今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん11年7月22日放送感想(ウルトラリング&解決!出木杉事件)

<<   作成日時 : 2011/07/23 18:36   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

「しずかちゃん〜! ゆうべのスカート返す!」 
このセリフが夜7時台のお茶の間に流れただけで、
余は満足であります。
いや、ほかにも見どころはたくさんあったけど。


昨年に引き続き「クレヨンしんちゃん」とコラボで、
クイズを出していくという企画
「夏休み限定!ドラえもん・クレヨンしんちゃんアニメ祭り」
が始まりました。

毎週プレゼントが当たるほか、
5回分の回答を集めると、抽選で
幼稚園や学校へドラえもんかしんちゃんが
遊びに来てくれるとのこと。
詳しくは公式サイトをご参照ください。

視聴率が下がる夏休み対策…なのでしょうが、
告知の分、放送時間がギリギリで
ドラえもん音頭もオープニングも無くなってしまうのは
ちょっと寂しい気もします。

ともあれ、昨年は
「夏休み期間のお話を全て観た人の涙腺を
直撃するような仕掛け」が用意されていたので、
今夏の作品も欠かさずにチェックしていきましょう!


ウルトラリング →カラー5巻、全集5巻

怪力が出る指輪をはめてしまった
玉子ママの大活躍?を描くお話。
三石さんの演技が最高でした!


・みんなで指相撲

ジャイアンに攻められ、
逃げ回るも結局押さえつけられるのび太、
しずかちゃんを攻めようとするも、ひょいひょいとかわされ、
カウンターで押さえつけられるのび太。
たかが指相撲と言えど、戦法に性格が出ていて面白かったです。
と、いうか「うふふ」と笑いながら、
ギリギリとのび太の指を押さえる源さんはさすがですね。

しずかちゃんに指をギュッとしてもらえるなんて……
自分と代われ!的な声が日本中で上がったことでしょう。


・ウルトラリングであなたも力持ち!

「力を強くするって、そんな都合のいい物は…あった!」(ドラ)
あるのかよ!
というか本人の記憶が曖昧なものでも出てくるのですね。
いつもこんな調子ならヤカンを出すこともないのに。

さてさて取り出したりますは、
ルビーの指輪にそっくりな「ウルトラリング」。
のびちゃんは3の字口できょとんとしながらドラを振り回してますが、
表情が変わらないのがちょっと怖いかも。
今回のドラはひたすら体を張ってますね。


・「やだ、ちょっとキツいじゃない、また太ったのね…」(ママ)

持ち出した指輪の代わりにウルトラリングを渡すのび太。
「少し違うみたいだけど…」と疑念を抱きつつも、
とりあえず指にはめてしまったママ。
いやいやいや、
あなたの息子さんの前科を思い出してくださいって!

ちょっとキツいということは子ども用なのでしょうか。
後の展開の伏線にもなっています。


・忍び寄る魔の手

鼻の上にあんこが付いていたドラえもんさん。
一体どういう食べ方したらそうなるんでしょうね!?

優しいママはコミュニケーションも兼ねて、
赤いお鼻をぱちんと弾こうとしますが、
その左手にはウルトラリングが……
かくして空の彼方へ吹っ飛ばされたドラえもんさん、
合掌。

「大げさね」と玉子さんは呑気ですが、
いや、これ大げさってレベルじゃないですから!!


・空から丸いの落ちてきた

空き地で本物の指輪を見つけたのび太。
そこへきれいな放物線を描いて
ママに吹っ飛ばされたドラが落ちてきます。
二人仲良く大穴にめり込みますが、なぜか無事でした。
今回のキミたち頑丈すぎにも程がある……
撮影前に「ガンジョウ」でも飲んだの!?


・怪力奥さま、まちを行く

野比家のドアごと外してしまった玉子さん。
やだーもう古くなっちゃって」で済ましてますが、
ご自身の力が強くなっていることには気づかな…いのですね。
いや、それくらいの神経でないと
毎度の野比家の騒動には付き合いきれないですよね。うん。

そんなこんなでまちに出てしまった怪力奥さま。
ジャイアン&スネ夫のボールを投げ返して
遥かお星さまにしたかと思えば、
照れて手を振っただけで強風を巻き起こす!
肩に触れれば地面に叩きつけ、
引き止めれば袖を破りちぎる!
近所のご婦人が心底怯えた表情をしているのが、
かなりお気の毒です。

で、玉子さんがちぎれた袖を持って走った十数分後に、
よく似た息子さんがスカートを振って走ることになる…と、
巧みな構成にうなるばかりです。


・玉子さんを探せ!

ウルトラリングをはめたまま出歩くママを探すのびドラ。
派手に倒れた電柱を見つけ、
「おおごとになる前になんとかしなきゃ」と焦るドラでしたが、
「もう充分おおごとだよ!」と突っ込むのび太。
ごもっともです。

やっと見つけた!と思う間もなく、
排水溝につまずくママ、そしてその先には民家が!
大変だ! このおうちの危険が危ない!!
すかさず「ふんわりビーム」を掃射して家を守り、
身を挺してママを止めようとするドラ。男です。
あえなく吹っ飛ばされ、地球一周して帰還しましたが
やっぱり壊れてはいませんね。
未来の世界のネコ型ロボットは恐るべき耐久力です。
だってこれギャグアニメだから。


・「高級品でございますよ」(※個人の印象です)

高級ハンドバッグ半額の声につられて、
人垣の前にやってきた玉子さん。
バーゲンと言えば人をかき分けかき分け……
「ハイごめんなさい〜」と「かき分け」られた方々が
華麗に空を舞っておりますが。

しかしそこはギャグ回。生命の安全は保証されております。
ドラのポケットから次々繰り出される「救命クッション」が
お嬢様方をナイスキャッチ!
道具を出し損ねることなく、完璧なコントロール!
すごいぞドラ! やったぞドラ!
しかし最後のひとり分、クッションが足りなかった!
どうする!どうなる!?
そこで覚悟を決めたドラが一言、
「来い!」
丸い手を差し出して重量級の奥さまを受け止める!!

いやもう、カッコ良すぎでしょドラさん。
ぺらぺらになりながらも、ギャグアニメなので耐えてみせました。
今回のお話でドラえもんの株がぐぐっと上がりましたね。
と、いうことは二本目で下がるのでしょう、抜かりありません。


・銀行強盗だー!

……もう今日は何でもありですね。
と、いうより玉子さんの行くところで事件が起こるのか。
パパが道具を手にした場合は自爆が多いですが、
ママの場合は周囲を巻き込んでしまう感じかもしれません。

銀行強盗の人質にされたママを見たドラは
「危ないよ、強盗さん逃げて!」と叫びます。
普通なら「なんじゃそれ」と突っ込みたいところですが、
今日のママは「歩く最終兵器」なのです、
強盗に「さん」をつけるのもやむなし!
哀れ強盗さんは玉子さんに振り回され、
のびドラともども壁に激突。

二人に気づいた玉子さんは
「うちの子になにすんのよ」と
強盗さんをパトカーに放り投げますが、
いや、なにかしたのは貴女ですから。
「ご協力、感謝します」で済ます警察官も含めて、
今回はなにもかもおかしい。


・「痛いっっつの!!」(ママ)

ようやく事の真相を知ったママ。
ドラは無理矢理指輪を外そうとしますが、
のび太はそれを見ているだけです。
今回のびちゃんはほとんど何もしていませんが、
本能的に危険だってわかっているんだろうなー
賢明ではありますが、元はといえば悪いのは100%キミだ。

案の定、痛がったママに埋められてしまったドラですが、
ドラがめり込むのは本日何回目でしょうか。
指輪が外れるまで近寄らない方が良いという事で、
のびドラパパが家の外からあたたかい目で見守り、
めでたしめでたし。
帯はほどけなくなるもの、
指輪は外れなくなるもの!
これジャングルの常識!ですね。

月見台の至るところに作った大穴と倒した電柱、
その他諸々の請求は銀行強盗の確保でチャラなんでしょうか。
投げたボールは地球一周したあと
ちゃんと骨川家に戻っているような気もします。
無論クレーター付きで。


・野比家地デジ化!?

おはなしはこれでおしまいなのですが、
背景に映っていたテレビが……薄型に!!
先週(7月15日)の「雲にのって学校へ」までは、
厚みのあるブラウン管テレビだったので、
ついに野比家も地デジ化したのでしょうか!?
(東北3県を除く)完全移行2日前という
この週までひっぱったスタッフも見事です。
そののんびり加減がいかにも野比家らしいですよね。
放送されていない部分にも物語を感じさせます。

野比一家がテレビを買いに行く話も観てみたかったなあ。
玉子 『あらやだこのテレビ随分薄いのね。
  これじゃ壊れたときにどこを叩けば良いのかしら』 

店員 『お客さん……』


と、いうことで(妄想含めて)
玉子さん大活躍のお話でしたー


 ◇

解決!出木杉事件 
 →原題「真夜中の電話魔」てんコミ30巻 全集11巻


陰湿な嫌がらせと、一番になれないコンプレックスという、
非常に重いテーマを扱いながらも、
執拗なまでのしずかへのセクハラで印象を和らげているお話。
そのあたりのバランス感覚が、さすがF先生だと思います。


……よし、まともなコメントもしたので大丈夫。

つまり、原作のエロさをちゃんと残したスタッフわんだほー!
しずかのスカートを奪う展開キターーーーーー!


と、いうことで、平静を装って本編について。


・出来すぎた英才の不調

クラスで一番の出木杉が、
テストの度に成績が落ちている…ということで、
ざわつくクラスメイトたち。
なにも先生もみんなの前で言わなくても、
という気もしますが、
それとなく気を使ってあげてくれ、ってことなのかなあ。

出木杉に「今までが出来すぎたんだよ」と
声をかけるジャイアン、
「のび太を見ろ、しょっちゅう0点でも明るく生きてる」
と語るスネ夫。
のび太は特に気を悪くすることもなく、
「そうそう」と相槌を打っています。
なぐさめになってないと言えば確かにそうなんですが、
こうやってカラっと話しかけてくれる彼らは
結構いい友達なんじゃないでしょうか。

しずかをはじめとする女性陣は
「野比くんと比べるなんて出木杉さんに失礼よ」と
野比くんに失礼なことを言いつつ、
出木杉を連れていってしまいました。
不調の原因を聞き出そうとする、現実的な対処ですね。
このあたり、男女(というか精神的成熟?)の違いが出ていて
なかなか興味深いです。
今回は幸いにもドラの道具で直接の解決に乗り出せたわけですが、
出木杉本人にとってはどちらがありがたいのでしょう……


・FAX…いやなんでもない

釈然としないものを感じつつ、
のび太が帰宅すると、パパの会社へお使いを頼まれました。
そこでドラが出したのは「物体電送アダプター」。
受話器に取りつけることで、物のやりとりが可能になる道具です。

目的からすればどこでもドアでも構わないのでしょうが、
まず相手を呼び出して、在席を確認してから
ダイレクトに渡せる、というメリットはあるでしょうか。
何より「受話器から手が出てくる!」というインパクトが絶大。
相手が見えないからこそ、「手探り」になるという特徴もあります。
後の展開を考えると一部の隙もない設定ですね。エロ方面で。


・怪奇!受話器から伸びた子どもの手!?

季節柄、ちょっとした怪奇現象だったと思いますが、
ちゃんとトンカツ用のお肉を売ってくれた
松田精肉店の方の柔軟性には拍手を送ります。

「ダンゴみたいな手〜」のくだりのカットは残念でしたが、
肉屋の店主が包丁を持ったまま電話に出る画の再現は
妙に感動いたしました。
未来の技術を用いた最先端のショッピング(?)ではありますが、
受話器間を実物が移動するというアナログ感には、
クラクラするようなギャップを覚えます。
ドラの道具はこういうのが楽しいんだよなあ。


・「つかまえちゃうぞ〜」(のび太)

ひゃっほう! 出ました、のび太の調子に乗るモード!
「やめてぇー!」と泣き叫ぶ少女の衣服を掴み、
スカートを剥ぎ取る!


……私の人格まで疑われそうですが、
事実をありのままに描写しているだけなのですから、
致し方ありません。
というか女の子の洋服を引っ張ったらどうなるか、
想像すればわかるでしょう、のび太くん?
全国一千万のしずかファンの皆さんが、
必死でスロー再生をしたことと思いますが、
残念ながらおみ足しか拝めませんので、あしからず。


・「そのことはもういいのよ」(しずか)

「もう二度と口きいてもらえない!」と
後悔するのび太の元へ、
まさにそのしずかがやって来ました。
きっと怒鳴り込みだと青くなるものの、
しずかの口から出たのは、
いたずら電話に悩む出木杉を助けてほしいとの願い。
お話の都合上ではありますが、オトナの対応です。
さすがは「のび太がのぞきに来る時間を見計らって
風呂に入っているんじゃないか」と
囁かれるだけのことはあります。


・「いたずら電話なんて最低の犯罪だよ!」(のび太)

電話で(しずかに)イタズラするのは最低ではないのか……
と、いうしょうもないツッコミは置いておいて、
恋敵の出木杉でも本気で力になろうとするのび太はいいやつです。
しずかに良いところを見せようという気持ちも
多少はあるのでしょうけれど、
やっぱり友達なんでしょうね。

コードを抜いてしまえば良いのではないかとか、
ナンバーディスプレイは、というツッコミもできますが、
そのあたりは作品が描かれた時代との違いで
やむを得ないでしょうか。


・「しずかちゃ〜ん! スカート忘れたよ!」(ドラ)

はてさて、遊びに来てスカートを忘れていく状況とは……
精神年齢がのび太といい勝負のドラえもんさんは、
そういうところに全然ちっともまったく気が回らないようです。
逆にそんな気遣いのできるドラなんてちょっと嫌だけどね……
のび太は困ったもんだとばかりにポーズをとってますが、
その発言しっかり覚えておくように!


・「つかまえた! やわらかいぞ!」(のび太)

出木杉の部屋に移動し、電話番を引き受けたのびドラ。
居眠りしていたところにかかってきた電話に
アダプターをセット!

……いや、もう状況説明はどうでもいい。
やったよ!やってくれたよ!
またしてもしずかのスカートが脱がされた! 本日二回目!!
前述の通り、向こうの状況は見えないという設定、
ゆえにのび太の発言が状況を物語ります。
「やわらかい」ってナニがーーっ!?

しかしこれはアニメなので場面を切り替えることが可能!
映し出されたのはシャツを引っ張って
健気にも下着を隠しながら泣く美少女! つま先立ち!
自分の家であっても恥じらいを忘れない大和撫子!
「見えなければ良いんだろ」とばかりに
やってくれましたよアニメスタッフ!
この画はヤバイですね。
この日、キャプ職人に対する賛辞が多数送られたことでしょう。

この騒ぎの間、起きだしてこなかった出木杉くんは
やっぱり大物なのか、
それとも音声だけ聞いて悶々としていたのかは、
本人のみぞ知るナゾです。


・「しゃべるつもりはないよ」(出木杉)

出木杉くんがいる限り、一番にはなれない……
電話魔の正体、ガリベンくんのセリフは重く響きます。
しかし決してやってはならない行為なのも確か、
だが出木杉はもういたずらしないことを条件に、
口外しないことを誓い、赦しました。

カッコいいです。

ただ「カッコいい」と述べるのは簡単ですが、
聡明な出木杉のことですから、
彼の抱えた苦しみ、今後のこと、
何が一番適切なのか、考えたはずです。
成績が落ちるほど追い込まれた精神的苦痛、
意味がないとわかっていても枕を抱えていた様子など、
自分の気持ちの決着の付け方なども考えたはずです。

考えたはず…なのですが、
そのあたりの描写が若干あっさりしていたような印象を受けました。
いや、悩むような少年ではないのですが、
表情が晴れやかすぎるような気もしました。
あまり比べることは良くないと承知してはいるのですが、
原作のあの表情、仕草の方が、
そうした感情の動きを表現できていたようにも思えます。

あくまで個人的イメージの問題なので申し訳ないのですが……
子どもらしさや人間味ももうちょっと見たかったかなあ、と。


・「ゆうべのスカート返す!」(のび太)

で、事件解決後にこのオチ、と。
先ほどドラに説教していたのは何だったのでしょうか、
のび太さん?

そして「ゆうべのスカート」ですよ!
何がヤバいって全てがヤバすぎな発言でしょう!!
しずかとしては全力で否定するしかないのですが、
その必死ぶりに「何かあった」ことは隠しようもありません。
のび太はやっぱりわかってなかったんだろうなあ。
逆に言うとしずかは何に慌てているのかってことですが、
いつの時代も女の子はそんなものでしょう。

「スカートを掲げて走るのび太と逃げるしずか」、
という微笑ましい画の片隅で、
出木杉とガリベンらしい少年が一緒に登校しているのも
見逃せません。

先ほど表情がどうこうと、偉そうなことを申してしまいましたが、
このラストカットは本当に良かったです!
朝、ガリベンくんの家に迎えに行ったんでしょうね。
なかなかできることじゃありませんが、彼らしい行動です。
赦してもらったばかりか、フォローもしてもらったガリベンとしては、
複雑な心中があったかと思いますが、
出木杉はきっとその苦しみを感じさせないような態度で接したのでしょう。

そして校門をくぐる瞬間、重さをもって踏み出す一歩のはずですが、
ちょうどのび太(としずか)が
何かバカなことをやっている現場に出くわす……と。
出木杉は「困ったもんだ」と言いたげな表情をしていますが、
その後二人で顔を見合わせて苦笑したのでしょうか。

のび太がエロ方面に話をかき回す…だけじゃなくって、
出木杉とガリベン、あるいはクラスの雰囲気も、
結果的に和らげる役目を果たしたんじゃないかなと思える、
名シーンでした。
しずかだけは最初から最後まで
かわいそうなことになってしまいましたけどね。
ヒロインの宿命というやつです。


と、いうことで、出木杉がカッコよくて、
のび太がおバカで、
しずかちゃんがお色気担当に徹し、
重い話を程よいバランスで料理したお話でした。

結局のところエロ回ということでOK?


 ◇

次回は一週お休みのあと、
8月5日「のび太 ユーレイになる」と
「水たまりのピラルク」。

のび太誕生日合わせの放送なのですが、
特にスペシャルということもなく……
一本目はむしろ可哀想なことになりそうな予感が。

二本目は「しずかちゃんマジ天使」と呼び声高い名作。
のびしず推奨派としても
そのあたりの描写に期待がかかります。
のび太は男を見せることができるか!?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
東京都が許可したら急にしすかちゃんのお色気シーンが増えたような。国家権力てこんなに怖いんですね。ドラちゃん地球一周してたけど地球の円周4万キロ?1時間ぐらいで一回りしていたけど時速4万キロで大気圏突入、ふつうは死ぬよ。(笑い)。直径50Mぐらいは地面がばくはつしてもよさそうだけど(笑い)
ハナ
2011/07/24 19:57
こんばんは。
しずかのお色気シーンについては、下着だけは死守しているようですが、入浴シーンなどは一時期よりは増えた気がしますよね。
この作品の定番ギャグでもあるので、やっぱり可能な限り残して欲しいなと思います。きっとみんなも喜びますよね。
今回のドラえもんの頑丈さは尋常じゃありませんよね。地球一周して生還…改めて考えると実に恐ろしいことです!
春巻き
2011/07/24 22:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん11年7月22日放送感想(ウルトラリング&解決!出木杉事件) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる