今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS 神無月のFミュージアム!(9月との変更点、カフェメニュー、Fシアターなど)

<<   作成日時 : 2011/10/31 01:45   >>

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 2

ということで、先日3回目の
藤子・F・不二雄ミュージアム探訪をしてきました。
今回の記事では9月に訪れた際との変更点や、
職員の方に質問してきた事項、
カフェのメニューについてを簡単にまとめたいと思います。


Fミュージアム感想1(行く前の注意点とネタバレ少な目の感想)
Fミュージアム感想2(展示詳細について)
は上記リンクを参照。


※ミュージアムの詳細に触れる記述があります。
いわゆるネタバレ要素を含みますのでご注意ください。



今回の訪問は2011年10月23日日曜日、10:00の回。
以下の様子もこの時点のものになりますので、
その旨ご了承ください。


 ◇


さて今回もQちゃんバスに揺られてやって来ました
藤子・F・不二雄ミュージアム!

しかしながら開館前から並ぶはずの予定が狂い、
結局館内に入れたのは10:20過ぎ、
これはヤバイ!と焦りながらも受付で
前回気になっていた質問をしてみます。

「エントランスの時計で
文字盤の4時が『Fujiko』になっているのは何故ですか?」

「音楽好きだったF先生にちなんで、
1234…をCDEFの音階に置き換えると、
『4』時が『F』になるからです」


なるほど……
「Four」のFかとも思っていたのですが、
音階のFとは。
目から鱗の思いです。

特に驚かれること無く回答頂けたということは、
はじめから研修済みで、
他に質問される方もいるのでしょうね。


謎がひとつ解けたところで、
「おはなしデンワ」を受け取らず、
一目散に3階カフェへと向かいます。

既にプレートには30分待ちの文字が。
むむ、今10時半で30分経つと
11時までの限定メニュー「先生の朝食」が食べられるか
ギリギリではないか。
こういう場合もやっぱりダメなのかなあ。
係の方にうかがってみると、
(微妙な時間でも)残っていれば対応できるかもしれないので、
その旨伝えてくださいとのこと。
それならなんとかなる…かな?
前回の経験からいくと、実際の待ち時間はボードより若干短いようだし。


と、いうことで番号札を受け取り、
順番が来るまでにショップで買い物をすることに。

とてとてと、階段を下っていって驚きました。
な、なんかグッズ減ってる!?

いや、ミニフィギュア「Fコレクション」など、
前回訪問時には売り切れだったもので
再入荷しているのもありましたが、
全体的に種類が減っているというか、
もしかしたら棚一列少なくなっていない?
というぐらいの印象に。

パーマンバッジとか初期ドラぬいぐるみ、
ドラミマスコット、メジャーどころのクリアファイルなどが
品切れになっていたように思います。
個人的に泣いて喜んだオバQやモンガーは健在。
ちょっぴりフクザツなものがありますが……

ともあれ、商品が時期によって変動するのは
ある程度は仕方ないと思いますが、
入館の時期によって買える人買えない人が出る……
むしろそのグッズの存在を知らないままかもしれないというのは
ちょっとどうにかならないものかなあとも感じました。

私も、開館まもない時期に訪れた方の情報のおかげで、
Fコレクションの存在を知ることが出来ましたので、
非常に難しい問題でしょうか。


そんなことを考えつつも、グッズを物色。
恐ろしいことに、軍資金を下ろし忘れていたことに、
登戸駅まで来てから気がついたので、
必死で頭の中で電卓を叩きながらカゴへ入れていきます。

いや、普通の方なら十分足りる額だと思うのですが……
FコレクションとかFコレクションが素晴らしすぎて。
それ以外にも今回は友人へのお土産を買う目的があり、
なおさら予算の配分に苦しみます。

そうこうしていると気づけば11時間近。
ヤバイヤバイヤバイとつぶやきながら
一目散にカフェへと階段をかけのぼります。
……なんか数十分前にも同じようなことをやった気がしますが、
計画性は次回への課題としておきます。

ぜはーぜはーと息を切らしながら受付へ。
どうにかレジに並ぶことが出来ましたが、
そこでも既に何組かの列が。
11時が迫る!
気は焦りましたが、どうにか3分前に注文を済ませ、
ようやくひと心地つくことができました。
ふう、お金もどうにか間に合った。
ちょっと危なかったのは秘密。

次回に備えてカフェのメニューをデジカメで撮影していると
「先生の朝食」と抹茶玄米茶が到着。

おお〜〜〜これが!

あ、しまった……


これから召し上がる方のために詳細は伏せますが、
セットに飲み物が含まれますので、
他に頼む必要はないかもしれません。

最後に抹茶玄米茶が残ってしまい、
結構頑張ってごくごく飲むことになりました。

「先生の朝食」には
解説カードが付属しますので、
そちらを読んだ上で頂くと、格別の味わいです。
これまで食べてきたどんな朝食とも違う、
「百年後のおかし」風に言うと
「ひとくちごとにジ〜ンと心にしみるあじだ」
という感じで。
感慨が最高の調味料ですね。

お値段は600円でした。


さて、念願の「先生の朝食」も堪能したし、
そろそろごちそうさま……
いや、アレを訊かねばなるまい。

「ジャイアンシチューがカフェに登場するのはいつですか?」

「11月〜2月末を予定していますが、
いろいろと試してみていて、その準備が若干遅れてしまっているので
11月の1日からとはいかない感じです。
終わりが2月というのも、確定ではありません」

「12月なら食べられそうですか?」

「それは大丈夫だと思います」


言葉の詳細は違うと思いますが、
係の方にうかがった大意はこんな感じかと。

どうしても食べてみたいので、
次回の訪問はぜひともジャイアンシチューを狙いたいと思います。
たくわんとか大福は別添えでトッピング(?)とかかなあ。
色がアブなくなる食材としてビーツは入ると睨んでいますが
どうなるでしょうか。
塩辛は勘弁……


さて、カフェをあとにしまして、
次に向かうのはFシアター。
9月と上映作品が替わっているということで
こちらも楽しみにしていました。

上映スケジュールには不明な点も多かったので、
こちらも係の方にうかがってみます。

「Fシアターの上映作品は月替わりですか?」

「9月と替わっているのは本当ですが、
毎月替わると決まっていませんし、
時期も1日とはかぎりません。
今回の二本立ては10月5日からでした」

「9月の作品の再上映の予定はありますか?」

「ごめんなさい、それも未定なんですよ……」


感じよく対応して頂けたのですが、
正直、ミュージアムの方針として秘密なのか、
準備が遅れているためなのかはどちらとも判別が付かない感じでした。
10月23日なら、
ある程度11月の予定は定まっていると思うのですけど……


ともあれ、2011年10月の上映作品は
「真夜中のミュージアム」と
「どたばたコンサート」の二本立て。
アニメーションではなく、
F全集のCMのように漫画絵を動かしているような作品です。
効果音はありますが、セリフはなし。

キャラの使いどころとか、ストーリーは練られていて、
これはこれで非常に楽しい作品だったと思います。
魔美さんがギャグ方面で大活躍(?)していました。
「みんなのひろば」の「ある物」にまつわる秘密も明らかになります。

上映が終わった後、それを探してしっかり撮影してきました。


その後はミュージアム限定のプリクラを撮影。
ひとりですし、自分が写っていると台無しなので、
主にフレーム絵柄を集める目的で撮影に挑みます。

モジャ公マスコットとポコニャンマスコットを構えてみたのですが、
めっちゃくちゃ白とびするように調整されていて、
まともに写っておりません。

とりあえずこんな絵柄でした。
例によってクリックで拡大します。

左側不自然な位置のドラ焼きはピースサイン隠し。


オールキャラ絵柄その1とその2。
何かがボタンチラリと写っていますが気のせいです。
無難ではありますが、
ちょっと面白みに欠ける絵柄かもしれませんね。


続いてはこちら。

すっかり空夫が愛しい今日この頃。だって各所の扱いがあまりに不遇だから(笑)


オールキャラ絵柄その3と、
モジャ公マスコットに合わせたモジャ公フレームです。
残念ながらポコニャンフレームはありませんでした。

不自然なところにあるドラ焼きは衣服隠しのためですので、
本来は存在しません。

というかモジャ公のプリクラですよ!
すごいですよね、すごいよね、いやまさかまさかさすがさすが!
ますますもって自分の顔など写す気にもなりません。

実は21エモンフレームも撮ったのですけれど、
思いっきり普通に自分の顔を撮ってしまったので永久に封印決定。
勿体無いことをした……

オールキャラ絵柄その3は
ぼんが絵の具の水に落ちていたり、
ドロンパとQちゃんがペンで戦っていたりと楽しい絵柄なので、
おススメです。



さて、かなり順序が逆のような気もしますが、
改めて展示を見て回ることに。
おはなしデンワを受け取って、
展示室2から1へと逆戻りして、みたび鑑賞に入ります。

原画の迫力はやはり圧倒的なのですが、
何点かは9月と異なり複製原画になっていたようでした。
どれがというのはあまり明確でないのですが、
あれ?これ先月は原画じゃなかったっけ?
というのがチラホラ。
「みどりの守り神」と「ミノタウロスの皿」が
複製原画になっていたのが特に残念です。

貴重な原稿を守るために仕方がないのですが、
コマの切り貼りはさすがに原画じゃないとわかりにくいんだよなあ……
(立体的に見えるため)

Fミュージアム感想その2の記述に
微妙な勘違いがあったことに気づいたので、
帰宅後こっそり直しておきました。
気がついた方いらっしゃいましたらナイショにしておいてください。

その他は展示作品(順序、ラインナップ)に大きな変更はなし。
細かい部分はわかりませんが、
とりあえずそんな様子ではありました。

もちろん「先生の部屋」でぼーっと見上げるのも忘れなく。
くずかごの中身については、
先日のHYPER HOBBY11月号の
むぎわら先生のインタビューを読んだため、
特になるほどなるほどと見てくることができました。
甘栗は初回から気になっていたんだよなあ。

先生の手紙と例の作品に貼りついた後は
はらっぱへ移動。
先日訪れた時よりも芝生が少し育っていますね。キーキー!

ああなるほど、ピー助の目線がこちらを向いているなあと確認し、
アニメ版で放送があったばかりのウマタケをニコニコしながら眺めます。

そうしているとちょうど通りかかった男の子が
「あ! 女の子(のウマタケ)もいるんだよ!」
「女の子いないねー」
と話していたのが聞こえてきて、
ニコニコがニタニタへクラスアップしました。
よしよし、ちゃんとアニメも見てますね。

Nさんに捧げます。ボケちゃってて申し訳ないのですが……


子どもたちが最初はわからなかった小ネタも、
二度三度訪れた時に
あ!と気づいてくれる瞬間があるといいですね。

それは私たちにも言えることでもあります。


そんな想いにふけりながら、
一部で話題になっていたテイクアウトのドラドラ焼きをぱくり。

販売者は書いてありましたが、製造者が書いていなかったのがちょっと気になりました。


「ドラ焼」表記なのが嬉しいですね。
一個200円はちょっとお高いですが……
中身は一緒で、ドラの焼き印が三種類あります。
光で飛んでしまいましたが、右上は「3口」のドラ。
肝心のドラ焼きは美味しく頂いたので写真がありません(オイ)


と、そんなこんなで堪能した三回目のFミュージアム。
はらっぱの上、一番高い場所にあるテラスから
F先生の自宅があった(とおぼしき)方向を眺め、
つぎに眼下に広がるドラキャラレリーフの橋を眺め、
この施設の完成で大きく変化を遂げたであろう、
登戸〜宿河原〜向ヶ丘遊園の街並みを眺めます。

本当に「藤子・F・不二雄ミュージアム」が出来たんですね。
一、二回目はとにかく全てを見逃すまいと必死でしたが、
今回は少し落ち着いた心持ちで見て回ることができたようです。

時刻は14時過ぎ。
入館から4時間余りが経過。
またやって来ることを誓い、この場所をあとにしました。


 ◇


と、いうことでみたび訪れたFミュージアム。
勝手知ったる部分もあれど、
まだまだ味わいきれない要素もあり、
今回もとても楽しむことが出来ました。


期間限定の展示ではなく、
この場所に在り続ける夢のミュージアム。

また訪れる日を楽しみにしたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

Fミュージアム3回目ですか!!
羨ましいです。
僕は、11月、12月に1枚づつチケットを買いました(12月のチケットは昨日必死に電話をかけて入手。)

↑の記事とても参考になりました。
時計なんか見向きもしなかったので、2回目行く時(11月)は細かい所までチェックしようと思います。
本当に毎回毎回僕の知らない事を教えてくれてありがとうございます。(感謝です!!)

ミュージアムショップ限定販売の「Fコレクション」いいですね〜〜。(まだ現物は見てませんが、、。)
個人的には、商品化が少ない「ワンダユウ」や「オバQ・O次郎」メジャーな「ドラえもん」「コロ助」までお手ごろな価格で素晴らしいシリーズだと思います。

(「黒べえ」「宙ポコ」「Uボー」の商品化も希望)

次回のミュージアムでいくら使っちゃうか、、、、、、、恐ろしいです。

「ジャイアンシチュー」も楽しみですね。
どんな味になるのか、、、、。

これからもミュージアムで気づいた事色々教えてください!
次回の記事も楽しみにしていま〜す。
それでは。
藤子Fオタク
2011/10/31 15:45
こんばんは。いつもありがとうございます。

11月のミュージアム行かれるのですね! 
私は11月分はチケットが手に入らなかったので、ぜひ楽しんできてください。また新たな発見があると良いですね。

Fコレクションは本当に素晴らしいアイテムでした! ドロンパ&P子のツーショットや、パー子さんの華麗なポーズにメロメロです。どれもこれもほしくなる感じなので、お財布との相談が大変ですよね。
次回は12月に行けたらと考えているので、その頃また感想を書けたらと思います。
それでは。
春巻き
2011/10/31 23:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
神無月のFミュージアム!(9月との変更点、カフェメニュー、Fシアターなど) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる