今をトキめかない

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016春JR東日本・映画ドラえもんスタンプラリー挑戦記〜その1(準備と東海道線エリア)

<<   作成日時 : 2016/04/14 02:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年もやってまいりました!
小田原駅〜川崎駅〜大宮駅のエリアで開催していた、
映画ドラえもん「新・のび太の日本誕生」公開記念 
JR東日本のスタンプラリーのレポートです。


以下は2016年3月6日時点の参加記録であり、
スタンプラリーは16年4月3日で終了しておりますので、
その旨ご了承ください。

記事の公開が遅くなってしまい申し訳ありません。

クリックで拡大


<スタンプラリー概要>
開催期間:2016年3月1日〜4月3日

スタンプ設置駅:JR東日本全18駅・3エリア

 武蔵野線&埼京線(ドラコエリア):
   大宮駅、武蔵浦和駅、北朝霞駅、東所沢駅、新秋津駅、西国分寺駅

 南武線(グリエリア):
   尻手駅、武蔵小杉駅、武蔵中原駅、
   武蔵溝ノ口駅、登戸駅、稲城長沼駅、府中本町駅、立川駅
 
 東海道本線(ペガエリア): 川崎駅、横浜駅、大船駅、平塚駅、小田原駅

スタンプ設置時間:9時30分〜16時
賞品引換時間:10時〜16時30分

ゴール受付:尻手駅を除くスタンプ設置駅にある
 「NewDays」(JR東日本系列の駅内コンビニ)店舗レジ

公式詳細はこちら
(リンク先PDFファイルです。JR東日本八王子支社のサイト内へ)

消えていたらこちらへ。
(同PDFファイル、Internet Archive内ログです)

本年は埼玉エリアが加わったためか、
JR東日本八王子支社の主催になりました。

昨年(2015年)のスタンプラリーのレポートはこちらの記事へ。

スタンプの設置駅は昨年の12駅から18駅へ増加。
武蔵野線の駅が対象になりました。
(立川駅削除、大船駅・大宮駅・武蔵浦和駅・北朝霞駅・東所沢駅・新秋津駅・西国分寺駅追加)

映画にちなんで全体を路線ごとに
「ペガ」(東海道本線)、
「グリ」(南武線)、
「ドラコ」(武蔵野線と埼京線)
の三つのエリアに分けてあります。

スタンプ駅の数は2015年より大幅に増えたものの、
尻手駅を除く全ての駅でゴール(賞品交換)が
可能
になったため、
ルートが柔軟に設定できるようになりました。

賞品も
 「どこでも6駅のスタンプを集める」
 「いずれか2つのエリアのスタンプを揃える」
 「18駅全てのスタンプを集める」

の三段階に分かれており、
無理のない範囲で挑戦することができます。

しかしながら、やはり
・大宮〜府中本町〜川崎〜小田原駅間の移動距離が長い
・スタンプ設置が午後4時まで
(すべて改札外)

といった設定条件が厳しいため、
一日ですべて回るのは、かなり計画的に動かないと難しいと思われます。

お子様連れや何人かで回る場合は、
6駅または2エリア達成に絞るか、
複数日程で回ることをおススメいたします。

  ◇

<準備編>

『スタンプラリーたるもの、急いで競うものでなし!
行き当たりばったりもまた一興……』

ではあるのですが、

『事前に計画を練るのも、また楽し!』

ということで、出発前の準備についてまとめてみます。
あくまで個人的覚え書きなので、ご参考程度に。
ほかのスタンプラリーにも応用できる部分があれば良いなあと思います。


・スタンプラリー実施エリアと最寄り駅を含む路線図確認
細部は覚えなくても良いので、
スタート&ゴール駅の設定と、
どのようなルートで回っていくかをあらかじめ考えておきます。

さらに、スタンプのある路線だけでなく、
広域の路線図に目を通しておけば、
自宅や職場最寄り駅からの移動や、
他の用事のついでに寄るのにも便利。

印刷して持って行けば、
乗り換え駅の確認や急な予定変更にも対応できますね。

※JR東日本の場合は
こちらのページに路線図が掲載されています。
http://www.jreast.co.jp/map/

小田原〜川崎間など、
同じ区間を走る複数の路線がわかりやすいので、
「東京近郊路線図(車内掲出版)」がおすすめ…かも。


・クリアファイルや書類入れ
スタンプラリー用紙をぐしゃぐしゃにしないために使用。
取り出しやすく、中身がわかりやすいものが良いです。
今回の旅では、
2エリア達成と全スタンプ達成でもらえるハガキ
安全に持ち帰るためにも活躍しました。


・下敷き紙(コピー用紙など)
スタンプ台がインキで汚れていることも多いため、
下に敷く紙を持って行くと便利です。

今回は風で飛びそうになってしまったので、
スタンプの用紙より大きめの紙を用意した方が良いかも。


・スタンプ用紙に挟む紙(吸いとり紙)
これは下敷き紙と兼用になる場合もあり。
各駅のスタンプの乾きが悪いときに、
紙をはさむことで、他の部分への付着やこすれを防ぎます。
とくに、スタンプマットに印面を押してインキをつけるタイプの場合に
ベタベタすることが多く、要注意です。
(今回のスタンプはいわゆるシャチハタ形式なので、それほど問題なかったです)


・カメラ
必須ではありませんが、
駅やスタンプ設置場所の様子を記録しておくと、
旅の想い出として残せます。
普段は降りない駅って楽しいですね。

解像度が充分であるなら、携帯電話のカメラでも良いかと。
SNSへの投稿を併用すれば、
さらにリアルタイム感のある記録になるかもしれません。


・メモ帳やノート、筆記用具
これまた旅の記録と想い出に。
別にスマホやタブレットでも構わないですが、
「出口はこっち側で、スタンプはこのへん!」
など、ササッとイラストを交えたメモがとれるのも、
アナログ筆記具の魅力かなあと感じます。

「スタンプが台紙にうまく押せなかった!」
という時には、
せめてノートに押して絵柄を残しておくという手もあります。
スタンプ収集専用のノートを持ち歩いている方も見かけました。


・時刻表や乗り換え検索ができる端末(携帯)
スタンプラリーを一日で全て回ろうとするには、
特に時間配分が重要となるため、
「次の電車が何時に来るか」を確認しておく必要があります。
つまりは「この駅のスタンプを押して戻るのに何分使えるか!?」
を把握するということですね。

もちろん、「事前に調べた&駅で手に入る情報のみ!」
と、あえて縛ったチャレンジも面白いので、
方針次第ではあります。
(その場合でも時計または時計機能は必要)


・休日おでかけパス
これぞ、JR東日本スタンプラリーの最重要アイテム!!
土日祝およびGW、夏休み、年末年始の期間に、
一日有効で指定エリアのJR線乗り降りが自由にできる切符です。

くわしくはJR東日本のサイトを参照。
大人2,670円、子ども1,330円で、
対象エリアは君津、成田、土浦、足利、神保原、大月、久里浜、
そして小田原まで東京近郊をかなり広くカバー。

そう、JR東日本のスタンプラリーは
スタンプは全て改札外」なので、
このようなフリー切符が必須になります!

開催エリアが東京23区内であれば、
都区内パス」という切符もありますが、
今回は小田原まで含まれますので、
「休日おでかけパス」の使用がうってつけでした。

対象エリア外での購入はできない?ようですが、
エリア内に立ち寄る用事があれば、
指定席券売機(青グレーの機械)で事前購入することが可能です。

また、エリア外に出る用がある場合は
フリー区間外の部分の切符を買って、
パスと区間外部分の切符を駅員さんのいる出口で提示すれば、
おでかけパスだけを返してもらえるので、
また帰りに組み合わせて乗車することができます。

スタンプラリー以外でも、
知っていて損はない切符…かも。

自動券売機(指定席券売機)で買えるのも、
窓口が苦手な人間にはありがたいです。


 ◇

<新日本誕生スタンプラリーレポート 〜ペガエリア(東海道線)編>

※以下のレポートは、
やや急ぎの移動ですのでご注意ください。
実際に挑戦される場合には、
余裕を持ったスケジュール設定をおすすめします。



時は2016年3月6日!
前日5日に映画「新・日本誕生」公開されたばかり!
まさに日本中がドラゾンビさまに導かれ〜
オールトゥギャザーフィーバーしているという、
スタンプラリーに絶好の日曜日! 

お天気は快晴とはいかないものの、
雨は降っていなくて幸い。
宇宙英雄記のときのトートバッグに、
前日に映画館で買った
「新・日本誕生」のストラップを付けて出かけます。
「休日おでかけパス」も準備して、まずは東京駅へ!

意気揚々と出発したものの、
メモ帳を準備していなかったことに気づき、
東京駅で慌ててコンビニ「NewDays」店舗へ。
ブログ用に細かいメモは必須なのです。

うひゃあ、さすが東京駅、店内混んでるなあ。
むむ、電車の時間が迫る……

と、そのとき「セルフレジ」が目に留まります。
JR東日本の電子マネー「Suica」を利用して決済可能とのこと。
よ、よし、いっちょやってみるか!? 

セルフレジは初めてなのでちょっぴり緊張……
メモ帳とお昼ごはんのパンとお茶のバーコードをスキャンして、
会計ボタンを押し、Suicaをタッチ!
お〜「ありがとうございました」って表示されたぞ。
これで店出ていいのかな?

と、レジ袋に品を入れて挙動不審で店を後に。
スタンプラリー達成の前に、
思わぬ「はじめてのおつかい」を達成しました。


さて、東海道線のホームにやってきたるは、
8:17東京駅発、熱海行き「快速アクティー」!
特急料金等はかからない普通の快速電車です。

熱海まで行っちゃうのか〜乗り過ごしたら大変だな、と
線路が続いている便利さを感じながら、
まぶたを下ろし、安らかな眠りにつきます。


再び目を開けてみれば、
そこに映し出されたのは……山だった。
大丈夫! 小田原に着く前にちゃんと起きたよ!

寝ていたせいで余計そう思うのでしょうが、
窓の外の風景が一変していると、
東京駅からずいぶん移動してきたんだなあと感じます。

私のスタンプラリー挑戦はいつも時間との勝負になるのですが、
ただの通過点じゃなくて、その駅ごとの雰囲気を
少しでも感じられたら良いなと思っています。

小田原〜府中本町は昨年のスタンプラリーでも訪れたので、
「また来たよー そうそう、この階段が……」と、
すっかり勝手知ったる気分に。
こういうのも楽しいですね。


ということで、午前9時29分、
スタート地点の小田原駅に到着! 
名物の巨大ちょうちんで記念撮影。
今年の旅はしずかさんとご一緒します。
ほとんどの写真がクリックで拡大します。スマホだとどうなってるのかな?


スタンプの場所は昨年と同じ、
改札を出て左側、みどりの窓口前。
スタンプを押せるようになるのが9:30ということで、
何人かが並んで待っていました。

美少女の人形を持ち歩く怪しい大人。


小田原駅のスタンプ台は今年も綺麗にセッティングされています。


このブログもスマホからの閲覧が多くなったようなのですが、基本が長文ということもあり、あまり対応を意識しておりません。いつも画像オンマウスで遊んでいるのですが、スマホでは読めないのでしょうか。変に化けてたらすみません。

この旅最初のスタンプをポン!
小田原駅は「畑のレストラン」で食事中のドラえもんです。

う〜ん、道のりは長い!
でも頑張るぞ!

次の電車は9:45分籠原行き。
このあたりはちょっと電車の間隔が空いているかも……

国府津駅のあたりで見えた海は、
真っ白に煙っていました。


10:06平塚駅着。
七夕祭りで有名な平塚らしく、
駅にも大きな七夕飾りがありました。

七夕を扱った作品では、西岸良平先生の「夕焼けの詩」43巻の「七夕怪談」の話が好きです。


この駅もスタンプは昨年と同じ場所の、
東口券売機横。
インパクト絶大なギガゾンビ様のスタンプです。

平塚駅は2年連続でスタンプ台が汚れていたのが残念です……

逆立つ髪の細かさがすごい!
子どもウケは悪いかもしれませんが、
このクオリティは必見です。

再びホームに戻り、
10時14分小金井行きで平塚駅を出発。
東海道線も湘南新宿ラインとか上野東京ラインとか、
方面によっていろいろあるのですが、
横浜あたりまで停まる駅は共通のようなので、
とりあえず来た電車に乗っていきます。

車内の行き先表示の下が、
新日本誕生スタンプラリーの広告になっていました。

電光掲示って写真に取るの難しい。次は茅ヶ崎です。


大船駅10時31分着!
ここは昨年のコースにはなかった駅です。
駅自体は「鎌倉ものがたり」のイベントで来たことがあるので、
少し懐かしい気分に。
改札脇にある大船軒さんの鯵の押し寿司が美味しいのです。

押し寿司の誘惑を振り切り、
南改札を出て左に曲がった、みどりの窓口前。
待っていたのは生まれたてのペガのスタンプでした。
ペガサスに角をつけちゃダメなのだ。

今回のスタンプラリーでは、それぞれのエリアを
のび太の3匹のペットたちが分担しており、
東海道エリアはペガの担当です。


手早くスタンプを押してホームに戻り、
10:37発小金井行きに乗車!
ん、そう言えば乗って来たのも小金井行きだったような……
発車待ちの間に戻ってこれたのでしょうか?
大船駅滞在は6分、小田原駅の待ち時間を一気に取り返しました。


そして10時52分横浜駅着!
こちらのスタンプは観光案内所の横、
柱の陰になっていて少し分かりづらい場所にあります。
中央北改札と中央南改札は向かい合っていますので、
降りた時近いほうから出てしまって構いません。
スタンプ台紙に地図も載っていました。

引き出しの中身はなんでしょね。


昨年はゴール駅でもあり、係の人がおりましたが、
今年は無人になっていました。
スタンプ台は定期的にチェックされているようで、
キレイに整えられています。

スタンプに結ばれた紐が短めで押しにくく、
ちょっと曲がってしまいました……

数少ない公式ククルグッズ(?)

みんな大好きククルくんスタンプ!
瞳の輝きや腕の筋肉、犬笛まで、
原画のニュアンスがバッチリ再現された印面です。


さあ、ペガエリアのスタンプも残りひとつ!
横浜駅を11:02発で11:10には川崎駅に着きました。

湘南新宿ラインと横須賀線は川崎に行かないので、
注意が必要です。


川崎駅も人でごった返していますが、
改札はひとつなのでわかりやすいのが幸い。
東口方面(右)に曲がったみどりの窓口の室内にあります。
ここも昨年と同じ位置でした。
駅通路だと通行の邪魔になるのかな?

「ドラえもんフレンズちょこんとぬいぐるみ2」のしずちゃんです。頭のヒモはセロハンテープで留めてあります。


威風堂々たる、ドラゾンビ様のスタンプです!

タコさんは消えたのだ。



ということで、
東海道線ペガエリアの5つのスタンプをコンプリート!
ドラえもん、ギガゾンビ、ペガ、ククル、ドラゾンビと、
なかなかレアなキャラが揃っているエリアでした。

賞品引き換えの最初の条件は
「6種類のスタンプを集める」ことですので、
このエリアだけでは入手できません。

旅はまだまだ始まったばかり!
次の記事では全スタンプ制覇を目指して、
南武線・グリエリアと、
武蔵野線・ドラコエリアのスタンプを紹介したいと思います。


新・日本誕生スタンプラリーその2の記事へつづく!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016春JR東日本・映画ドラえもんスタンプラリー挑戦記〜その1(準備と東海道線エリア) 今をトキめかない/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる