今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS 「F組 あいうえお!」と「銀河グランプリ」のモブFキャラについて

<<   作成日時 : 2011/09/16 23:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 10

ドラ誕生日スペシャルにて、
何事かと目を疑ったFキャラ大集合については、
こちらでわーわー騒いでおこうかと思います。


※11年9月9日放送「走れドラえもん! 銀河グランプリ」
本編の感想はこちら


話の流れを追っていく書き方の都合上、
元の感想記事では割愛したのですが、
今回の「銀河グランプリ」はどっかでみたようなキャラが
出るわ出るわ。

「あざといなあ、マニアに媚びてるのかなあ」、
と思う部分もあるのですが、
それでも「何十人かにひとりでも気づいて
ニヤっとしてくれたらいいや!」
という楽しそうな製作現場の声が聞こえてくるような感じがして、
その通りニヤっとしてしまいました。

これで本編の出来が微妙だったら
ちょっと怒ってしまったかもしれませんが、
そんなことはなく本筋は本筋でとっても面白い作品だったので、
素晴らしく大満足です。

というか、本編をあれだけしっかり作っておきながら、
脇にもこんな遊びを入れてくるなんて、
どれだけ本気なんだ、凄いなーと拍手を送るばかりです。


ざっと確認できたFキャラは以下。
ほかにもあったかもしれません。


・ドラミによるギャラクシーカーレースの危険説明シーン
「怪我人の参考映像」に「換身」の組長と魔土災炎が居る。

・のび太がレース用の車を求めて飛び出したシーン
背景通路で「カンビュセスの籤」の
サルクとエステルが会話している。

・のび太がゴンスケのウルトラアシスト自転車で走る場面
自転車が起こす風に巻き込まれる通行人が
「コロリ転げた木の根っこ」の作家(大和)と編集者(西村)。

・ギャラクシーカーレース開始の場面
観客席で制服姿の魔美と高畑さんが応援している。

・レース開始後の複数場面
ドラミとパワえもんの観客席後方に
「わが子・スーパーマン」のタダシ(少年)が座っている。

・アヒル号が「かっこ悪い!」と観客に笑われる場面
観客席に「休日のガンマン」の鈴木(ジェシイ・ジェイムズ)と
郷田(ワイルド・ビル・ヒコック)が居る。


・放棄宇宙ステーションのステージ
次々リタイアしていく選手たちの名前がほぼ全員Fキャラ。

魔土災炎
ヨドバ アキバ (下の名前ありましたっけ?)
ジャングル黒べえ
ウメ星デンカ
左江内 ヒトオ (同じく下の名前??)
フカミ みどり 
 (みどりの守り神のみどりさんだよね?
 きゃぷてんボンのみどりちゃんじゃないよね?)
獅子花夫 (ハナさん)
西郷強 (ゴジラ)
ポコニャン(と)太郎
トッヂ・ドッチ 
 (21エモンアニメ版のキャラだったような…?)
坂口五郎 (みどりの守り神)
オバケのおZ
卓見コー作 (宙犬トッピ)
並平凡
リーム・ストリーム
ワントナック公爵
大山法善 (パーやん)
河合伊奈子
ドン石川
山田タツ夫 (パジャママン)
木手英一
バンボルグ博士
大江山 マサオ (下の名前の初出が思い出せません…)
神成 ライゾウ(同じく)
須方カワル
バケ田バケル
市川ヒロシ (なぜかA作品から参戦してる)
鈴木太郎 (ひとりぼっちの宇宙戦争)


記憶が怪しいところもありますが、
大体こんな感じだったかと。

このカーレース参加者の中では
「チャンク フトキチ」と
「コヅネ サブロウ」
が謎です。

フトキチさんは場面のつながりからして、
直前のカットで車ごと突き落とされた
ブタさんレーサーの名前かなあという気もするのですが、
コヅネサブロウさんがいよいよ判らない。

他のFファンの方と意見を交換させて頂いたところ、
某Wikipediaでチンプイの
「木常コン三郎」(きつねこんざぶろう)が
「こづね-さぶろう」(ハイフンは『コン』の省略)
と表記されていることを(11年9月12日時点
そのまま転用してしまったのではないか?
という推論に至りました。

これ…なのかなあ??


ともあれ、リームとぼんは
なんで同じチームじゃないんだー!とか、
カワルは別々に体を動かせるだけじゃなくて、
車の運転まで別にできるのか!?とか
ヨドバシってアキバにできたの6年前じゃなかったっけ?
等々、ツッコミどころもあって面白いので、
ぜひ一時停止して確認してみましょう。
ヒロシくんだけA作品なのも気になりますが……


Fキャラと関係ないところでは、
関東地方で9月3日放送の
「シルシルミシル特別号 藤子ミュージアムオープン記念SP」で
特集を組まれた関係で、
セカンドステージのゲートで追い抜いたレーサーが
いとうせいこうさん演じるキャラだったり、
この番組の鳥のマスコットキャラが
廃棄宇宙ステーションの壁に描かれていたりという
コラボレーション?もありました。


 ◇


「F組 あいうえお!」

「銀河グランプリ」が感動的なエンドを迎え、
Fミュージアムオープン当日の映像も流れ、
ああ、これで今年のドラ誕も終わりかー
と、誰しもが思った瞬間にやってきた!

作詞の斉藤謙策さん、
作・編曲ジャック・伝・ヨールさんは
「タコDEポン!アシHAポン!」の
コンビでもいらっしゃいますね。
(何者でしょう……?)

そして歌うは
映画「新・のび太と鉄人兵団」でピッポ役を演じられた
小林由美子さん!
と、「F思議な仲間たち」ってのも謎ですが、
まさかドラでまた小林さんの歌声を聴けるとは思わなかったので、
感無量です。


……前置きはいい。

ジャン黒が! タカネさんが!
オバQが! モッコロが!
リーム!リーム!
トッピとか! ミウミウとか!
空夫いるじゃん! ハブられまくってたのについにやったね!!
わーワーキャー!


いや、何これ。
よく動くアニメというよりは、
一枚絵をつないだような感じではあるのですが、
ノリよい曲に合わせてテンポ良く、
何度も何度も再生してしてしまいます。
征地球論の宇宙人とか誰が喜ぶんだー!
だがそれがいい!


9月17日現在、
テレ朝動画サイト内で無料配信されていますので、
放送を見逃した方もぜひご覧になってみてください。

「ウナカ ウナカ メユ メユ Ha!」
が脳内エンドレス再生されて困るけふこの頃。

テンポが二回変わるなど、曲としても
かなり印象に残りますよね。

10月19日発売予定の
藤子・F・不二雄 アニメ主題歌・挿入歌集」に
収録されるとのことです。

嬉しいのですが、でもこの曲は映像が付いてのものだよなあ。
なにかの映像特典になってくれないかなあ。

「Ha!」でF先生がセンターに居るのは
正直ちょっと引いた部分もあるのですが、
実は納戸理人先生かもしれないし(笑)


最後のカットで机の上の原稿に
「月明かり〜」の場面が描かれているのもニクいですね。
ロボやら宇宙人やらがゾロゾロ木に登っている中で、
パーマン一号だけ人間というのが凄い画……
あ、黒べえと赤べえも居たか。
ごめん! ついうっかりユカイな仲間たちの方にカウントしてた!

こういう危ない発言ができるのも
(危ないことには変わりないのですが)
信じられず夢のようでありますね。
メユ、メユ、Ha!

あとは、魔美やリームは年齢でアウトなんだろうなあとか、
あれ?ルナちゃんとかマリコはマイナーだから?とか、
ゆりかちゃんとかエミちゃんとかみどりちゃんとか
「幼女セット」があっても良いんじゃないかとか、
出木杉、パーやん、高畑さん、ハカセが踊る
誰得な「秀才セット」はいかがとか、
内木くんと凡と未来と流血鬼の主人公とで
「『うわ、区別つかねえ!』セット」とかも
ついつい夢見てしまいます。

もちろん実現する訳がないのですが、
そんな妄想をしようなどという発想すらなかったので、
本当に凄い映像だなあと実感します。


ファンの方々が取り組まれている企画も楽しみですし、
F全集も第三期スタート、
ドラえもん誕生100年前のカウントダウンもはじまり、
まだまだ盛り上がっていけることを、
本当に幸せに感じます。

感覚が麻痺してしまわないよう、
ここまでの長い道のりがあってのことだと
忘れないようにしたいなあと思います。


 ◇

次のオンエアは10月7日のアニメドラでしょうか。
果たして「あいうえお」の続きはあるのか……
CDの発売も含め、待ち遠しいです!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 22
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわこんばんはおはようございます。F組あいうえお、多分その内DVDの映像特典とかCDのボーナストラックに入るでしょうね個人的にボーカルは
水田さんか大原さんが良かったかなとも思ってます、勿論彼女の歌唱力は新鉄で既に知ってるし全然オッケー何ですがせっかくF組の代表作なのですからね(^^;でもアニメも素晴らしかった!
あっジャック・デン・ヨールさんは同じシンエイ作品である「ジャングルはいつもハレのちグゥ」の挿入歌「不思議なジャングル」やエンディングも担当されてました、かなり独特な曲を作る方です。機会があったら検索してみてください(^^)
高山洋子
2011/09/18 18:07
こんにちはこんばんはおはようありがとうございます! 
大原さんや水田さんの曲もまた聴きたかったですね。
アニメはたくさんのFキャラが次々に登場して、本当にわくわくしました! 
ジャック・伝・ヨールさんは「ジャングルはいつもハレのちグゥ」の曲も手がけられていたのですね。情報ありがとうございます! 機会がありましたらぜひ聴いてみたいです。
春巻き
2011/09/18 23:27
CD出るんですね。
情報ありがとうございます!
僕はのぶドラ時代を知らない若い世代なのですが、再放送でモジャ公とキテレツを見ていて、CDが欲しくなりました。
「恋人が宇宙人なら」が好きです。

もしかしたら知ってるかもしれませんが、新のび太の鉄人兵団が12月7日にBD発売されるみたいですよ‼
とても嬉しいです。


2011/09/19 11:40
こんばんは。
「藤子・F・不二雄 アニメ主題歌・挿入歌集」は残念ながら主題歌全曲網羅とはいかないですが、手軽にいろんなF作品の曲が聴けるようになるのは嬉しいですよね。 
なによりF組あいうえお!も入りますし。
「恋人が宇宙人なら」いいですよね! 私もモジャ公の再放送を見ているのですが、EDは飛ばさずにいつも聴いています。

新鉄人兵団のブルーレイディスク発売は飛び上がって喜びました。綺麗な画質と特典が楽しみです!
春巻き
2011/09/19 23:06
F組あいうえお
はメジャーな作品ばかりじゃなく黒ベエや
みきおとミキオやバケルくんなどマイナーな作品も出てるのがうれしいです
できれば かきくけこ からもやってもらいたいですね
後 銀河グランプリの ブログは 長すぎて僕のケータイでは全て読むことは出来ませんでした。
ボンタ
2011/09/20 00:51
こんばんは。
「F組あいうえお!」は「あ!あのキャラが!」という感動と驚きがいっぱいでした。
「かきくけこ」があるかどうかも気になりますね。

>「銀河グランプリ」の携帯表示につきまして

今年も長い文章になってしまい、申し訳ございませんでした…… 
分割した記事を作成しましたので、よろしければこちらをご参照ください。

2011ドラ誕生日スペシャルその1
http://green-leaves.at.webry.info/201109/article_6.html
2011ドラ誕生日スペシャルその2
http://green-leaves.at.webry.info/201109/article_7.html

このブログの携帯版のトップページはこちらです。
http://m.webry.info/at/green-leaves/index.htm
春巻き
2011/09/22 00:38
通りすがり失礼します。

突然ですが……
貴方何者ですか(笑)
どれだけ詳しいんですか(^^;)
自分もかなり詳しいと思っていたのに脱帽です。
まあ、自分はドラえもんやパーマン、その他てんとう虫コミックスでの情報が主ですが。

「ドラえもん」を検索キーワードにして此処に辿り着いたんですが、来て良かったです。
ネットでは未だに声優交代を非難したり、今のドラえもんを非難したりする人が居る中(その人達がドラえもんを観てるか謎ですが。)、ちゃんとした評価をしている人が居て嬉しいです。
また機会があれば読ませていただきますので、頑張って下さい。

因みに、自分はアメブロ等でブログを不定期に書いています(ドラえもんについてだけでは無いですが。)ので、暇潰しで良いので来て下さいね。
では(^-^)/
夢月葵
2011/10/30 09:11
夢月葵さんこんばんは。
マニアックな記事でしたが、ご覧いただきましてありがとうございます。
藤子作品に関する知識はもっともっと凄い方がたくさんいらっしゃるので、まだまだ勉強を続けるばかりですが、少しでもなるほどと思っていただける箇所がありましたら嬉しいです。

2005年からの現アニメドラえもんに関しては、まだまだ受け入れて頂けない部分もあるようですが、少なくとも楽しんでいる人間は居るし、こんな感じに楽しいんだよということを伝えられたらと思って記事を書いております。
またご覧頂けましたら幸いです。
夢月さんのブログも拝見しました。自分は誕生日SPのゲスト声優さんについてはあまり触れられなかったので、改めてすごい回だったのだなと感じました。
春巻き(管理人)
2011/10/30 19:27
タダシ君の隣に座ってる人って、ゾンビーじゃないでしょうか
ミラクルマン
2012/07/08 20:01
こんにちは。
情報ありがとうございます!
早速原作短編片手に見直してみました。本当にゾンビー(の中の人)ですね!
改めてこの回はすみずみまでお楽しみがいっぱいだったのだなと感じました。
春巻き
2012/07/09 21:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
「F組 あいうえお!」と「銀河グランプリ」のモブFキャラについて 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる