ことしは、計画的になまけていたんだ。

個人的に、夏休みの宿題って
ドリルものの方がまだなんとかなるというか、
製作物系のほうがやっかいでした。

単純作業でどうにかならないので、
時間ばっかりかかってしまってねえ……

締め切りぶっちぎったにもかかわらず、
先生に褒められたこともあったりして、
いまだに罪悪感というかちょっとしたトラウマになっています。

 ◇

ということでお久しぶりです。
いわゆる生存報告がてら近況など。


「生存報告」というのがちょっとシャレにならないというか、
しばらく前に40度の熱を出してしまって、
正直ヤバいんじゃないかと思ったことがありました。

客観的に考えれば40度の熱ぐらい
そこまで珍しいもんじゃないのでしょうが、
子どもの頃からインフルエンザ以外で
ほとんど休んだことがなかったので、
かなり心細かったです。

だいたい今まで寝れば良くなっていたので、
寝て起きるたびに悪化しているというのは恐怖でした。

とりあえず、このときお世話になったのが、
地域の休日診療所。
東京都の場合はこちらで調べられますが、
https://www.tokyo.med.or.jp/citizen/counseling/out_of_hours
その他の自治体でも同様のサービスはあるかと思いますので、
知っておくと便利かも。

普通の病院でも土曜午前は診療していることが多いので、
躊躇せず、早めの受診が一番ですね。

日曜の朝一で向かったのですが、
夜が明けるまでの土曜の夜が長かった……


あと、リフォームで一時引っ越しした際に、
氷まくらを捨ててしまっていたので、
ドラッグストアで慌てて購入しました。
中に半液体が入っていて凍らせて固めるやつです。

発熱の際は絶対あったほうが良い!
大人でも持っておけ!マジで!

すごく楽になりました。

おでこには凍らせたタオルや、
ケーキ用の保冷剤をくるんだものをのせたりしていましたが、
こっちも何かおでこ用の氷のう的なものを
買った方が良かったかもしれません。
廊下で洗面器の水こぼしちゃったよ、アハハ。


翌日大きな病院で診てもらっても、
原因は結局良く分からなかったのですが、
解熱剤を飲んでもなかなか下がらず、
あげくに副作用?で胸の息苦しさまで出たので、
かなり参ってしまいました。

ずっと37度台(平熱36度台)より下がらなかったのですが、
仕事に出ているうちに治ってしまったので、
なんとなく面白くありませんが、
ひとまず安心しました。

 ◇

寝込んでいるあいだ、
マンガやネットを見る元気が無かったので、
Windowsタブレットに
ラジオを聴くアプリを入れてみましたが、
久しぶりにラジオを聴くのも良いですね……
林原めぐみさんの「Tokyo Boogie Night」 を聴いたのは
もう何年ぶりだろう。

あと、偶然に吉永小百合さんのラジオを聴いたのですが、
『おれ、サユリストの気持ちわかった!』
という気分になりました。

薬を飲んでも夜が更けてきても、
一向に熱が下がらず心細かったのですが、
吉永さんの声を聴いていたら不思議と落ち着くことができました。
声質とかしゃべり方もあるのでしょうが、
やっぱり独特のオーラみたいなものがあるんだなあ。
本当に感謝です。

今回私が入れたのは「Radician」というWindowsアプリでした。
https://www.microsoft.com/ja-jp/p/radician/9nblggh3zj7j?activetab=pivot:overviewtab
radikoとらじるらじるに対応しています。
ひと番組ごとの再生なので流しっぱなしにできないのが欠点ですが、
radikoは過去一週間分さかのぼることができて、
番組表も見やすいのが良かったです。

 ◇

その後まだ体が弱っていたのか、
熱中症を起こしかけたり、
頭痛薬(コレ頭痛じゃなくて熱中症だったのかも)の副作用で、
ふくらはぎがボコボコに腫れてしまったりと、
しばらく不調が続きましたが、
ここ数週間は食欲も体力も戻り、
元気に復活を遂げることができました。

うむ、健康だいいちぃー!

しばらくポカリは飲みたくないやぁ~
(ヤバかったらちゃんと飲むよ!)

熱中症予防には甘いジュースじゃなく
スポーツドリンクと言いますが、
単純に冷たいものも取った方が良いと感じました。
この夏はクーリッシュで2回くらい救われたよ。


ということで、
いろいろ怖い思いもしましたが、
得た教訓もそれなりに…あったのかな?
という夏でした。

まだまだ暑いので皆さまも
体調にはお気をつけて!

この記事へのコメント