今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん12年5月11日放送感想その1(ニセ宇宙人)

<<   作成日時 : 2012/05/18 01:03   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

「やられたら、やり返してやろう!? いっしょにね」
一緒に怒って、泣いて、遊んで、
ゲラゲラ笑える友だちが居るってステキですね。
(これ単なるイタズラ悪ガキだろってツッコミは聞こえないフリ)



ニセ宇宙人 
 →てんコミ10巻、全集3巻


UFOのトリック写真に騙されたのび太と怒ったドラが
「ラジコン宇宙人」と「組み立て円盤セット」を使って、
逆にジャイアンとスネ夫を脅かしてやり返すお話。


とにかくのびドラがノリノリで仕返しする様が愉快ツーカイでした。
因果応報と言えど、半泣きで右往左往するジャイアンとスネ夫が
最高に面白かったです。
双方ともやってることは結構キツい部分もありますが、
決して湿っぽくならずにスカッと笑えるのが良いですね。
いや、ホンっとイキイキしてるんだよ、
こういうときの水田ドラと大原のび太のコンビは……!


てなわけで今回も突っ込みつつ爆笑をプレイバック。


・「絶対に言いふらすなよ」

=「絶対に言いふらせよ」ってことですね、わかります。
そしてUFOネタなら欠かせないこの人! 円番さん登場!
未確認飛行物体とか未確認飛行タヌキとかが
ちっとも珍しく無い月見台近辺にお住まいながら、
いっこうに未知との遭遇できずにいらっしゃるのが涙を誘います。
もともと原作での単発キャラだったのに、愛されてるなあ。
脇キャラを大切にする作品づくりが嬉しいですね。


・「突然目の前にパーッとオレンジ色の光が差してきて…」

スネ夫の眉間のしわのより方とか影の描き込みが
やたらリアルなのも良いですね。
ていうかジャイアンとスネ夫の演技力高すぎ。小学生とは思えん。
のび太じゃなくても信じたくなってしまう説得力がある!


・「どんな宇宙人が来るんだろう? ドキドキしちゃうな」

のび太……(ハンカチで目頭を押さえる)
なんて純粋な少年! 純粋なお馬鹿!!
そう、ココがポイントなのです。
一見馬鹿なようで、実際お馬鹿だけど、
この純粋さこそが彼の魅力!
こんなのびちゃんを騙すなんて的確…いえ、許しませんよ!?
ということで、このあとの仕返しタイムにも
のびドラ視点で「いいぞいいぞーやれやれ!」
と移入して盛り上がれますね。


・テカテカ頭にナイトキャップ(ドラ)

うん、謎。
ウルトラスーパーデラックス・謎。
「ウメ星デンカ」の王さまの王冠に匹敵するくらい謎! 
以前、ROBOT魂ドラの頭にサンタ帽をかぶせようとしたところ、
ツルリンすべり落ちまくったという悲しい過去がありますので、
このナイトキャップがいかに異様な状態かよくわかります。
「頭の丸い方専用・22世紀のナイトキャップ」なのかしら。


・「ぼくはちょっと大事な用があるからおとなしくしてなさい」

なにこの上から目線! 何様ドラ様!?
このひとの「大事な用」ってのは、
だいたいがドラ焼きかメスネコがらみですよねー
ドラ焼きを食べ終わったあとも、
空になったお皿をいじきたなくさぐってるのが細かい!


・できたてドラ焼きを取り落とすほどの怒り

「あの」ドラえもんがドラ焼きを落とす!
それすなわち受けた衝撃の大きさを物語るという名演出。
そう、巷でなんだかんだとネタにされているようだが、
昼間っから毎日ドラ焼き食べてゴロゴロしてるだけじゃないぞ!
親友のために怒るときは怒る! アツい男だぜドラえもん!


・「ラジコン宇宙人」と「組み立て円盤セット」

「宇宙」人なのにきっと間違いなく地球製……
円盤の箱には思いっきり「MADE IN JAPAN」って書いてあるし。
えーと、ウチュウジンってなんですか?
我々地球も広大な宇宙の一惑星ですから宇宙人ですね、はい。
このへんのそこはかとない脱力感がドラ道具のたまらないところです。


・「ぼくちゃんの円盤が!」(スネ夫)
「誰だ! おれさまの円盤を壊したやつは!」(ジャイアン)

ぼくちゃんのものはおれのものー
お約束ではありますが、怪光線降り注ぐ緊迫(?)の展開に
さらっとこのネタを仕込んでくるとか、
今回は密度が高すぎです。一回目は気づきませんでした。


・仲直りのダンス=ドラえもん音頭じゃダメなの?

傷ついた宇宙人のイメージ回復のために
なぜか踊ることを要求する宇宙(?)人。
いや、そもそもタコ座なんて無いのですが、
ゴリラ型地球人とキツネ型地球人は恐ろしさのあまり
そこらへんの異様さに気づきもせず転がるように逃げていきます。
光線銃の避け方がすげー超反応すぎ!
今回は本当にすみずみまでよく動いて気持ち良いです。


・総理大臣の連絡先
一体全体ドコに電話してるんだー!
と、ツッコミたいところですが、
このひとたち、なんとなく本当に直通番号とか知ってそうで怖い。
ドラは国連事務総長によく電話してますしね。


・まあるいお月さまと円盤

どこかの映画っぽくもありますが……
未確認飛行物体じゃなくって未来製飛行物体、
タコ型宇宙人じゃなくって、ネコ型ロボットと少年。
月に重なるシルエットが
すこしふしぎな月見台の夜を演出します。
ただの仕返し・イタズラ話ではなくて、
こういう余韻のあるカットを入れてくるのがイイですね。


・「トリック写真でイタズラしたことは先生ちゃんと知ってます」

大人の皆さん方は主に道具被害要員であり、
子どもたちの騒動や事態の収拾には介入してきませんが、
それでも何が起こっているか一応知ってる…らしい、ことは、
この作品の隠れたポイントかもしれません。
「ねじ巻き都市」でのママさんズの「嫌な予感」とか。

賛否あるでしょうし、反則技でもありますが、
小説版鉄人兵団のアプローチにはなるほどと感じられました。

こういう時にくすりと笑ってる悦子ちゃん(クラスメイトのメガネ少女)
いい味出していますね。


 ◇

ということで、
ドラえもんやのび太と一緒に
ジャイアンとスネ夫をからかって遊んでいる気分で
大笑いできるお話でした。
円番さんのように、昔からヒトが憧れ求め続けてきた
「光る円盤」とか「タコ型宇宙人」を操って遊べるという道具も、
夢が叶ったような、現実を知るような、
そんな不思議な感慨を覚えるところがあります。


二本目の「ドロン葉」の感想へ続きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん12年5月11日放送感想その1(ニセ宇宙人) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる