今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん11年10月7日放送感想その1(あなたの良い所もらいます)

<<   作成日時 : 2011/10/09 10:53   >>

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 3

野比のび太が丹精をこめたマッサージで搾り出した
出木杉くんの(頭脳の)エキス。
こいつをおでこに貼れば100点間違いなし!
さぁー買った買った! まずは1万円から!(嘘)


約一ヶ月ぶりのアニメ「ドラえもん」。
また次週はおやすみですが、
忙しい日々を乗り切って鑑賞するひとときは
本当に幸せですね!


あなたの良い所もらいます →アニメオリジナル

他の人の体に蛇口を取り付けて、
その部分の特徴や性能のエキスをパッチに抽出する道具
「エキス・パーツ」の話。

のび太の鼻に取り付けたのに、
鼻の性能を得るのではなく「のび太の顔」に変身したり、
逆に出木杉の頭のエキスでは、髪型の変化に留まったりと、
道具の効果にはいささか不明な点も残るのですが、
ある意味その曖昧さが、本人たちも知らなかったということで、
あのオチに結びついた…のでしょうか。

ともあれ、良い意味でツッコミどころ満載なお話でした。
画面の見せ方も「おおっ」と引き込まれる部分が
多かったように思えます。

というわけで以下流れに沿ってツッコミをば。


・出木杉の爪のあか

今日も今日とて0点ののび太。
スネちゃまの「出木杉の爪のあかでも煎じて飲めば
少しは頭良くなるんじゃないの?」
という発言を真に受けて、本人に直接おねだりしますが、
我らが出木杉くんは「そんなの迷信だよ。汚いし」と
困り顔で、しかしきっぱりと拒絶。
迷信はともかく「汚いし」が冷静で彼らしいですね。

とはいえ「出木杉の爪のあか」は
結構需要あるんじゃないかなあと思ったり。
効果なくても構わないからFミュージアムあたりで
販売してくれませんかねえ?
ひと袋3グラム入り、三袋セットで580円!
中身はただのきな粉で、殆どパッケージのお値段というやつ(笑)


・「どう? ぼく足長い?」(ドラ)

「おかえり」と帰ってきたのび太を迎えたドラえもん。
しかしその丸顔がなんだかいつもより上にある……?

と、思ったら、みょーんと長い足が生えている! キモっ!
「みんなで体をとりかえっこ」の悪夢再び!
ここでのび太視点で動くカメラが良いんですよねえ。
見慣れた青丸タヌキの体の下になんかある!という衝撃が。

3丁目の佐々木さんちのクロ(猫)に短足を笑われたから、
ママの足(のエキス)を借りたんだということですが……
いや、そのりくつはおかしい。
ドラ自身は何も変わってないし、
どっちにしろ笑うか引くかだから。
「とりかえっこ」のときにミイちゃんに嫌われたのを忘れたのか!


・「おねしょじゃ口」にあらず

「エキス・パーツ」の蛇口は
どっかで見たようなデザインですが、気のせいです。
エキスを抽出するためには「マッサージ」が必要という
面倒くさい…いえ、理にかなった手順が組み込まれています。
そう、ノーコストで奇跡は起せないのです。
魔法を使うのに呪文やMPが必要なように、
大いなる力にはそれ相応の対価をはらわねばなりません!

てなことをスタッフが考えたかどうかは不明ですが、
マッサージというひと手間があるおかげで、
絵的にもお話としても面白いことになってるのは
なるほどなあという感じ。
つまりドラは玉子さんのおみ足をモミモミしたんですね。
あのだんごの様な手で。
あのスカートから伸びるすらりとした人妻の足を!?


・「ムッキムキの人からエキスをもらおう!」(のび太)

ということで、のび太がいつもの公園に赴くと、
ベンチには丁度ムッキムキの人が座っていました。
めでたしめでたし。

って、ちょっと待てぇぇぇえええっ!
なんでそう都合よく筋肉質の人が座ってるんだよ!
ママの足を生やしたドラ、いや、出木杉の爪のあかの時点から
若干キてましたが、もうここで完全に振り切れました。

なぜそうなる? 何故誰もツッコまない?
当たり前さ! のび太のまちだもの!
完全にこのノリで二本目まで突っ走りましたね。
むしろ長い休みの後ほど
ぶっ壊れた話を持ってくる傾向があるかなあ。
コタツとか野比ホテルとかお菓子ランドとか。
実に素晴らしいことです。


ムッキムキの人は突然現れたメガネの少年を
不審に思うこともなく、マッサージを受け、
自らの腕に取り付けられた怪しい蛇口と滴る液体も気にかけず、
爽やかに立ち去っていきました。
こういう方ばかりのまちだと、
未来の胡散臭い道具の使い甲斐もありますね。


・「はあ…つまんねえ、
なんかおもしろい事ねえかな?」
(ジャイアン)

まんまる頭の短足ロボットが居候するこのまちでは
退屈とも無縁ですね。
という訳で「おもしろい事」=のび太が、
シオマネキのように片方だけムキムキの腕を掲げて
ケンカを売ってきました。
見るからにおもしろいですが、
のび太ごときに殴られるのはおもしろくないですね。
ということでお約束どおり、
無駄にカッコイイ戦闘モーションの後、
まさにヒットする瞬間に元の貧弱な腕に戻ってしまったのび太。
殴りかかってきた奴を返り討ちにするのは、
まったくもって問題ないでしょう。
というか殴り放題! 
剛田さんにとってこれほどおもしろい事もないでしょう!?


・足田駿(あしだはやお)くん

唐突にフルネームで呼ばれたクラスメイト少年A。
漢字表記つきです。クレジットにも載ってます。
もっと他に名前を付けて欲しい子も居るのですが、
その辺をすっとばして「足田駿くん」ってのが相変わらずです。
アーサー…いや、浅間けんじくんとか。

最初で最後かもしれない登場ですが、
さすがにのび太のクラスメイトだけあって、
突然のび太が「マッサージしてあげるよ」と申し出ても
全く動じないどころか素直に喜んでいます。
足が速い上に純粋でいい子ですね。一発キャラだけど。

実際のところ、足だけが別人の速さを手に入れても、
上体がついてこないと効果はあまり望めない気がするのですが、
そのへんはどうなんでしょう。
室山まゆみ(まりこ)先生で言うところの、
「かけっこの遅いやつの走り方
(足は急ごうとするが体がついていかない)」っていうアレ。


・野比のび太ご奉仕タイム(いろんな意味で)

味をしめたのび太は調理実習、音楽と
専科の先生の能力を手に入れて大活躍!
エプロン&三角巾姿で鉄鍋を振り、
いち児童の分際でなぜかピアノを華麗に独奏してみせる!
のび太のくせに妙に似合うぞカッコいいぞ!

家庭科や音楽の先生も蛇口に何の疑問も抱かずに、
男子児童のマッサージを受けてますが、何なんですかねコレ。
ジャイアンもしずかも出木杉も素直に感動しちゃってますが、
この人たち揃いも揃って
野比さんの輝かしい前科を忘れちゃったんでしょうか。

と、そこでこの番組随一のめい探偵スネ夫くんが
「絶対に変だ」と気づいてくれました。
ああ…スネ夫……それこそがまともな反応!
きみだけが月見台の希望の星だよ!
たまに「ジャイアン殺人事件」とか妙な方向へ吹っ飛ぶけど。


・光と闇の対峙

作品きっての役者属性も持つ骨川さんは、
「ママが病気でもうダメざますって言ってるんだ」と
泣き落としで出木杉の頭のエキスを奪う作戦に出ました。

全編ツッコミどころだらけのユカイなお話ではありますが、
この場面での光の使い方が素晴らしく……!
まずズルをして能力を得てきたのび太を
廊下の影になっている位置に立たせ、
追い詰める側、そして一芝居打つスネ夫を
差し込む光のもとに立たせ、さながら舞台照明の様を呈します。
作り手が意図して配置しているのはもちろんなのですが、
スネ夫の熱演を見る限り、
スネ夫自身がそこまで計算しているようでもあって、
底知れぬ恐ろしさを感じさせますね。
のび太をじっと見つめる画も迫力あった……!


・見た目はスネツグ? 頭脳は出木杉! めい探偵(略

かくして出木杉のエキスを手に入れたスネ夫。
教室の最前列、先生の目の前の席
「のび太なんて騙すの簡単」「これで100点間違いなし」
と堂々としゃべっているのみならず、
髪型が別人のように変化しているのですが、
これに気づかないのび太の先生って何者なんでしょうね。
……ああ月見台効果!

顔が完全に出木杉にはならず、
髪形だけで済んだのが幸いなんでしょうか。
ギザギザの数が変わっただけで一大事、
アイデンティティーの一部であるはずの
スネ夫ヘアーを失っておりますが、
全く動じておりません。
お馬鹿だから気づいていないというよりは、
むしろ思考の大半が出木杉に取って代わられているって
ことなのかなあ…と好意的解釈。

ドラがのび太になった時は顔の造形のみで、
中身(思考)はドラでしたが、
その辺の任意調整はできるのでしょうか。

「人体とりかえ機」が頭をとりかえる
=首から下の交換になっていた事を考えると、
より目的にかなった使い方のできる道具ではありますが、
髪型のみならず自分の名前すらも喪失してしまうというのは、
考えようによっては怖いですよね。
他人の頭の良さを手に入れるというのは、
自分が何者であるか、なにを判断基準とするか、
そうしたものをひっくるめてのことなのだなあと、
ギャグ話の中にも妙に納得。

矛盾している部分もある気がしますが、
そうやって乗ってみるのも面白いですね。
もちろん安心・定番のスネちゃま自爆オチとして
笑って楽しむこともできます。


 ◇

と、いうことで
さんざん調子に乗りながらも、
のびちゃんは自爆を回避できたというお話でしたー
他人を押しのけてまでズルしなかったのは
さすがというところでしょうか。
インチキには違いありませんが。

後日、「またマッサージしてよ」と
先生やママにご指名を受ける
のびドラの姿があったら面白いなとも想像。



二本目の「のび太王にはさからえない」の感想へ続きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
春巻きさんお久しぶりです!今までコメントできなくてすみません。やっと一息ついたので…気を取り直して感想いきます!

今回のお話はなんとなくカービィのコピー能力を思い出しました。他人の能力をそのまま自分に取り込むなんて…少しうらやましいです。ドラえもんの足もかなり不気味でしたが、個人的には顔はのび太、体はドラえもんというあの状態はものすごくキテました。ところで喉から下はどうなるんでしょうか?のび太顔でも声はドラえもんだったので…
ご都合主義な展開は個人的に好きですが、なんとなく話の流れがゆっくりで淡白だったような…?暴走する話では場面が次々変わりますが、今回は同じ場面で割と長い間変わらなかった印象を受けました。放送に少し期間があいたからでしょうか?
スネ夫のオチは少し無理やりな感じを受けましたが、なるほどな〜とも思えました。確かに自分の名前を失うのは怖いですね。地味にのび太が20点を取っていたのがすごかったです。まぁ30点で普通の子が90点ぐらいを取ったかのように喜ぶのび太のママですから、今回は堂々とテストを見せるんでしょうね。
りっくん
2011/10/15 20:33
言い忘れました。次にコメントするときから名前を[りく]に変えます。
りっくん
2011/10/15 21:07
こんばんは。
お忙しい中感想をご覧いただきましてありがとうございます!

のび太の顔でドラの声というのは確かに不思議ですよね。
今回は細かい部分がよく考えると首をひねるところもあるのですが、絵的なインパクトで突っ走っていった感じがあります。
それでいてスネ夫に出木杉エキスを渡す場面など、確かにゆっくりと間を取っていた部分もありましたね。コワレ系の中にも緩急のある話だったかと思います。
のび太の20点は地味に頑張っていますよね。

HNの件も了承しました。またよろしくお願いします。
春巻き
2011/10/15 23:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん11年10月7日放送感想その1(あなたの良い所もらいます) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる