今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS 水無月のFミュージアム!

<<   作成日時 : 2012/06/21 23:30   >>

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 0

6月…それはUFOがあちこち行って落っこちたり、
ぐうたら感謝したり、
湿気で髪の毛が未来のスネ夫になったりしつつ、
我らがビッグアーティスト・剛田武さんの生誕を祝う月!
と、いうことで行ってまいりました、
6月の藤子・F・不二雄ミュージアム!!


開館から9ヶ月を経てもなお、
新たな発見や楽しみもたくさんあったので
そのあたりをまとめてみました。

以下、館内展示・カフェメニュー等に関する
内容紹介(ネタバレ)を含みますので、
ご注意ください。
2012年6月9日時点のレポートです。




さてさて梅雨時ということもあり、
雨模様となった今回のFミュージアム訪問。
まずは入り口わきの置き場に持参した傘をセットします。
ついつい「129」番とか「119」番を探しちゃうのはお約束ですね。

制服や帽子がステキなおねーさんから館内案内を受け取り、
雨でも濡れないように配慮された待機列の最後尾へ。
ワクワクしながら周囲の人の会話を立ち聞きしたり、
ディスプレイの写真を撮るのも忘れちゃいけません。

今月は6月15日のジャイアン誕生日に合わせて
ジャイアンフェアを開催中。

鍋にシチューを箱ごと突っ込むセンスも良い
※以下、画像はほぼ全てクリックで拡大します。

ミュージアムショップの新商品が
「よく来たな」とばかりにゴージャスに出迎えてくださいます。
うおう、ジャイアンシチューとかマイクが商品化しちゃってるよ!?
さすがだ! 早く手にとって見たい!


入館前の諸注意にも「はーい!」と良い子の返事をして、
いざ行かん、夢の扉のその向こう!
何度来てもこの木の扉をくぐる瞬間は胸が躍りますね。

今回もカフェに先に行く旨を伝えて、
シアターきっぷのみを受け取り、
エレベーターで3階へれっつごー!
到着が少し遅れたこともあり、若干待ち時間がありましたが、
程なく中へご案内。
カフェの人気は衰えず賑わっていましたが、
情報端末や携帯電話からの待機時間確認など、
来るたびに態勢が強化されているのが嬉しいです。


・ミュージアムカフェでボエボエ

さてさて一番のお楽しみになりつつあるカフェメニュー。
ジャイアンシチューは1月に食べてしまったので、
今回は夏季限定の「コンポコのざるうどん」と、
6月限定?の「ジャイアンtoパフェ」を選択。

まだかなまだかなーと
期待に胸をドキドキ土器させながら、
新登場?のウェイティングナンバーを撮影。

25世紀の恋人


このてっぺんくるりんシルエット!
紛うことなきモンガーちゃん来たーー!

確か3月の時点ではまだ丸い番号立て札だったと思います。
この木の質感とFキャラのレリーフ良いですね。
一本の木を削って造ったという
ライオンじいさんのスズメのお宿を思い出すなあ。

ただ「せっかくモンガーなら21番にしてくれよ!!」とは思いますが。
惜しい! 何故にー!


そして届きました「コンポコのざるうどん」!
めん類好きの私としては
それこそしっぽを振って大喜びの一品です。


うどん湯ってあるかしら


コンポコ型に切った海苔をのっけただけとも言えますが、
いなりずしとのセット、
そして"さくら"(佐倉)の花びら型の薬味入れというのも
嬉しいじゃありませんか。
皿がドラじゃなきゃもっと良かったかも。

主役のうどんも夏にぴったり
つるつると爽やかなのどごしで美味しかったです。
うむ、めん類は偉大ナリ!


引き続きデザートとしてやってきたのがこちら。

ドラミフェアにも応用できそう?


剛田さんカラーのオレンジを基調に、
ジャイアントサイズでたっぷり盛り付けた
「ジャイアン to パフェ」!!
しかも12時間ぶっ続け(悪)夢のリサイタルチケット付き!

運んできたスタッフの方が
「こちらのチケットで入場できますので」と
ひとこと添えてくれたのが楽しかったです。
そうか、貴方も剛田氏に
無理やりチケットを押し付けられたんだね……(違

てっぺんには「リサイタルマイク」の中身と同じ、
「熱唱ジャイアン」「ボエ〜文字」「音符」の三種のクッキーが飾られ、
ソフトクリームにカットオレンジとソースが添えられています。
パフェと言ってもあまりしつこい甘さではなく、
おいしく食べ進めていくと、中から
ココア粒シリアルのようなものが登場。
さらにその下の層はスポンジでした。

ううむ、剛田氏の名を冠しているものの、
その手料理とは全く異なる美味なるかな! 
佳味なるかな!

ジャイアンフェア限定メニューにしておくのは
もったいない感じもしました。


・英語版おはなしデンワ…テレフォン?

腹ごしらえができたところで、
入り口に戻って館内展示の鑑賞へ。
今回は「おはなしデンワ」を英語版にして
解説を聞きながら回ってみます。


スピーカーの向こうから流れてくる音声……

『 オー、ハローハローサンキューグッバイ 』 (※仮)


……ふむふむ、

よしわかったぞ、


これは英語だ!!!


と、いうボケを真顔でやりたくなるほど、
詳細部分がまったくわかりませんでしたが、
既に何度も通常の解説を聞いていることもあって、
なんとなく「こういうことを説明しているかな?」
と推測できる程度には楽しむことができました。

「きこりの泉」での「緑の黒髪」の真相についてもばっちり英訳。
つまりは「シャイニーブラックヘアー」ということだったのですね。
なるほど……!

逆に英語にすることで
日本語の響きと、このエピソードが相対的に感じられて
いっそう興味深かったです。


ナビ役にギャビーさんなる人物が、
登場したのも印象的ですが、
彼女は一体何者なのでしょう。
レイニーデイという単語も聞こえたので、
天候や季節によって最初の挨拶も変わるようです。


その他、漫画家のミュージアムという特性上、
解説にもキャラ名や作品名など固有名詞が多くなるのですが、
それらをどう訳しているかも楽しいですね。

F先生は「プロフェッサーフジコ」。
……あれ? A先生は?

木手英一氏は「キテレツエンサイクロペディア」を
マジカルグラス」で読むみたいですね。
ある意味そのまんまな訳し方にキョーミシンシンです。

「オバケのQ太郎」なんかはタイトルとして
それで良い気もしますが、
解説を兼ねるのか「Qタロー・THE・ゴースト」と聞こえてきました。
ゴースト……ああゴーストねえ。うーん、ゴースト?

「てぶくろてっちゃん」などはそのまま読み上げていたので、
基準がいまいちわかりませんが、
実際に海外で何らかの形で発表されているか、によるのでしょうか。

トゥエンティワンエモン」には噴いたよ。
あまりのことに噴くしかなかったさ!!


「毛が三本」が「スリーピーシーズヘア」、
「ウメ星からやってきた〜」が
「デンカ・ケイム・フロム・プラネット・ウメ
になっていたのもクラクラするばかり。
やばい、これは当分読むたびに思い出しそうだ。

全体的に元の作品をよく知っているからこそ、
英語になったときのギャップに戸惑い、笑い、
ある種新鮮な感動を覚えるという感じでした。

外国語版おはなしデンワは
数回目以降の訪問時にはおすすめです。



・Fシアター二本立て
 「真夜中のミュージアム」「どたばたオーケストラ」


2011年10月と、12年4〜6月上映中の作品。
私は10月以来久々に観ることができました。

セリフがないことや、
アニメーションでないことは残念ではありますが、
個人的には結構好きな二本立てです。
ミュージアム内のアレやコレの真相(?)が
判明するのも楽しいですね。
Fキャラ総出演カオス風味大あばれ!
ってのも良いなあ。

詳細は伏せますが、
どちらも魔美さんが大活躍なところがステキです。
マテ、貴女が手にしているソレは
日曜大工的な何かではないのか。
キテレツとのからみも新鮮だなあ。

たぶん10月の時には無かったと思うのですが、
今回はエンディングに「F組 あいうえお!」が流れました。
それまで効果音のみの二本立てで、
急に歌声が流れ出すとちょっと違和感もありますが……
でも、もともとFミュージアムのオープン記念曲&映像ですから、
ここで観ることができるのは感慨深いものがあります。


雨の日だったので、「晴れの日のお楽しみ」は無し。
視聴後、シアターの壁の金ドラボタンや、
上映席のチェックも忘れてはなりません。
今回は居ませんでしたが、
12月は上映席にドラえもんのぬいぐるみが置いてあったので、
毎回ワクワクしながら見上げてしまいます。

シアター入り口側(左手)の通路奥のポスターも、
カッコいいのでお見逃し無く。

左手前の座席に座れたら、
「アニ!」「マル!」「アドベンチャー!」のポーズもやってみたいですね。
いろんな意味で映画の記憶ごと闇に葬られ気味ではありますが、
あの謎の変身口上はお気に入りでした。



・ドロンパと写真撮れよ

と、いうことで、続きましては
「みんなのひろば」に置かれているプリントシール機へ突撃。
某「奇跡の島3DS」こと
写真撮影ゲームという(苦肉の)迷作を世に送り出した
フリューさんによるものと知って妙に納得したものです。

残念ながらここには絶滅動物も居ませんし、
ターゲットの捕捉率を採点もされませんから、
どんな風に何を撮影しようと自由な自由な遊び人ですね!

てなわけで、がさごそと持参したバッグから
アメリカオバケのドロンパ氏にご登場頂き、
6月の限定フレームをチョイス。

流れ星ときらきらエフェクトはスタンプで追加。ドロンパの下にちらりと写っている謎の物体Xは気にしないでくだちい。


左は梅雨に合わせた絵柄で
ドラ&ドラミてるてるぼうずとしずかのお願いポーズ、
その他に傘をさしたドラ&コロ&チンプイのフレームもありました。
このしずちゃん可愛い!

右は剛田武さんが音の無い世界でも
猛威を振るっている証拠写真。
これはどんな顔して写れば良いか困りますね。
ジャイアンフレームはこれ一枚でした。

8月はのび太フレームが登場するのでしょうか。



・巨大ドラミさんと足元Oちゃん

「ひろば」のガシャポンBOXに一万馬力のあの方が登場。
ドラえもんと並んで置かれていました。
リボンや花形のしっぽの凹凸の再現が嬉しいです。
ただし肝心のガシャポンの中身は変わっておらず学刈。
そろそろ新バージョンが来て欲しいです。


ドラミさんのシルエットの確認のために
ウロウロしていて気づいたのですが、
「ひろば」に置いてある踏み台の裏面って
こうなっていたんですね。

ノルラッタ


顔になっている!
……というより、どこかで見たような……?

口元の「もったり感」が足りないですが、
どことなくOちゃんっぽくもありますね。
踏み台に化けてるイメージで。

偶然かもしれないですけれど、
狙ってのことだったら嬉しいです。
これは今まで気づかなかったなあ。



・ミュージアムショップは最後の関門(財布的に)

欲しいグッズはあらかた手に入れたはずだよなあ
と、思っていてもそこへすかさず新商品攻撃をかけてくる
恐ろしいミュージアムショップ。

とはいえ、今回はアイテムを厳選することに。
「期間限定でなく」
「また来てまた買える」
のが常設開館のFミュージアムですものね!

ということでジャイアンフェア関連と、
他で手に入れにくかったアイテムをチョイス。


このほかにジャイアンシチューとおみやげの巾着入りクッキーを買いました。わりと普通でしょ?


まずは3Fテイクアウト(ギフト)コーナーで
先ほどパフェの上にも載っていた
「ジャイアンリサイタルマイク」(クッキー)と、
「ジャイアンシチューギフトパック」を購入。

いやあ、本当に普通のシチューみたいに
パッケージングされているんですね。
「あの」ジャイアンシチューが量産されて
お土産用に買える時代が来るとは、
予想だにしておりませんでした……


引き続き1Fのショップで
「ライブ風ジャイアンポストカード」
「藤子・F・不二雄キャラクターズシールブック」
「しつもん!ドラえもん ポケットブック1巻」、
そして食べた後もカワイク使えると各所で好評の
巾着入りクッキー(オバQ)を購入。

「しつもん!ドラえもん」は
朝日新聞の販売所へ買いに行く勇気が無かったので、
ここで手に入って嬉しい限り。

公式絵のコラージュと言うか改変がベースですが、
以前紹介した社会科教科書用のイラストも収録されていて、
懐かしい気分です。

コスプレもさることながらツッコミどころが多くて、
楽しい一冊でしたが、
とりわけ笑ったのがこのページ。


2012年3月27日発行の6刷でした。普通の書籍並みに増刷してる!?


「同じ穴のむじな、むじなって何?」



……

お前だお前! そう、そこの青丸!


イラストがいきなり正解になっているという
素晴らしい一枚。
何も知らずにハの字目をしているドラさんの姿に
ハンカチで目元を拭わずにはいられません。

いやーこれを選んだ方いい仕事してますねえ。素晴らしい。


リサイタルマイクはちゃんとスイッチも印刷されていて、
中のクッキーを食べ終わった後でも
「みわくのリサイタルごっこ」で遊べて良い感じです。
クッキーもおいしかった!



ジャイアンシチューは自分用のおみやげにしたので、
ネタバレ防止も兼ねて、
別記事にてその全貌を公開したいと思います。
恐ろしいことに朝食にする……つもり。


Fキャラシールブックも
過去の「ドラはるくん」に負けじと劣らず
マニアックなシールが勢ぞろいしていました。

わーい、ヨドバ氏のシールゲットだ!
って……

「あいつのタイムマシン」シールとか、
「ステーキをほおばりながら泣いてるおれ」シールなんて
どこに貼れば良いんだよ!

真ん中に「あいつのタイムマシン」を配置するセンスも凄い。


このS・F短編のページは悪い夢見そうなレベルですね。


一方こちらのFキャラ美少女大集合ページの方は
文句無くおすすめです。

リームは「T・Pぼん」のページに居ましたが、それだけじゃ足りぬ!


我らが木地かおるがシールにぃぃぃっ!!!!!

保存用を買っておけば良かったと心底後悔しました。

「T・Pぼん」や「21エモン」など作品ごとのページはもちろんのこと、
F先生に似たキャラ集合」など
シールとして使用することを全く想定していないような
凄まじいページもありますので、
こういうネタが好きな方にはおススメです。

藤子ファン同士でお土産やプレゼントの袋に貼っても
盛り上がれるでしょうか。


 ◇


そんな調子でお買い物も済ませ……
「またきてね」のドアをくぐり、
夢のFミュージアムともお別れです。

水無月のミュージアム、雨模様の中ではありましたが、
今回も堪能しました。
あ、警備の方が手を振って見送ってくださってる!

またくるよ!


9月で開館一周年を迎えるFミュージアムですが、
川崎市の報道発表によると
各種記念事業や、
また生田緑地スタンプラリーが予定されているみたいで
今後の展開も楽しみにしています。

今度はどんなトキめきに出会えるでしょうか。



※過去のFミュージアム感想記事はこちら
2011年9月訪問時
Fミュージアム行ってきました、そのいち。
 (行く前の注意点など・ネタバレ少なめ)


Fミュージアム行ってきました、そのに。
 (展示詳細についてと感想)


2011年10月訪問時
神無月のFミュージアム!
 (9月との変更点、カフェメニュー、Fシアターなど)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
水無月のFミュージアム! 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる