今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん12年11月9日放送感想(「熱演カチンコ!!」&「ナマケモノスーツ」)

<<   作成日時 : 2012/11/15 21:46   >>

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

う〜ん、ギャグ、教訓、S・F、友情、感動、エロス、
全てが渾然と溶け合う中に、
何やら(ネタ的に)不穏な香りがスリルを醸し出している! 
(しばしば)意味不明な展開が溶け切らずに、
(一部スタッフのノリが)自己主張している絶妙なごった煮具合! 
今のアニメドラえもんってそんな感じだよね、うん。


熱演カチンコ!! →アニメオリジナル


学芸会の劇の練習で、
「おまえは大根だ」と言われ、落ち込むのび太。
見かねたドラは名演技ができるようになる道具、
「熱演カチンコと監督ロボット」を出してやる。
圧倒的な演技力でママやジャイアン、銀行強盗をも
上手く退けることが出来たのび太だったが……?


清水東さん脚本でのオリジナル道具は
若干アクが強い・ぶっ飛んだ機能のものが多い気がしますが、
今回の「熱演カチンコと監督ロボット」には特に問題は無く、
むしろ万能すぎる道具だったと思います。

と、するとアニメオリジナル道具話に多い
「変な道具に振り回される話」ではなく、
「便利な道具をのび太が手に入れた場合どうなるか?」
という、むしろ原作に多い話のつくりになると思うのですが、
オチで泣きをみることもなく、
そのまま突っ走ってしまうという意外な展開に。
ドラも呆れてるだけでストッパーが居ねええええ。

恐らくは「おい! クラゲ目立ちすぎて
浦島太郎が永遠に竜宮城にたどり着けないじゃないかっ!?」
という視聴者ツッコミ待ちの
投げっぱなしオチなんだろうとは思いますが、
話が終わった感じがしないというか、
ちょっと分かりにくかったかなあという気もしました。
今回のび太はさほど暴走していないですし、
あまり「そんなあ〜ドラえも〜ん!」(泣)と
パターン化するのもどうかと思うので、
これはこれで良かったのですが。

演技力で万事解決していく中で、
「演技力があって困ることもある」
という落とし穴をさりげなく示してもいるのは
なるほどなと感じました。
ただ、それをのび太自身が気づいていないのが
違和感の原因かもしれません。


その他場面ごとにひとこと感想も。


・「このオシシ仮面が相手になるぞ、キエー」

のび太が棒読みしたゴロゴロ連載のマンガ。
あれ、ライオン仮面は?
やっぱり「ワーッ」と炎上してとっくに第二部突入?
そしてオシシ仮面の気合一閃って「キエー」なんですね。
オシシ仮面=「グエーッ」の印象が強すぎちゃって違和感が。(末期)


・「なにやら不穏な香りがスリルを醸し出している!」
「まさに天国の一歩手前!」

なるほど、これならジャイアンシチューも美味しそうに感じられ……
ないから! ないから! 絶対ないから!!
名演技っていうのはセリフじゃないんだなあとつくづく実感。
こうして改めて文字に起こすと「ヤバイです、死にます」
という意味でしかないという事実。
「カーット!」の声とともに
仲良く紫色の液体Xを噴き出す一同にも笑いました。
何やってんだお前ら。


・「ぼくの名前は、早撃ちのび太!」

のび太さんかっけーーーー!
上着はNマーク入りですが、
自前じゃなくて居合わせた少年のものを借りているんですよね?
早撃ちということに関しては、
必ずしも演技じゃないところがニヤリとするところ。
のび太の実力にハッタリや度胸を加えれば、
本当に銀行強盗だって制圧できるかもという気がしてきました。
股下からのアングルは胸熱。


・「竜宮城はあっちだよ。クラクラクラクラ」

クラゲって「クラクラ」って鳴くんだ……ポケモンかよ!
あるいは名脇役のび太氏のアレンジでしょうかね。
というかさすがに「ブラボー!」は凄いぞ。
もはや集団催眠の域ではー?
出番がこれっきりなら良いですけど、
その後も背景に居る役だったら話が進まないだろうなあ。
「監督」は作品全体をまとめなきゃいけない存在なんだなあと
改めて実感しました。


ということで演技力があればピンチを切り抜けることもできるけど、
ひとを騙して思うように動かすことでもあるという、
考えようによってはなかなか深い話。
「カット!」の声と同じく、演技の効果が切れるときが怖いですね。

のび太はやっぱりのび太のまま、
自然体で失敗したり、皆から愛されてほしいと思います。
いや、クラゲはぴったりだと思うけど。


 ◇


ナマケモノスーツ →アニメオリジナル


ナマケモノのようにのんびりした生活を送りたいと言うのび太に
「きっとのんびりしすぎて嫌になるに違いない」と
周囲からナマケモノと認められ、許される
「ナマケモノスーツととまり木」を出したドラ。
しかし思惑とは裏腹にすっかり適応してしまい……


こちらも一本目と同じく
のび太がある種「逃げ切った」お話。
怠けようとするのび太がさほど責められることはなく、
むしろ苦虫を噛みつぶしたようなドラが見ものでしょうか。
半目がナイス。

変にお説教くさい話にならなくて良かったと思いますが、
話の方向性がいまひとつまとまっていなかったような気もしました。

「ナマケモノなのによく学校に来たな!」
「いいよなあ、ナマケモノは。
 いくら遅刻しても怠けても怒られないし」
「やっぱりわたしには無理だわ」
と言われる一方で、
「なんでみんな、怠ける幸せがわからないのかなあ」
と疑問を持つのび太の姿など、
通常の時間軸に暮らす皆との乖離を描くのかと思いきや、
「程度はあるけれど、
たまにはゆっくりのんびり過ごすことも大切だ」
と最終的に認められる形でオチてしまったので、
アレ?という感じに。

いや、のび太的スローな生き方の肯定も良いのですが、
それでしたらもうちょっと、
のんびりしながらもいろいろなものを
見たり考えたりするのび太が描かれてほしかったなと思います。
ドラが怒ってたり、偶然の出会いで褒めてもらえたりと、
全体的に他人事で、
なんとなくのび太が話の中心に居なかったようにも感じられました。


その他印象的な点に関しては簡単に。


・「どうせすぐに飽きて嫌になると思うけどねー」(ドラ)

うわめっちゃ悪そうな顔!
ナマケモノのテンポにイライラして自ら脱ぎたくなる、
あるいは考えを改めさせるのが目的の道具だとすれば
なるほどなあという発想です。
怠けるのが認められても、
着る人の意識や感覚はそのままというのがミソですね。
のび太の場合は完全に裏目に出ちゃったわけですけど。


・一家に一台、お手伝いタヌキロボット!?

のび太の代わりに部屋の掃除をすることになったドラさん。
全身を使ってごりごり掃除機をかけたり、
一生懸命背伸びして本を収納する姿が涙を誘います。
しっぽピコピコさせながら風呂掃除するのも良いなあ。


・のびドラの静と動

朝までゆで玉子をむいていたのび太と、
階段上でひっくり返るドラ、
イライラして部屋を歩き回るドラと、
木にぶら下がったままののび太など、
動きが対照的で楽しい画が多かったです。


・「のび太さん、授業終わったわよ」(しずか)

中学生くらいの時は
「先生の雑談で授業終わった!わーい」とか思ってたのですが、
怠けることで他の人を巻き込んでしまうというのは、
大人の目で観るとちょっと胸が痛いものが。


・ナマケモノしずか

服の上から着るのか! 無念!
いや、のび太が既に着てたから知ってるけど。
怠けていいよ、許される、となっても、
ずっとそうしている訳にもいかないし、
その後のことが気になってしまうのでしょうね。
休日ほどやることが多くなる現象に似てるかなあ。
せめてのび太の存在が(日頃から)
しずかの気分転換になっていればと願います。


・空中から仏頂面で押しつぶすドラ

このドラ、いい表情してやがる。
妙にゆっくりと降りてくる動きがじわじわきました。


・江羅井先生のことば

「えらいせんせい」というネーミングがそれっぽくてナイス。
最初は驚いていたしずかですが、
クラスメイトほぼ全員が口をぽかんと開けている画のときには、
「そうね、のび太さんだものね」
というような表情で見守っていたのが細かくて良いです。
前日のやりとりも思い出されているのでしょうか。


と、いうことで、
勉強もお手伝いもパスできた上、先生にも褒められるという
見ようによってはのび太さん大勝利なお話でした。
ドラさんがその分(精神的にも)おつかれさまです。


この日の放送はどちらものび太が逃げ切るというか、
うまいことやってそのまま〜という終わり方なので、
なんだか不思議な感じがしました。
意図的かもしれませんが、ドラが呆れるエンドも同じなので、
のび太がちゃんと収拾をつけてほしかった気もします。
(あるいは単純に話の組み合わせを変えるのでも良いですが)


 ◇

次回は11月16日、
「しつけキャンディー」「ハメルンチャルメラ」
原作話でちょっと教訓風味の二本立て。
骨川親子の大活躍(?)と
ドラの破壊兵器に注目!!








更新が遅くなってしまいましたが、
今回はちゃんと「感想」を書けたかなという気分です。
ここまでお読み頂きありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん12年11月9日放送感想(「熱演カチンコ!!」&「ナマケモノスーツ」) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる