今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS 人生という名の銀河超特急(近況雑談)

<<   作成日時 : 2012/04/22 00:51   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 4

毎度のことですが、タイトルに深いイミはありません。
でもあの話は結構好きです(どっちだ)。



さて近頃更新がほとんどできていなくて
申し訳ありません。
ご覧くださってる方が居ればの話なのですが……

ともあれ、私としてはまだまだ
くうだらない雑文を垂れ流したくてたまりませんので、
気の向いたときにでものぞいて頂ければ幸いです。

そんな感じで近況など。


・飛び出せ! アニメ&特撮ヒーローまつり

テレビ朝日1階アトリウムで開催中のイベントに行ってきました。
と、言っても二月の話なので今と展示が変わっているかもしれませんが。

映画公開直前と言うこともあって、
ドラ展示が多め。
昨年の「夏休みボエボエドラえもんパーク」にもあった、
ひみつ道具レプリカをまた見ることができて感激です。
「奇跡の島」入場プレゼントの
「とことこ!ドードードラ」が全種類
ずらりと並んでいたのも圧巻でした。

面白かったのはのびドラゴンスケのふくわらい。

頭の毛アンテナの残る一本をさがせ!


さすがロボット、合体変形もお手のものですね(違


その他ではクレヨンしんちゃんの歴代映画ポスターパネル展示や、
アクション仮面のベルト展示なども興味深かったです。
フロアにあるカフェとコラボして、
しんちゃんやシロの顔が描かれたメニューも出されている(た?)とか。
帰り際にはしんちゃんの着ぐるみ…いえ、「ご本人」が来場されて、
(通常サイズの)お子さまと交流を深めていらっしゃるのを、
ちょっぴりうらやましく眺めることになりました。


しかし、一番印象に残ったのは、
「ジャイアンにボエボエ」が間断なく流れている最中、
中2階で就職セミナーのようなものが催されていたということ……
あれじゃ気が散ってしょうがないだろうなあ。



・「奇跡の島」グッズ

あまり愛でる時間が無いのですが、
なんだかんだ言って今年も結構買っております。
ぬりえは例年にも増してあっさりしたストーリーですが、
ある意味的確に映画の内容をまとめてますね。
ゴンスケマグカップも買えばよかったなあ。

映画館によっては
「奇跡の島」限定の名入れシールをつくるマシンがあるようですが、
自分のHNでやってみてものすごくとってもひじょうにすばらしく
後悔しました。


最近食べ物HNが持ちネタ化しつつある



……

中華料理屋のおしながきかよ!

いや、自分でやっておいて何ですが。



・「奇跡の島3DS」

宣言どおり?買いました。
まだクリアしておりませんが、現時点での印象は……
無理して買わなくても大丈夫かなあという感じです。

おそらく今作こそ、動物や昆虫を使った
カードゲーム向きの素材だったのでしょうが、
その手はすでに某セガさんが究めちゃってるし。

たぶん製作の方は苦労したんだろうなあと思われますが、
ひとことでまとめると、ひたすら生物の写真を撮るゲームです。
な、もんですから、結構飽きが来ます。
ミニゲームとかシナリオ要素もあるにはあるんですが、
ひたすらターゲットを探してシャッター切る作業ゲーだからなあ……

フィールドでのび太を歩かせて生物を探すシステムは、
「奇跡の島」を自分の足で歩き回れる感覚で結構うきうきしますね。
ただ、昔自分が某RPGツクールでゲーム作ってた頃を
思い出してしょうがないんですが、同意の方はいらっしゃるでしょうか。

「ああ、縦横無尽に歩かれちゃ困るところには、
無意味に木とか石とか置いてカベつくってたっけなあ」
というアレ。
つまり、「フィールド」ってのはそういうことです。(察してください)


ミニゲームの中では虫ずもうが結構面白いのですが、
Wi-Fi対戦に対応していないのが残念です。
すれちがい通信機能はかろうじてあるものの、
3DS持って秋葉原とFミュージアム行ったのに
誰もすれちがわなかったというションボリな状況。
前述の「アニメ&特撮ヒーローまつり」で、
シークレットのカブトムシの配信がはじまったそうですが、
そのためにもう一度行くかどうかはちょっと決心がつかないところです。

とは言え、数少ないストーリーの部分で、
しずかの○○を○○する、
「タブル○○○」という描写があったのには
かなり感動しました。
映画にも無かった(か、削られた)だけに、
このイベントだけでもスタッフさんGJです。

なんだかんだ言っても、
「ドラえもんのゲームって嬉しいなあ」と思いながら、
ちまちまとプレイし続けていくと思います。

夕方限定の生物が撮影できず難儀しておりますが……

あと、Fミュージアムのプリクラと
テレ朝の写真マスコット機がフリューさんだと知って
このゲームの仕様にものすっごく納得がいきました。



・「宇宙兄弟」と「謎の彼女X」

渡辺歩監督作品ということもあって、
一応視聴しています。
「謎の彼女X」はキャラクターデザインが小西賢一さん、
作画監督が金子志津枝さんなのも凄いですね。

以前、金子さんが渡辺監督と組んで仕事していると語られていたのは、
この作品だったのだなあと合点がいきました。
放映前、金子さんの体調がすぐれなかったようなのが
気にかかりますが……

どちらも原作未読なので申し訳ないのですが、
製作側の意気込みと作りこみの凄さが伝わってきました。

あまり渡辺監督ということを意識しすぎないようにしているのですが、
「宇宙兄弟」は六太の視点での語りを中心とした構成が、
今後どういう化学反応を示すかに注目したいです。
個人的に、渡辺監督は具体的な言葉よりも、
芝居や画面、背景で語る手法の方が得手のような印象がするので。
1話での夜の山でのやりとりが特に良かったです。

「謎の彼女X」は手段はどうであれ、
描くのは純愛のようなので、
観ていて結構くすぐったい感じですね。
くすぐったいというか、はずかちいというか、でも変態で。

そのヘンタイでエキセントリックな部分を
もっと強調していく見せ方もあるかと思うのですが、
2話まで観た段階では、
想像以上に堅実で、キャラクターの心の動きに寄り添った
描き方かなあという印象を受けました。
(いや、アレでも……)

夕日、高台、光と影、なめるような目線、
時として状況の異様さを上回るほどの作りこみの細かさに、
思わず引き込まれてしまいます。
これはもの凄いアニメなのではないだろうか……
好みが分かれるだろうなあ、とは思いますが。



・ほんとにホントの近況

この項はあんまりシャレになってない部分もあるので、
テキトーに読み飛ばしてやってください。


かなりどうでもいいことなんですが、
個人的に四月から実質転職をしたような形になりまして、
毎日スーツ(仮)を着るような生活になりました。
仕事の中身的なものはこれまでと変わらず、
一緒に働く方も継続しているので、
逆に変わってしまった部分の違和感が半端ありません。

肩はこらないですけど、肩がこる感じというか。
しかしスーツだと体をほぐすために
倉庫に行ってエア回し蹴りとかできないのが困りものですね。


そんなこんなでバタバタしておりまして……
とりあえずあと一ヶ月くらいはこんな調子かと。
あとは、9月くらいにもうひと波乱ありそうな感じ。

変化に対応するのが弱い人間なので、
しばらくヘロヘロになっているかと思いますが、
それでもドラえもんや藤子関係、その他ジャンル、
趣味や大切なものは
ぼちぼちとでも追いかけて愛していければと思います。


ブログの更新含め、
いろいろフニャフニャしてしまうかもしれませんが、
どうぞあたたかい目〜でご覧頂ければ幸いです。


ここまでお読み頂きありがとうございました。
それではまた次の記事で!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

記事とは関係ありませんが、「ドラえもん」のDVD(タイムマシンBОX1979)が回収になるみたいですね。
「一生に一度は百点を」の1シーンに不適切な表現が出てくるとか、、、。

(僕は↑の作品が収録されてるDVDを持ってて何度も視聴してますが、、気づきませんでした。)

まあ、30年くらい前の事ですし、、今ごろ?と思ってしまうんですが、、、。

春巻きさんはどう思いますか?













藤子Fオタク
2012/04/24 16:49
藤子Fオタクさんこんばんは。
「一生に一度は百点を」が収録されたDVDが回収されるとのこと、各所で話題になっているようですね。
私は該当のソフトを所持していないのですが、この話が収録されているのはタイムマシンBOX1979の他にも複数あるようですし(VHS含め)、回収・交換と言っても対応しきれるのかどうかは疑問を感じるところではあります。
個人的には今回の回収は、表現規制と捉えるほど大ごとでもないように思えますが、修正版が用意されるということなので、とりあえず今後「一生に一度は百点を」がソフト化されなくなるという事態が避けられれば良いかなと考えています。
ただ、程度はともかく、そういう対応をした前例を残すということは、難しい問題をはらんでいるかもしれませんね。
春巻き
2012/04/25 01:50
毎回春巻きさんの批評楽しみにしてドラえもん見てました

仕事忙しいのかもしれませんがはやく復活してまた面白いツッコミいれて下さい
大きなお友達
2012/05/06 13:42
こんにちは。温かいコメントありがとうございます!
ドラえもん感想につきましては停滞していて申し訳ありません。
なんとかいろいろと折り合いをつけて続けていきたい気持ちはありますので、あたたかい目でのんびりお待ち頂ければ幸いです。
春巻き
2012/05/06 22:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
人生という名の銀河超特急(近況雑談) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる