ドラコロ「ジオラママスコット」ほか

皆さまお久しぶりですこんばんは。
映画公開中ドラえもん祭りの春をいかがお過ごしでしょうか。
いろいろネタはあるのですが、
先日Fミュージアムにて購入したこちらを紹介したいと思います。

アクリルスタンドの後ろの緑色の紙は、このマスコットが入っていた袋の台紙です。折って背景として飾ることができます、とパッケージ裏に説明書きあり。


キテレツ大百科の「ジオラママスコット」!
いわゆるアクリルスタンドというやつですね。

現在藤子・F・不二雄ミュージアムでは
”「キテレツ大百科」×「ドラえもん」
江戸時代の発明と未来のひみつ道具”
というテーマ展示をしておりますが、
それに合わせて制作されたドラえもん&コロ助グッズのひとつで、
ドラえもんのジオラママスコットも同時発売されています。

コロ助の背景の発明品をご覧頂きたい。

ブタゴリラ×リリーの人外恋愛は真面目に考えると奥深い
※クリックで拡大します

こ、この美しいだいこん足は!!
リリー! 人間植物リリーじゃないか!!

そして空飛ぶパワフルナイスガイ金魚こと
サイボーグキンちゃーん!!

"一寸ガードマン"か"一寸法師"か
てんコミ未収録ゆえに呼び方にも迷う「一寸法師」!

セリフ書き換えは気にするな!
一度は使って遊んでみたい夢の「こども町正門」!

「できるだけ急ぐんだぞゴロー」でおなじみの「念力帽」に、
弁当にひっかかる丸いスイッチ式の「航時機」、
オゲレツな使い方はNGの「如意光」!

うおおおお、このあたりの発明がグッズ化するのは
嬉しいなあ。

リリーとキンちゃん好きなので、
もっといろんな種類が出るといいなと思います。

そもそもアクリルスタンド自体が今までの藤子グッズに
あまりなかったものなので、それも嬉しいですね。
アクリルキーホルダーや缶バッジなど、
他の作品では定番なのに藤子系に少なかったものが
近年は徐々に増えてきている感じでありがたい。

個人的には缶バッジがかさばらず、イベントの時などに
サッと取りつけできて便利かなと思っています。


アクリルスタンド系は若干場所を取りますが、
この「ジオラママスコット」シリーズはキャラクターに加えて
背景パーツも立てられるので、飾った感じも良いです。
「大長編ドラえもん」シリーズなどで、
この背景や奥行きを生かしたものが出来れば、
かなりカッコよくなりそう。

うむむ、アンケートの紙に書いてくれば良かった!


そういえばアンケートにしつこく
『Qちゃんのグッズを増やしてください』とか
『Qちゃんマグカップを再販してください』とか
書いてきた甲斐あってか、
マグカップといくつかのグッズが復活していたので、
買い逃した方は今がチャンスかも!?

いよいよ新・オバQのてんコミ版が出るようなので、
それに合わせたものかもしれません。
新作グッズも出るといいなあ。


時期が合わなくて観れずにいた
「ウメ星デンカ&ドラえもん
パンパロパンのスッパッパ!」も
ようやく観ることができました。

今作から?英語字幕が付いたようで、
こういう表現になるのかーという部分も興味深かったです。
"最初の犠牲者"は「first victim」かぁ。

ベニショーガの講談調の語りとか、
ミュージカル仕立ての歌も良かったですが、
太郎くんの出番が……
ポコニャンのときは太郎くんもメインで出てたのになあ。
(↑この二行、一見意味がわからないけどわかるよね?)

太郎ママと玉子さんの出番があるのは実に良いです。
というかあのご町内、いつも野比さんちに振り回されてるんだから慣れろ!


そんなこんなで、今回はこの辺で。

また近いうちに雑談でもなんでも
更新できれば良いかなと考えています。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック