今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん11年8月12日放送感想(ジャイアン電池は無限大&かわいい石ころの話)

<<   作成日時 : 2011/08/16 01:33   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

絶大なるジャイアンの怒りのエネルギーを有効活用! 
ただし採取にはリスクが伴いますのであしからず。


毎日暑さが厳しいですが、そんな日々を乗り越えて、
アニメドラを視聴するひとときは至福ですね!

というわけで、パソコンが修理から戻りましたので、
ドラえもん感想を再開したいと思います。
休止期間に気持ち玉やコメントを下さった皆さま
ありがとうございました!


ジャイアン電池は無限大
 →原題「感情エネルギーボンベ」てんコミ42巻、全集15巻予定


人の感情(怒り)を吸い取って貯めておき、
汎用のエネルギーに変換する道具の話。

「感情をエネルギーに変えて」ってことは、
怒りだけじゃなくて悲しみや喜びでも良いのでしょうか?

でも正の感情を吸い取られてしまったら、いい迷惑ですよねえ。
ということで、おそらく「怒り」が扱いやすくて便利なのだろうと思います。

怒りと言えばママ、もしくはジャイアンということで、
ジャイアンをわざと怒らせるスネ夫が
なかなかに鬼畜でよろしい感じです。
因果応報というか、オチは早々に予想がつくのですが、
その期待に違うことなく突き進んでくれるのが、
安心のスネちゃまクオリティというところですね。

以下、印象に残った場面について簡単に。


「ん〜快適快適!」(のび太)

うだるような暑さの日中、
お部屋の中で扇風機の風にあたって涼み、
ラジオで音楽を聴きつつ、マンガを読む……
これぞ最高に幸せな時間ですよね!
ダイヤル式扇風機のレトロ感とか、
ドラちゃんのおひげが風にそよぐ様がまた良い雰囲気。

そこへやってきた玉子さんが、
ぴょこっとドラを飛び越える描写が可愛らしい。
ネコまたぎならぬ、ネコ型ロボットをまたぐ光景、
改めて遠慮のない家族扱いなんだなあという気もします。
節電を訴え、容赦なくコンセントごと引っこ抜く玉子さんは、
パソコンとかレコーダーでもやっちゃいそうだなあ。

視聴者にとっては時事ネタでもありますが、
「クーラーの電気料金にびっくりして使用禁止」
というネタが原作にあるので、(「風神さわぎ」)
さほど唐突でもない…かも。


・「ちぇっ、ガラにもないことを…」(スネ夫)
「いつもは乱暴者なのに」(のび太)
「むしろいいヤツだね」(ドラ)

こういうときに限って機嫌の良いジャイアン。
しかし、三人揃ってよくもまあ。
キミたちそれを本人の前で言ってきなさい、
そうすればきっと目的が達成できるから。


・ジャイアン電池は無限大?

自分は無事だという保証があるときの
スネちゃまの増長ぶりは鉄板。
「剛田!」と呼び捨てにした挙句、
ボールを顔面に投げつける……
と、まあやりたい放題です。

しかしジャイアンの怒りは無限に湧いてくるかもしれないが、
感情エネルギーボンベの容量は無限ではなかった!

当然のごとくボコられたスネ夫ですが、
それでもボンベは手放さず、
ラジコンの待つ空き地へ戻ってきたばかりか、
律儀にエネルギーを注いでから力尽きました。
感動的な最期です。
目的を持った人間は強いものですが、
達成した瞬間が危険ではありますね。

スネちゃまは力尽きたが、
ラジコンはエネルギー満タン、
ついでに巻き込まれずに済んだのびドラも元気いっぱい!と、
対比が面白いオチでした。

というか、原作も元々そういう意味だったのでしょうね……
今の今まで気づかなかったのでちょっと恥ずかしいですが、
そういう発見もアニメ化の楽しみでしょうか。


ところであのチューブをスネ夫に取り付けたら
元気に復活するのでしょうか。

たとえそうだとしても、「放っておくのが平和で一番!」
と、言わんばかりに満面の笑顔で遊びまくるのび太とドラが黒…
いや、子どもらしくて素敵。

と、いうことで、スネちゃま自爆?で、
のびドラがおいしいとこ取りのお話でしたー


 ◇


かわいい石ころの話
 →てんコミ37巻、全集11巻
※2006年12月8日放送の話のリメイク


動物が飼えない野比家でも、
石をペットにすれば良いじゃない!というお話。

紙に描いたイヌを飼うエピソード、
のび太のペットは紙の犬!?」(ペットペン)
が今年1月に放送されているので、
良くも悪くも比べてしまう部分があるのですが、
スネ夫に焦点が移っていく展開と、
基本的にギャグであることが大きな違いでしょうか。

ただ、「かわいい石ころの話」自体も
5年前に一度放送しているので、
もうちょっと後の時期のリメイクでも良かったかもしれません……

ともあれ、本日はスネ夫さんがボロボロになる二本立てでしたね。


と、いうことでそれぞれの場面について。


・「ゴロニャ〜ン」(ドラ)

笑顔の少年と頬寄せ合うドラネコ。
ペットと飼い主の微笑ましい光景……
って、

「何これ」(ドラ)
「違ーう!」(のび太)
と見事なノリツッコミをするお二人さん。
誰に対するパフォーマンスなのか、
脈絡がさっぱりわかりませんが、
可愛らしいので良し!

今回のび太がペットをほしがった理由は、
「名犬ラッキー」のDVDでした。
原作の絵柄の再現も素晴らしかったですが、
DVDとは…DVDとは!!
野比家のくせに生意気な!?

これで野比家が地デジ化したと同時に、
DVD再生環境をも手に入れたことが判明しましたね。
寂しいような、安心したような……
玉子さんが"神の手"チョップを繰り出しにくい状況ですが、
一本目を見る限り、多少設定が現代風になろうとも、
「やる時」はやって頂けそうでもあります。
そうでなくっちゃ!


・感動の涙で海をつくる機械猫

ドラえもんの内部にはこれだけの水を貯めておけたのか……!

と、いうしょうもないツッコミは置いておくとして、
のび太を「影響されやすい」と評しておきながら、
自分もすっかり感動してしまっているドラがいと可愛い。

喜怒哀楽豊かに、いっしょにバカやってくれる友達って良いですよね。
ドラ自身はペットを飼いたいというほどでもないのでしょうが、
のび太の気持ちは理解できるし、
そうして楽しそうにしているのび太を見るのは好きなのでしょう。


・石ころのクロ

見た目には「ぱっとしない石」のままなのですけれど、
のび太の足に擦り寄る様、ぷるぷると水を振り切る仕草、
飛び跳ねて揺れる姿が本当の犬のようで……!
石に演技をつけるのは難しいと思いますが、
本当に生きて、魂が宿っているような動きでした。

名前を付ける場面で、
のびドラが腹ばいになって目線を合わせているのも良いなあ。


・「うちのメリーちゃんお散歩が大好きなの」(奥様)

ワンちゃんを抱えて歩く通りすがりの奥様二人組。
抱っこして歩くそれは「お散歩」と言えるのでしょうか。

ところで髪をお団子に結った方は
モブにしておくのは勿体無いデザインです……!
再登場希望。


・小さくても強くて勇敢!

お約束の「他の犬とのケンカ」イベント。
ワニーの時は紙の体というハンデを視界を奪う戦法で補いましたが、
今回は石の硬さを生かして、自身より遥かに大きな犬を撃退!

「感動の再会と抱擁」という場面も無事再現できましたが、
なにぶん石ころの犬なので、
のび太も感動的にジ〜ンときたようです。
主にクロが飛びついた鼻が。

石をペットにできたら、という夢をかなえつつも、
こういった現実的な描写があるのがたまりませんよねえ。
でも、やっぱり憧れるものです。


・「ぼくとサムソンはかたい友情で結ばれてるのさ」(スネ夫)

よりによって庭石を犬にしたスネ夫。
「硬い友情」だけに後々の苦労が予想できるのですが、
それでもやってしまうのがスネちゃま…って、
一本目と同じ流れですね。
さすが受難オチ担当キャラとして揺るぎありません。

その巨体と重量で灯篭を倒し、
庭に大穴をあけていく愛犬サムソンですが、
スネ夫は特に疎んじている様子でもないので、
困った子ほど可愛いということでしょうか。

サムソンのやんちゃ?ぶりに、
ついには骨川家が半壊する事態に至りましたが、
まあ、このアニメの名物ですからね。いつものこといつものこと。

そろそろ大工さんも
「この家直すの何回目かなー」と
放送されない部分でぼやいているかもしれません。


・感動的ダナア

何百キロも離れたところから、
飼い主に会いに来た犬と少年の感動の物語……!
イイハナシ…なんでしょうか、これ。

いや、あらすじだけ見れば確かにそうなんですけど、
道路や街中を庭石が歩いている光景は
珍妙以外の何物でもないですね。
感動的なはずなのに、
紙一重で馬鹿馬鹿しい方向に傾いているのが素晴らしいです。

サムソンに押しつぶされたスネちゃまを助けるでもなく、
「感動的だなあ」と大量の涙をこぼすドラさんたちですが、
こちらも実はわかっててやっているんじゃないでしょうか。

そう、硬い友情に余計な手出しは必要なし!
だって巻き添えが怖いですから

スネ夫さんならその驚異的回復力で、
しぶとくしつこく生還するってみんな信じていますしね!


と、いうことで繰り返されるスネ夫の「助けて」の叫びが、
空しくも響きわたるお話でした。

スネ夫オチは妙に安心感があります。




ドラえもん誕生日スペシャル告知映像

「銀河系史上最大のレースが始まる!」
前回から流れているものですが、
ドラの語りがカッコ良すぎます。
今年も大期待ですね!

ところで最初に出てくる、
「2012年ドラえもん誕生まで100年!」
のキャッチフレーズが気になるのですが……?

今年のドラ誕は当然まだ2011年なので、
来年の誕生日SPに向けて、
既に何か企画が動いてるってことなのでしょうか。
今年の話は今年の話で一応完結するけど、
来年のドラ誕で伏線が明らかになるとか、
二部作になってるとか……??
考えすぎかなあ。

あと、今回の「かわいい石ころの話」で、
誕生日SPの脚本を四年連続担当してきた
水野さんが登場してしまったので、
ひょっとして今年は違う方なのかなあと妄想したり。
絵コンテや演出はどなたかなあと、想像したり。
ワクワクしながら指折り放送を待ちたいと思います。
近年は春の映画に次ぐビッグイベントですね。

9月2日がドラ誕SPじゃないってことは、
Fミュージアムオープン記念スペシャル放送とか、
やらないかなあ?


藤子・F・不二雄ミュージアムアイキャッチ

「ミュージアムオープンまで3週間!」
コンポコとドラと魔美がポーズを決めるアニメーション。

魔美が!魔美が!
三輪さんの絵柄でかわいいかわいいかわいいっ!!

ドラの身長からするとちょっと幼いような感じもしますが、
「あの」ポーズを決めるドラのひげの揺れ方や
魔美のスカートのなびき方も細かくて
繰り返し再生してしまいます。

コンポコとセットでタヌキと間違われて怒るキャラがそろい踏み……
いや、「まみ」も「狸」だから、
タヌキ三人組ですね!?


 ◇

次回は8月19日、
「ジャイアンテレビにでる!」
「暑い夏にはおはなしバッジ」


新曲「ジャイアンにボエボエ」ネタが
まさかの再登場。
基本的に一話完結のアニメですが、
作品世界の出来事としてつなげていくのも面白いですね。
テレビ朝日で開催中のイベントともタイアップしています。

スネ夫の処刑シーン(?)やら、
楽屋でくつろぐジャイアンやら、
映像的にも見所たっぷりの予感!

おはなしバッジの方は
夏らしく怪談アレンジがあるようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
再開待ってました。
僕はつい最近21エモンのDVDを観おわったところです
原作をかなりいじってたわりに時代にあわせたアレンジが上手いと思いました
今のドラにもあんなアレンジがほしいです。
ボンタ
2011/08/18 00:37
ボンタさんコメントありがとうございます。

21エモンのアレンジは上手いですよね。原作の「テープ」などはさすがにちょっと無理があったのですが、違和感なく処理していたと思います。
ドラについては野比家のテレビが薄型になったり、DVDを再生していたりと、一部現代風にもなってきましたよね。
それでも完全に今風にすると成立しにくい話もあり、また「原作通りにやれ」との意見もあったりで、スタッフの方々も難しいところとは思いますが、この作品の面白さの本質を押さえた上で、いろいろ挑戦したお話も観れたら嬉しいかなと考えます。
春巻き
2011/08/18 06:15
今回スネ夫が大活躍の話であり、
BGMに「スネ夫のおぼっちゃマンボ」が流れていて、とても新鮮でした。

2011/08/19 00:17
こんばんは。
今回は二本ともスネ夫大活躍でしたね! 
散々な目に合う方向での活躍でしたが、彼らしさもたっぷり楽しめました。
「おぼっちゃマンボ」の流れる場面はスネ夫のノリと画面の動きが合っていて楽しかったです。名曲ですね。
春巻き
2011/08/19 01:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん11年8月12日放送感想(ジャイアン電池は無限大&かわいい石ころの話) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる