今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん12年3月24日放送感想(わらってくらそう&のび太の息子が家出した)

<<   作成日時 : 2012/03/24 23:22   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

パパに怒られて昔のパパのところへ行く…それって「家出」なんでせうか?


今回はちょっと書き方を変えてみます。


わらってくらそう 
 →てんコミ8巻、全集6巻


何を聞いてもおかしくなってしまうイヤホンの話。

もともと短いギャグ話でしたが、
のび太の授業参観イベントや、
しずかの耳に付いてしまう展開を加え、
ボリュームを増やしていました。

正直、引き伸ばし感というか、
ギャグの切れ味が鈍ってしまったかなという部分もありますが、
この迷惑で嫌がらせ以外の何物でもない道具で、
ほかにどんな騒動が起こりうるのかなと
展開を広げて観れたのは楽しかったです。

「あのタイミングでしずかの耳にはまり込むとか、
ねえええええよ!!」
と思う気持ちももちろんあったのですが、
次なるゲラゲライヤホンの被害者としては
ここは断然しずかですよね!!

「しずかちゃんがオッペケペー?」のときもそうだったのですが、
みんなのアイドル、可愛らしく可憐な美少女が乱れる…いえ、
醜態をさらすかもしれないというハラハラ感は、
たまらないものがあります。
いえ、変な意味だけでなく、お話としても盛り上がりますよね?
のび太はあれほどヒドイ目にあったのだから、
なんとしても(未来の)妻を守らねばならない!
おおっ! のびしずっぽい!?(無理やり)

そんな感じで、蛇足的というよりはむしろ、
「ゲラゲライヤホンパート2」という感じもして、
道具を使った別の話も観れるという
オトク感の方が強かったかもしれません。


あの道具の使い道って
 ・平凡な日常に飽きた人が笑いと刺激を求めて使って後悔
 ・他人に付けて嫌がらせ
だと思っていたのですが、
今回のようにコントを盛り上げるための笑い声
(テレビとかで昔よくあったやつ?)とか、
サクラやお義理で笑わなきゃいけないときにも使えそうですね。

というか、本来の開発意図はそこなのかも……?
いや、数々の「実績」を持つ22世紀のことだから、
やっぱり嫌がらせとか冗談道具かなあ。

ともあれ、こうやって
「おっ、この道具にこんな可能性が!」と
さりげなく世界を広げるアレンジって良いですね。
今のアニメドラは本当にこういうの上手いなあと思います。


てなわけであとはひとことずつ。

・今回画面の映し方面白いなあ。
イヤホンを出した時にドラの手にズームされるとか(小ささ表現)、
のび太とドラの立ち位置にもちゃんと遠近感が出てる!

・劣化才野っぽいクラスメイトが悦子ちゃんに耳打ちしてる!

・玉子さんのお出かけ着も良いなあ。

・原作初期の笑い顔と今のアニメの(嶋津さんの?)
わりと端正な絵柄がフシギな化学反応を起こしている気もする。

・のび太が散々な目に遭って帰ってきたのに、
押し入れでマンガ読んでるドラ。軽く殺意湧きそうですね。

・というか取れなくなった解決法って反対側ぶん殴ることかよ!
いや取れたけど!
このへんのテキトー&ぞんざいドラがステキ。

・なんでそう都合よく窓開いてるんだよ!
って思ったけど、朝ドラえもんがあくびしながら開けたままなのか?

・クラシックはライブって言わないよなあ、
と思ったら…なるほどそういう伏線か!

・やっぱり出た出た例の警察官!
さすが地域密着?月見台のことはちゃんとご存知ですね。
もうそろそろ準レギュラー扱いでいいよ。

・お笑いクラシック……結構面白いぞ?
「体型がフォルティッシモ」とかはまだわかるけど、
「おじいちゃんのパンツはフェルマータ」って…しょうもねー!
なんか微妙なスベり具合とか妙にリアルですね。


と、いうことで
原作プラスアルファの部分が楽しいアニメ化でした。


 ◇

<福山雅治さん「生きてる生きてく」告知映像>

曲も映像も素敵ですが……
これをテレビ版で流しちゃうとあのDVD買う必要が無…げふごふ!


 ◇

のび太の息子が家出した
 →てんコミ36巻、全集11巻


未来からのび太の息子のノビスケが家出してくる話。

こちらは特に大幅に追加された展開はありませんでしたが、
未来ののび太が息子を叱りたくなる心情と、
過去を振り返るセリフが印象に残ります。

「ぼく自身、なまけ者で勉強が嫌いだったろ?
その分、あとで苦労してね」
「ああ、だらけた時間を取り戻すのは大変なんだぞ!」
「でも、今になれば、オヤジの気持ちがよーくわかる」
「キミだって、親になればわかるさ」

大人になるまでののび太に何があったのかは
明確には語られません。
それはそもそも原作からしてそんな感じで……
10歳の少年にいきなり
結婚して子どもが居る未来が突きつけられる、
もっと言えば息子どころか孫の孫が出てくるようなのが
この「ドラえもん」という作品です。

その途中になにがあったのか、
辛いこと、悲しいこと、悔しいこと、嬉しいこと、
いろいろあったはずなのですが、
あえてそれは描かず、
断片的な単語や場面で感じさせています。
端折ったのではなく、その断片だけで、
十分とそののび太の人生を厚みあるものとして
想像できるのはすごいことですね。

ごく「たまに」出てくるノビスケ、
未来のしずか、そしてのび太、彼らの暮らし、
その後の世代であるセワシとドラミの生活……
その存在があるだけで、
今描かれているのび太の日常、
ゲラゲラ笑ったり、殴られたり泣いたり愛したり、
冒険したり出会ったり別れたり思い出したり、
そんな日々が積み重なって、
いつかその未来に届くはずと信じられる気がします。

のび助ものび作ものび平も
同じように生きてきたことでしょう。
そんな想いを馳せるほどに、
改めて「現在」を生きるのび太を応援したいな、
「ドラえもん」ってやっぱり素敵な作品だなと感じられます。

福山雅治さんの「生きてる生きてく」も
単に映画の公開に合わせたタイアップエンディングではなく、
今回のお話にふさわしいものとして感じられました。

いやむしろ「受け継がれる生命」というテーマについては
テレビ版でリベンジしてる気が……

親子でこの話を観ていた場合、
あるいは子どもの頃から「ドラえもん」に触れてきて、
大人になってから観たら、
そして実際に子どもが生まれたら、
それぞれ感じるものがあるだろうなとも思いました。

自分もこれから年齢を経ていくにつれて、
また違うものを読み取っていければと願います。


その他はひとことずつ。


・「お笑いクラシック」の二人、
 テレビに出れるようになったの!?
 一本目とつながったネタがあると嬉しいなあ。

・のび太はただパパに怒られただけって思ってるだろうけど、
勉強が終わったら釣りにでもって誘いに来てたのが良いね。

・「グレてやる」「家出してやる!でとりあえず
マンガ本を詰め込むのび太さんのズレっぷりが良い。

・ノビスケにやられたのにちゃんと認めるジャイアンは
さすがガキ大将!

・のび太&ノビスケ、子どものび太と大人のび太、
そしてのび太・ノビスケ・ノビスケの子どもと、
のび太(顔)が並んでる画ってスコシフシギで面白いなあ。

・大人のび太がまずドラえもんに気づいて、
嬉しそうにするところが細かいけどぐっとくる。

・まるっきり他人事だからと言わんばかりに
もしゃもしゃドラ焼きを食べるドラが相変わらず遠慮ない。
のび太はジュースを真っ先に飲み干して、
思案する大人のび太はほとんど減ってない……と、
食事描写で語る演出が好き。

・「親をやっていくのも大変なんだね」(のび太)
逆の立場へ思いをめぐらすのび太。

・「わがまま言いたい放題、少しは親の気持ちを考えろ!」
大人のび太に会ったあとのセリフと考えると深い。

・ノビスケの子どもが来た時に
引き出しに吹っ飛ばされる場面で、
のび太が支えようとしてるように見える?

・「元はと言えば、みんなキミからの遺伝なんだからね」
100年前の遺伝子に〜
エンディングのはまり具合が素晴らしい!


そんな感じで、
ある意味映画以上に「生きてる生きてく」がぴったりな、
この作品の本質にも迫るお話でした。


 ◇

次回は3月30日、
「おいしい温泉に入ろう!」(オリジナル?)と
「宝さがしごっこセット」。

チョコ風呂ジェラート風呂もヤバイですが、
マグロの寿司風呂の凄まじさと言ったら……!
いいのか?あんな映像夜7時のお茶の間に流して。

宝探しごっこセットは名前からして、
「ごっこ」「セット」と漂うしょぼさと、
それにいかに本気になっていくかという過程が楽しみ。

3月は休止せずすべて通常放送でとても嬉しいです。

 


いろいろダメな感じで申し訳ありませんが、
仕事の方が5月くらいまでかなり慌しくなりそうなので、
アニメドラえもん感想はしばらくお休みしたいと思います。

その間ちまちまと通常の記事を書いていったり、
あるいは簡易メモ的にでも
感想を書ければという気持ちはありますので、
たまに思い出したときにでものぞいて頂ければ幸いです。

少しでも早く再開できるよう頑張りますので、
あたたかい目〜でよろしくお願いします!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん12年3月24日放送感想(わらってくらそう&のび太の息子が家出した) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる