今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん12年2月24日放送感想(テレビ局をはじめたよ&あいつを固めちゃえ)

<<   作成日時 : 2012/03/01 23:25   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

「テレビ局をはじめたよ?」
→「すみませんいつもの番組見たいんですが」 
「あいつを固めちゃえ!」
→「世界は平和になった! ばんざい!?」 
楽しい遊びとメーワクが紙一重の二本立て。


今回はどちらも原作のあるお話でしたが、
元々面白いところはそのままに、
「うぉぉっ! 何この展開!? 面白い!」と
テンションが上がりまくるような
楽しいアレンジでした。


テレビ局をはじめたよ →てんコミ11巻

テレビに出たがるのび太のために、ドラミさんが
家のテレビをカメラや放送局にできる
「インスタントテレビ局」を出してあげる話。


原作はスピンオフ作品「ドラミちゃん」なので、
ドラえもんが居なかった話なのですが、
今回のアニメ化ではドラミとドラがケンカをし、
それぞれのび太、ジャイスネと組んで放送を行い、
醜い 激しい視聴率争いを繰り広げるという
ユカイな物語に仕上がっていました。

おまけにのび太のクラスメイトや月見台の皆さんも
自分が目立とうと出演の機会をうかがっているものですから、
ツッコミ不在で収拾がつきやしない!

現アニメドラ名物のカオスワールドを炸裂させながらも、
「変な顔を映すと視聴率が上がるが、いずれ飽きられる」
などある種皮肉めいたものも盛り込まれ、
なかなか深い話でもあったかもしれません。

その他はひとことずつ。
あらすじは省略でテンション高めでお送りします。


・「クリっとさわやか!」「くりくりあまぐり〜」
小栗旬本人を完全出オチの一瞬のネタで使うとか、
なんだこのアニメ!?
いいぞドンドンやっちゃえ!

・スネ夫が「おぼっちゃマンボ」でテレビ出演……
意外と説得力ありますね。
去年の「おぼっちゃマンボ」の話を見る限り、
結構エンターテイメントとして成立してるし。

・妹のメロンパンを勝手に食べる兄。
微笑ましくもあるけど……
つーか、ドラ! わざわざ妹の好物なんか狙わずに
いつも通りドラ焼き食べてろよ!?
 

・ダークドラミ?ニンマリドラミさん降臨!!
のび太に反射的に自分の味方をさせたあとの
ドラミさんの表情がやべええええええ!
うわーなにこの悪魔の笑みは!?

・「のび太さん、テレビに出たいの?」と、
ドラミさんに問われたのび太が
「でも…無理だよね」と、
ひざを曲げて目線を下げるのがなんかイイ!
ドラに対する態度とはちょっと違って新鮮ですね。
「小柄な女の子ロボット」が部屋に居る日常も良いなあ。

・テレビに出して!と詰め寄るクラスメイト一同の中に
しずかも出木杉も委員長(重力ペンキの時の女の子)も居る!
ちゃんと子どもらしさもある出木杉良いよね。

・『社長』の意味を理解した瞬間に飛び退く皆さん。
変わり身早っ! 特にスネ夫! お前今のび太ツブしてただろ!
期待に違わず「ぼく、社長!」と
増長するのび太さんの表情が最高ですね。
いやいや、あんたは道具を出してもらっただけだから!

・木琴を叩くドラミさんがとってもひじょうにすばらしくキュート。
なんですかもう、この愛らしい存在は。
今回同じことをドラえもんがやっても
サマにならない感じはします。
単にドラとドラミを置き換えただけじゃない画面づくりが
良いなあと感じられますね。
ドラミさんの正座についてはその魅力がもっと世に認められるべき。

・「皆さんお待ちかね、野比のび太ワンマンショー!
すばらし〜い歌やあやとりなどの妙技をたっぷりご覧にいれます!」
この口上がめちゃくちゃ凄いですよ。
「妙技」とか「ご覧にいれる」とか……!
語彙に加え、滑らかに話す技量もとても小学生とは思えません。
というかあやとり実演はマジで見たかったぞ!

・「め〜だ〜か〜のがっこうは〜」(のび太)
エンドレスで繰り返される「めだかの学校」……
状況次第ではちょっとしたホラーかも。
のび太さんは他にレパートリー無いんですかね?
いっそ「風のマジカル」でも良いよ!?

・協力を求めたジャイスネに
「やだよ!」って言うドラの口調がナイス。
フツーの男の子っぽいわさドラ大好きです。

・「特売のコロッケにお昼の食べ残しのおつゆと、
夕べあけたかんづめを、ちゃちゃ〜っと
」……
野比玉子先生のお料理教室…うわリアル! 真に迫ってる!
いや、実際の日々のご飯づくりってこんなもんだよね。うん。
「ちゃちゃ〜っと」のところが
いかにもテキトーという感じでぐっと来ますね。
どっかで使いたい!

「たけし・ドラえもん・スネ夫テレビ」、
略して「TDS」
……ってオイ!
「TSD」でも「SDT」でもなくこの並びかい!
ご近所レベルで二つの放送局が競うあたり、
オバQでも似たような話がありましたね。

・出木杉くんに宿題解説をさせるのび太……
さすがの彼も困った表情をしてますが、
ちゃんと頼みを聞いてあげるんですね。優しいなあ。
のび太さんの外道ぶりが際立ちますが、
「これで人気アップ間違いなしね!」
とか平然と言ってるドラミさん
も相当なものかと……

・「私の出る番組はまだ?」と、
さも当然とばかりに野比家にやってきたしずかさん。
出ることは既に決定なのですか、そうですか。
しかも他の連中に先駆けて出演交渉とか、
結構ずうずう…いい根性…抜け目無…
……しっかりしたステキな女の子デスヨネ。

・しずかに銭湯のCMをやらせようとする発想は、
テレビ的に視聴率的に意外と間違ってないのかも。
そうさ!『※撮影のため、タオルを使用しております』って
テロップ入れれば良いんじゃない?
さあ、その手でみんなお待ちかね入浴ターイム!
……にはなりませんでした、学刈。
ところでドラミさんが入るって発想は無かったのかしら。

・「テレビに変な顔が映ると人気が上がるみたい」(ドラミ)
うわー言い切っちゃったよ! 皮肉が効いてるなあ。
視聴率至上主義のあまり、
もはや「何を放送したいか」は時空乱流の彼方に消えてますね。
というかそこで「さ、のび太さんも!」とサラっと言う
今回のドラミさん最強すぎます。

・「ほら、ドラミちゃんも!」(のび太)
そして何の遠慮もなく女の子に変顔をさせるのび太
結構いい根性してるというか。
それで「わかったわ!」って納得するドラミさんも凄い凄い。
さすがに度胸が据わってますね。
のびドラコンビが馬鹿やってるのは毎度お馴染みなんですが、
このあたりののび太&ドラミの関係性というか、
「少年と女の子ロボット」の組み合わせも良いなあ。
もっとこの二人のエピソードが観たいです。

・「すからがもげちゃん!」(変顔のび太)
「ぷげ〜」(変顔ドラミ)
なんだコレ……? どこの言語だ!?
ドラミさんのあの可愛らしい瞳を
横に引っ張るとこうなるのか……
レアな画というより、のび太と同レベルに堕ちてる感じですね。
スタッフも容赦ないなあ。
賛否あるかもですが、
ドラミさんをも躊躇無くいじり回してるのを見ると
悪い意味の「特別ゲストキャラ扱い」「よそよそしさ」が薄れて、
ちゃんとドラえもん世界の一員なんだなあという感じもしました。

・変顔をやりまくってヨレヨレのふたり。
のび太は髪が乱れてちょっとワイルド(?)に、
ドラミさんはリボンが乱れてちょっとer…げほん、
こういうのも良いですねえ。いや、変な趣味はありませんが。

・かくて飽きられる変顔。
表面的なウケを狙うだけでは
真に視聴者の心を掴むことはできない…ってことですか。
カオスギャグ回においてもさりげなく風刺が効いてます。
それはそのまま
ドラえもんというアニメにも言えることなんですよね。

・そして押し寄せた視聴者が
そのまま出演者になるという酷いオチ。
見るやつも居なければ止められる奴も居ない!
しずかは怪音波を発するバイオリンのリサイタル、
はる夫はプロレス、安雄は変顔(お前もかよ)と、
どいつもこいつも好き勝手のやりたい放題ですね。
フツーに順番に出演すれば、
それはそれで面白かったんじゃないかって気もしますが。

ふむふむ委員長は歌で、髪をおろした素朴な子はバレエで、
独特の愛嬌のある子と悦子ちゃんは漫才か……
今回限りかもしれませんけど、
いつもののび太のクラスメイトにもこうして
ちょっとずつ設定の厚みが出ると良いなあと願います。


結論: これ、家でテレビをフツーに観たかった人が
一番迷惑な話だよね。


と、いうことで、
テレビ局をはじめるのは簡単でも
視聴してもらえるようなコンテンツ作りは難しいという
実に深遠で壮大なお話でした。……たぶん。
のびドラミの意気込みは大きいのに、
やることはまったく行き当たりばったりなのも楽しいですね。

で、視聴率対決と兄妹げんかの決着はどうなった?


 ◇

「あいつを固めちゃえ」 →てんコミ29巻


被写体を撮影した瞬間で固めておけるカメラの話。
道具で遊ぶ楽しさにに加え、
ジャイアンリサイタルからいかに逃れるかという
ハラハラ感が見どころでした。

概ね原作通りに話が流れていったのですが……
え? これってこんなに面白い話だった!?
なにこれ、のびドラめっちゃイキイキしてる!
表情も可愛いし画面も凝ってるし動きが良い!
と、ものすごく新鮮な気持ちで観ることができました。

いや、本当に特別印象に残る話では無かったので、
こんなにパワーアップできるとは驚きでした。
いいなあ、こういうの。
知っている話のつもりでも、
アニメ化で面白さがぐ〜んと広がるって素敵ですね。


以下は良いなあと思ったところについて具体的に。


野比家に差し込まれる怪しげなビラ……
この一枚から全ては始まる!

なんじゃこりゃ?と思わせると同時に不吉さを漂わせておき、
そこへ鼻歌なんか歌って、
これでもかってくらい能天気なのび太が通りかかる…と。
この一連の演出が最高ですね!
ここまでぐっと溜めておいて溜めておいて、
ビラをめくってみればアレですよ。
ドジャーンと「ジャイアンリサイタル」と来たもんだ!
のび太じゃなくても見なかったフリしたいですね。
今回はこの冒頭の緩急の使い分けだけで、
一気に引き込まれてしまいました。

・思案するのび太を天井の方から見下ろす構図良いなあ。
本棚の上のダンボールの開き方とか、こういうの好きです。

・毎度毎度、怪しい道具をこれ見よがしに置いていくドラと、
散々痛い目を見ているはずなのに懲りずに勝手に使うのび太。
お前らの辞書に「学習」の2文字はないのか!?


・頬を赤らめ、
のび太を押し倒すしずかちゃんだとっ!!?(誇張アリ)
ああ、全国1万2千人のしずかファンの叫びが聞こえる……
『のび太!そこをどけ! 自分と代われ!』

・「大変なの! ……やきいもタイムセールよ?」
そりゃ大変だ。急いで買いにいかなくちゃ!
見た瞬間にわかるだろうに、
律儀に読み上げちゃうしずちゃんかわいい。ノリツッコミ?
リサイタル情報を誤魔化すためのカモフラージュとして
これ以上無いナイスチョイスなチラシですね。
きっとしずかも家でチェックしていただろうし。

それにしても、しずかに(結果的に)押し倒させたり、
好きなことを隠してる(つもりの)やきいもについて
恥ずかしがらせたりと、
のび太さんもなかなかやるなあ…ニヤリ。


・ドラ焼きの代わりに右手をかじって
涙目のドラちゃんかわいい。
というかのび太がヒドい……
口をへの字に結んであごを突き出す表情もいいなあ。

・バットで打った瞬間でボールを固定したのに、
そのまま動かしちゃうのびちゃんは馬鹿かわいい。
ていうか何がしたかったんだよのび太は……?
話の構造としては、ガラスを割ってママを怒らせたことで、
家に立て篭もる手が使えなくなったんですね。なるほど。

・「ジャイアンリサイタルの始まりだーっ!」
女の子がスカート姿で体育座りなのが印象的…じゃなかった、
オーディオ機器に「CD」「MD」と書かれていたのが
印象に残りました。
さすがにカセットじゃないけど、
ちょっと懐かしい感じがするのがそれっぽいですね。
いや、ウチもMD普通に使ってますが。ええ。

・「キャッホー! スリル満点〜」(ドラ)
千年杉?から飛び降りて楽しむドラと
リサイタルの苦しみを思い描いてうわの空ののび太。
視聴者は直後の展開を予想してニヤニヤニヤニヤして……
期待に違わず地面に激突するドラ!
いやあ、やってくれましたねー
ドラがめちゃくちゃいい顔で落下してただけに
笑いの威力倍増!
そして空気入れを口にくわえてシュポシュポやるドラ
さらに笑わされました。
「ロボットだったから良いようなものの」って言うけど、
実はゴムマリかなんかじゃないの!?


・「のび太さんはみんなの命を救った英雄よ!」(しずか)
頬を染め、涙をこぼしながら感謝を述べるしずか……
腕まで取っちゃって、ケーキをごちそうしてくれるって!
うわ、なにこののびしず! なにこののびしずのラブラブぶり!
いいぞいいぞ!?うひゃひゃひゃー
他の連中がロクに礼も言わずに逃げ去ったのと比べても、
かなりポイント高いですね。
ドラが「シャッターを押したのはぼくだ」とボヤいてますが、
まさにその通り。なのになぜのび太ばかり優遇する!
まるでのび太しか見えてない感じで、こういうのイイですねえ。
ドラ涙目だけど。


・いっそこのまま固めておけば平和に……
夕食のハンバーグをもぐもぐし、テレビを観て大笑い、
おふろでほかほかタイム、そしておやすみなさーいと、
これでもかと言うほど幸せで平穏なのびドラの日常が
固まったままのジャイアンといい対比ですね。
本っ気で忘れてるなーこいつら!
割れた窓がテープか何かでつないであるのが、
唯一昼間の出来事をとどめているというのも細かくて見事です。


・凍りついた一瞬
原作はシャッターを押す前で終わっていて、
「このあと無事で済むんだろうか……」的
不安を残すオチでしたが、
今回は怒り狂ったジャイアンに、固まったのびドラと、
「間違いなく惨劇が起こる5秒前」なのが怖〜い!
「凍りつくような恐怖」と言いますが、
まさに「凍りついちゃってる恐怖」なところも上手い。
ジャイアンにしても同じことが言えたのですが、
固められた側は何の抵抗もできないんですよね。
う〜ん、コレこんなに恐ろしい道具だったのか……
改めて道具の可能性を知ったアレンジでした。
映画のバトルで使ったら…ギラーミンも鉄人兵団も怖くない!?
うへえ、ストーリー台無しになるなあ。


ということで、
原作以上に「瞬間固定」の凄さ恐ろしさを感じたお話でした。
そもそも本来の「観察」のために使う人って
居るんでしょーか。


 ◇

映画まで1週間!アイキャッチ

おしりフリフリドラとクラージョとドードーたち。
トリとネコが仲良く踊るのもフシギな画ですね。
他のドードーと並ぶと
クラージョだけ目が青く塗られているのがわかりますが、
理由はあったのかな……??


ぜつめつ動物に会いに行こう!

今回登場したのはグリプトドン。
「雲の王国」にも登場していたので、
他の動物より馴染み深いです。

手足を引っ込める説明のところで
ウサギが通ったのがいいですね。
しかし「カツ丼」「天丼」「親子丼」「グリプトドン〜
というのは……
いや、もう無理にオチ付けなくて良いよ! このコーナー!

前にもドラで見たネタのような気もするのですが、
いつだったかな?


 ◇


次回は3月2日…に放送済みですが、
「のび太が出会った仮面の女王」。

一時間スペシャルで石器時代冒険ものということで、
わくわくしてきますね。
過去へ飛ばされたしずかに何が起こるのか、
仮面の女王とは何者なのか、
予告映像だけで予想がつく部分もありますが、
そうだったとしてどうやって決着をつけるのかが
とっても楽しみです。


※次回とその次のドラえもん感想は
お休みさせて頂きたいと思います。

週遅れの上に更新停滞で本当に申し訳ありません……
なんとか少しでも体勢を立て直して、
その他藤子記事と映画の感想に着手できればと思います。

この記事も公開が遅くなってしまいましたが、
ご覧頂き、本当にありがとうございました!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん12年2月24日放送感想(テレビ局をはじめたよ&あいつを固めちゃえ) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる