今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラえもん2015年10月16日放送感想(しずめ玉でスッキリ&のび太のお宝鑑定)

<<   作成日時 : 2015/10/17 00:27   >>

面白い ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は壮大なアクションと親子愛が見どころの名作!
とりわけ、ドラえもんが親指を立てながら沈んでいくシーンは
涙なくして見れませんでしたね!?


↑てなわけで、
沈むロボットと言えばお約束のネタでしたが、
ターミネーターの設定もドラに似た部分があるので、
それほど違和感ないかもしれません。
ターリネーナー」なんてのが来たこともあるし。


しずめ玉でスッキリ
 →てんコミ24巻、全集19巻

対象物に向かって投げると、
どんなものでも沈めることのできる「しずめ玉」と、
この玉で沈めたものを浮かび上がらせる
専用の「うかび玉」のお話。

 ◇

「部屋の片付けは終わったの?」と、
階下から響く玉子さんの最後通告。
スリッパとは思えないほど重量感ある足音で
ズシズシと近づいて来ます。

そこでのび太に泣きつかれたドラが
ぽぽいっと投げたるは謎の赤い玉!
ゴムマリのようなお手手にもかかわらず、
絶妙なコントロールで対象を次々と沈めていきます。
いや、絶対何らかの戦闘訓練を受けてますよ、このロボ。

どうにかママの追及をかわしたのび太が、
「地中潜望鏡」でタタミの下を見てみると、
そこには先ほどまで部屋に転がっていたマンガやおもちゃが。
「しずめ玉」でものを下に沈めることで
片付けたように見せただけだったのだ!

今回のアニメでは「しずめ玉」が赤い玉、
「うかび玉」が緑色の玉として描画。
輪ゴムで止めたくなるような袋入りの形態といい、
どう見てもおいしそうなアメ玉なので、
未来で誤飲事故が多発していないかと心配になります。
「桃太郎印のきびだんご」や「ペットそっくりまんじゅう」等、
「普通に食べてもうまい」系統の商品である可能性もありますが。

対になる「うかび玉」を放り投げることで
再び床上に現れる品々。
その中にはせんべいも含まれていたりするのですが、
いっときタタミの下まで沈んでいたものを
のび太とドラえもんは美味しく頂けるのでしょうか。
いやまあ、四次元ポケットの中と同じように
状態固定された特殊空間だとは思うのですが。気分的に。


かくして、「楽しい遊び道具」を手に入れたのび太は、
お約束のいたずらタイムへ。
しずめ玉を投げられたにもかかわらず、
腕組みと説教をしながら真顔で沈んでいくドラが笑えます。
ちゃんと声が小さく籠もっていく演出なのがイイですね。
自分の身体が徐々に没していくという状況に、
一切の焦りも動揺も見せないドラえもんさんがカッコいい……
やはり戦闘用なのでしょうか。


一旦ドラを浮上させて、
町内をうろつきながら沈める対象を探すのび太。
そこへ丁度良い獲物…いえ、迷惑千万な違法駐車を発見!
戻すためのうかび玉も家主に預けたうえで、
心置きなくボッシュートできました。

今回のような違法駐車は論外ですが、
車を一時的に地中に沈めることができるようになれば、
駐車時に出入り口や道を塞がずに済んで便利かもしれません。
配達業者とかリヤカー使ってるくらいだしなあ。


さてさて「沈む」と言えばやっぱり戦艦だよね!(←嫌な枕詞)
というわけで、スネ夫さんが所有する艦隊これくしょ…
もとい、戦艦コレクションをロックオンしたのび太さん!
骨川家の船(ラジコン・クルーザー等含む)は、
かなりの高確率で沈んでいるような気がしますが、
今回は物理的破損が無さそうなだけマシでしょうか。
ただ、沈められたままで、
この日のうちにのび太に思い出してもらえない可能性に
ドラ焼き10個賭けよう。


お目付け役であるドラえもんが
月見台名物「ドラ焼き特売トラップ」に引っかかったところで、
のび太の次の標的はしずかに決定。
F先生は「あるはずのポストが無い!?」
と困惑するイタズラよりも、
しずかの足元からムクムクとせり上がってくる物体
描きたかったに違いない、うん。

……えー、このあたりから沈めることよりも
「浮かばせる」方をうまく活用していますね。


ドラ焼きを買い込んで正気に戻ったドラはのび太を追いかけますが、
あえなくしずめ玉の餌食に。
しかしながら、
そこは数々の修羅場をくぐり抜けてきたソルジャードラ!
沈みかける身体を驚異の精神力で支え、
奥深く引き込もうとする力に必死で抗う!
そう、これしきのことでは屈しな…

 →視線の先にドラ焼きの袋。

食欲>>生存欲となり、
そのまま地中へ消えていくドラ。
嗚呼、この癖さえなければ
練馬区最強の座も夢では無いのに……

ドラ焼きだけがポツンと取り残されていた様子から、
しずめ玉の発動の瞬間に身に付けていなかったものや、
空中にあったものは効果から除かれるようです。


続いてのび太が遭遇したのは、
今まさにはる夫からメロンパンを強奪しようとしている剛田氏。
黄色いあのお方はいらっしゃらないので、
のび太さんがお一人で成敗にかかります。

何もなかったところから塀を出現させて激突させたり、
電柱を急浮上させてジャイアンを吊るし上げたのは
のび太にしては良いアイディア。

だがしかし、煙とナントカな剛田さんは、
電柱程度の高さはものともしなかった!
のび太をクッションにして(※月見台以外でマネしないように)
華麗に着地を決めた剛田さんは、
使い方も把握しないまま、しずめ玉とうかび玉を奪って帰宅。

と、「さあ転んでください」と言わんばかりの
出木杉、もとい出来過ぎなポジションに置かれた小石に
律儀につまづいてしまったジャイアン。
手に持ったしずめ玉をばらまいてしまい、
生活の場であり家業の拠点である剛田商店が沈没してしまう!
がらんとした跡地に残されたムク
呆然としているのが涙を誘います。
彼も苦労が絶えないなあ。

月見台における家屋被害率は
骨川家がぶっちぎりのトップで、
次いで野比家、剛田家という印象でしょうか。
イメージとしては
骨川家が玄関や天井が派手にぶっ壊される感じで、
野比家は全体の変形(迷路化、電車化、高層化など)が多く、
剛田家では丸ごと人が住めなくなるような事態(ビニール化、今回の沈没など)が記憶に残ります。
源家は比較的安全な部類ですが、
鉄人兵団に襲撃されているので、精神的な衝撃がありました。


さて、原作と違って、
しずめ玉もうかび玉もセットでご一緒に沈んでしまったため、
とりあえず地中潜望鏡でドラえもんを探すことにしたジャイのび。

のび太の「はっ、ドラえもんも土の中だ!」というセリフが
まるで死んでいるようにしか聞こえないのが
ブラックで面白いです。

ここで先ほどドラえもんが見せた食い意地が、
【ダイイング・ドラ焼き】としてまさかの伏線に。
月見台のドラ焼きの下にはタヌキが埋まっている!?

ようやくドラえもんを発見するも、掘り出す術はなく、
のび太の手元には1個だけ残ったしずめ玉のみ。

しかし、ここで思い出してください。
剛田商店(跡地)には何が残されていたか!?

そう、ムクです。
ここ掘れワンワン!とムクに掘らせる……のは無理なので、
ムクの散歩用ロープを使って地上との接点を保ち、
沈んでいくのび太ごと、ドラを引っ張り上げる作戦!!

浮力があるにしても結構な重量だと思いますが、
Fミュージアムで「きれいなジャイアン」が
浮上→水没→浮上の
無限ループの刑
にされている鬱憤を晴らすがごとく、
限界までパワーを出し切ったジャイアンは、
どうにかドラを道具を出せる高さまで引き上げることに成功!

そして都合よく 幸いにも余分に所持していたうかび玉の効力で
ようやく地上に復帰できたのび太とドラ。

剛田商店の中に居た母ちゃんも無事でしたが、
異常事態にも気づかず鏡に向かって化粧を続けていたため、
「暗くてよく見えなかった」と、かなり独創的な仕上がりに。

急に夜になった(?)ことを何も疑問に思わないのは
月見台の住人であることを差し引いても
ちょっとおかしいのかもしれませんが、
取り残された母ちゃんのためにあれだけ頑張ったジャイアンを
単純に叱りつける展開にならず、
これはこれで良かったのかもしれません。

そして部屋が片付いていないことが
玉子さんに発覚したのび太は、
ドラに冷たく突き放されるのでした。
めでたしめでたし。

 ◇

「のび太の部屋の下」が単純に1階ではなく、
また129.3センチのドラえもんを沈めておけたことから、
この玉で沈ませる空間は、実際の座標と重ねつつも、
道具によって形成される特殊な空間じゃないかなと思われます。

意図的にここに荷物を沈めて、
収納庫代わりに使えたら便利かなとも思いましたが、
今回のように、うかび玉が使えない状況に陥ると困りますし、
窃盗や監禁等の犯罪にも活用できてしまうので、
実際には効力に時間制限があるのかもしれません。

沈みかけたものを引き上げられるのか?ということについては、
原作からかなり広げた解釈ではありましたが、
しずめ玉の効力の境界面を水面のように描写するなど、
映像的にもSF的にも面白いアレンジだったと思います。

加えて「なるほど」と思ったのは伏線の数々。
ムクの小屋が残ったのは単なるギャグかと思っていたので、
切り札になったことにかなり驚きました。

地中のドラが慌てるどころかムスッと腕組みをしていたり、
ご町内に小判が埋まっていたあたりも面白かったのですが、
あまり地中の様子を描かずに、
「下はどうなってるんだ!? 大丈夫なのか?」と
緊張感を高めていく方向でもアリだったかもしれません。

ジャイアンの
「自分の家ごと母ちゃんを生き埋めにしてしまった!」
という焦りや非常事態感と、
母ちゃんの呑気なまでに平常すぎる感覚と、
そうしたギャップも面白い話でした。

「家が沈んだ」なんてムチャクチャは
そりゃあ内側からは「日が沈んだ?」としか
認識できないですよね。うむ。


 ◇

のび太のお宝鑑定
 →てんコミ18巻、全集8巻「自動質屋機」

入れた品物に応じてお金を貸してくれる道具の話。
「自動買いとり機」と違って、
期限内にお金を返せば質草は返ってきます。
そのため、お金を得ることよりも、
改めてモノの「価値」を考えることが主題になっていました。


こちらの感想は項目別に述べていきます。


・コインに飛びかかる男たち
のび太と丸メガネのおじさん(お兄さん?)、
風貌が似通っているばかりか、二人揃ってすかんぴん。
おまけに正面激突のタンコブまでこしらえて、
小学生ののび太に譲られてやっとの思いで拾ってみれば、
硬貨ではなくゲーム用?のコインだった、ということで、
二人の「出会い」としては
これ以上ないほど冴えない感じではありました。

けれども、こんなカッコ悪くトホホな出会いが、
その後の男性の人生を大きく変えることになるというのが、
やっぱりF先生の構成はすごいと思うところです。
こういう地に足のついた「少しだけ不思議」な感じがいいなあ。


・「なんでも相談してみろってんだ! フンッ」
初期のノリに戻ったかのように鼻息荒いドラ。
ポンッと腹つづみを打ってるのが面白いですが、
着々とタヌキ化が進んでいる自覚は無いのでしょうか。


・「3ヶ月以内に返さないと、品物は未来で売られちゃうよ」
「未来で売られちゃう」の部分はアニメオリジナルの補足。
古道具きょう争」のときのように
未来で懐古趣味が流行しているのであれば、
もっといろいろ高く売れそうな気もしますが、そのあたりは不明。
ただ、それでは
「古い時代に行って質屋機にどんどん放り込んだもん勝ち」
になってしまうので、
査定額はあくまで使用された時代の価値によって
決められるのかもしれません。

その辺の突き詰めはちょっと甘い感じもしましたが、
ここでは未来での売買を示唆することで、
現時点で確定していないが、高確率で進むであろう未来
に基づいた査定も可能である、という
この話のオチに向けた伏線になっているようです。
(画商と出会う前の質入れでお金が出てきた理由のフォロー)


・「おこづかいもらったら返すよ!」(のび太)
嬉々として手当たり次第に質屋機に放り込むのび太。
うん、質 流 れ の 予 感 しかない
バットとボールとグローブまで入れちゃってるので、
当分ジャイアンズの球拾い(しかも素手)になるんだろうなあ。


・パパがプレゼントしてくれた毛皮のコート
嬉しそうに頬ずりする玉子さんが可愛い!

現実の査定でも、
毛皮や衣料品はよっぽど状態が良くない限り、
かなり安い値段でしか売れないそうなので、
3千円というのはリアルな感じです。
「もうちょっと高くてもいいでしょ!?」と
ついつい 値段>思い出』 になって怒っている玉子さんが
正直でこれまた可愛い。

パパのび助はかつて画家になる夢を断念しましたが、
でもその先で玉子さんの笑顔を手に入れたのですよね。
人生それぞれ、いろんな出会いと可能性があり、
この夫婦にもかつてそんな物語があったことを、
ギャグをからめつつ、さりげなく掘り下げていて
上手いなあと思いました。
長く続いている作品だからこその描写かもしれません。


・キミの家の玄関に一枚!
「STAND BY MEドラえもん」で、
この絵描きのおじさんの描いた抽象画と
同じ柄の玄関マットがあったことを思い出します。
この幾何学模様といい、妙に印象に残る絵なんですよねえ。


・「随分新しいのもあるじゃない!」
質屋機に入れるために
"要らないもの"を抱えてきたジャイアン。
それらはほとんど
皆から巻き上げたものだったということで、
ゲス度を上げています。
盗品(に順ずるもの)は質入れ不可に弾いたりできないのかな。
スプラトゥーンのイカっぽいのが混じっているのが気になります。


・「良かったね、しずかちゃん!」
しずかが大切にしている人形を質入れしたのび太。
ジャイアン以上のゲスが居たー!
基本的に優しい子ではあるんですが、
それ以前にお子さまであり、おつむもちょっとアレなんで、
単純に高額だったことに喜んでいるようです。
ドラに注意されてちゃんと謝っていたので、良しとしましょう。
しずかと結婚する頃には、
想い出を同じように大切にできるような青年に育つ…はず?


・絵描きのおじさんのアパートにて
共同の玄関に落ちている紙切れとか、
窓枠に掛けられた傘とか、つきあたりのブレーカーとか……
背景がものすごく緻密で雰囲気がすごい!
今どきあり得ないんじゃないかというほど、
年季の入ったアパートですが、
おじさんを含め、ここで暮らした人たちの
人生が積み重ねられたような厚みを感じさせます。
ベロ相うらない」の回を思い出しますね。


・「いいから。お礼がしたいんだよ」
ラーメン鉢からホウキまで、部屋中のものを質に入れてしまい、
この先の生活はどうなるんだという状況なのに、
とても嬉しそうに喜んでいたおじさん
出てきたのも微々たる金額に過ぎないというのに、
やっと買えたドラ焼きの半分をドラたちに渡してくれるという。
その屈託の無い笑顔が胸にぐっと来ます。

どことなくのび太がダブって見えるのは、
丸メガネが似ているというだけではない気がしました。


・『(一銭を笑うものは)一銭に泣く』(骨川家の掛け軸)
古伊万里の皿が偽物なのはともかく、
千利休愛用のマグカップや信長のホームランボールは
どう考えてもジョークグッズなんですが……!
もしかするとスネ夫自身も怪しい品なのを
承知の上で投入していたのかも。


・「二人に会えてよかったよ」
アパートを追い出されてしまったので、
絵を諦めて郷里に帰ると言うおじさん。
なんということだ! 
そこの129.3kgロボットが廊下を破壊したばっかりに!?

閑話休題。
家財道具を質屋機に入れまくっていた様子を見るに、
もともとアパートを出ることを考えていたんじゃないかなと思います。
のび太たちとの出会いを潮時としたのではないかと……
そう考えると「二人に会えてよかった」というセリフが
ずっしりと心に響いてきます。

放送を観るまでは、単純に
「売れなくても絵に情熱を持った人であってほしいな」
と考えていたので、
月見台を去ろうとしたことを少し残念に思ったのですが、
前半でのび助と玉子の描写があったことで、
「夢を諦めることが不幸せとは限らないし、悪いことではない、
それも人生の選択である」ということが改めて感じられました。
もちろん、今回も最終的にはハッピーエンドなのですが、
元高角三さんのエピソードと似ているようで、
意図的に方向を変えているのかなと思えます。

のび太にしても、
ジャイ子と結婚する場合も、しずかと結婚するのも、
それぞれの人生を精いっぱい歩んでいるわけですから……


・「先生の作品ならきっと高く売れます」(画商)
あの道で質屋機を使っていなかったら、
画商が通りかかるタイミングと合わなかったかもしれない、
そもそもアパートを出ていなかったら、
のびドラと再会することも無かったかもしれない。

誰にでもある人生の分岐点に、
そっと訪れる「すこし不思議」な瞬間。
上手く行くことばかりじゃないでしょうが、
こういうのって素敵だなと思います。
道具の効果ではなくそれをきっかけにした物語ということで、
あの窓にさようなら」とか
「エスパー魔美」のテイストにも近い気がしました。

画商が(評判を聞いて?)
おじさんのもとを訪れるという原作のラストも、
地道に活動してきたことが実を結んだ形で良かったのですが、
今回の「たまたま通りかかる」という展開も、
「のび太たちとの出会いが新たな出会いを生んだ」
というめぐり合わせを感じさせるもので、
なるほどなと思えるアレンジでした。

画商とおじさんの会話に
聞き耳を立てているのびドラが可愛いです。

 ◇

ということで、
お金を借りることや
価値を鑑定することがメインのドタバタではなく、
目に見えない「価値」を数値化することで、
その背景にある想いとか人生を浮かび上がらせるような
そんなお話だったと思います。

深く考えすぎかもしれませんが、
絵描きのおじさんとのび太に共通する雰囲気から、
画家を目指していたのび助と玉子さんとの出会い、
そしてしずかとのび太との未来、と
いろいろなものがつながっていく話であったようにも感じられました。

 ◇

10月23日放送分の感想はお休みします。(その次の回も未定)
不定期更新で申し訳ありませんが、
マイペースにこの作品への愛を述べていきたいと思いますので、
ときどきのぞいて頂けたら幸いです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドラえもん2015年10月16日放送感想(しずめ玉でスッキリ&のび太のお宝鑑定) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる