今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS 「夏休みボエボエドラえもんパーク」行ってきました。

<<   作成日時 : 2011/08/18 23:48   >>

面白い ブログ気持玉 21 / トラックバック 0 / コメント 6

テレビ朝日1Fアトリウムで9月12日まで開催中の
「夏休みボエボエドラえもんパーク」に行ってきました。
以下、8月6日時点での様子とレポートです)


この人形は普段からあった気がする

※一部の画像はクリックでちょっと拡大


「ボエボエ」の名を冠するように、
メインとなるのは再現された「空き地リサイタル会場」。
人形とかが置いてあるのかなーと思ったら、
単純にパネルが立ててあるだけでした。

女性二人は耳バンでも貼ってるのでしょうか


土管はちゃんとした立体物で、
中をくぐれるようになっているのですが、
のび太さんたちが二次元のままなのがちょっと寂しい……



モウスグ入レカワレルゾ


裏から見ると「かげがり」みたいですね。
良くも悪くも記念写真コーナーという感じでしょうか。
親子連れの方が楽しそうに写真を撮影していました。

公式サイトによると、
8月20、21日はジャイアンリサイタルが
予定されているとのことですので、
ぜひ耳栓を持って肝試し…いや、
ビッグアーティストの歌声を堪能してまいりましょう。


もうひとつのメインは「クイズストリート」という、
(アニメ版)ドラに関するクイズ100問を集めたコーナー。
はじめの方がキャラクター基礎知識で、
大半は道具の名前を答えるものになっています。

最初の一文が余計…いや素晴らしい


「マルクナール」「純真な目薬」など
アニメオリジナルの道具を問うものもありますので、
全問正解はかなり難しそうです。

というかこの道具がまったく分からなかったのですが……

正解は「楽園シミュレーター」。
09年8月21日放送の「恋するドラえもん」
ドラが使っていた道具で、
『自分の好きな楽園をつくることができる』らしいです。
確かにアニメ公式サイトの
「ひみつ道具カタログ」にも載ってるけど……
こんな一発ネタ道具忘れちゃってたよ!!!
(覚えてたよって方ごめんなさい)

出題者は鬼のようにアニメドラを極めた方か、
「適当に公式サイトから引っ張ってくればいいや」と投げたか
どっちなのでしょうねえ。

全体的にパネルものが多く、あっさりしている印象も受けますが、
要所要所には遊び心ある仕掛けもあるので
じっくりと見て回るのも悪くないかもしれません。


あんチラ


例えばこの通路に貼られたドラ焼きのマーク。

このポイントの左側がカフェになっていまして、
軽食をとることが可能。
テレ朝に行く度に気にはなっているのですが、
なかなか勇気が出なくて未だ入れません。

しかし今回は別の理由で近寄り難いものが。


ドラカレーひとつ! 大盛りでね。


奴が! いや、「彼」が居るのです!
窓際の席に! 堂々と! くつろいでおられます!!

あまりに自然すぎて息をのみました。
隣のテーブルに普通にお客さんいるし。
後方にある「オトナのためのドラえもん本棚」
(『ご自由にお読みください。お帰りの際はお戻し下さい。』)
も良いですね。

一瞬「ああ、 高価なビッグサイズドラぬいが日に焼ける…
とか考えてしまった私は汚れた大人のようです。
純真な目薬ください。


その他、地味ですがこれもじわじわ来ました。

「頭上にご注意ください」。お前がな。


ドラの余裕ポーズとこの文言……
フラグ以外の何物でもないな!

このイラストを持ってきた方のセンスに拍手。




さて、個人的に今回の目玉と考えるのが、
こちらの「ひみつ道具の迷宮」。


巨大すぎて気づくのが遅れました


巨大タケコプターとどこでもドアの下に
パイプ状の構造物とタペストリーで区切られたエリアがあります。

このタペストリーも公式画像の切り貼りながら、
一般販売してほしいなあと思わせるものではあるのですが、
目が釘付けになったのが、
これらひみつ道具のレプリカ!


夢かうつつか幻か


アベコンベ、悪魔のパスポート、ミチビキエンゼル、アンキパンに
まさかの「うつつまくら」!

まくら微妙にちっちゃいですね。

いや、そんなことではなくてですね、
誰がこんな道具を立体化しようと考えたのか!!

素材は革のような布のようなものだったり樹脂っぽかったりするので、
悪魔のパスポートのレプリカはまだわかるのですが、
このアンキパンのマズそうなこと(笑)。

ほかに突っ込みどころだったのは、
こちらのアトカラホントスピーカー(左から二番目)。

一番左はよい子バンド。……どんな「よい子」が喜ぶ展示なんでしょうか。


これって口に入れる道具でしたよね……デカいよ!
無生物さいみんメガホンかと思っちゃいました。
というか、そもそもなんでこんな道具を(略

のろいのカメラとかキューピッドの矢とかのチョイスもねえ……
吸盤は本物です。

その他のラインナップとしてはこんな感じ。
ガリバートンネルやころばし屋もありました。

絵本入りこみぐつはリアルじゃないのが逆に雰囲気あります。


人気どころを手堅く揃えたようにも見えますが、
石ころぼうしは単体で置かれたら何だか気づいてもらえない可能性大。
ビジュアル的には地味だと思うので、
なおさらよくわからない選択です。
フエルミラーは「鏡面はハメ込み合成です」というやつですね。

あと、一部で人気のアラビンのランプなんかもありました。
某マクドナルドのカードとか、ぬりえとか、
マイナーなわりに妙に出現率が高い道具な気がします。
やっぱり推している関係者がいるのでしょうか、謎。


はばたけ天使たち


市販のマスコットやフィギュアと違い、
ベースが布系ということで、
ミチビキエンゼルのお洋服の再現度が高く、
袖の余り具合などが良いなあと感じました。

裏から見るとこんな感じ
リングは頭に刺さってますけど、
羽のふんわり感も見ごたえあります。

メイン(?)のボエボエ空き地を差し置いての
この完成度の高さに、
ひょっとして他のイベントのものと
共用(再利用?)なのかなあとも考えましたが、詳細は不明。
製作された方はすごいなと思います。


会場内にはその他、
来年公開の映画「のび太と奇跡の島」の特報映像や、
誕生日スペシャルの映像を流している特製モニタ、
藤子・F・不二雄ミュージアムのパンフや、
新千歳空港で開催中の
「ドラえもんわくわくスカイパーク」のパンフを拡大したパネルが
展示されていました。
この辺は結構大雑把な印象……

靴を脱いで上がるじゅうたんエリア
「キッズプレイコーナー」にはドラ単行本のほか、
学習漫画や道具事典が揃っており、侮れません。
F全集3期のチラシもしっかり備え付けられていて、
次代を担う子どもたちの育成体制は万全ですね。


自分が映っていたので拡大画像はナシ。もちろん塗りつぶしてありますが。


円筒形の展示ケースにはドラグッズがずらりと収められていて、
「こんなのあったんだ」「これ見たことないなー」というものもあり、
なかなか興味深かったです。
タイトーのドラえもんマウスとかいいなあ。

グッズはあれもこれも買うわけにもいかないですし、
食指の動かない系統のものもあるのですが、
こうしてドラグッズがいっぱい並んでいるのを眺めていると、
ほんわかした気分になれます。


お帰り前にはテレ朝ショップでグッズをチェックしたり、
クレーンゲームをチェックするのも忘れずに……
やっぱり聖地で手に入れるグッズは、
他で買えるものであっても気分が違いますね。



と、そんな感じで構成された
「夏休みボエボエドラえもんパーク」。
リサイタルの日に行けなかったのが残念ですが、
なかなか楽しむことができました。

あとで気が付いたのですが、
空き地リサイタル会場で記念写真を撮るのが
一番の目玉だったのかもしれません……

と、いうことで、もちろん一人でも楽しいですが、
ご家族ご友人とのお出かけにおすすめのイベントでした。




私? 私もちゃんと撮りましたよ、記念写真。
のび太のパネルと握手してる左手の自分撮りを。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 21
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
再開おめでとうございます!!

待ってました〜〜!!

パンパロパ〜ン

再開後に更新された3件を見ていると、春巻きさんが8月中にやっていた事と自分がやってた事がぴったり重なっていてびっくりしました。

生田のスタンプラリーにも行きましたし、「ドラ屋」に行ったり、「Fトレイン」に乗ったりと、、、きっと全国のドラえもん(藤子F不二雄)のファンの人もみんな同じような事をやっているんでしょうね。

他にはガチャガチャの「藤子F不二雄キャラクターズマスコット」を何回もトライしたりしてました。

やっぱ今年は藤子F不二雄先生の年ですね〜〜。

ず〜〜っと2011年だったらいいなあ(笑)

それと8月27日(土)の深夜3時ごろからテレ朝で、、
「パーマン」「21エモン」傑作選やるみたいですよ。

春巻きさんも観てみたらどうですか?

長文になり、さらに文章がごちゃごちゃしてますが、お許しください。

以上藤子Fオタクからのコメントでした。
藤子Fオタク
2011/08/20 12:48
こんにちは。コメント&情報ありがとうございます。
テレ朝でパーマンと21エモンの傑作選ですか!
それはすごい!
またテレビ放送で観れる日が来ようとは!!

「ずっと2011年だったら良いなあ」も同意です。
ことしはF関連でいろいろ楽しいことがありすぎですね。
ガシャポンの「藤子・F・不二雄キャラクターズマスコット」は私も回してきました。
ちょっと波乱があったので、これも追って記事にしたいと思います!
春巻き
2011/08/20 13:50
こんにちは。いつも読ませていただいています。
道具マニアとしてコメントせずにはいられませんでした
楽園シミュレーターは
「恋するドラえもん」に登場することはするのですが、
作中では道具の名前も出ず、
用途の説明すら一切ありませんでした。
番組放送直後、いつものように
道具かたろぐの「わ」行にこっそり追加されただけです。
おそらく問題作成者は道具かたろぐを見ただけで
問題を作っている、手抜き仕事で間違いありませんね。
ちなみに同様にライトニングボルトサーベルという道具も
同じ運命をたどっています。
三畔
2011/08/20 22:29
こんにちは。
こちらこそ、いつも三畔さんのブログや某所編集記事を愛読させて頂いております。……ひそかに尊敬申し上げておりました。この度はコメントありがとうございます!
(重複コメントは先のものを削除いたしました)

楽園シミュレーターについては、やはりカタログからのランダムな引用なのでしょうか。
あまりに思い出せなかったので、問題と解答部分を写真に撮り、帰宅後に検索してようやく正体が判明した次第です。おっしゃるように用途の説明も名前も作中では無かっただけに、クイズとしてはちょっとアレですよね。
逆に考えると、公式サイトの道具カタログが妙に頑張っているということなのかもしれません。
ライトニングサーベルもカタログで見て、登場シーンが思い出せず首をひねった道具の一つでした。
春巻き
2011/08/20 23:49
藤子さんはタケカワユキヒデさんに似ています。また菅沼孝造さんや梨元勝さんとかにも似ていますね。また藤子さんは国外でもメディアに取り入れてほしいです。
PeePooBand
2011/09/03 21:49
こんにちは。似ていらっしゃるかどうかは、あまり存じ上げておりませんで申し訳ありませんが、藤本先生は目が印象的ですね。
先生ご本人よりも作品が自然に国境を越えていけば良いなと思います。
春巻き
2011/09/04 18:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「夏休みボエボエドラえもんパーク」行ってきました。 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる