テーマ:ライトノベル

うれしいこと (日常雑談)

やあ、こんちこれまた、そこを道ゆく兄さん姐さん方!  わたくしはちょっとばっかりうれしいことがあったのさ。 これからぐだぐだ語ろうって寸法だからねえ。  通り過ぎるついでに適当に聞き流してくださると、 ありがたいことでございますよ。  てけてんてんてん。 ……浮かれモードはこれくらいにして、 本題へ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

某りーでぃんぐとかせれくと3巻とか。

他ジャンル作品ネタ・チラ裏萌え叫び・奇声上げ・ネタバレ等々要注意。開けないで良いです。 延期に延期を重ねていた 「スレイヤーズりーでぃんぐ」と 「せれくと」3巻を入手。 「せれくと」はその名の通り、 既存の短編集から人気エピソードを選んで 再構成しただけのもの、 「りーでぃんぐ」は 以前発売さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うるとらなコーヒー

スーパーでジョージ… もとい、ローマ字無理読みすると「ギオ・ガイア」な 某缶コーヒーを見かけたのですが、 「ウルトラ微糖」って何かヘンじゃね? ‥‥「頭痛が痛い」みたいなものを感じるのは、 私だけだろうか。 CMには、マークは流星なウルトラの人 が出ているので、 その関係もあるのかもしれないが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わかるひとだけわかればよろしい。

某「大始末記」が更新されてるー!<こっそり追記090511> しかも次回作のプロットだと! これはまた、夏やら秋やら春やらを待てるってことですか? よかった‥‥! もうセンセイが小説を辞めちゃうんじゃないかとか、 あるいは某不死身書房が首切っちゃうんじゃないかとか、 悪い想像もしていただけに(縁起でもなくて申し訳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「天を決する大団円(下)」読書中のメモ~実況風に

ライトノベル「封仙娘娘追宝録」完結記念、というか、 単なる私的な「記念」なのですが‥‥ もう「封仙」の新刊を読むことも無いのかと思うと 非常に寂しいものがあったので、 この11巻をどんな気分で読み進めていたのかをメモるという アホなことをやっておりました。 「ひとり実況中継」のようなものですね。 こんなのをwebで公開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マンガ「T・Pぼん」とライトノベル「封仙娘娘追宝録」11巻のカンケイ?

先日騒いだように、 私が愛してやまない作品である ライトノベル「封仙娘娘追宝録」の最終11巻、 「天を決する大団円(下)」が発売されたのだが、 あとがきで著者のろくごまるに氏が 「外してはいけない参考文献」として、 藤子・F・不二雄先生の「T・Pぼん」を挙げていた。 何を隠そう(までもなく、このブログをスクロールすれば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

微妙に業務連絡(ドラ・封仙・ぼん)

ひとつ下の記事で散々思わせぶりなことを書いてしまったけれど、 ちょっと私事で数日ほど手が離せなくなるので、 いろいろと遅れます。 ※ドラえもん感想はさらに遅れます。 ↓下の記事のネタだけは一応割っておきます。 下の記事で騒いでたのは 20日に発売された、 ろくごまるに先生によるライトノベル 「封仙娘娘追宝録」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リアルタイムぶろぐ(明日には消すかも?)

ちょっ‥‥ちょっと、マジかっ!? 愛してやまないあの二つの作品がつながるとかっ! ネタバレだったかもしれないけど構わないっ! 何が何でも今日中に読みきってやる! そういえば、このタイミング、 きっと全三巻も買ったんだろうねー。 うわ、アレがどういうふうにつながってんのか よ~く知ってるだけに楽しみでならねえ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ちょっとしたネタの3連発(閣下、コピー機、ドラまた)

この「ウェブリブログ」サービスでは、 任意の位置で畳むということができないので、 ほんの数行で終わる記事というのが書きにくい。 と、いうわけでやたら長文になるか、 あるいはブログ自体が放置になってしまうわけである。 それもそれでなんだかなという気がしたので、 ↓以下、一つの記事にするほどじゃないネタの詰め合わせ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大団円(下)が出るぞーっ!?

いやあ、世の中悪いことばっかりじゃないもんで‥‥ 昨年「2007年11月30日締め切り」とうたった 完結予定記念キャンペーンを打ち立てたにもかかわらず、 11月はおろか、1年後の11月も迎えてしまっていた、 夏待ちとか秋待ちと呼ばれるあのシリーズ。 そう、「封仙娘娘追宝録」完結の第11巻 「天を決する大団円(下)」が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魔王手縫いの金ラメタキシード!

‥‥が、なんのことか分かる方は それなりにハマっていた(る)のではないかとお見受けします。 (※以下かなりマニアックな話ですので適当に読み飛ばしてください) ライトノベル「スレイヤーズ」シリーズ短編集である、 すぺしゃる10巻「破壊神はつらいよ」あとがきが出典です。 私はドコに出てきたかまでは覚えていなかったのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ひっさ~つ!

100円ショップで見かけました。 コミック収納箱、は良いとして、  必 殺 ってのは‥‥ コミック本に対してなのか? それとも箱に本を詰めて鈍器として「使え」ってことなのか? いや、どっちにしても「必殺」しちゃダメでしょ。  アオリ文句に困ったなら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三浦良先生の新作が10月発売予定!

<文末追記あり>081022 三浦良先生はライトノベル「抗いし者たちの系譜」シリーズで、 その硬派で熱い内容が読者に支持を受けた作家です。 まあ、それは良いとして、ちょっとこの「新作」のあらすじをご覧ねい。 MA棋してる!(1) 魔法のルールは自分次第! 将棋大好き少女・奏、将棋で参戦!? 著者: 三浦良 イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰ってきたドラまた魔道士!

遅ればせながら、ようやく見ました。 「スレイヤーズREVOLUTION」! 正直、期待しすぎないように、 怖々再生ボタンを押したのですが、 ‥‥ ‥‥‥ ‥‥‥‥ヤバイ、泣きそうだ。 1話目を見る限りでは、過去作の良さは損なわれていません! 製作スタッフも声優陣も可能な限り 前作メンバーが集結す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俺yoeeeeeeeな物語?

タイトルがいきなりワケ分からないですが、 「俺弱えー」ってことです。 もともとオンラインゲームの用語みたいですが、 ここでは180度違った使い方で。 しばらく前に某所で、 「最近、"俺強えー!" てな話ばっかりだよね。  逆に "俺弱えー!" な話ってないだろうか」といった意見を耳にして以来、 妙に頭に残っているフレー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

O式爆裂拳「ボム!」

タイトルで何のことか分かった方は ライトノベル読みでかつ藤子ファンという 稀有な方とお見受けします。 8月に発売されたライトノベル (表紙がマンガやアニメ絵の小説だと思ってください) 「召喚教師リアルバウトハイスクールEX-5 ですぱれーと☆サマー」 にて、登場したフレーズです。 シリーズの主人公は、訳あって高校で英語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

申し訳ないので作品名は伏せます…

好きなイラストレーターさんが デビュー作のキャラを再び描いていたので、 すっかり舞い上がってしまった。 (その某ライトノベル自体もファン) な、もんでつい 「○○が老けていたのが寂しいですが、  また△△が見れて嬉しかったです。  次回も楽しみにします」 というコメントを送ったら  ※○○、△△はキャラ名 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不慣れな「完結」

以前にも異様なテンションで取りあげたことのある、 ライトノベル「封仙娘娘追宝録」の新刊が先日発売に。 長編としては1年7ヶ月ぶり、 短編を含めると1年4ヶ月のブランクを経てのことですが、 その前には著者生死不明の時期やらなにやら もっとハードな夏待ちがあったので これぐらいはどうということもありません。 さておき、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2006年度に読んだライトノベル~或る日々の記録

先日文庫ライトノベル用本棚を購入したのを機に 激動の一年間のあいだに混沌と化した本を整理。 せっかくなのでこの一年と一ヶ月ほどの間に読んだ ライトノベルをまとめて、ぷち感想を記してみたいと思います。 (再読のものも挙げています) ※長いです、自己満足ですみません。 ・多分に主観的感想なので、著者関係者ファンの方ご容赦くだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小学館から「ガガガ文庫」・「ルルル文庫」創刊

「犬夜叉」最新刊に挟まっていたチラシ。 それによると小学館からライトノベルレーベルが 二つ誕生するそうな。 →公式サイト 「ガガガ文庫」が少年向け、 「ルルル文庫」が少女向けとのこと。 それぞれの創刊ラインナップを見る限り、 「別に男女に分けなくてもいけそうな気がするけど」 とは感じたものの、 そう言えばもともと小学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

河の豚。

生まれてこのかた、 フグというものを食ったことがないのだよ、 ということは常々発言していたので、 このたびおかげさまで使う暇のない季節俸禄の一部を使って 親孝行のフグ屋ご招待と相成ったのでございます。 ‥‥よくよく聞いてみると赤ん坊の時に 食べていたらしいが、それはさておき。 向かうはお手ごろな価格で人気の …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

期待の新作

ただいま入った情報によりますと、 富士見ファンタジア文庫「夕なぎの街」シリーズの著者、 渡辺まさきさんがHJ文庫から発売する 久々の新作は‥‥ なんと! 「夕なぎ」に引き続き、再び山田秀樹さん (別PN「こんちき」) によるイラストになるとのことです! とりあえず確認をされたい方はこちら。 amazonでは予約が始まっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出た出たー!

(以下話がわからない人を置き去りにするネタが続きます。  ご了承ください) ついに出ましたよアレが。 6年越しの壮大なアレです。 と、言っても写真でバレバレなんだが。 とりあえず勢いのままそのまま書いてしまうぞ。 ダメと言われてもやってしまうぞ。 ちなみにこれは明日中にでももうすこし ひねりの…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

そこはかとなく理不尽な

※しょもんだいにはいりょして、じっさいのしょめいはかくしております。 本日(正確には明日)発売の 某ライトノベルレーベルの新刊を手に取ったわけですよ。 お目当ての本‥‥うすっ! 確かに作者が「フグ刺し」状態を認めた巻もありましたが、 546円 なら、まあ、ちょい薄くらいかなあと 楽しみにしていたのに‥‥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明け方の衝撃(夏がきた?)

8月5日追記 ようやっと某所が見れたので、 伏字を解除しました。 8月10日追記 自分の目でsourceを確かめました! 何の話かわかるように加筆しました。 10月10日追記 発売日を掲載。 また改めて記事を書こう‥‥ ※現時点では非常に不確かな情報を含むため、 一部伏字を使用しております。 何のことか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more