小学校社会科教科書の「のびしず」!

成長するにしたがって、教科書は本当に「教科書」になるというか、 
本当に、ただ学習するための本になっていく気がしましたが、
小学校くらいまでのそれは、
どこか日常生活の一部であったように思えます。    
※写真が多めの記事です。表示が重い可能性がありますのでご注意ください。


と、いうことで今回は小学校時代の教科書について。
押入れから発掘したので、久々に手にとってみました。


イラストや図が豊富で、平易な文章でありながら、
社会で生きるために必要な知識がぎゅぎゅっと凝縮されているのだなと、
大人になった今だからこそ改めて感じられます。

授業中に先のページを読み、
休み時間にもぱらりとめくってみたり……
どんな教科でも等しく、そこに書かれている内容が興味深くて、
知識を得られる喜びを味わっていた日々が懐かしく思い出されます。

なんというか、小学校の教科書って、
今でも鮮明に思い出せるほど、
隅々まで楽しかったのだよねえ。


 ◇


実は、今でも教科書は全部とってあるのです!




……と言いたかったのですが、
家族から「(私の荷物で)いつか絶対二階が落ちる! 」
と苦情が出まくっていることもあり、
いろいろ思うところもあったので、
二年ほど前に教科書参考書ノートの類の
7割がたを処分してしまったのでした。

いや、そのときはそれなりに考えて、
それでいいと思っていたのだけれど……

ふと「あんな話が国語の教科書に載ってたなー」と思い出したときに、
しまった!もうあの教科書は無いのか、と気づいたときの
喪失感といったら。

かといって、何か他のものが捨てられたかというとそれも難しく、
お金があったら倉庫を借りたいと本気で夢見る日々です。
毎月増えていくF全集の重量が……!

 
 ◇


まあ、それはそれとして。

そんな中でも特に印象深く、
これから先、できることなら決して捨てたくないと思っているのが
小4・小5時の社会科教科書。
基本的に社会科大好き人間だったこともありますが、
なにをおいてもこれに尽きます。





広島と愛媛の方切れてしまってすみません…
東京書籍「新しい社会 4下」,目次頁(見返し),
平成3年2月28日文部省検定済 平成5年6月20日印刷 平成5年7月10日発行




のび太!しずか!そしてドラえもん!!

そうです、私の使用していた社会科教科書は、
挿し絵に彼らが登場していたのです!


具体的には東京書籍が発行していた
「新しい社会」という教科書。
4年生の上巻は未所持ですが(他社のものを使用していたため)
少なくとも4年下と5年の上下巻に掲載されていました。
6年生になると登場しないことからも、
意図的にのび太たちの年齢に合わせていると思われます。
(原作:4年生、アニメ:5年生)

正確な使用時期は不明ですが、
私が所持しているのは1993年および94年のものでした。
1992~96あたりで大体同じものが使用されていたのではないかと
推測されますが……

後の学年では、三谷幸広先生のドラ絵になっているのを
チラリと見たことがあります。

それはそれで貴重ではあるのですが、
個人的にはやっぱりF先生の絵で、
のび太たちが社会科教科書に居るということが、
たまらなく嬉しくわくわくさせられました。

奥付に「さし絵 藤子・F・不二雄,小学館」
とあるのがまた感動的。
表紙は普通です


 ◇

白黒ページもありますが、
小学校なので、基本はカラーイラストという豪華さ、
そしてなにより、
大人になった今でも大切にしている一番の理由にはコレがあります。


うら山杉
同、「新しい社会」4上, p.14



な、なんだ! この「のびしず」っぷりは!



ふたりで一冊の本を広げちゃって、
肩寄せちゃって、
いまどき児童向け(少女)マンガでもお目にかかれないような
おいしい場面!!
甘いじゃないかベタ甘じゃないか、なんということだ!!


……ええとですね、
発注した教科書会社の意向か、
あるいはF先生の判断かはわかりませんが、
この「新しい社会」のイラストには
スネ夫とジャイアンは一切登場せず、
ドラえもんですら二回しか出てきません。
先ほど「『ドラえもん』のイラスト」と表現しなかったのは
そういう理由です。


つまり、ずっとのびしずの二人の世界!

なにこの天国! 愛ランド! ウヒョヒョヒョー




……キモいですね、すみません。
なんとなくこれまでの言動で察した方もいらっしゃると思いますが、
わたしはのびしず推奨派です。つまりそういうことです。
てんコミ25巻~36巻裏表紙なんかを眺めてはいつもニヤニヤしてます。


 ◇

閑話休題。
と、まあそういうこともあって、
余計この社会科教科書が宝物になっています。

個人的嗜好は抜きにしても、
あえてのび太としずかのふたりに限定してあるのは、
教科書を使う子どもが感情移入しやすく、
同じ目線で考えられるようにということなのでしょう。

セリフは編集者が入れているようですが、
(改訂で微妙にセリフが変えられているのを確認)
全体的にやたら好奇心旺盛で、勉強熱心なのび太を見ることができます。


ちょっと誇らしい顔にも見える
東京書籍「新しい社会 5上」,p.20
平成3年2月28日文部省検定済 平成6年1月20日印刷 平成6年2月10日発行



…鳥海山、だと……! 
「種まきじいさん」を知っているのか…のび太のくせに!?

とても「江戸幕府を開いたのは『立派な人』」だとか、
北海道の地図を見て「東京」と答えた少年と同一人物とは思えません。
いや、あれアニメ版だし当然なんだけど。

主人公補正ならぬ、
ナビゲート役補正というところでしょうか。


その役割と吹き出しを逆に利用したのがこちらのイラスト。

教科書の統計資料って、子ども心にもデータが古いのが気になっていました。当時94年で89年の数字を見せられても…
東京書籍「新しい社会 5下」,p.18
平成3年2月28日文部省検定済 平成6年6月20日印刷 平成6年7月10日発行



日本の輸出額と輸入額の変化のグラフの下にのびしずが居て、
吹き出しは空欄。
サイドに『グラフを見て、気づいたことを、ふきだしに書いてみよう』
と、あります。

もともとマンガのキャラクターであることも生かした、
画期的な手法。

しかしながら、私はご覧のように
この吹き出しを埋めることができませんでした。

なんというか…
のび太というキャラ、しずかという少女をよく知っているだけに、
私なんかが下手なセリフをしゃべらせちゃいけないな、
という気がするというか、
グラフから読み取れることをしゃべらせても、
「そんな頭のいいのび太じゃない!」という気がするというか。

まあ、実際のところは、
「このイラストを元のきれいな状態で残さねばなるまい!」
という判断だったと思うのですが。
小学生にして既に立派なヲタ気質。

教科書そのものには赤線を引いたり書き込みもしてるし、
何より「名前」を書いてしまっていますからねー
「書籍」としての価値は無きに等しいでしょう。
いや、でも教科書だし、名前書かないわけにも……


 ◇

話を戻しまして、
その他、ただ単に「国民的人気マンガから引っ張ってきました」
というだけではないな、と感じさせるのがこちらの絵。

鳥海山は入っていなくて申し訳ありません…。くまちゃんプリントの服を着ているしずかはレアかも。
同、「新しい社会 5上」,p.18
※クリックで少し拡大

地形と土地利用を俯瞰するのは社会科の定番ですが、
タケコプターで空を飛んで、
というのはこの作品、このふたりならではかも?

単なる挿し絵ではなく、
ちゃんと作品の設定を生かしてあるあたりが、
さらに良いなあと感じさせます。

こういう場合は男の子と女の子が気球に乗っている絵が
お約束ではあるのですが……
実は気球絵もあるのですが。
例によってのびしず二人の世界です。
ドラは置いてけぼりらしい。


いやいや、ドラも居ますよ! 出てこないだけで。
貴重な残り一枚がこれ。

どこでもドアがあれば赤道直下の常夏だって行ける、と言ってはいけない
同、「新しい社会」4下,p.82
※クリックでこのページの全体図が見えます


のび太居ないけどな!
置いてけぼりのドラはひとりで春を探しに……
いや、後ろにタマちゃんとかミィちゃんが居るかもしれないし。

これも、どこでもドアを使用していますが、
このドアが何なのかについて、
イラストとして一切の説明が不要なところが素晴らしいです。


 ◇

のびしず的おいしさ、
社会科と『ドラえもん』設定の掛け合わせの妙のほかにも
単純に、珍しいシチュエーションのイラストが拝めるという
魅力もあるでしょうか。

まずは「宅配便とのび太」。
教科書ナビゲート役仕様のためか、表情も心持ち知的?

北海道のおばさんから、サッポロラーメンが?
同、「新しい社会」5下,p.30
※クリックで少し拡大

北海道のおばさんから荷物が届いたところでしょうか。
意外と、原作にこういう絵は無かった気がするのですが……?


続いては、「陶芸に挑戦するのびしず」。

「カチカチ山のドロ舟」か、「ジャガイモ」に比べたら意外と湯呑みっぽい。
同、「新しい社会」5下,p.30


これは面白い絵!
のび太の湯呑みが意外と形になっているのが興味深いです。
置いたら斜めになりそうだけど、小学生だったらこんなものだよね。

しずかがなぜか舌を出していることや、
のび太がヤシの木のプリント服を着ているのも珍しい一枚。

社会科見学で、のびしずがグループ(ペア)で、
陶芸体験をしている様子?などと無駄に想像が広がります。

教科書の内容としては、
「伝統的な技術を生かした工業」ということで、
岡山の備前焼を取り上げている部分でした。

ああ、確かこの単元からノートを綺麗にとろうと一念発起したんだよなあ……
(その後→「それなり」)



そして、白黒ページなのがきわめて惜しいのがこちら。
膨大な「ドラえもん」という作品の中でも、
ここにしか登場しない?貴重なロボット(想像)が描かれています。

F先生最後のロボットキャラ、←嘘。
同、「新しい社会」5上,p.114

何気にドラえもんという「ロボット」の存在を完全スルーするのび太。
ドラ涙目。
もっとも、ドラえもんは便利で都合のいいロボットじゃなくて、
親友なんですけどね。
考えようによっちゃ、のび太らしくも深いイラストかもしれません。


 ◇


さて、ここまで長々と「なんとなく面白そうなイラスト」を
取り上げてきたわけですが、
ここでとっておきの一枚を投下しましょう。

このためにこの記事を書いたと言っても過言ではありません。




新婚旅行ですか?
同、「新しい社会」4下,p.81



……


のび太のくせにしずかと色違いペアルック! 


しかも新幹線に乗ってふたりで旅行とは!!


なんていやら、うらやま…じゃなかった、なまいきだぞ!


いやもう、なんて恐ろしいイラストをさりげなく仕込んでいるんだか。
あなどりがたし! 小学校4年生社会科教科書!!

しずかの完全防寒服とかズボン姿だけでも相当レアなのに、
よく見たらのび太と同じデザインとか……!

しかもしずかが「行ってみましょう」と誘ってるぞ!



……オトナの萌え(?)目線だから、
そんなに異様にテンションが上がってしまうのかもしれませんが、
冷静に見てもやっぱり「二人の世界」だよなあ……

これは所詮挿し絵だからであって、
本編では決してありえない……とは思うのですが、
ふたりで休みの日にどこかへ遊びに行く約束をしていたり(ツーカー錠)
「水たまりのピラルク」(単行本加筆版)などを思い出すと、
そこまで極端な見方とも言えないような。


 ◇


と、いうことで、
藤子・F・不二雄ファン、ドラえもんファンとしてのイラスト集、
私個人としての小学校の生活の思い出の一冊、
というだけでなく、
のびしず派としても貴重な燃料ということで、
これからもこの教科書を大切にしていきたいと思います。


 


……想ひ出をからめた、ちょっとイイ話にもできる素材なのに、
思いっきり気持ち悪い、ヲタク丸出しの結びで申し訳ありませんでした。

どこか楽しんでいただけた箇所がありましたら、幸いです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 38

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

春巻き
2010年10月31日 03:15
こんにちは。ご覧頂きましてありがとうございます。
東京書籍の教科書はいまでもドラえもんが登場しているのですか!
情報ありがとうございます。
もちろん私が使用していた頃とは異なるのだと思いますが、15年以上の時を経て、今もドラたちと一緒に勉強できるのかと思うと嬉しくもうらやましくなります。
釣りキチ三平の挿絵も見てみたいです。
ちい
2010年10月29日 21:27
はじめまして 今日のドラえもん(イチの話後編)声優さん調べるため検索していてこちらのブログをみてお邪魔しています。 我が子(今六年生)教科書で東京書籍新編新しい社会3.4下、新しい社会5上と下にドラえもんたちが挿し絵で登場しています 5下は釣りキチ三平が見開き2ページ圧巻のイラストのみ! 漫画は教科書の絵を支えているんだなと感心します
春巻き
2010年10月13日 21:47
こんにちは。
いつも長い文章ばかりのブログですが、ご覧頂きましてありがとうございます。
国語帳はノートでしょうか?
教科書以外にも今も色々なところでドラえもんが使われているのだな、と思うと嬉しくなります。

今週からアニメも再開しますね。
遅くなることもあるかと思いますが、のんびりと感想を書き続けていきますので、思い出したときにまたのぞいてやってください。
苺羅
2010年10月13日 17:11
はじめまして!!
いつもこのブログを、閲覧させて
いただいております、苺羅といいます★
私も、上の方と同じ、1996年生まれです。
自分の教科書に、ドラえもんが登場した、という
記憶はありませんが、弟の国語帳に
大山ドラのキャラが描かれていました。

それでは、感想も楽しみにしています!では
春巻き
2010年10月09日 08:11
こんにちは。
国語の教科書にのび&ドラですか! 
それは見てみたいです。勉強が楽しくなりますね。
定期テスト頑張ってください~
りっくん
2010年10月08日 22:18
へぇ~…そうだったんですか!僕は平成8年(1996年)生まれなのでそのころはまだ生まれていませんでしたね…僕の教科書にも、確か3、4年生あたりの国語の教科書にドラえもんとのび太の絵が載っていました。今思えば懐かしいですね…あともうすぐ定期テスト(泣)……頑張ります!

この記事へのトラックバック