おつまみやジャガイモやニンジンが舞うのはともかく、
スイカを投げるのは危険すぎる!
ドラの頭のひしゃげ方もコマ送りで要チェックです。

織姫彦星は夫婦喧嘩するほど一緒にいられないんだろうなあ…
いや、この方たちなら同居してても
ずっとお花畑な感じもしますが。


・『しずかちゃんと幸せになれますように』(※「す」の字が鏡)
ドラの願い事は「ドラやきおなかいっぱい」。
ある意味いつも通りな感じで微笑ましいです。
のび太くんとこれからもずっと一緒にいられますように
だった時もありましたね。
あ、「りこうになりたい」も忘れちゃいけない。

のび助さんと玉子さんの願いは……
あえて文字にしなくても十分伝わってくる、
そんな余韻ある終わり方でした。


と、いうことでドタバタ騒動から愛の物語まで、
観ごたえたっぷりの七夕のお話でした。




次回は7月8日、
「野比家の巨大マグロ」と
「四次元ポケットにスペアがあったのだ」。

前者はオリジナルだと思いますが、
もうタイトルの時点で楽しそうで仕方ありません。
(変な意味ではありませんよ!)
「野比家の〜」シリーズは
パパママを巻き込んでの騒動が毎回面白くて大好きです。

後者は「甘栗旬」が素晴らしいというか、
やっちまったなというか。
芸能人ネタというのは
寒くなったことも多々あったのですが、
ネタっぽさが漂うので純粋に期待できそうです。

ところで雅秋の再登場はまだですか?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
のび太の教師の七夕の願い事は一時停止にしてよく観ると別アニメのキャラの願い事で
驚きました、
誰かずごいアニメ好きがいて かなり楽しんで書いてる気がします。
ボンタ
2011/07/04 00:31
こんばんは。
コメントありがとうございます。
短冊のネタはすごかったですね。
私は「あの花」と「まどか」くらいしか判らなかったのですが、ネット上で話題になっているのを見かけて、そのネタの多さに驚きました。
他作品ネタに限らずとも、わさドラでは画面のすみずみまで描き込みがあったり、遊びが仕掛けてあって見逃せない感じがします。
本当にスタッフの方も楽しんで作っている雰囲気ですね。
春巻き
2011/07/06 00:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん7月1日放送感想(七夕の空が落ちてきた) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる