今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん13年1月18日放送感想1(「カニ食べたい!」)

<<   作成日時 : 2013/01/25 00:48   >>

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

カニカマボコは所詮カマボコであり、
本当に美味しいものはお高いのねというお話。
いや、でも最近は「そこそこ美味しい」というものが
安く買えてありがたいです。
職場のとなりのスーパーはおにぎりが58円ひゃっほう!
……えっと、何の話だっけ?


「カニ食べたい!」 
 →アニメオリジナル


さて、今回の一本目は
「カニなんか家にたくさんある」と大ホラを吹いたのび太が、
ドラの「モドキスプレー」を使って
カニカマを本物のカニに偽装するはずが、
自分がカニに変身して食われそうになるお話、
題して「カニ食べたい!」。


……うん、
カニバリズムとかけてあるのかとか
そーいうのはこの際どうでもいい。

このタイトルを通したやつは誰だあっ!!
(某美食倶楽部の主人風に暖簾をめくりながら)

いやもう、予告の時点でなんじゃこれでしたが、
やっぱりなんじゃこれなお話でした。
まずタイトルもうちょっとひねれ。
食欲をストレートに文字化しただけじゃないですか!
カニ食べたかったのってジャイアンだけだろうし、
担当者の素直な願望?


話そのものは個人的には楽しかったのですが、
ダメな人もいるだろうなあという感じがします。

ここ数年のアニメオリジナル回に多い気がするのですが、
「すこし・ふしぎ」な道具や素材を使いつつも、
「かなり・イカれた」話に仕上がってるシリーズですね。

正直原作の「ドラえもん」とは別次元に行っている印象ですが、
これはこれで面白い味わいはあるので、
アニメ版独自の進化と考えればあり…なんでしょうか?
ただ、原作のある2本目とのギャップがすごかったです。

 ◇

さてのびちゃんお得意の大見栄からはじまる話ですが、
そもそも彼は「タラレバガニ」なる謎の生物が家にある、
と言っていたのですから、
実はいくらでもごまかせたんじゃないでしょうか?
例えばちょいと四丈半島でイソギンチャクでも捕まえてきて、
ペンキふりかけで色でもつけて
「ほらこれが『タラレバガニ』だよー」と
見せてやっても良かったのでは……

そうするとどこかのキツネとゴリラさんに
「そーかいそーかい、それじゃこの『タラレバガニ』を
カニグラタンにして食ってみろよ!」って
言われちゃうんでしょうか。
それはそれでぜひ観てみたいぞ。


閑話休題。
なぜか素晴らしいタイミングで山のようなカニカマが用意してあった
野比家の謎も深まるばかりでしたが、
「落としたくらいでスプレー大量噴射・望まぬ変身」
→「解除できずに詰む」
のお約束のコンボがまた素晴らしかったですね。

未来世界では車両トラブルでJAFが出動するよりも、
道具使用時の事故でレスキューが出動する頻度の方が
高いんじゃないかなあと思ったり。

今をトキめく「ひみつ道具博物館」には
どこでもドア第一号が収蔵されているらしいですが、
あるいはこの道具も展示されたりするのでしょうか。
2125年型モドキスプレー: 栓がゆるい
てな感じで。
……ただの初期型不具合じゃないですかー!?


そんなユカイな、いえ不幸な事故により
タラバガニに変身してしまったのびさんドラさん。
タイミングよくやって来てしまった玉子さんに
「なんかイヤー!」とホウキで追い出されてしまいました。
ただの「イヤ」じゃなくて、
なんか」イヤというのが良いですね。
魂レベルで得体の知れない嫌悪感を持ったというのでしょうか。
例えどんな姿になろうとも、親子なら通じる愛……!
なんてものは幻想でした。
実に教育的なアニメです。


その後のび太がジャイアンにお持ち帰りされ、
ドラがポイ捨てされるという衝撃の展開を経て、
ムクの活躍により命からがら
昆布だしの鍋から逃げ出したのびドラさん。

それにしても「野良ガニみーっけ!」と
怪しげなカニを躊躇無く持って帰る剛田さんは
さすがですね。
いや、そこらへんを
カニが野良で歩いていて何の疑問に思わない
というのはむしろ月見台の住人の特性かもしれないですが。

道端で突然出くわしたカニに疑問は持ちつつも、
とりあえずラジコンでぶちかまそうとする骨川さんも
なかなか例に漏れない感じです。

ラジコンを強奪するドラさん(@カニ)が
やったらカッコよかったのですが、
よく考えたら念願のスラリと長い手足を手に入れてるんですね。
イメージとはだいぶ違うでしょうけど。
短足モタモタのままだったら
できないアクションだったかもしれません。

ということで、
玉子、ゴリラ、キツネではラチがあかないと判断した二人は
ラジコンカーでしずかのもとへ。

出木杉でも良いじゃないかって?
ノンノン、同じくカニバサミ(おさげ)を有するもの同士
きっと通じ合うに違いない!

……と、青いカニと茶色いカニが
ラジコンカーに乗って急襲した結果、
しずかには「キャー!」と逃げられましたとさ。
そりゃそうだ。 怖ええよ。

ようやくカニの魔手から逃れて家に戻ったしずかでしたが、
続いて源家の敷地にやってきたのはライオン!
仮面じゃなくて本物の方。

ああそうでした、
ここはやたらライオンが逃げ出すまちでしたね。

ククク…一人前の動物輸送のプロになりたければ、
ここ月見台を突破してみるが良い!!


てな試験が行われているんじゃないかと
半ば本気で妄想する勢いです。


ライオンが出てきた時点でかなりアレだったのですが、
モヒカン狩りで撃退したり、
あやとりで富士山つくったりと
もはや「カニじゃねえ!」というレベル。
カニのび太の紙切り術は芸術の域です。

ということはのび太(本体)の技量って
カニ以下ってことでよろしいのでせうか。


しずかにモドリスプレーをかけてもらい、
無事もとの姿に戻ることができたのびドラ。
ほっとしたのもつかの間、
家で夕食に出されたのはカニでした、
ちゃんちゃん。


お約束どおりのオチではありましたが、
玉子さんはついさっき「なんかイヤ」と言っていたカニを
調理することになんのためらいもなかったのでしょうか。

カニの体でドラのポケットに手が届かないのであれば
取り残されたモドキスプレーとカニカマが
あのあとどうなっていたのかも気にかかります。

開けっ放しの勝手口……
ネコやイヌやドロボーさんが簡単に入って来れそうだった……

はっ、ドラにリードを切られたムク、もしや!?



ということで、大いにツッコミと変な妄想のしがいのある
カオス話でした。

モドキスプレーの発想そのものは、
わりと「ドラえもん」っぽいんですけどねえ。


 ◇


一週間遅れとなりましたが、ご覧頂けましたら幸いです。

「時代を超えてお買い物」と
1月25日放送の感想はとりあえず未定です……

箱根スタンプラリーとかFミュージアム新展示とか
感想以外で書きたいネタもあるので、
なんとか更新できるようやれるはんいでがんばります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラえもん13年1月18日放送感想1(「カニ食べたい!」) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる